2008年06月09日

今日の1曲 E Gouryella

E Gouryella/ Ligaya  2002年 オランダ
(Ferry Corstenプロジェクト)

 オランダのトランス・テクノのクリエイターFerry Corstenのプロジェクト、Gouryellaのビックヒット・シングル"Ligaya"は、当時世界のトップDJがPlayしたドラマティック・ダッチトランスの最高水準といえる感動的な楽曲。     
 ダンスミュージックであっても、その根本にあるのは、ヨーロッパのクラシック音楽であり、その旋律、コード進行は、SlavaのAve Maria(G.Caccini曲)と同様に魂を揺さぶるものといえます。オランダでは、1970年代前半にFOCUS,TRACE,EKSEPTION,EARTH&FIREなどが素晴らしいシンフォニックロックを残しましたが、あの美しい旋律の伝統を"Ligaya"は継承していると思いました。近年のダンスミュージックでは傑出した作品であり、私的にも祖母が危篤状態に陥ったとき何度もヘッドフォンで繰り返し聴いて心が救われた思いがしました。オリジナルの12“シングルTsunami盤アナログのジャケットには日本の浮世絵の津波が書かれていることにも親近感を感じます。 
 "Ligaya"はCDでは『Euphoria Infinite mixed by Ferry Corsten』、国内ではAVEXの『ヴェルファーレ・サイバートランス07 〜ベスト・ヒット・トランス〜 (velfarre Cyber TRANCE 07)』に収録されています。


   
Angels- Ligaya live
http://www.youtube.com/watch?v=rjSpl0h2DKc&feature=related


Gouryella - Ligaya (Original Instrumental Mix)
http://www.youtube.com/watch?v=oHesznHDEJg&feature=related








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック