2011年03月03日

INDEX・索引

ご訪問ありがとうございます。

 INDEX索引は、2011年10月1日のブログに移転しました。

  
posted by カンカン at 23:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

誕生日 WOMBY 〜 クリスマスXmas 今日の一曲 <314> CURTIS MAYFIELD <315> イ・プー I Pooh <316> John Lennon

P1010013.JPG
Single I Pooh / Noi due nel mondo e nell’anima(made in Japan)
イ・プー / 愛のルネッサンス  姪っ子と甥っ子

<314> カーティス・メイフィールドCURTIS MAYFIELD / (Don't Worry) IF THERE'S A HELL BELOW WE'RE ALL GOING TO 1970年 
<315> イ・プー I Pooh / 愛のルネッサンスNoi due nel mondo e nell’anima 1972年イタリア最高位1位
<316> ジョン・レノンJohn Lennon / Happy Christmas (War Is Over)


〜 誕生日 WOMBY 〜


  仕事が忙しく、風邪も引いたりしてクラブに丸1ヶ月以上行きませんでした。
  早稲田と慶応では暴れましたが。
  私の誕生日はXmasなので、誕生月に無料招待してくれるWOMBに行きました。

WOMB HP http://www.womb.co.jp/

  WOMBは事務員さんの送別会で終電に乗り遅れて以来。
  もう1年たつのか早いなあ。
  あのときは中野からタクシーで渋谷に行き、朝まで踊りました。

  WOMBの世界でトップクラスの音響システムは変わらない。鉄板のところが滑るので気持ちよくスピンができる。女の子が寄って来たけど踊ってるほうが気持ちいい。
  無料招待のお礼にCDをあげました。

カーティス・メイフィールドCURTIS MAYFIELD / (Don't Worry) IF THERE'S A HELL BELOW WE'RE ALL GOING TO 1970年
http://www.youtube.com/watch?v=nls9XROBdIA
内容はもちろん人種差別など深いのだが、理屈抜きにかっこよすぎ。
イヤホンで大音量でどうぞ。これが1970年だからすごいなあ。




〜 クリスマスXmas 〜


  今回は、Xmasにふさわしい曲ということで、イタリアで3世代に愛される国民的バンド、イ・プーの「愛のルネッサンス」です。イタリアの1970年代前半に流行したポップスとクラシックを融合させた“Symphonic pop”を代表する1曲です。

イ・プー I Pooh / 愛のルネッサンスNoi due nel mondo e nell’anima 1972年
http://www.youtube.com/watch?v=ebkrcuXyaWA&feature=fvw
イタリアの美学。こちらもイヤホンで大音量でどうぞ。

イ・プー I Pooh / 愛のルネッサンスNoi due nel mondo e nell’anima
http://www.youtube.com/watch?v=_pg5vf3i0m4&feature=related
1972年 Senza Rete でのlive



  Xmasイブは、△△さんが実刑判決を受けたが、元気な顔で手紙を出してくれると言ってくれたのでほっとしました。夜は父母と一緒にピザを注文して食べました。
  I PoohがJohn LennonのHappy Xmasを歌っていました。

イ・プー I Pooh / ハッピー・クリスマスHappy Christmas
http://www.youtube.com/watch?v=YVCu3RdvrI0

ジョン・レノンJohn Lennon / Happy Christmas (War Is Over)
http://www.youtube.com/watch?v=hb2YSAVHmIE&feature=related
こちらが原曲です。




posted by カンカン at 01:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

慶応大学医学部図書館 〜 渋谷ELFV 今日の1曲 <287> 井上尭之バンド <288> 石原裕次郎 <289> Zhane <290> Mary J. Blige Mariah Carey <291> モーツァルト


<287> 井上尭之バンド / 太陽にほえろ!メインテーマ
<288> 石原裕次郎 / わが人生に悔いなし
<289> Zhane / Hey Mr Dj
<290> Mary J. Blige Mariah Carey / Got to be real
<291> モーツァルトW.A.Mozart / クラリネット五重奏曲 第2楽章 k581


〜 慶応大学医学部図書館 〜


  刑事事件の調査で慶応大学医学部の図書館に初めて行きました。
  慶応病院で思い出すのは、地下の売店の前で車椅子に乗った石原裕次郎さんに会ったこと。亡くなる直前。寂しそうでした。

  戦後最大の映画スターの全盛期は知りませんが、太陽にほえろの存在感は強烈でした。石原裕次郎さんと目が合ったときは、さすがにびびって固まりました。
  図書館で検索してきた雑誌をコピーして帰りました。

井上尭之バンド / 太陽にほえろ
http://www.youtube.com/watch?v=lPQgYE_QUA4
改めてイヤホンで聞くと凄い JBsよりかっこいいかも
岸部一徳(当時岸部修三、元タイガース、PYG)のベースのグルーブが凄くて絶賛されているが、彼は「あれもできない、これもできないということに気づいてベースを止めた」と言っていた。それだけ高いレベルでしのぎを削っていたということだろう。



石原裕次郎 / わが人生に悔いなし
http://www.youtube.com/watch?v=swrfg3fnfY4&feature=related
回復後に病院で手を振る有名なシーン

石原裕次郎ヒットメドレー
http://www.youtube.com/watch?v=mykl6emDuuM




〜 渋谷ELFV 〜


渋谷ELF HP
http://club-elf.jp/

  新装した渋谷ELFに行きました。
  曲もDJも代わったようです。
  内装も、以前より落ち着いてとてもよくなりました。

Zhane / Hey Mr Dj
http://www.youtube.com/watch?v=bFAhwS-NeNo



  今日も2時間ノルマで踊りました。
  帰ろうとしたらGot to be realがかかりました。うわ〜、踊りたいと思いつつ、終電前なので声をかけてきたテキーラガールに挨拶して帰りました。

Mary J. Blige / Got to be real
http://www.youtube.com/watch?v=fy6o5fvlgfw&feature=related
今回はシェリル・リン以外の人で。

Mariah Carey / Got to be real
http://www.youtube.com/watch?v=wz6CzJ_B-xQ&feature=related
マライアもやってます。




  ダンスの後は癒し系。疲れが取れ、頭が良くなるというモーツァルトの隠れた名曲。
  最近物忘れがひどい。人の名前も出てこない。
  少しでも頭がよくなると助かるんですが。慶応医学部の学生さんが眩しく見えました。
 
モーツァルト:クラリネット五重奏曲 第2楽章 k581
http://www.youtube.com/watch?v=Vyl7ZQMi5Bo&feature=related
第1楽章
http://www.youtube.com/watch?v=MB1czouO6IQ&feature=related




posted by カンカン at 16:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

映画「BOX」・渋谷Camelot13 今日の1曲 <280> SWV <281> マイケル・ジャクソン <282> ジム・モリソン <283> 少女時代


<280> SWV / Right Here (Human Nature Mix)
<281> マイケル・ジャクソンMichael Jackson HUMAN NATURE
<282> ジム・モリソンのダンスJim Morrison(dancing) / The End(Doors)
<283> 少女時代 / Genie


〜 映画「BOX」・渋谷Camelot 〜


  先週は、死刑冤罪の袴田事件の映画「BOX」を見ました。
  ボクサーというだけで犯人にされた事件で、噂には聞いていたがこれほど酷いとは。
  死刑判決を書いた裁判官も苦悩して退官し、自殺を図り家庭も崩壊しそうになる。

  袴田さんは獄中で精神を壊してしまわれた。聖書を破って食べたり・・・。
  最後に袴田さんのお姉さん、免田事件の免田栄さん、布川事件の桜井昌司さんのスピーチがあり,足利事件の菅谷さんは残念ながら交通事情で間に合いませんでした。

映画「BOX」 HP http://www.box-hakamadacase.com/




  その後、Camelotに踊りに行きました。
Camelot HP http://www.clubcamelot.jp/modules/myalbum1/

  マイケル・ジャクソンの懐かしいHuman NatureのダンスMixがかかりました。

SWV / Right Here (Human Nature Mix)
http://www.youtube.com/watch?v=NOKd_et0A4o&feature=fvst



マイケル・ジャクソンMichael Jackson HUMAN NATURE 1987 横浜スタジアム
http://www.youtube.com/watch?v=CpK2FAT6kJk
こちらはご本家の全盛期のライブです。



  まったり系のR&Bですが、私は4ビートでも突然32ビートで壊して踊ったりします。
  28年前は64ビート、128ビートの世界で踊れていたとおもいます。
  今日は、曲ごとにビートを変え、各種ダンス、民族舞踊の振り付けを入れてみました。

  前回のドアーズのジム・モリソンのダンスはシャーマン(呪術)と呼ばれました。
  ドアーズのジ・エンドが使用された映画「地獄の黙示録」。
  それは映画「BOX」の地獄と通じるものがある。

  ベトナム戦争時代のアメリカのひとつの象徴でもあるジム・モリソンの死。
  彼のダンスはベトナム戦争の死者に捧げられたものなのだろうか。
  ジム・モリソンの父はベトナム戦争を指揮する上官でした。

ジム・モリソンのダンスJim Morrison(dancing) / The End
http://www.youtube.com/watch?v=Z7ZucE_olEs





  興奮したギャル2人が私の前に飛びついてきました。
  K-POP「少女時代」みたいなルックスです。
  わーいと思いました。

  一度は私を見るや(な〜んだ、おじさんか〜)と帰って行き、ショボくれました。
  でも、また戻ってきてくれました。ストリートダンスの審査員はなんといってもギャル。
  おかげで自信がつきました。ギャルにお辞儀して帰りました。

少女時代 / Genie(日本語)
http://www.youtube.com/watch?v=ibiCZ7-DwQc&feature=related




posted by カンカン at 09:35| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

さようなら渋谷HMV W 〜 アフリカの夢 渋谷The Room U 今日の1曲 <249> エボニーズ <250> チェレステ


<249> エボニーズThe Ebonys / I'm So Glad I'm Me 1973年
<250> チェレステCeleste / Principe di un Giorno 1976年


〜 さようなら渋谷HMV W 〜


  今回も渋谷HMVで買ったCDの思い出です。

  レア・ソウルの中でもコレクターの間で、フィラデルフィア・サウンドの最高峰と呼ばれ、最大級の賛辞が贈られていたのが、エボニーズ。
  渋谷Manhattan Recordなどコレクターズショップでは、壁を飾る華だったようです。

  CD化される前は、3万円以上の値がついていました。1度ラジオで聞きましたが、噂どおりのすばらしい作品でした。そしてエボニーズもついにCD化される日がきました。
  文化村通りの渋谷HMVの地下で購入。期待を裏切らない傑作でした。

エボニーズThe Ebonys - It's Forever
http://www.youtube.com/watch?v=2DO8j93f2Fc
美しいコーラス、メロディーとストリングス。
中期New Trollsとか、イタリアンポップスにも通じる普遍性があると思います。

エボニーズThe Ebonys - I'm So Glad I'm Me
http://www.youtube.com/watch?v=dspOjQhVgmc&feature=related
こちらはアップな1曲。黒人ソウルのひとつの完成形でしょう。




〜 アフリカの夢 渋谷The Room U 〜 


  週末、渋谷に踊りに行きました。
  その前に音楽スクールで、ボーカルの体験レッスンを受けました。
  腹式呼吸ができ、口鼻の共鳴する箇所をみつけると大きな声で歌えるようになります。

  その後、上手なストリートミュージシャンがいたのですが、客が集まらない。イケメンだが近寄り難い雰囲気がある。終わった後、声をかけたら気さくな若者だった。「ボーカルにエコーをかけるとCDを流しているみたいなので、かけない方がライブ感があっていいのでは」とアドバイスをしたら喜んでくれました。

  渋谷HMVがなくなったので、他の店へ。いいのがかかってたので、これは何ですかと尋ねたら女性スタッフが親切に教えてくれた。40年前のソフトロックみたいだが、今年出たイギリスのマイナーなバンドのCelesteという作品。教えてくれたお礼にイタリアのCelesteのCDを買いました。

チェレステCeleste / Principe di un Giorno
http://www.youtube.com/watch?v=x5UbmPPbsYQ
牧歌的で優しいメロトロンMellotronの代名詞。




  酒屋で知り合いの弁護士と会って、いやあ奇遇ですねえと、しばらく業界の立ち話。
  10時にAXXCISに行ったら、今日はプライベートとのこと。ELFに行ったらここも11時までプライベート。困ったのですが、結局、9ヶ月ぶりにアシッドジャズの聖地The Roomへ。

  バリバリのアフリカンビートがかかっている。うわっ、マニアックだなあ。
  ドラムセットがおいてあって、踊れるスペースは8畳ほどしかありません。
  とにかく一汗流すぞと、アフリカ人になり切る決意を固める。

  綺麗な外人女性が見ている。よし、楽しませてあげよう。張り切ってしまった。
  予想外のビートのおかげで、即興でいろんなダンスが創れました。
  スピンも決まり、汗もかいたので、最後はパラパラで1時間で帰りました。ジュースが美味い。

アフリカン・ダンス・グループAfrican Dance Group
http://www.youtube.com/watch?v=UH6yC7GjqZk
とても人間的な踊りだ。参考になる。
これと比べると、日ごろ見るダンスが作為的に作られたものと思えてしまう。

African Healing Dance
http://www.youtube.com/watch?v=LkLoDhSrVKc&feature=related
これは癒し系のアフリカンダンス。自然回帰。
6分あたりのレクチャーは、ヒップホップのスクールの基本動作とよく似ている。
やはり、ヒップホップのルーツはアフリカなのだろう。

African Dancers
http://www.youtube.com/watch?v=xsnKowy_zc0&feature=related
こちらは、ど迫力のダンス。






posted by カンカン at 13:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

索引 INDEX

ご訪問ありがとうございます。

 

INDEX索引は、2011年10月1日に引っ越しました。

  アーティスト名など、Googleなどで検索されてきた方、探すときにご利用ください。

  
posted by カンカン at 08:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

広島HiroshimaU  今日の1曲  <230> サンドラ

P1010022.JPG
フランツ・レーザー著「ユダヤ人を生きる(決して、もうだめだとは言うまい)−アウシュビッツ、ヒロシマを越えて」Sag nie, du gehst den letzten weg - Franz Loeser
クリックすると大きくなります。

<230> サンドラSandra / Hiroshima


昨日は、広島の慰霊祭で、初めて戦勝国アメリカの駐日大使が出席しました。
Ambassador American stationing in Japan attended at a ceremony of Hiroshima for the first time yesterday.

「この広島では人間の存在そのものが抹殺されていた」
ドイツ・アウシュビッツでナチスに両親を殺され、イギリスに逃れたユダヤ人兵士が1945年に訪れた広島で見た衝撃。戦勝国の兵士が残した数少ない広島の記録。広島は生涯レーザー博士の心の傷になってのしかかった。



  サンドラは、日本で一斉を風靡したアラベスクのメンバーでした。
  アラベスクは本国ドイツではあまりヒットしなかったのですが、サンドラはその後、ヨーロッパで大スターになり、エニグマにも参加しました。
  サンドラはHiroshimaをヨーロッパでヒットさせました。

Sandra wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Sandra_(singer)

サンドラSandra / Hiroshima
http://www.youtube.com/watch?v=fS6F42mAcqo&feature=related
3:48〜 白い鳩は、タイガースの廃墟の鳩を思わせる。





 
posted by カンカン at 10:49| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

INDEXが完成しました。

  ご訪問ありがとうございます。

  今日の1曲のINDEX索引です。

  アーティスト名など、Googleなどで検索されてきた方、探すときにご利用ください。

  
         ↓

   2011年10月1日に移転しました。
posted by カンカン at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

クリスマス・プレゼントXmas Present 少年期U 今日の1曲 <133> ビング・クロスビーBing Crosby

P1010002.JPG
姪と甥たちからクリスマスプレゼントのお礼が来ました。



<133> ビング・クロスビー Bing Crosby / ホワイト・クリスマス White Christmas



  昨日少年鑑別所の少年に会ったら、私が訪問した24日に後で少年の父と兄が初めて訪問し、母からも手紙が来て、久しぶりにチョコを差し入れで食べることもできたそうです。自分は見捨てられたかもしれないと思っていた少年は、その日、一日中泣いていたと言っていました。
  私も少年からプレゼントをもらった気がしました。
  一番のクリスマスプレゼントは家族の愛だと思いました。

On Christmas Eve, father and the older brother of the boy visited the detention home for the first time. And a letter came from mother of the boy. The boy who thought that oneself was got rid of cried all the time on that day.  I thought that I got a present from the boy, too.
The greatest Christmas present is love from a family.


ビング・クロスビー Bing Crosby / ホワイト・クリスマス White Christmas
http://www.youtube.com/watch?v=9vPfOjAw5Z0
ビング・クロスビーは法学部を中退している。もしかしたら弁護士になっていたのかもしれない。






posted by カンカン at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

今日の1曲 あしあと 31歩〜50歩

  今回は,10月26日から12月11日までの「今日の1曲31〜50」をまとめてみました。かなりの量になりました。


− 今日の1曲 31〜50 INDEX  −


◎  癒し系おすすめ
☆  元気が出る系おすすめ
♪  ダンス系おすすめ
∇  プログレッシブ(10月12日の日記参照)系おすすめ


  おすすめのマークの個数は、あくまでおすすめ曲としての目安にすぎず,音楽に対する評価ではありません。
  個人的には大好きでも,初めて聴く方にはとっつきにくいかなと思われるものは,マークの個数が少なくなっています。



<31> 10-26(10月26日の日記) 中田喜直作曲 / メダカの学校 
 「日本のシューベルト」とよばれる中田喜直の名曲。
  ◎◎☆ http://jp.youtube.com/watch?v=40ZJtQ7PaCA&feature=relatedライブ?ヴァージョン
  ◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=5JPHKQZOq1I&feature=related
   

 Cyndi Lauper シンディー・ローパー / Time After Time タイム・アフター・タイム 1984年
  ◎ http://jp.youtube.com/watch?v=3C6AXnnjgqI 日米で大ヒット。Jazzの帝王マイルス・デイビスMiles Davisもカバーした名曲。

<32> 10-31 Nu Yorican Soul - The Nervous Track 1993年 ダンスチャート1位
  ☆♪♪ http://jp.youtube.com/watch?v=zRoIuEe6Bbs Marvelous(驚異的)と絶賛されたHouseの名曲。
  
 カルメン・マキ / 時には母のない子のように 1969年
  ◎ http://jp.youtube.com/watch?v=A182itafpNg&feature=related 伝説の劇団「天井桟敷」から生まれた紅白歌合戦出場のヒット曲。元祖渋谷系?
 寺山修司(作) / 空を歩こう 1959年 ラジオドラマ「中村一郎」からの劇中歌
 
<33> 11-05 Beyonce ビヨンセ / Work it out ワーク・イット・アウト 2002年   
  ☆☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=ugbQHWxsP64&feature=related 世界の歌姫ビヨンセのソロ・デビューシングル。「華麗」でかつ「重い」ビヨンセの革新的なパフォーマンス。
 Beyonce / Check On It 
  ☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=tKTCNnTULBk&feature=related ビヨンセのライブ映像はどれも素晴らしい。

11-09 Beyonce ビヨンセ / Deja Vu  2006年
  ☆☆♪♪ http://jp.youtube.com/watch?v=v8Lhy2CXr3o&feature=related 強烈な映像。歌もすごいが2:45からのダンスが驚異的。個人的にビヨンセで一番好きな曲。

<34> 11-05 坂本龍一 Ryuichi Sakamoto / 戦場のメリークリスマス Merry Christmas Mr.Lawrence 1983年
  ◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=SWuptY2C9Xg&feature=related 和洋音階が折衷した映画サントラの名曲。  
 
<番外編 其の1> 11-10 吉幾三 / 俺ら東京さ行ぐだ TV「ベストテン」第8位 1985年        ↓
  ☆☆◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=c6YexwJU_wk&NR=1 J-RAPの伝説的な先駆者と評価される名曲の空前のライブパフォーマンス。

 押切もえ / 幻のデビュー曲  (音源なし)

 吉幾三 / 俺ら東京さ行ぐだ × マイケル・ジャクソン/ BILLYJEAN
  ☆♪http://jp.youtube.com/watch?v=fQ7vUNlPF4s&feature=related 吉幾三とダンス・クラシックの歴史的名曲とのコラボレーション。  

<35> 11-10(上の原曲)マイケル・ジャクソンMichael Jackson / ビリージーン Billie Jean
  ☆♪♪♪ http://jp.youtube.com/watch?v=Dzp0JETG0Pw 1982年世界中でNo.1。マイケル・ジャクソンの人気を決定付けた。
 吉幾三  × 宇多田ヒカル   
  ☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=qe1nm8djs2g&feature=related これは踊れます。  
 吉幾三 + クラシック
  ◎ http://jp.youtube.com/watch?v=H0LT6ilt5I8&feature=related こんなのもありってか。
 吉幾三 / 「雪国」 1986年 紅白歌合戦出場曲 
  ◎ http://jp.youtube.com/watch?v=CvSKajhoSLA&feature=related
 吉幾三 + キング・クリムゾン KING CRIMSON
  ◎∇ http://jp.youtube.com/watch?v=OiBAU7-Rwz8 吉幾三「雪国」とクラシカル・プログレッシブ・ロック史上屈指の名曲とのコラボ。
 
<36> 11-10(上の原曲)
 キング・クリムゾン KING CRIMSON / クリムゾンキングの宮殿In the Court of the Crimson King 1969年
  ☆◎∇∇∇ http://jp.youtube.com/watch?v=p4c5lY_5NNU 
 吉幾三 / 俺ら東京さ行ぐだ 別Remix ダンスVersion
  ☆☆♪♪ http://jp.youtube.com/watch?v=wQ2zeulYjnI&feature=related
強力なファンクVersion

<37> 11-15 クリス・ブラウンChris brown / ヤングラブ Young Love 2005年
  ◎♪ http://jp.youtube.com/watch?v=jN4e0IP_SR0 マイケル・ジャクソンの後継者とも言われたクリス・ブラウンのメロディアスな1曲。

<38> 11-15 Sam Cooke サム・クック/ A Change Is Gonna Come ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム
  ☆◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=wUT1WgHat6I クリス・ブラウンが影響を受けた歌手。人種平等社会への期待を込めた感動的なバラード。

<39> 11-17 フジ子・ヘミング / リストFranz Liszt作曲 愛の夢 第三番
  ◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=0IN3meLpygw&feature=related 癒しの達人の名演。
  
<40> 11-23 タイガーマスク / オープニング『行け!タイガーマスク』 1969年        
  ☆☆☆ http://jp.youtube.com/watch?v=xNsISAj3kV0 見事なイントロ。思わず熱くなるアニメソングの傑作。
 タイガーマスク / エンディング『みなし児のバラード』1969年     ◎ http://jp.youtube.com/watch?v=r8gwnoOoEcY&feature=related タイガーマスクの製作者自身が,オープニング曲と対比することを意識して作詞した曲とのこと。

<41> 11-23 バッハJ.S.Bach / パルティータ第1番(タイガーマスク第102話 1971年 より)
  ◎ http://jp.youtube.com/watch?v=KoOmrXadeTQ&feature=related 0:45 美しい。「タイガーマスク」の正体が伊達直人であることをルリ子に明かす名場面。
<42> ナルシソ・イエペス Narciso Yepes / 禁じられた遊び(タイガーマスク第102話より)
  ◎◎ 同上のYoutube 1:32から クラシックギターの名曲中の名曲。
 ナルシソ・イエペス / 禁じられた遊び
  ◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=mv1tXnqXwmI イエペス本人の映像。

<43> 11-25 ビートルズ Beatles / レット・イット・ビー Let it be 1970年
  ☆☆◎◎∇ http://jp.youtube.com/watch?v=YBPFvp750sc 各国で1位。ビートルズ晩年の傑作。

<44> 11-27 高橋 竹山 Chikuzan Takahashi / 津軽三下り
  ☆ http://jp.youtube.com/watch?v=bTVZvVFK-Rs&feature=related 津軽三味線をはじめて世に知らしめた全盲の巨匠。

<45> 11-29 本田美奈子 Minako Honda /アメイジング・グレイス AmazingGrace             
  ◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=bult7uH88Ck&feature=related 38歳で夭折した本田美奈子の代表曲の一つ。
 本田美奈子 / 1986年のマリリン(ザ・ベストテンより)    
  ☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=QRWwnmY57Rc 衝撃的だった本田美奈子のアイドル時代の最大のヒット曲。
 本田美奈子/ I'd Give My Life for You 命をあげよう      
  ☆◎ http://jp.youtube.com/watch?v=dDWo-NN_BTI&feature=related
 本田美奈子 / アメイジング・グレイス Amazing Grace 最期のボイスレター 2005年             
  ☆◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=VOWY92Zk_5c&feature=related 本田美奈子が,同じ病院に入院していた恩師岩谷時子を励ますため、死の直前に録音して岩谷の病室に届けた感動の歌。

<46> 11-29 バッハ J.S.Bach / マタイ受難曲        ↓
  ☆◎◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=b4Jecl_J1WQ&feature=related 最近初めて聴いて驚愕。一時はこればかり聴いていた。1曲目が凄すぎる。改めてバッハの偉大さと宗教の力を感じた。

<47> 12-01 Dトレイン D Train / ワン・フォー・ミー You're The One For Me 1981年 ダンスチャート1位         
  ☆♪♪ http://jp.youtube.com/watch?v=YUT1MsoxqN0&feature=related エレクトロの要素が当時は非常に斬新だった。

<48> 12-04 John Coltrane Quintet with Eric Dolphy / Impressions 1961年 
  ☆ http://jp.youtube.com/watch?v=kUzFbT5JT1M&feature=related 孤高のジャズプレイヤー,エリック・ドルフィーがジョン・コルトレーンと行ったヨーロッパツアーの際の貴重な映像。

<49> 12-07 太田裕美 / 雨だれ (シングル盤ヴァージョン)1974年         
  ◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=xqBTjgEzBtQ&feature=related デビュー曲にして最高傑作。時を経ても色あせない感動。
 太田裕美 / 最後の一葉 夜のヒットスタジオより 1976年 最高位6位
  ◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=xZ3Rre8rngI これも作詞:松本隆,作曲:筒美京平,編曲:萩田光雄の黄金トリオによる傑作。

<50> 12-11 パティー・プラボー Patty Pravo / IL PARADISO 1969年 
  ☆☆♪♪ http://jp.youtube.com/watch?v=KnjsAhTJayw&feature=related イタリアが生んだ世界で最も美しく抜群のリズム感を持った歌の女神。イタリア最大のポップス作曲家Lucio Battistiと共演したTVショーより。
 Patty Pravo / Das paradies auf dieser welt (IL PARADISOドイツ語ヴァージョン)
  ☆☆♪♪ http://www.youtube.com/watch?v=Om_DZva6MCU圧倒的な「美貌」と「リズム感」
 Patty Pravo / IL PARADISO - Festivalbar 1970
  ☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=XIGyBFV9Aag&feature=related 手
と指先の動きを強調した別映像。
 カテリーナ・カセルリCaterina Caselli / 青春に生きるNessuno mi può giudicare 1966年 イタリア1位          
  ☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=I43Ydi-i_H4 イタリア年間総合3位の大ヒット曲。日本ではジリオラ・チンクエッティのB面扱いだった。
 エーメン・コーナー Amen Corner / If Paradies is half as nice  1969年 英国最高位1位。
  ☆☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=kG0_vbM918Y イギリスのグループによるIL PARADISOのカバー。


 やっと書き終わりました。
 ふ〜〜っと思わず、ため息をもらしております。
 
 最後までお読みいただきありがとうございました。



posted by カンカン at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

戦闘開始 癒し猫

今日から私も戦闘が始まりました。

敵は、いきなり私を笑わせて元気づけてくれた。

なんと「矢吹丈二」に「力石徹男」ときた。
(なんのこと?という若い方は、8月18日のブログ 今日の1曲 <14> あしたのジョー をご参照下さい) 
おかげで結果は上々です。
もう、私は相手を敵とは思わない。
あいつは本当のともだちだったのだ。

あしたのジョー wikipedia  
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC

明日も戦闘が続くので、今日の1曲はお休みします。

今、こんな「癒し猫」に、はまっています。
疲れがとれますよ。
http://jp.youtube.com/watch?v=57hSqLLfOv4&NR=1
posted by カンカン at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

今日の1曲 あしあと 21歩〜30歩

今日の1曲 21〜30

  今回は,かなり変則的に進んだ10月1日から10月15日までの「今日の1曲21〜30」を、私個人の主観によるおすすめ曲としてまとめました。

  「今日の1曲 1〜20」のおすすめ曲は,9月23日のブログをご覧になってください。

  Youtubeは、ヘッドホン,イヤホンで聴かれることをお勧めします。特にダンス系,ロックのベースの音。


− 今日の1曲 21〜30 INDEX −

◎  癒し系おすすめ
☆  元気が出る系おすすめ
♪  ダンス系おすすめ
∇  プログレッシブ(10月12日の日記参照)系おすすめ

21 10-01(10月1日の日記)フジ子・へミング / コンソレーション (慰め) 第3番 (フランツ・リスト作曲)
  ◎◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=I7L0lMyqNnY&feature=related
 フジ子・へミングが最も愛する作曲家の一人リスト。心に染みいる演奏。

22 10-04  Snap / Rhythm is a dancer 1991年 ドイツ ダンスNo.1ヒット トランス系
  ∇♪ http://jp.youtube.com/watch?v=C9c5otT-RUA&feature=related クラブで大音量で聴きたい。

23 10-07  Shannon / Let the Music Play 1983年 ブラック系 ダンスNo.1ヒット 強力ナンバー
  ☆☆♪♪ http://www.youtube.com/watch?v=hBDZYvS1ojA&feature=relatedv=47oZF15omxk&feature=related 重低音が魅力 ダンスもGreat
  ☆☆♪♪ http://www.youtube.com/watch?v=jKs4i0DA68g&feature=related この曲の反復によるグルーブ感の特質をつかんだ映像

ミルバ Milva / エディット・ピアフ・メドレー(愛の賛歌、私の神様、ミロール) イタリアンポップス
  ☆☆◎ http://jp.youtube.com/watch?v=ISZw6JaAoFU 70歳近くでこの歌唱力。偉大なピアフの生涯の代表曲がずらり。

24 10-12  Latte e Miele ラッテ・エ・ミエーレ / Tanto amore胸いっぱいの愛 1974年 イタリアンロック
  ◎◎∇ http://jp.youtube.com/watch?v=dW-Nt0mW_DM&feature=related クラシカルなコード進行をもった癒し系プログレッシブ・ロックの隠れた名曲。

 Latte E Miele / Il Pianto 悲嘆~ Il Re Dei Giudeiユダヤの丘  1972年 キリスト受難劇がテーマ。名盤。
  ◎∇∇∇  http://jp.youtube.com/watch?v=45I61w-iwRo&feature=related 美の極致からハードロック,泣きのメロディーとめまぐるしく展開。

25 10-12 Beatles ビートルズ / Please please me プリーズ・プリーズ・ミー 1964年
  ☆☆☆ http://jp.youtube.com/watch?v=W9cbMZZTRQQ 初めて1位になった曲。ビートルズ時代の幕開け。あふれる躍動感。

26 10-12 Beatles ビートルズ / Yesterdayイエスタデイ 1965年
  ◎◎◎∇ http://jp.youtube.com/watch?v=COLbULs08EQ&feature=related 世界で最も多くカバーされた超名曲。ポールが亡母を想って作った曲ゆえ,本人が歌ったものは格別。弦楽四重奏を導入。

27 10-12  Beatles ビートルズ / In my lifeインマイライフ 1965年
  ◎∇ http://jp.youtube.com/watch?v=Ym0x3vTw6yc 1:40でクラシックピアノを導入。転換期の名曲。

28 10-12  Emerson, Lake & Palmer エマーソン・レイク・アンド・パーマー /  Knife Edge ナイフ・エッジ 1970年
  ◎◎∇ ナイフ・エッジ(スタジオ録音) http://jp.youtube.com/watch?v=DmMCaKrMQ70 2:40あたりから聴いてみて下さい。ポイントは3:20のヤナーチェク作曲「シンフォニエッタ」に切り替わるところ。

  ☆☆∇∇ ナイフ・エッジ(ライブ) http://jp.youtube.com/watch?v=D-kT4hTJTdc&feature=related 3:20あたりからどうぞ。キース・エマーソンが日頃の鬱憤を晴らしてくれます。ポイントは,4:00の暴走、5:00転じて優等生、6:30最後の荒技一本。

Emerson, Lake & Palmer / 展覧会の絵(ムソルグスキー作曲)1971年 ライブ 
  ∇∇ http://jp.youtube.com/watch?v=_Y1x04hAUT4&feature=related ロシアの作曲家のピアノ組曲をロックにした代表作。

29 10-13  井上陽水 / 氷の世界  1973年 日本で最初のミリオンセラーLP「氷の世界」から
  ☆☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=HOOMO1jwTO4 当時世界最先端の黒人系ファンクサウンドに乗って,人間の心理の深淵に迫っていくJポップの傑作。 

スティーヴィー・ワンダー Stevie Wonder / 迷信Superstition 全米N0.1ヒットのソウル 1972年
  ☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=2OJsYwLs7yE&feature=related 「氷の世界」にも影響。名曲をたくさん生んだ黒人天才シンガー。

Beck, Bogert & Appice / 迷信Superstition スティーヴィー・ワンダー作品を白人ロッカーがアレンジ。
  ☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=aBpSeyk1z4o 世界最強のリズム隊とも言われたべース、ドラムスのグルーブ感。21のフジ子・へミングのように,リズムの微妙な感覚,真髄を知り尽くした人たちだ。

30 10-15 ABBAアバ / ダンシング・クイーン Dancing Queen 1976年
  ☆☆◎∇♪ http://jp.youtube.com/watch?v=REElUors1pQ 1970年代を代表するというか、全時代を通して最高のポップス、ダンス・チューンのひとつ。

鈴木亜美 / Can't stop the DISCO 2008年 今Perfumeなどで注目されている中田ヤスタカの作品。
  ☆∇♪ http://www.youtube.com/watch?v=KLPWmRt-h6k
  美しさと重さを兼ね備えたクラブサウンド。

posted by カンカン at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

今日の1曲 あしあと 1歩〜20歩

今日の1曲 1〜20
   
  6月2日から9月15日までを振り返ってみました。こうやって見ると夏はいろいろ迷走しました。
  You tubeは凄い。去年初めて知ったけれども、昔ビデオショップで必死に探したような映像がこれでもかと出てきます。
  
  「今日の1曲 1〜20」を,私個人の主観によるおすすめ曲としてまとめました。


  
− 今日の1曲 1〜20 INDEX −

◎ 癒し系おすすめ
☆  元気が出る系おすすめ
♪  ダンス系おすすめ
∇  プログレッシブ(10月12日の日記参照)系おすすめ


@06-02(6月2日の日記) 太田裕美 J-POP 高音の美声。詞松本隆(はっぴいえんど)・曲筒美京平の黄金コンビ
◎ 九月の雨 http://jp.youtube.com/watch?v=R5V3HHPfQ5g
◎◎ 雨だれ  http://jp.youtube.com/watch?v=zpeBxPagfWM&feature=related

