2016年01月24日

山下達郎 ライブ 大宮ソニックシティ



 山下達郎 / Sparkle
 山下達郎 / Bomber
 山下達郎 / Your eyes
 山下達郎 / Can't Take My Eyes Off You [Frankie Valli]


 ついに山下達郎のチケットを入手でき、ライブを見ることができました。
 Your eyesとSparkleは今までで一番練習した歌です。
 師匠の歌を現実に聞くことができる日がついに来ました。

 午前は小学校で人権の授業をし、3時にスクールでステージングを習いました。
 Your eyesを歌いながら、最初は棒立ちで手をぶらぶらしていたのですが、手を正しい位置に置き、どういうポーズをとれば、見る人が楽しめるかを習いました。





 会場の大宮へ。昨年の6月に私が33年前にウエイターをしていた銀巴里の専属歌手クミコさんのライブを見た場所です。席はちょうど左端なので、場合によっては立って踊れる場所であり、やるき満々で入場しました。

 1曲目にいきなりSparkle。全開状態です。踊りまくりたいところですが、まだエンジンもかかっていないのと、係員さんがいたので立てませんでした。そこで、座りながら限界まで体を縦横にゆすり、足でリズムをとりました。ぶっ飛び感覚です。


山下達郎 / Sparkle
https://www.youtube.com/watch?v=yRMRcPYxkEs





 シュガーベイブの歌も多くやりました。昔は、「踊れないぞ」と言われてものをぶつけられたこともあるそうです。初代のシュガーベイブのドラマーは、もっとも危険なバンドといわれた元村八分の上原ユカリさんというのも興味深いです。。





 とにかく、山下さんのトークが面白くて、かつ音楽の本質をついている。山下さんは突然神妙な感じで「これは誰も知っている曲だと思いますが、やります」と歌いだしたのは「君の瞳に恋してる」。これが素晴らしかった。ポップスへの愛を感じました。感動です。


山下達郎 / Can't Take My Eyes Off You [Frankie Valli]
https://www.youtube.com/watch?v=NGFToiLtXro
実はとんでもないワルだったFour Seasons




 そして待ってましたのBomber。この曲で新境地に至ったという曲で、大阪のDisco
で火が付いた。私はついに決心して踊ることにしました。裸足で、2階席で踊るのは実に怖い。落ちたら大怪我です。そこで、手すりにつかまりながら反動を使って踊った。

 恐怖と闘いながらの狂気のダンス。しかし、次の曲のLet’s dance babyで手すりから手を放して踊ろうとしたところで、係員さんのドクターストップがかかりました。正直、泊めてもらえて、落ちる危険がなくなり、ほっとしました。


山下達郎 / Bomber
https://www.youtube.com/watch?v=BGlMofP5GLE





 いよいよ、アンコール。山下さんは一人で後方の舞台に上り、お約束のマイクを使わない独唱をしました。最後に、感動のYour eyes。山下さんがどういう上半身の使い方をして、どのように発声するのかを必死に見ました。


山下達郎 / Your eyes
https://www.youtube.com/watch?v=H68TiHjoN7Q


 ついにコンサートは終わりました。ノンストップで実に3時間30分。脱帽です。
 私は1時間も歌えば喉がカラカラです。
 歌、ステージング、ギターのカッティング、MCなどすべてが完璧です。

 やはり日本を代表する歌手のライブはただごとではありませんでした。
 昔、東大の安田講堂の紛争の時に高校生の山下達郎さんが来ていたというミュージシャンの記事を見たことがあります。






posted by カンカン at 00:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のポップスとロック Japanese music & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

追悼デビッド・ボウイ David Bowie 〜 Let’s dance

P1010002.JPG
ベルリンから黒人ダンスミュージックへ。すごい才能だった。



今日の1曲
  David Bowie - ジーン・ジニー
  David Bowie - Let’s dance
  Klaus Schulze - Star dancer 1977


 デビッド・ボウイが亡くなりました。新作を出したばかりで、この人はいつまでも感性を持っていると思っていた矢先でした。最初は小学校5年生のとき、友達の家でアラジン・セインを聞きました。ラジオでも流れていたジーン・ジニーのリフがかっこよかった。


David Bowie - ジーン・ジニー

David Bowie - Starman (1972)





Klaus Schulze Live WDR Köln 1977
https://www.youtube.com/watch?v=BUCYq2qLxJc





 そして、1977年以後、EnoとともにNeu!などのドイツのエレクトリックロックに影響を受けた彼はベルリンに移住しました。ドイツ3部作が有名です。
 Klaus Schulzeのライブに来ていたこともあるそうです。


David Bowie −Let’s dance

 
 1982年から私は踊るようになりました。サラリーマンになったころに、レッツダンスがヒットしてDiscoで踊りました。彼の曲で一番好きです。
 いろんなことができる人なのでスゴイと思いました。R.I.P




2016年01月12日

EXILE 意外な隣人 〜 生涯現役

P1090349.JPG
右側が、EXILEの3人が練習していた場所。左側が、私が筋トレをしていた場所。


今日の1曲 
  安室奈美恵 - Body Feels EXIT
  James Brown - Give It Up Or Turnit A Loose
  EXILE / Choo Choo Train


 祖母の喪中ですが、本年もよろしくお願いいたします。
 正月に、EXILEの3人のパフォーマーが引退するという内容の番組を見ていました。
 そして、私が彼ら3人と遭遇していたという驚きの事実を発見しました。

 EXILEの3人が昔の練習場で回想する場面で、「見たことがある場所だ」と思ったら近所でした。私は1996年頃、ダンスのために週に3,4回、その場所で腹筋や腕立て伏せをしていたのです。彼らが酔っ払いにからまれているところも見ました。


EXILE誕生秘話
https://www.youtube.com/watch?v=Kd2CXAlI-Ls


 私は、安室奈美恵がまだ売れない頃から応援していました。「実力があっても日本では受け入れられないんだよな」と気の毒に思っていました。しかし、1995年に小室サウンドでブレイク。もともと小室哲哉はマニアックなダンス音楽を目指していました。

 西野バレエ団や山本リンダもリズム感がありましたが、安室ちゃんが日本で初めて本格的なダンサーとして成功した歌手だと思います。安室ちゃんがブレイクすると、元六本木最強(最凶?)ダンサーの私にも14年ぶりにダンスへの闘志が沸きました。


Namie Amuro - Body Feels EXIT
https://www.youtube.com/watch?v=floSeqcCOC4





 そこで私は、数か月間、体を鍛えて六本木に踊りに行く計画を立て、夜になるとジョギングを開始。すると、夜中にダンスを練習している集団を発見しました。20年ぐらい前は今のようにHiphopは人気はなく、外で練習している彼らがすごく新鮮でした。

 ZOOのメンバーが教えている記事以外は、Hiphopのダンススクールもありませんでした。私は彼らが建物のガラスを見ながら、音を鳴らして練習しているのが楽しく、その場所をジョギングの折り返し地点として、彼らの隣で筋トレをしていました。

 そのころ、James Brownのライブに行ったときも、若い人たちから「あっ、あの人だ」と言われたので顔を覚えられていたのかもしれません。先日、EXILEが売れなかったSoul Brothersのころに渋谷でJames Brownを踊っていた映像が出ました。


James Brown - Give It Up Or Turnit A Loose
https://www.youtube.com/watch?v=fEVnFGnjnGU





 私は、練習開始から数か月後に満を期して、六本木の今はなきスクエアビルの10階にあったR?HALL(元Circus)に進撃してみました。当時はHiphopの振り付けなどもわかりませんでしたが、「Hiphopならここ」という雑誌の情報を見て行ってみました。

 初めて黒人のセキュリティーを見ました。私はEric DolphyのTシャツを着て、朝まで踊り倒して果てました。私は踊りながら「Hiphopはリズムに合わせたバイオレンス」と解釈しました。その翌週、渋谷で1日に3人のHiphop少年からいきなり挨拶されました。

Mia Fryeのダンス
https://www.youtube.com/watch?v=Ho13arExERc
https://www.youtube.com/watch?v=35LZJtoUdLk
https://www.youtube.com/watch?v=peLT0E0jZCQ





 今はHiphopも普及し、EXILEの3人が練習していた場所で昼間から中学生や高校生の女の子たちが楽しそうに練習しています。夜のダンサーは見なくなりました。
 でも、私には20年前に夜中に練習していた「やばい奴ら」が懐かしく思えます。

 昨日の夜に懐かしいその場所で初めて写真を撮りました。「やっぱり誰もいないなあ」と思ったら、たった一人で暗闇の中で頑張っている少年がいました。
 昔の自分を見ているようで、エールを送りたくなりました。

 EXILEの3人はリーダーのHIROに続いてパフォーマーを引退することになりました。プロとして成功した人たちにはプロとしての厳しい区切りがあるのだなあと思いました。
私は彼らのようにプロになれませんでしたが、生涯現役で踊りたいと思います。

 私は、よく子供たちへの授業のときにEXILEのChoo Choo Trainを踊ります。
 子供たちはとても喜んでくれます。
 昨日のことのように思えます。20年、あっという間です。

EXILE / Choo Choo Train
https://www.youtube.com/watch?v=R86b7FhhofA





2015年12月29日

キングクリムゾン来日 King Crimson live in Japan

P1090073.JPG
アンコールのとき。右後方がRobert Fripp。左後方がMel Collins


今日の1曲
  King Crimson - Epitaph 1969
  King Crimson - Easy Money 1973
  King Crimson - Sailor's Tale (SW remix) 1971
  King Crimson - In The Court Of The Crimson King 1969


 喪中のため、2016年のご挨拶はできませんが、今年ご来訪いただいた皆様のご健康とご多幸ををお祈り申し上げます。
 どうぞ、よいお年をお迎えください。

 ついに、キングクリムゾンのライブを見ることができました。
 最初にクリムゾンキングの宮殿を聞いてから40年以上待ったことになります。
 私はメロトロンの入った1974年までしか興味がありません。

 そこで、今までの来日では、Redと「太陽と戦慄part2」ぐらいしか演奏しなかったので、来日しても行きませんでした。
 しかし今回は、1969年から1974年までの曲をたくさん再現するという情報が。


King Crimson 来日
http://www.creativeman.co.jp/artist/2015/12kingcrimson/


 本公演ソールドアウトの後に追加公演の告知が出て、だめもとで即、申し込んでセーフ! もう一つMadonnaの来日については5万円の席しかなくてあきらめました。
 そこで、12月のキングクリムゾンの公演を楽しみにしていました。


P1010037.JPG


 チューハイを飲んで、渋谷の街をふらつきながら会場に到着。
 7年前にMilvaの公演を見た場所です。席は2階の最前列でバンドもよく見え、座りながら足を伸ばしてガンガン踊れる場所だったので大喜び。

 場内放送で「場内は撮影禁止ですが、トニーレビンがカメラを持った時だけ撮影が可能です」という放送に場内歓声。ついに開始。1曲目は、太陽と戦慄パート1を予想。
 しかし、「この曲はなんだ? 太陽と戦慄のニューアレンジか?」

King Crimson – 太陽と戦慄パート1 Larks' Tongues in Aspic
https://www.youtube.com/watch?v=WhudDa3JAyc
Beat Club伝説の映像





セットリスト
http://www.livefans.jp/events/531046

 後日セットリストで、初めの5曲は知らない曲ばかり。どおりで、しんどかったわけです。
 6曲目でPictures of City。Larks' Tongues in Aspic part1があれば120点、プラスIn the wake of Poseidonで150点でしたが、もう贅沢はいいません。

来日公演の曲目の整理 素晴らしい
http://blog.livedoor.jp/rock70s/archives/cat_10023947.html

 そして、遂に聞きなれたイントロが。エピタフのライブを聞ける日が来るとは。
 ただし、ボーカルは上手いですが(自分が下手なのでよくわかる)、Greg Lake=エピタフのイメージなので、なんだか別のバンドがコピーしている感じがしました。

King Crimson-Epitaph
https://www.youtube.com/watch?v=eTAYEC2l2dI





 チューハイを飲んだことが災いしてトイレに。 退場すると次の曲まで入れないとのこと。以前もこういうことがあったので、自業自得。次の曲まで廊下で待つしかない。
 しかし、「場内には入っていいですが、脇で立ち見でお願いします」と言われ...

 「これは、もしかするとやったぜ!」と思いました。隅の方で踊りながら聞くことにしました。ロバートフリップも元はRockn'Roll世代のギタリスト,Jimi Hendrixの崇拝者。間奏のリズムのグルーブに乗って場内で一人Easy Moneyでギンギンに踊りまくりました。

King Crimson - Easy Money
https://www.youtube.com/watch?v=JK9QUqUGmb4
地味な曲と思っていたが、メロトロン洪水で、しかも踊れる実においしい曲。





 曲が終わると着席。その後、ついに最大のお目当てのSailor’s Taleが! 再びトイレに行くふりをして再入場して立って踊りたいと思いました。しかし勇気が出ず、座りながら限界まで踊ることに。Fripp+ブルースマン3人組時代の曲なのでグルーブが凄い。

King Crimson - Sailor's Tale (SW remix)
https://www.youtube.com/watch?v=lQykbDJVp_Q

 メロトロンの嵐の中を、今まで、紳士然として右後方でじっと演奏していたRobert Frippが燃え上がるようなギターカッティングをしながら曲は終了。一番聞きたかったSailor's Taleを、Robert Frippも尊重していたことがわかって嬉しかったです。





 そして、本編の最後はお約束のStarless。中盤の盛り上りはライブでこそ体感できるものでした。(PCのキーボードを叩いていていて間違いの連続。)私もいよいよ認知症?
 トニーレビンがカメラを持ったのでついに撮影タイム。ほぼ観客全員立って撮影開始。





P1090071.JPG
本編終了時に撮影タイム


 アンコールはクリムゾンキングの宮殿、21世紀の精神異常者。メルコリンズのサックスが吹き荒れる。3人のドラマーが前列で2人がメロトロンも弾く体制。他の観客がクラシックのように聞く中、ドラムソロでは踊らせてもらいました。Frippがこっちを見てます。

King Crimson - In The Court Of The Crimson King
https://www.youtube.com/watch?v=7GSjZro7FH0

 私にとって今年最大のライブだったキングクリムゾンが終わりました。
 最後に、衝動的に予定していなかったパンフレットを購入しました。
 円山町のクラブ街で、4年踊りに行ってないAtomなどを見ながら帰りました。




posted by カンカン at 01:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

父の入院 〜 洗足学園 JAZZ祭

151205_152555.jpg
夕暮れの洗足学園


今日の1曲
 Michael Jackson - Off The Wall - I Can't Help It
 Miles Davis - Milestones
 Ornella Vanoni ♪ Tristezza



 12月2日に父が入院しました。
当初は、翌週ぐらいに退院できるのではないかと医師が言われていたのですが、検査したところ肺に異常がみつかりました。

 不安が募りましたが、入院の合間に洗足学園のJAZZ祭に行きました。
父のいた会社がそばにあり、子供のころによく洗足学園の前を通りました。
病院の父にJAZZを見に行ったことを報告したら喜んでいました。


151205_サンタCD.jpg


Michael Jackson - Off The Wall - I Can't Help It
https://www.youtube.com/watch?v=QnhWML43NI8
女の子のボーカルでかっこいい曲だなと思っていたらマイケルの曲でした。




MILESTONES 櫻井哲夫 featuring 渡辺香津美
https://www.youtube.com/watch?v=PjT901UNLOc
名ギタリスト渡辺香津美と生徒による合同演奏を聴けました。

Miles Davis - Milestones
https://www.youtube.com/watch?v=1pvmfbOEjKY
オリジナル




Ornella Vanoni ♪ Tristezza
https://www.youtube.com/watch?v=bNAFQPAiXmg
最後はブラジル音楽のバンドで盛り上がりました。




2015年11月23日

慶應大学 三田祭 〜 映画ジャージーボーイズ

151122_124131.jpg
ヘビメタのライブ


今日の1曲
 Sex Pistols - Holidays In The Sun
 Black Sabbath - Paranoid
 イブモンタン / 枯葉 Les Feuilles Mortes_
 NEU! Lila angel
 Frankie Valli -君の瞳に恋してるCan't Take My Eyes Off You


 慶應三田祭に行きました。しかし、帰りにパンフレットを紛失。19日はレコーダーを置き忘れ。20日はメガネを置き忘れ。21日は新宿で降りるのに渋谷まで行ってしまった。
 いよいよ私にも認知症が始まったのかもしれません。人生。


11:45 踊りの特訓スタート


・パンク メインステージ
  いきなりパンクが聞えてきたので大喜びで踊りました。

Sex Pistols - Holidays In The Sun
https://www.youtube.com/watch?v=2Ah1JM9mf60

・KBR
  James Brownのポスター。ラスト5分しか聞けず残念

・超変拍子のロック クールでよかった。踊りの訓練になりました。 
  最初のバンドがSex Pistolsだったので見れなくて残念。

・HM メインステージ
  パンクでもHMでもJames Brownのように踊ります。気合いの入った演奏でした。

Black Sabbath - Paranoid
https://www.youtube.com/watch?v=_H0d5psPiKI



151122_130822.jpg
・モダンジャズ
  バンドの後方にも椅子がありドラマーの動きを見ながら踊ることができました。枯葉のマイルス・ヴァージョンを聞けました。1年生なのにとても味があってよかった。


イブモンタン / 枯葉 Les Feuilles Mortes_Yves Montand
https://www.youtube.com/watch?v=kLlBOmDpn1s






151122_135416.jpg
・ビッグバンドジャズ
  最後の女性のドラムがぶっ飛んでいて、踊らせてもらいました。


151122_151708.jpg
Canのライブ
・デラシネ
  The WhoとKrautrockを見ました。CANやNEU!をライブで初めて聞きました。CanのHallelujahなどグルーブ感がよかったです。40年前に西新宿で買ったNeu!2のLila angelで踊れました。

NEU! Lila angel
https://www.youtube.com/watch?v=YTjNjNHos2s





・Kalua
  ボーカルとrhythm隊の作り出すグルーブがよかった。ブちぎれて踊ることができました。足で踊るだけでなく、体を放り出して、後は音に身を委ねるという新境地をみつけることができました。最後は、君の瞳に恋してる。

Frankie Valli -君の瞳に恋してるCan't Take My Eyes Off You
https://www.youtube.com/watch?v=ffpEcK-_qpI


 Frankie Valli&Four SeasonsのジャージーボーイズのDVDを借りて見ました。映画を通してみるのは久しぶりです。予想以上に素晴らしい作品でした。アップで見ても不自然さを感じさせない俳優の凄さを実感しました。







2015年11月18日

洗足学園 音楽祭

P1010009.JPG



今日の1曲
 美空ひばり / 愛燦燦
 Charlie Parker / Moose the Mooche
 Bill Evans and Jim Hall / Undercurrent
 Isadora Duncan
 Ash Ra Tempel - Nightdust


 音楽大学の洗足学園祭に行きました。
 もともとはクラシックだけでしたが、「あれ、Jazzができた」と思ったら、今は、3分の1はJazz、クラシックは半分という印象です。


11:30スタート



P1010005.JPG
・ニューオーリンズジャズ 
野外でいい感じです。

・Kennel 
Bassレスのトリオなのにベースが入っているような厚い音。美空ひばりの愛燦々をアレンジしたり多彩でした。

美空ひばり / 愛燦燦 
https://www.youtube.com/watch?v=uMVQ5LpT5Ik
 
・Voices
  女性ボーカル2人+piano チャーリーパーカーの曲が特によかった。

Moose the Mooche by Charlie Parker
https://www.youtube.com/watch?v=HOoZ6zo8HAQ




・Nakano Syndicate
9人編成のJazzバンド。ここぞとばかりに踊らせてもらう。

・被災地チャリティーコンサート 多彩な曲を聴けました
  室内楽団 「四季 春」など
  ジャズボーカル My favorite thingなど
  ブラスバンド 花は咲く など


P1010010.JPG
・Undercurrent
  ヨーロピアンテイストのジャズカルテット

Bill Evans and Jim Hall / Undercurrent
https://www.youtube.com/watch?v=Rp721ibSHqA


・歌謡曲・演歌コンサート
  Jazz出身者によって洗足学園で初めてできたという演歌コース。1960年代、1970年代のヒット曲連発で、私を含め高齢者は大喜び。「来年もやれ!」の掛け声も。

・コンテンポラリーダンス
  先生はイケメン。3重奏伴奏で、美少女ダンサー多数による美しいダンス。十代のときに前衛ダンスをドキドキして見たものだが、今はダンサーが皆、可愛い子供に見える。年を取ったものだと痛感。

Isadora Duncan
https://www.youtube.com/watch?v=o67rDYipzjk
コンテンポラリーダンスの始祖

Ash Ra Tempel - Nightdust
https://www.youtube.com/watch?v=GaGq87P8Ois
初版はフランスのIsadoraレーベルだった名盤New age of earth
10:30〜16:00で天界へ。




・ダンス部 Dr.Fish
  女性だけのストリート系のダンス。まだ創立して数年だそうで初々しい。善良な父兄などお客さんは体育館で座って見ています。一人だけ極悪中年の私が立って踊りながら見ていました。

・焼肉屋の呼び込み
  オペラ科の学生が、素晴らしい声で呼び込みをしていました。

・被災地岩手の鍋汁がおいしかったです。






posted by カンカン at 18:50| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月7日 早稲田祭 ダンスの祭典

P1080709.JPG



今日の1曲
  Soulive - Nealization
 大貫妙子 「風の道」


 日本一バンドの多い早稲田祭に今年も行きました。
 25年前から行っていますが、途中学園紛争などで中止していた時期もありました。


11:10スタート! 今年も踊り倒す。

・Souliveのコピーバンド(フューマニ)
  ここ10年で1番好きなファンクバンドの登場でいきなり狂乱。踊りまくる。

Soulive - Nealization
https://www.youtube.com/watch?v=ymOiqdInqE8&index=1&list=PLFBAF6C0C480232CC




・キノコ帝国のコピーバンド
  この「腐れ縁」というサークルは、昔からパンクが主体で勢いがある。ときにはノイズなどもやっていました。


P1080713.JPG
・今福ブルースバンド
  イケメンボーカルを擁する本格的ブルースバンド。ブルースというと古い響きがあるが、大音量で聞くと実に鋭い音楽だ。踊れる。

・Cosmic(ナレオ)
  25年前、初めて見た時はJames Brownをやっていた。生バンドでファンクを踊れる貴重な時間。


P1080718.JPG
・ラテン
  この中南米研究会は、昔はマンボなどゆったり系だったが、どんどんファンク化、先鋭化してきていて、毎年見逃せない。踊るのが楽しすぎる。

・女の子のバンドのリハーサルをちょっと見ました。


P1080719.JPG
・本田俊之のコピーバンド(幹部フュージョン)

  一番テクニックのいる分野。変拍子、高速リズムなど踊りの訓練になるので、限界までチャレンジ。
SPAIN 神保彰 櫻井哲夫 本田俊之 島健
https://www.youtube.com/watch?v=2F6ZBM1bxMo



P1080720.JPG
・大貫妙子のコピー
  AmericanPopを中心にやっているサークル。大貫妙子というと「クリシェ」の美旋律のイメージだが、ファンク系の曲が多くて驚く。もちろん踊りまくる。

大貫妙子 「風の道」
https://www.youtube.com/watch?time_continue=48&v=0cKc1o7B6d4

  
・Soul Serenade
  これもナレオのファンクバンド。かっこよくグルーブしています。

  5時間、踊りまくったので、このへんで今日はおしまいにしました。





2015年11月13日

学園祭 上智大学 法政大学 

P1010011.JPG
上智大学


今日の1曲
  Charlie Parker - Embraceable You 1947
  The Who - 愛の支配Love reign over me
  裸のラリーズLes Rallizes Denudes "The Night Collectors"


 

11月3日
上智大学 11:30−3:30

 初めて上智大学のソフィア祭に行きました。
http://www.sophiasai.com/#!timetable/c1y3b

 上智大学は15年ぐらい前に模擬試験で行って以来です。
 仕事ではよく四谷に行っていました。
 まずは、野外ステージを見ながら踊りました。

『SOUL TUNNELS』 SUPER CHAMPIONSHIP FINAL 1993 JAPAN
https://www.youtube.com/watch?v=EuVXZX4ZgOU
一人目の人は張り切りすぎて、膝のすじを切ってしまった。自分も危ないので気をつけねばならない。


