2021年01月16日

発見ラッテ・エ・ミエーレ:@テレビ番組に使用されていたLatte Miele / Pavana 〜 AOriviero LacagninaのProgressive Rockの新刊著書 〜 BLatte Miele 2.0 / Paganini Experience

P1460787.JPG
Latte MieleのキーボードOriviero LacagninaによるProgressive Rockの本



今日の1曲
  ラッテ・エ・ミエーレ LATTE E MIELE / PAVANA 1976
  LATTE E MIELE / UN MATTINO 1976


1976年に新メンバーで発表したPavanaを既に演奏していた1974年のライブ。
Pavanaの作曲者は脱退したOriviero Lacagnina,Marcello Della Casaだった
P1460810.JPG

Latte e Miele
https://it.wikipedia.org/wiki/Latte_e_Miele

 イタリアのプログレッシブバンド、Latte e Mieleの曲PAVANAが、イタリア国営放送RAI(日本のNHK)の「明日の農業」という番組のテーマソングとして使用されていたことがわかりました。

P1460828.JPG

 PAVANA(孔雀)は3rdアルバムAquile e scoiattoliに収録され、2010年の来日の際も演奏していました。来日レポートは2011年05月01日のブログで書いています。PAVANAは何度も聴いた曲ですが、テーマソングとして改めて聴くととても新鮮です。Latte e Mieleの特徴はとにかく美しいメロディーです。

イタリアテレビ番組「Agricoltura domani」 テーマソング
(LATTE E MIELE / PAVANA 1976)
https://www.youtube.com/watch?v=Z5ztJk9end8&feature=share&fbclid=IwAR1XE0Ka9owew1IYsgZFfJUKqPkHL1UWjZzVZ36eFjcdjmOSPCWRxp-NGxo

Latte e Miele "Pavana" (1976)
https://www.youtube.com/watch?v=vWjfiSXkVNI&t=184s
23分の原曲。プログレが消えてゆく時代の最後の華であり希望だった。

LATTE E MIELE / PAVANA 1976 single version
https://www.youtube.com/watch?v=6EIPhqRt9rE
2分ほどに短縮されたPAVANAのシングル盤B面のヴァージョン

LATTE E MIELE / UN MATTINO 1976
https://www.youtube.com/watch?v=TGnGAQhjQTo
シングルPAVANAのA面。New TrollsのVittorio de Scalzi作曲の隠れた大傑作。

LATTE E MIELE / Opera 21
https://www.youtube.com/watch?v=jnS18nEAW4I
3rdアルバムではこの曲も素晴らしい。ベートーベン原曲をアレンジした曲。ELPのホウダウンからの影響を感じる。2019年にMassimo GoriによるLatte Miele 2.0の新譜Paganini Experienceでは、同じELPのトリロジーの1曲目Endless Enigmaをそのまま引用している。

UN MATTINOをボーナストラックとして収録



 Pavanaの作曲者は、3rdアルバムではBisoという謎の人物がクレジットされていました。しかし、1992年に発売されたCD“LATTE E MIELE - LIVE (1974)”によって、2ndアルバム発売後に脱退したOriviero LacagninaとMarcello Della Casaが作曲者だったことが判明しました。
P1460807.JPG


LATTE E MIELE - LIVE (1974)
https://www.youtube.com/watch?v=hlV2sNVOLi0
8:20〜 ゲッセマネのMoogが素晴らしい
20:30〜 Pavana


Latte Miele 2.0 / Inno (Paganini Experience)
https://www.youtube.com/watch?v=99HPzPGmlTk&feature=emb_title
Massimo Goriによる2019年Latte Miele 2.0のCDの1曲目。キースエマーソンへのオマージュとして1:00で「Endless Enigma」を演奏している。





 驚いたことにOriviero Lacagninaは、昨年12月に“Suite Rock”というProgressive Rockについての本を共著で出版しました。1970年代 Progressive Rock黄金期のミュージシャンによる本なので、とても興味深いです。

“Suite Rock”に関するOriviero Lacagninaのインタビュー
https://athosenrile.blogspot.com/2021/01/intervista-athos-enrile-e-oliviero.html?fbclid=IwAR1O8qXfKQyY-vdRiV1Et8iXfFvKOXth2ayCP4At6ZiGVvoWKiywQI1HhXg






P1460383.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。