A06-03 加橋かつみ・パリ1969 J-POPの元祖 フランス録音   ◎ 花の世界 http://jp.youtube.com/watch?v=l6nyyf2JqGI&feature=related
◎◎ つばさ http://jp.youtube.com/watch?v=n3IcWetXjXE&feature=related

B06-04  Umberto Balsamo ウンベルト・バルサモ イタリア 哀愁のシンガーソングライター 
◎ 1982年 Mai piu  http://jp.youtube.com/watch?v=k2fPMRAafpk&feature=related
◎ Malgrado tutto 1977年 2:15からGian Piero Reverberiのオーケストラが拡がる →
 http://jp.youtube.com/watch?v=S4n48fUx8qM&feature=related

C06-05  Renzo Zenobi / E ancora le dirai ti voglio bene イタリア 叙情派シンガーソングライター 
◎ ギター弾き語り http://jp.youtube.com/watch?v=qiC888grrXk
試聴 http://www.7digital.com/artists/renzo-zenobi/amore-e-battiti

D06-07  Slavaスラヴァ/Ave Maria アヴェ・マリア カウンターテナー。大ヒット作。
◎◎ シューベルト曲 http://jp.youtube.com/watch?v=CA-ImQKosT0&feature=related
◎ カッツィーニ曲 http://jp.youtube.com/watch?v=4SuBRsPt1Mo&feature=related

E06-09  Gouryella/ Ligaya オランダ トランステクノの最高楽曲。  
☆◎♪ http://jp.youtube.com/watch? v=rjSpl0h2DKc&feature=related クラブでの映像。
☆◎∇♪♪ http://jp.youtube.com/watch?v=irpONrm1SWw&feature=related 1:21からが主題です。

F06-12 JAMES BROWN ジェームス・ブラウン パリ オランピア劇場ライブ1971年 JB全盛期。究極のソウルファンク 
☆☆♪♪ フィナーレ発見 Soul Powerは4:00から。 Vicki AndersonのDanceもSexy
http://jp.youtube.com/watch?v=VTNSFB-NUcM&feature=related
☆☆♪ 前半の山場 CD未収録のSunny
http://jp.youtube.com/watch?v=ui-PZtAfNbk&feature=related

G06-15 IL BALLETTO DI BRONZO イル・バレット・ディ・ブロンゾ イタリアンロックの大傑作「YS」より。
∇∇ やはり凄い オリジナルYS http://jp.youtube.com/watch?v=wB170hlnIOA
∇ Introduzione http://jp.youtube.com/watch?v=i2uu7guEMUg ローマでのライブ

H06-18 Adriano Celentano アドリアーノ・チェレンターノ 1959年 イタリアのプレスリー。イタリアではロックの神様。伝説の映像。
☆ http://jp.youtube.com/watch?v=doJZuXYJFSc


I06-21  Milva ミルバ / Canzone 1968年 イタリアンポップス。サンレモ音楽祭全盛期の傑作。1:20,2:40に注目。音楽という名の格闘技。
☆☆ http://jp.youtube.com/watch?v=9iEQ9rE_85A

11 06-29  Beatles ビートルズ / GOOD NIGHT ジョンが子供のために作った癒しの子守歌
◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=KnH19yT-bE4&feature=related

12 07-21 Elisa & Andrea Bocelli - La Voce Del Silenzio イタリアの盲目のシンガー、アンドレア・ボチェッリ感動のデュエット
☆◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=YV4PlBu2df4

13 08-05 LED ZEPPELIN レッド・ツェッペリン/ Communication Breakdown 
☆☆ http://jp.youtube.com/watch?v=p5BpSwVhsmI ハードロック、パンクロックの元祖。フランスでのライブ
 同じTV番組から http://jp.youtube.com/watch?v=f3fE5SvUFuM&feature=related

14 08-18 あしたのジョー ROCKY JOE イタリア版主題歌
☆ http://jp.youtube.com/watch?v=Wgw7JDkKy7k
 タイガーマスクの方がイタリアでは受けているらしい。しかしこの盛り上がりはなんなんだ。
☆ http://jp.youtube.com/watch?v=T_MsfyBNOuY

<ダンス映像特集> 08-20
ジェームス・ブラウンJames Brown  BEST DANCE MOVES
☆♪♪ http://jp.youtube.com/watch?v=prq-M0WdOSM
マイケル・ジャクソンMichael Jackson dancing to James Brown
☆♪♪ http://jp.youtube.com/watch?v=AbPCjYNzrQM&feature=related

15  08-22 ALUNNI DEL SOLE / E mi manchi tanto 失恋の哀しみを歌うイタリア1970年代を代表するグループ。本物の詩人の詞。1973年 
◎∇ http://jp.youtube.com/watch?v=5mVOlBKGaFo

16 08-25 キース・ジャレットKeith Jarrett / ザ・ケルン・コンサート
◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=5lckYvuWrOo&feature=related
ジャズという枠を超えた名演。ピアノソロ。

17 08-27 Leroy Burgess ルロイ・バージェス / Heartbreaker  
♪♪ http://jp.youtube.com/watch?v=NlwfuSIf4FI&feature=related
ハウスの元祖Salsoulレーベルの隠れたダンストラックの傑作。

18 08-30 Ashra (Ash Ra Tempel) アシュラ テクノの元祖として世界でリスペクトされるManuel Gottchingのユニット。
◎∇ Midnight on Mars http://jp.youtube.com/watch?v=5cVaxPy16lw&feature=related
☆◎◎∇∇ Sunrain 1976年 テクノの超傑作。
http://jp.youtube.com/watch?v=Ieu0p41jIgU&feature=related

試聴http://www.amazon.de/New-Age-Earth-Ashra/dp/B000025JS7/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1219288508&sr=1-1