P1010018.JPG


・ 野外 ストリート系ダンスサークル(美人多し)ガンガン踊る。
・ 野外 ゴスペル キリスト系だけあってパワーがありました。James Brownのリズム。ギンギンに踊らせていただきました。
・ フラダンス  私の母と違って笑顔がとてもよかったです
・ Autumn leaves モダンジャズのサークル いろんな楽器編成があります。
気持ちよく踊ることができました。


Charlie Parker - Embraceable You - 1947
https://www.youtube.com/watch?v=tqQfX4j6Mi0






・ザ・フー  慌てて入ったところ、My Generationで最後にギターを振り回すところだけ見れました。


The Who - 愛の支配Love reign over me
https://www.youtube.com/watch?v=gDbAtWpoA6k

Scena finale del film Quadrophenia
https://www.youtube.com/watch?v=9cDU-RTDgE0





・ビッグバンドジャズ サークルを作られたという70歳ぐらいの年輩の方も出演
・ピアノソロ チャーリー・パーカーのチュニジアの夜など。
・ロックバンド 女2人+男2人 グルーブがあってよかった。
・ロックバンド パンク系 最後はサークルの人たちが盛り上がりました。


P1010025.JPG
上智のビッグバンドジャズのサークル




 上智の学園祭ライブは3:30ぐらいにはほとんど終わってしまうとのことで、続いて隣駅の法政大学に行きました。32年前に山口冨士夫や裸のラリーズのライブに行って以来です。
 超高層の新しい校舎になっていて驚きました。

法政大学 4:00−7:00
 4時には学生バンドは終了とのことでしたが、ボアソナードホールの1階でプロのライブがあり、野外フェスを小さくしたような本格的ライブ会場になっていて驚き。
 山口冨士夫や裸のラリーズを見た学館4階ホールを思い出しました。

裸のラリーズLes Rallizes Denudes "The Night Collectors" (1977)
https://www.youtube.com/watch?v=xB28bKAQfXM
法政の裸のラリーズのライブの時に山口冨士夫が最前列で見ていた。





Mirror
http://www.mirrormusic.net/shows/
パンクかと思ったらFunkを複雑にしたようなインストバンドで非常にかっこよかった。踊りまくった。MCも生活感のにじみ出た素晴らしいもので、とても参考になりました。最後にCDRまでもらってしまいました。


P1080660.JPG
Mirror 法政大学ボアソナードホール


思い出野郎Aチーム
http://oyat.jp/profile.html
こちらは正統派Funk。James Brownのように叫びまくるボーカルが驚愕。自分も歌っていますが、喉が炎症を起こしてしまいます。脱帽。もちろん踊りまくり。

溺れたエビ
http://d-shrimp.com/
こちらはビックリのパフォーマンス。最初は驚きましたが、徐々に基本はダンスバンドとわかってきたので、半分いったところから全開で踊らせてもらいました。


ライブが終わり、市ヶ谷に向かって川のほとりを歩いて帰りました。
 32年前に法政で裸のラリーズを見た時は、飯田橋へ帰る時から3日間耳なりが続いていたことを思い出します。いまだにあれほどの轟音のロックを聞いたことはありません。




2015年11月08日

10月7日〜11月1日  秋の音楽祭 & ダンス狂 & 歌の訓練

P1080357.JPG
立教大学



今日の1曲
  King Crimson - In The Wake Of Poseidon
山下達郎 - SPARKLE(Live)
Pino Daniele - live
 渡辺香津美 feat.野呂一生&JIMSAKU  Unicorn
 音の旅crew / LION
  Bill Evans Trio - Waltz For Debby - 19 Mar 65
 Black Sabbath - Paranoid
 Isao Horikoshi playing Emerson Lake and Palmer Tarkus
 Judy and Mary Irotoridori no sekai イロトリドリノセカイ
  STALIN STOP・JAP
  Chic Good time
  ダンスマン ライブ




 2か月続いた夏風邪が治ったので、俄然やるきが出てきました。一時は、肺がんか肺炎かと思い、落ち込みました。ベトナム人が釈放されてほっとしました。
 いろんなイベントやライブに行って踊りの訓練を開始しました。



10月7日 カラオケボックス
2か月ぶりに1時間半も歌の練習をしました。
10月10日は、音楽スクールの自習室で1時間半練習。好きな曲をCDでかけながら歌うことにしました。キングクリムゾンとか歌うと気持ちいい。

 キングクリムゾンの来日チケットがやっと買えました。
 Poseidonをやってくれれば完璧ですが、1970年代の私が「いい」と思う曲は全部演奏してくれるようです。

キングクリムゾン来日
http://www.creativeman.co.jp/artist/2015/12kingcrimson/#news

King Crimson - In The Wake Of Poseidon
https://www.youtube.com/watch?v=HO8n5gmk0nU


151016_193842.jpg
Maison book girl

10月16日 タワーレコード
音の旅(レゲエバンド) ロックに近い音。リズムに切れがありグルーブでガンガン踊る。
https://www.youtube.com/watch?v=JaK7s6hdUr0

Maison book girl(アイドルユニット)とエレクトリックリボン(女性テクノバンド)も良かったです。


151025_155827.jpg

10月25日 川アJAZZフェス
 川アのJAZZフェスに行きました。渡辺香津美の再現バンドの変拍子でギンギンに踊らせてもらいました。すごいグルーブでした。5年前に渡辺香津美本人の真下で踊ったこともありました。あれは秋の音大フェス。懐かしい。

Unicorn 渡辺香津美 feat.野呂一生&JIMSAKU
https://www.youtube.com/watch?v=WFcIImGUypQ


151027_135634.jpg
10月27日 3か月ぶりに鳥と歌う

 3か月ぶりに川に行って歌の練習をしました。
 夏の大雨の影響で河原の形は3か月で変わってしまいました。
 30分歌の練習をしていたら、鳥も近寄って来て一緒に歌いました。
山下達郎 - SPARKLE(Live)
https://www.youtube.com/watch?v=gTqt2_0LYfU


10月28日 歌の発表会
 歌の発表会も早いもので4回目になりました。
 歌よりもMCでギャグをやることの方に興味が移っています。

Pino Daniele - live
https://www.youtube.com/watch?v=VCI49pn7glI
こんな風に歌えたらかっこいい〜


P1010037.JPG
10月30日 中央大学

 初めて多摩の中央大学に行きました。白山の方は模擬試験で3回ぐらい行きました。

・モダンジャズ研究会 マイケルジャクソンなど
 ブランフォード・マルサリスは「聴衆が踊らなかったら、ジャスではない」と発言しています。しかし、モダンジャズ、ビッグバンドのライブで踊りまくっているのは自分しか見たことがない。やはり自分は変態なのか。

Bill Evans Trio - Waltz For Debby - 19 Mar 65
https://www.youtube.com/watch?v=XMHsz5VqLhM

・ヘビメタ
 野外で盛り上がりました。
 ヘビメタでヒップホップを踊ると非常に狂った感覚になって楽しい。大好きです。
 また外人さんが私を撮影していた。

Black Sabbath - Paranoid
https://www.youtube.com/watch?v=J4Eu6pFmXCg

・幻のELP
 ヘビメタを見ている間に別の所でELPのタルカスをやっていました。残念。
Isao Horikoshi playing Emerson Lake and Palmer Tarkus
https://www.youtube.com/watch?v=fb4PoPQ6J04

・?+シャムシェイド
奥の方のステージでJPOPのコピーバンドを2つみました。

・ジュディマリ
 メインステージでJPOPのコピーバンドを見ました。自分も今年から歌の練習をするようになったので、ボーカルの人がすごく練習していることがわかりました。
 父の介護があるのでここで帰りました。

Judy and Mary Irotoridori no sekai イロトリドリノセカイ
https://www.youtube.com/watch?v=wt6tDn2nGas&spfreload=10



P1080369.JPG
鈴懸の径の碑も今の立教の学生さんは誰も知らない。私の祖母の弟2人が作って歌った曲

10月31日 12:00am 立教大学
 ダンス(ストリート系)を20分踊りながら見る。10年ぐらい前からストリートダンスが学園祭の華になっていたが、主体が男子から女子に移ってきたようだ。
 仕事があるため、バンドはみれず。


P1080372.JPG
10月31日 17時 遠藤ミチロウ 盆踊り 

 仕事が終わり、駅に行くとたくさん人が集まっていた。見たことがある人だとおもったらスターリンの遠藤ミチロウが盆踊りを歌っていた。初めて見れてよかったです。
 65歳でもシャウトしまくっていた。自分も頑張ろう。

STALIN STOP・JAP
https://www.youtube.com/watch?v=5BVFFjVEg-M



P1010014.JPG
11月1日 キッズダンスと動物園

河原で、子供たちのダンスを見たり、ぶた、ぽにー、ヤギなどの動物と触れ合うことができました。草野球の観戦をしたら中学時代のことを思いだし熱くなった。



P1080398.JPG
11月1日 明治大学


2年ぶりに明大祭に行きました。
・ ダンス(ストリート系) やはり女子の方が多かった。新旧とりまぜていいダンス曲が続いたので、こちらもガンガン踊らせてもらいました。 
・パンクメタル  みんな座っていたので、私が踊り出したら、踊り狂いはじめた。ハグされました。  
・ビッグバンドジャズ  ダンスミュージックの元祖のはずなんですが、どこの大学でも誰一人踊らない。クラシックのようになってます。早い曲は気持ちいいのでガンガン踊らせます。20人位で演奏しているので、ダンスのリズムのとっかかりが多い。踊らにゃ損損。
・ボストン 懐かしい。。。
・エアロスミス  音研という伝統的なサークルの選抜メンバーが出るステージ。Rhythm隊を軸に貫録の演奏。
・椎名林檎  タイトルから変態ロックみたいなことをやっているのかと思っていましたが、ジャズ、ブルース、シャンソンのような感覚があってとても良かったです。

・ダンス(ジャズダンス系) 最初に見たダンスは1990年以降、こちらの方は1990年以前のジャズダンスという感じでした。ジャズダンスはロッキングがなくて、体が流れているのがポイント。

・Danceman ダンス名曲のオンパレード!! 20分間踊りまくらせてもらいました。2年前に私が来たことを覚えてくれている人もいました。2年生だった人も今は最上級生の4年生。ときが経つのは早いものです。
Chic Good time
https://www.youtube.com/watch?v=CycTQ29ikAA
ダンスマン ライブ
https://www.youtube.com/watch?v=lpOyQ3VPmIg


P1010033.JPG
ビッグバンドジャズ


見ていておもしろい凄すぎる変化球【厳選】
https://www.youtube.com/watch?v=qgozs_EbiYs

2015年10月23日

カッコいい女性ボーカル 久々編





今日の1曲
 弘田三枝子 ザ・ピーナッツ 伊東ゆかり+金井克子/Let the sunshine in
 弘田三枝子 / Be my baby






 久々にカッコいい女性ボーカルの映像が出てきました。
 1969年の女性ポップシンガーの最高峰の共演。
 素晴らしいです。ビックリ仰天。元気が出てきた。

 金井克子の全盛期のダンスも初めて見ましたが、今までに見た日本人の女性ダンサーで一番カッコいいかも。
 この金井克子の首の動きとグルーブ感が好きです。


弘田三枝子 ザ・ピーナッツ 伊東ゆかり+金井克子 / Let the sunshine in
https://www.youtube.com/watch?v=aeMtlYG4raY





弘田三枝子 / Be my baby
https://www.youtube.com/watch?v=_imswsaoxtk
最後のトリがBe my baby

弘田三枝子 / 人形の家
https://www.youtube.com/watch?v=EmHY9ZP4Mbo
レコード大賞1969年歌唱賞

弘田三枝子トーク
https://www.youtube.com/watch?v=WvTRbKPmUG8
5:30 キャンプで体で歌うことを覚えた




posted by カンカン at 21:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のポップスとロック Japanese music & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

追悼 Giorgio D’adamo







今日の1曲
 New Trolls / Adagio 1971 イタリアLP2位


 また、イタリアから訃報が届きました。Bancoに続いてNew TrollsのベーシストGiorgio D’adamoが亡くなりました。畢生の作品Concert Grossoのベースラインを聞きながら、追悼したいと思います。





2015年10月19日

全盛期 〜 チックコリアのBGM



やはりハイライトは「浪漫の騎士」



今日の1曲
 Return To Forever – 浪漫の騎士Romantic Warrior
 Al Di Meola - Elegant Gypsy 1977


 ロビーで流れているチックコリアのCDが気になったので受付の女性に聞いてみたら「私の選曲です」と言われたので、談議になりました。「チックコリアの全盛期は『浪漫の騎士』だと思いますよ」と言ったら、「私が生まれる前です。聞いてみます。」と言われました。

Return To Forever - Romantic Warrior
https://www.youtube.com/watch?v=KoPyLJTN7ss
1曲目に尽きる。今聞いてもかっこいい。40年前とは到底思えない。





Al Di Meola - 1977 Elegant Gypsy
https://www.youtube.com/watch?v=qkGqZ2S16IY
こちらも全盛期ということで異論はないでしょう。3:00からの20秒!!





2015年10月12日

歌の練習復活  〜 健康第一

P1010011.JPG



今日の1曲
  ミーナMina / Nada te turbe
  Mina - LA MENTE TORNA (1972)





 36度の猛暑から2か月続いた夏風邪のような体調不良がやっと終わってきました。健康のありがたさを再び感じています。歌の練習も、3月〜6月の練習量が100とすると、7月〜10月の練習量は2程度。カレンダーに書き込んだ「正」の字が懐かしい。

 しかし、カラオケボックスで久々に歌ってみると、いつのまにか喉ではなく、お腹や丹田で歌えるようになっていて変化を感じました。臍から下に力、臍から上はリラックスと言う感じ。足の裏にも振動が少し起こるようになりました。

 とはいえ、自分の声を録音して聞くと音程が狂ったり、リズムがずれたりまだまだで、情けない。歌っていて、酸素不足で倒れそうにもなります。カラオケボックスや練習ブースで倒れて救急車で運ばれたら迷惑なので、年相応に練習しようと思います。



LA MENTE TORNA収録


Mina / Nada te turbe
https://www.youtube.com/watch?v=djwIe4u4npk
現在75歳、デビュー55年でもイタリアで第1線で活躍するミーナの表現力。

Mina - LA MENTE TORNA con presentazione (1972)
https://www.youtube.com/watch?v=wKOr63__Z4o
誰も太刀打ちできないミーナの全盛期。





2015年10月11日

追悼 Rodolfo Maltese

P1010007.JPG
1985年にイタリアで買ったサンレモ参加曲Grande Joe


今日の1曲
  Banco - Grande Joe (1985)
  Banco del Mutuo Soccorso - Banco (full album)





 BancoのギタリストのRodolfo Malteseが亡くなりました。14歳のときPFMに続いて買ったのがバンコの「イタリアの輝き」でした。ELPが共演を避けたという伝説が残る素晴らしいバンドでした。ご冥福をお祈りいたします。

Banco del Mutuo Soccorso - Banco (full album)
https://www.youtube.com/watch?v=YISBOS7mgrI
ELPのManticoreから海外進出のために1st、3rdから選曲して再録音したもの

Banco - Grande Joe (1985)
https://www.youtube.com/watch?v=CG4e1UGjQdI
ポップスだが、ドリーミーなキーボードはBancoならでは

FESTIVAL SAN REMO 1985 - 33T
https://www.youtube.com/watch?v=_YYjNCPKdj8
Le ormeがProduceしたり、New trolls、Bancoが出たり、新人でも良曲があり、1985年サンレモ音楽祭は充実。





2015年10月05日

追悼 荒井基裕先生

P1010005.JPG
イタリアの女王ミーナとロックの王様アドリアーノ・チェレンターノ


今日の1曲
 ♫ Adriano Celentano ♪24000回のキッス 24000 Baci ♫ 1961年
  MINA 君に涙と微笑みを 1965年
  Mina – あなたと私ANATA TO WUATASHI (Tu ed io)1961年


 体調不良が猛暑の後から2か月続き咳や痰がでるので、ついに肺がんの検査をすることにしました。思えば、5月6月ころ歌の練習を急にやりすぎたのもよくなかったのかもしれません。





 イタリアンポップス、カンツォーネを日本に紹介された荒井基裕先生の訃報が届きました。荒井先生の教室で15年前に歌を教わりました。先生は80歳ぐらいだったのですが情熱的な方で、「大きな声で歌いなさい」と教わりました。ご冥福をお祈りいたします。




♫ Adriano Celentano ♪ 24000 Baci ♫
https://www.youtube.com/watch?v=KbWpGBV4KlA
この歌をイタリア語で練習しました。

Adriano Celentano ♪ Impazzivo Per Te
https://www.youtube.com/watch?t=9&v=DyiZN-QmP8U
チェレンターノ大暴れ





MINA 君に涙と微笑みをKimi ni namida to hohoemi wo
https://www.youtube.com/watch?v=3AtJpoTtEYc
見事な日本語によるミーナの歌。自分の歌が恥ずかしい。

Mina – あなたと私ANATA TO WUATASHI (Tu ed io)
https://www.youtube.com/watch?v=Ww2GyPSU8tk
1961年に日本語で歌っていた驚異の映像。イタリアでシングルになっている。




2015年09月25日

み〜つけた 〜 同病相哀れむ




今日の1曲
  Roberto Sanesi / Viaggio Verso il Nord"
  Guido Ballo - Metràpolis


 ずっと探していた音源がみつかりました。相変わらず体調がおかしいのですが(体温計は36.2度以下なのに、熱があるような気分と寒気がある)、予想していた通り、本格的に暗い音。なんだか現在の自分に似ていて、同病相哀れむという心境です。


Roberto Sanesi / Viaggio Verso il Nord".
https://www.youtube.com/watch?v=wX-DZb-3Ako
詩人の朗読: Roberto Sanesi
Tastiere: Gianni Leone (da "Il Balletto di Bronzo")

朗読Guido Ballo - Metràpolis
https://www.youtube.com/watch?v=uXgIec0CEm4
(musiche di Detto Mariano, Balletto di Bronzo & Giants)






2015年09月14日

虹をみた ~ Le Orme未発表曲

P1070860.JPG



今日の1曲
  Le Orme - Pomeriggio D'inverno

 台風が去った後に虹が見えました。
 夏風邪による体調不振はいまだに続いています。早く晴れてほしいです。
 Le Ormeの驚きの未発表曲がみつかりました。

Le Orme - Pomeriggio D'inverno
https://www.youtube.com/watch?v=TLOPumRkAb4

2010 NPB オールスターゲーム 藤川球児 近影
https://www.youtube.com/watch?v=JOfbUOJ_6HA






posted by カンカン at 11:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

レア・イタリア映像発見 〜 卓球びっくり映像



今日の1曲
  I Signori della Galassia


 台風が近づいてきて、雨がずっと降っています。 IL VOLOのレア映像に続いて、イタリアのI Signori della Galassiaがみつかりました。プログレやポップスに加えてディスコの時代が絡んだ美しくユニークなサウンドです。

I Signori della Galassia a Savona TV
https://www.youtube.com/watch?v=zY6P7C-b8ZQ#t=96


【卓球】世界トップクラスの選手たちが全力で遊ぶとこうなる (エキシビション集) - Table Tennis Exhibition
https://www.youtube.com/watch?v=sU_ZrXfFMYI






2015年09月05日

ゴスペルでダンス

150905_161444.jpg
魂の音楽ゴスペル


  Whitney Houston - Didn't We Almost Have It All
  Beck Bogart & Appice - Superstition - 1973
  いかりや長介のベース
  Blues Brothers feat. James Brown

 
 体調がまた悪く、整体の先生からは、低温で体調不良が続いているのであればと検査を勧められました。ゴスペルライブがあったので行ってみたところ、ベース、ドラムスがバリバリのJames Brownのようなライブだったので、思わず踊りまくりました。


Blues Brothers feat. James Brown
https://www.youtube.com/watch?v=pu7bPjMBbOI
JBが牧師で登場





Whitney Houston - Didn't We Almost Have It All
https://www.youtube.com/watch?v=tXKZxrdPUU8
ゴスペル出身といえばこの人。すごい声だ。





 他の人は踊ってないのですが、映画で黒人のゴスペルの集会では皆信者が踊りまくっていたので一人で踊りました。これで体調がよくなればと思ったのですが、またしんどくなってきました。おとなしくしていたほうがよかったようです。逆効果でした。


Beck Bogart & Appice - Superstition - 1973
https://www.youtube.com/watch?v=xyyhm1D7zlI
元気を出そうと思ったらこの映像が出てきました。






いかりや長介のベース
https://www.youtube.com/watch?v=DbFXaEQ6j1Q
かっこいいBassはBogartだけではありません





衝撃映像 〜 IL VOLO 〜 プール熱はもういやだ

P1020547.JPG



今日の1曲
  Il Volo: Medio Oriente 249.000 tutto compreso
  IL VOLO 1&2
  グレープ 無縁坂


 1か月夏風邪が続いて落ち着いたと思ったら一昨日37度以上の熱が出ました。喉と関節が痛いので、これは地獄のプール熱(喉が痛くて食べられない上に、水泡ができて最悪)か!?と腹を括ったのですが、昨日熱が下がってほっとしました。

 ほっとしたところで、伝説のイタリアのバンドIl Voloの動く映像を発見して仰天。1974年では世界最高峰といえるバンド。さだまさしのような繊細なシンガーソングライターがReturn to foreverをバックに歌っているようなイメージ。

 以前テレビで聞いて驚いたのですが、さだまさしは、実は子供のころからバイオリンをやっていて、本当にやりたかった音楽は、ジャン・リュック・ポンティのようなクロスオーバージャズだったそうです。しかし、それでは食えないのでフォークをやったとのこと。

グレープ 無縁坂
https://www.youtube.com/watch?v=sxdgZhMokXY
https://www.youtube.com/watch?v=peI2D-Abc2Y
バイオリン入り

 1975年の2ndは一転して95%以上がインストを占め、要所要所で泣きのメロディー、スーパーテクニックが光る。元気が出ます。どちらにしても、2年前エアロスミス&BZのスタジアムライブでもらったプール熱。あれだけは勘弁です。
 

Il Volo: Medio Oriente 249.000 tutto compreso
https://www.youtube.com/watch?v=RHo6GKFca-o
衝撃映像。欲を言えばもっと見たい曲があるのだが、見られるだけで幸せ。
Radiusの職人技をバックに犬が昼寝をしている。

Prog & Dintorni - ''IL VOLO'' (ospiti Battisti, Mogol e la Formula 3)
https://www.youtube.com/watch?v=_C8dTmv2Fz4
IL VOLO生成に至る1972年〜1974年のBattisti系の音楽シーンを解説





Il Volo
https://www.youtube.com/watch?v=uTvsWidDW08
0:50、26:00のアップテンポの2曲を昔から聞いています

Il Volo-Essere o non essereessere, essere,essere!
https://www.youtube.com/watch?v=E6NmtRReSao
初めての方には3:30、12:50、19:40、25:00、29:10あたりがカッコいいのでお勧め





2015年09月02日

追悼 〜 昭和精吾

P1010005.JPG
昨年、昭和さんからいただいたサイン


今日の1曲
 天井桟敷 邪宗門


 また、悲しい訃報が入りました。昨年12月に初めて公演を見て、その存在感に圧倒され感動した元天井桟敷の昭和精吾さんが癌でなくなりました。12月に見た時は73歳にも関わらず30歳のロッカーのようなパワーと威厳に感銘を受けました。

 偶然にも、前回のブログで天井桟敷の邪宗門を紹介したばかりでした。
 この人をずっと追って行こうとおもっていました。
 ご冥福をお祈りします。

天井桟敷 邪宗門 (Heresy) - J.A. Seazer (1972)
https://www.youtube.com/watch?v=0KGi-KJQkak
38:00から昭和さんの朗読  1:08:30からアジテーション




posted by カンカン at 11:22| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

Soul Diva 〜 歌の発表会U 〜 ダンスの先生 〜 朗読・作詞の勉強

P1070839.JPG
美しい声のNao Yoshioka 


今日の1曲
  Nao Yoshioka  All at once
  Whitney Houston  All at once
  amazarashi 『スピードと摩擦』
  TOKIO / 太陽と砂漠のバラ
  天井桟敷 邪宗門 

 猛暑も終わり、約1か月弱続いていた夏風邪ウィルスから解放され、楽になってきました。健康のありがたさを再認識しています。
 昨日はいろいろ音楽を勉強できました。 





〜 Soul Diva  Nao Yoshioka 〜


 James Brownでお馴染みのアポロシアターのアマチュアナイトで準優勝したというNao Yoshiokaのインストアライブを聞きました。美しい声と、伴奏のピアノとのリズム感で心地よいリズムで踊らせていただきました。

Nao Yoshioka at Indie Soul Mixer New York City
https://www.youtube.com/watch?v=4WToMksLBa0

Nao Yoshioka Live in New York with ORLY
https://www.youtube.com/watch?v=GlgYdwVsjA8

Whitney Houston All at once
https://www.youtube.com/watch?v=wye2Ce1KC5o
Nao Yoshiokaもライブで歌っていました。

Whitney Houston All at once Live
https://www.youtube.com/watch?v=rKUXK08E1ds
Madonna, Michael Jackson,Whitney Houstonの3人以後、メロディーが全世界に共通言語になるようなスターは出なくなってしまった。





 〜 ダンスの先生 スピードと摩擦 〜


 Nao Yoshiokaのライブの時、後ろのビデオのダンスがかっこよくてずっと見ていました。今後、参考にさせてもらおうと思います。
 タイトルも『スピードと摩擦』と意欲的です。

amazarashi 『スピードと摩擦』
https://www.youtube.com/watch?v=kOGcd19soPw
女の子の鋭いダンス



〜 歌の発表会U 〜


 2回目の歌の発表会で歌いました。前回は緊張して天井を見ていましたが、今回は、反対の壁を見れました。評のところで「お腹から発声できるといいです」「高音のところで音が弱く、割れているので、均等に出せるといいです」とアドバイスをもらいました。

Whitney Houston All at once Live
https://www.youtube.com/watch?v=t1Y5Ln9PzVw
こんな風に歌えたらなあ。RIP



 〜 朗読 目指せ! 天井桟敷 〜





 朗読のレッスンを受けました。私の作った音源に乗せて、たまたま机に置いてあった歌詞を読み上げました。読んでいるうちに自分の世界に入り込んで快感になっていきます。乞食と役者は3日やったらやめられないという格言を思い出しました。

 朗読の先生から、朗読の発音について特に問題はなかったとのことで、半年間の歌の練習が生かせたと思いました。私の作詞について、現実と精神世界がかい離していて、そこの架け橋として時間的な要素を入れるといいですとアドバイスしてもらいました。


太陽と砂漠のバラ
http://www.uta-net.com/song/83267/
叫んでいると、天井桟敷の昭和精吾さんのようになりたいという意欲が湧いた。
読んだ詞を後で聞いたら、これTokioの歌ですよと言われてビックリしました。


天井桟敷 邪宗門 (Heresy) - J.A. Seazer (1972)
https://www.youtube.com/watch?v=0KGi-KJQkak
38:00から昭和さんの朗読  1:08:30からアジテーション






posted by カンカン at 13:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

追悼 Giancarlo Golzi

P1010002.JPG


今日の1曲
  MATIA BAZAR / TI SENTO
  Museo Rosenbach - Della Natura - Live in Tokyo





 旧友の訃報に続いて、イタリアのドラマーGiancarlo Golziの突然の悲しい訃報が入りました。先日まで全く元気のようだったので驚いています。Museo Rosenbach 来日のときの雷神のようなドラムは感動的でした。R.I.P.


MATIA BAZAR / TI SENTO
https://www.youtube.com/watch?v=GIjckqVaqEs
イタリアのドリカムのような人気バンドだったマティア・バザール




Museo Rosenbach - Della Natura - Live in Tokyo 26/04/2013
https://www.youtube.com/watch?v=WGkh_rJPxMI
2013年5月3日のブログでも紹介しました。




2015年08月15日

山口冨士夫さんの命日・終戦記念日に 〜 「おまえがやれ」クラブチッタ1992年

150801_194100.jpg
故山口冨士夫のギターが渋谷のニコニコギターに飾られています


今日の1曲
 村八分 / 1972三田祭ライブ
 山口冨士夫 ATMOSPHERE ライブ1992年


 36度の猛暑の1週間が過ぎたと思ったら、朝の涼しさで夏風邪を引いてしまいました。今朝も、夜中に5回ぐらい咳き込んで起きたのでかなりしんどいです。歌の練習もできないので、呼吸や姿勢のイメージトレーニングをしています。


映画「山口冨士夫/皆殺しのバラード」予告篇 2014年
https://www.youtube.com/watch?v=HC7SXRUXQjQ


 8月14日は山口冨士夫の命日で、今日は終戦記念日。山口冨士夫は黒人米兵の孤児で「俺はあの戦争の傷跡そのものなんだ」と自伝で語っていました。そして2年前、白人米兵の喧嘩の仲裁のトラブルで押し倒されて頭部の怪我で亡くなってしまいました。





 冨士夫さんが死んだショックは意識しないように努めていました。ブログでも平静を装っていました。しかし、それは知らないうちにボディーブローのように効いていて、ついに10月31日の仕事の事件が引金で、自分が崩壊していきました。

 約1年間、死線を彷徨ったのですが奇跡的に回復しました。復帰2番目の仕事で会った人物が村八分の「ライブ三田祭1972」を持っていて、何かの因縁を感じました。私は村八分の「ライブ三田祭1972」の操り人形が日本のロックの最高峰と思っています。





 今年になって、また体調が下り坂になってきて危機感を感じました。そのとき、歌ったり、叫べば、この状況から脱することができるのではないかと直感しました。そこで、村八分の1972年のライブを目撃したというS先生のことを思い出しました。

 今まで、ダイナマイツの山口冨士夫を見たという人には3人会ったことがあるのですが(立川ドラム、池袋ACB、新宿ACB)、村八分を見た人に会った人は初めてで、しかも1972年三田祭です。そこで私はS先生から歌を教わろうと思いました。

村八分BOX -LIMITED EDITION Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=G9EqrB0ISaw
0:25 日比谷野外音楽堂
1:38 京都円山音楽堂
2:24 同 操り人形
3:04 慶應大学三田祭
4:24 にげろ 唯一のカラー映像 ダンサーとしても素晴らしい


今日、初めて全部通して聴いた。音質は落ちるが他のバンドと違うテンションがある


 
 山口冨士夫がルイズルイス加部、元テンプターズの故大口ひろし、篠原信彦という凄い布陣で1992年にATMOSPHERE と言う作品を数年ぶりに発表しました。川アのクラブチッタにATMOSPHEREライブを見に行きました。

 私が高校生の時に神様のような存在だった故Kさんが会場にいて12年ぶりに目が合いました。恥ずかしくてすぐに目を反らしました。「ああ、Kさんも冨士夫さんやルイズルイス加部に憧れてベースを始めたんだなあ」と思いました。





 ライブは、ブラスセクション、女性コーラスも加え、今までと違うリラックスした大人のロックと言う感じでした。途中で冨士夫さんが、会場の空気を感じたのか「どう反応したらいいかわからないだろ?」と声をかけてきました。

 すると突然、客席最前列にいたスキンヘッドの若者が「村八分やれっ!!」と叫びました。一瞬空気が凍りました。冨士夫さんの対応によっては一触即発という事態です。
 冨士夫さんは、スキンヘッドに向かって「おまえがやれ」と一言。

 そして、冨士夫さんは振り向いてチューニングを始めました。会場は、どっと爆笑がおこりました。さすが冨士夫さんだなと思いましたが、冨士夫さんの中にも村八分を超えられないという葛藤はあったのではないかと思います。

 それ以来、冨士夫さんの「おまえがやれ」という一言はいつも私の記憶の中に留まっていました。今年、生まれて初めて歌の練習を真剣にやろうと思ったのも、冨士夫さんの「おまえがやれ」という声が聞こえたからでした。





山口冨士夫 ATMOSPHERE promotional film 1992年
https://www.youtube.com/watch?v=mw6v2OrUPwA
冨士夫さんのフレンドリーな1面が見える貴重な映像


 S先生から歌のレッスンを受けていると、先生の後ろに、先生が見たり関わってきた村八分の冨士夫さんやチャー坊、モップス、山下達郎、オフコース、サディスティックミカバンドのメンバーが立ってこっちを見ている気がして気合が入りました。

 昨日、高校時代からの親友の訃報が入りました。
 私が、今回倒れたときも「この仕事は他人事だと割り切らないとだめだ。自分のことのように抱え込むと続かない」とアドバイスしてくれました。ご冥福を祈ります。


今日2年ぶりに初めて封を切って聞いてみた。メロトロンらしき音も聞こえる






2015年08月14日

復帰1周年 〜 川アクラブチッタDisco祭り

150813_154543.jpg


今日の1曲
  Cheryl Lynn / GOT TO BE REAL

 クラブチッタのDisco祭りに行きました。昨年、体調を崩して寝たきり状態になったとき、8月13日に思い切って踊りに行って汗をかいたら、徐々に体がもとに戻りました。そこで、8月13日は記念日として記憶に刻まれることになりました。

 今回は、夏風邪で、クーラーの効いた電車の中では長袖シャツの上にウインドブレーカーを着ている状態です。それでも「やるぞ」と決めていたので突撃。次に仕事が入っていたので35分程度でしたが踊りまくりました。チビッ子が寄って来て可愛かったです。
 
Cheryl Lynn / GOT TO BE REAL
https://www.youtube.com/watch?v=lylGNeto9L4


ボクシング高速ステップ
Thomas Hearns - Sugar Ray Leonard 1
https://www.youtube.com/watch?v=llYtZgMQct4





2015年08月11日

祝・PC復活 〜 カッコいいロック・ハンガリー編

150715_144818.jpg
大雨の後の河原で歌の練習中に撮影


今日の1曲
  OMEGA / Movin' World
  OMEGA / The Hall Of Floaters In The Sky





 先週の木曜日にパソコンが外部のUSBなどに全く反応しなくなり、修理に出しました。ご経験がある方が多いと思いますが、パソコンがなくなったときの喪失感は大きいです。1週間〜2週間は覚悟していたのですが、昨日「直りました」の電話がありました。

 パソコンが復活して喜んでいますが、気が付くとまたネットサーフィンをしていて、ダメな自分がそこにいます。最近、中南米の音楽が多かったので、今回はハンガリーの国民的バンドのオメガです。


OMEGA / Movin' World
https://www.youtube.com/watch?v=d778PfB-0KA&index=1&list=PLDF181635102E57C8


 オメガはドイツのBellaphoneから出ていたLPを1枚持っていました。彼らが海外進出を目指したThe Hall Of Floaters In The Skyです。
 この中の2曲は、イギリスのバンドに匹敵するカッコよさがありました。

 昔、ヨーロッパ旅行でウィーンからブダペストに日帰りで行きました。共産圏のブダペストに居られるのは2時間のみ。1日に1往復しかない列車に遅れそうになったとき、一人の青年が必死に「このバスに乗れ」と教えてくれました。人生最大のピンチと感謝でした。


OMEGA / The Hall Of Floaters In The Sky
https://www.youtube.com/watch?v=s4eV0tzBEqE&index=4&list=PLDF181635102E57C8




posted by カンカン at 21:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーロピアンロック&ポップス European Rock & Pops | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

サンバpartU・老いては子に従え 〜 デモ初参加・レゲエライブ

150802_172354.jpg
かっこいいカリビアンダンサー


今日の1曲
 Bob Marley - I shot the sheriff
 Eric Clapton - I Shot the Sheriff





〜 サンバpartU・老いては子に従え 〜 


 暑いので体調にお気を付けください。しかし、暑いときは野外フェス! カリビアンフェスティバルに行きました。初日の夜に滑り込んで見れたのはサンバなどを演奏するブラジルのバンドです。よし踊るぞ!とやる気満々でチューハイを煽りました。

 いざ始まると、柵のスペースに、ブラジル人と思われる3-4人の黒人の女の子たちが入っています。
 3歳から5歳ぐらいでしょうか。可愛いものです。

 ところがどっこいで、一人の女の子がエンドレスで踊っています。
 バンドの演奏に合わせて何も考えずに勝手に体が動いているという感じです。
 振り付けもルーティーンもなし。凄い。


150801_184429.jpg
チビッ子のダンスの潜在能力に圧倒されました。


 「うーん。これはこの子から学べるぞ」と思った私は、ハウス、フリチャチャなどのステップの予定を変更して、女の子の真似をしてひたすら踊りました。飛んだり跳ねたり、「これは今までやったことのないステップだ!」というのがいろいろ出てきます。

 1曲目が終わりました。私は倒れそうになりました。
 老いては子に従えといいますが、私は女の子から、音楽をエンジョイすることはどういうことかを教わりました。女の子は無尽蔵の体力でずっと踊っていました。





〜 デモ初参加・レゲエライブ 〜


 2日目は、フェスに行こうとしたときに、デモをやっていました。17歳の若者が拡声器を持って叫んでいるのを見て、私は、生まれて初めてデモに参加したいという衝動に駆られました。参加するのに資格も承諾も不要です。私は静かに隊列に参入しました。


150802_165544.jpg


 約1kmの道でしたが、大通りを練り歩きました。
 叫ぶよりもダンスの方が得意ですので、私だけ音楽に合わせて拳を突き上げ、ロッキングをして主張しました。沿道の人も頑張れ!と言ってくれて励みになりました。


150802_180757.jpg


 デモが終わって会場に行くと、カリビアンダンサーが踊っていました。
 最後のレゲエバンドを見ることができました。デモで30分間突き上げ続けた拳を、今度はレゲエのリズムに合わせて天空に突き上げました。


Bob Marley - I shot the sheriff
https://www.youtube.com/watch?v=nrnZSLwfzVs

Eric Clapton - I Shot the Sheriff
https://www.youtube.com/watch?v=10qLYy6hiFQ






2015年07月28日

サンバ・de・ブラス 〜 大田区アプリコ・ホール

P1010021.JPG
パンフレットと写真フィルムケースを使った手製の楽器


今日の1曲
 リオサンバカーニバル
 Ornella Vanoni – Tristezza





 ブラジル音楽をブラスで演奏するコンサートに行きました。ブラジルには、サンバ、ボサノヴァなどがありますが、歴史をたどっていろいろな曲が演奏されました。黒人の奴隷の歌であったり、反政府のヒット曲などがあって楽しむことができました。

 イパネマの娘が、イエスタデイに次いで、世界で2番目にたくさん録音されたことを知りました。10人位のブラジル人などプロの人の模範演奏は特にすごくリズミカルでした。タンバリンを無尽に操ってオーケストラのように演奏するのには仰天しました。


第2部では、サンバのダンサーが出演しました。指揮の人が、「ダンサーが出てきても演奏の方も聞いてくださいね」と釘を刺していましたが、サンバのダンサーが出てくると独壇場です。写真フィルムのケースに砂が入った楽器で観客も一緒に参加します。

リオサンバカーニバル 優勝グループ
https://www.youtube.com/watch?v=Qdycq9uc9io





カーニバルは土曜日から水曜まで続くそうですが、水曜日は灰色の日と言われているそうです。祭りの後の寂しさというのはどこの国でも共通なのだと思いました。最後は、手首が痛くなるぐらい私もフィルムケースの楽器を振りました。

Ornella Vanoni – Tristezza
https://www.youtube.com/watch?v=KQOh_QLuh9E
1960~70年代のブラジルブームはイタリアンポップスにも波及した。





2015年07月25日

歌声喫茶 〜 初めてのステージ

P1070318.JPG
白いノラ猫と遭遇しました。


今日の1曲
 ハプニングス・フォー / さくらとかわら屋根が見える街


 暑い日が続いています。生まれて初めて、人の前で歌を歌いました。小さなステージでお客さんは20人位ですが、視線が怖くて緊張し、天井を見ながらサビのところは目をつぶって歌いました。練習で学んだことを生かそうと思いました。

 2番、3番となるにしたがって、緊張が解けてきてサビで大きな声で響かせることが実感できました。歌い終わった後は、しばらく足もガタガタしていました。1曲だけですが、人前で歌うことはとても貴重な体験でした。また、歌に精進しようと思います。





トメ北川+篠原信彦(ハプニングス・フォー)/ さくらとかわら屋根が見える街
https://www.youtube.com/watch?v=raPwYg9f7TI
こんな風に歌えたらいいなと思える美しい曲。
トメ北川は九州屈指のボーカリストと言われた人。

ハプニングス・フォー / さくらとかわら屋根が見える街
https://www.youtube.com/watch?v=ci1depsq7lk
渋谷クロコダイルでのライブ