19 09-08 Joyce ジョイス ブラジルの女性ボサノバ
Revendo amigos http://jp.youtube.com/watch?v=U-ieKwJKVrw&feature=related
◎「フェミニーナ そして水と光」試聴 捨て曲なし。ボサノバの傑作の2in1。「http://www.hmv.co.jp/product/detail/160661#
ラストの「水と光」は◎◎


20 09-15 Françoise Hardy フランソワーズ・アルディ/水の中の環  フレンチ・ポップスの女神。癒し系作品多し。
◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=ZuTQ8OgacqY 


posted by カンカン at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

オリンピック  今日の1曲 <14> あしたのジョー ROCKY JOE

<14> あしたのジョー ROCKY JOE (Tomorrow’s Joe)

北京オリンピックも終盤に入ってきました。今まで見た中では、女子柔道最重量級の決勝が印象に残りました。日本の選手は中国の選手に終了間際に一本背負いで大逆転負けしてしまいましたが、両選手とも柔道発祥国と開催国の威信がかかった手に汗握る試合だったと思います。5分の試合が15分ぐらいに感じました。

最近、「あしたのジョー」がイタリアで1982年からROCKY JOEというタイトルでTV放映されていたこと、イタリア語版のコミックも発売されていることを知りました。あしたのジョーは、日本では、1968年から1973年にかけて少年マガジンに連載され、1970年からテレビで放映されています。

 私は、リアルタイムの時はそれほど「あしたのジョー」に関心がなかったのですが、20代後半を過ぎてコミックの世界にはまりました。「あしたのジョー」の原作者の梶原一騎の父は文学誌の編集者で、漫画を認めようとしない父に対抗意識を持っていた梶原一騎が、漫画で純文学に匹敵するものを作ろうとしたのが「あしたのジョー」だったということを知りました。三島由紀夫も「あしたのジョー」が好きで、少年マガジンの編集部に買いにきたこともあったそうです。

  「今日の1曲」は,「Iミルバ」から前回までずっと「1968年」を軸にしていますが、1968年から1973年頃にかけての欧米のロックやポップスは奇蹟の時代だと思っています。日本で、これらに匹敵するような1968年から1973年頃に作られた文化といったら「あしたのジョー」の漫画くらいかなと思っていました。
 
音楽のことで何人かのイタリア人、ドイツ人、フランス人と文通したのですが、日本の音楽には関心がないようで淋しい気がしていたのですが、「あしたのジョー」がItalian versionとして出版されていることを知って嬉しくなりました。ROCKY JOEのRockyの名は、イタリア人にとっては、あの映画「Rocky」や,イタリア系アメリカ人でヘビー級チャンピオンになったRocky Marcianoなどボクシングを象徴する名前のようです。

 イタリア版ROCKY JOEのテーマ曲は、初めは違和感を覚えましたが、イタリアらしい親しみやすいメロディーです。これを聴いたイタリア人の子供が口ずさんでいるところを想像すると微笑ましいですし、ROCKY JOEを見てボクサーになったイタリア人がいると思うと感慨深いです。 
 しかし、もし1982年ではなく、1970年のシンフォニックなイタリアンポップスの全盛時にROCKY JOEのテーマ曲が作られていたらもっと素晴らしいものになったのではないかと想像してしまいます。


Rocky Joe   Italy版  1982年
http://jp.youtube.com/watch?v=Wgw7JDkKy7k

あしたのジョー 日本版   1970年
http://jp.youtube.com/watch?v=KHnrbic0bU0

矢吹丈VS力石徹
http://jp.youtube.com/watch?v=WoIvEuiJoaQ&feature=related



posted by カンカン at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

そろそろ梅雨明け?

晴れヾ(;=_=;)  汗ばむ陽気になってきました。いかがお過ごしですか。
      
        さあ今日も頑張りましょうか (>_<。) 手(グー)


 
posted by カンカン at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

7月

 ご訪問いただきありがとうございます。

 原点のビートルズにたどりついたところで、しばらく「今日の1曲」はお休みさせていただきます。

 これから暑くなりますが、どうか体調にはくれぐれもお気をつけください。
posted by カンカン at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

初めの10歩 今日の1曲 @〜I

  今月から初めてブログを作りました。
  今まで夢や力をくれた音楽のことを書こうと始めたものの、自分の文章のつたなさを感じています。
  これからも、歩くスピードは遅くなりますが、少しずつあしあとを残していければと思います。

〜 初めの10歩 〜 今日の1曲 @〜I
   
      6月2日から6月21日までを振り返ってみました。

@ 太田裕美 / 九月の雨 
  松本隆が、はっぴいえんど解散後初めて戦った仕事が太田裕美の作詞だったとのこと。
  「九月の雨」は、クラシックファンも魅了した「雨だれ」、思い切りポップになった「木綿のハンカチーフ」の両方の良いところを合わせた傑作だと思います。
          ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=R5V3HHPfQ5g
A 加橋かつみ・パリ1969
          ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=l6nyyf2JqGI&feature=related
B Umberto Balsamo ウンベルト・バルサモ 1978年の4thアルバムより
          ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=xce4R9eUxA4&feature=related
C Renzo Zenobi / E ancora le dirai ti voglio bene  
  ギター弾き語りによるライブ
          ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=qiC888grrXk
D Slavaスラヴァ/Ave Maria
          ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=4SuBRsPt1Mo&feature=related
E Gouryella/ Ligaya   1:30からヘッドフォンでクラブの雰囲気が。
          ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=kUPGRU3Djb8&feature=related
F JAMES BROWN ジェームス・ブラウン パリ 1971年 
          ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=ui-PZtAfNbk&feature=related
G IL BALLETTO DI BRONZO イル・バレット・ディ・ブロンゾ
          ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=i2uu7guEMUg 
H Adriano Celentano アドリアーノ・チェレンターノ 1959年
          ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=doJZuXYJFSc
I Milva ミルバ / Canzone 1968年
          ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=9iEQ9rE_85A

posted by カンカン at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

梅雨入り?

Renzo Zenobiを聴きながら,ブログを始めてみました。
外は,梅雨入り?
posted by カンカン at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする