2020年06月12日

カッコいい女性ボーカル イタリア編 ALICE Gilda Giuliani ~ 1973年甲子園の江川卓 ブログ12周年

P1350080.JPG
アリーチェALICE - Prospettiva Nevski 1985年


今日の1曲
 アリーチェALICE - Prospettiva Nevski 1985年
 Alice Visconti - IO VOGLIO VIVERE 1975年
 ジルダ・ジュリアーニGilda Giuliani
       - Parigi a volte cosa fa 1973年 世界歌謡祭グランプリ
 甲子園春夏の江川卓 1973年
 James Brown - Soul Power +Get Involved Live 1971年



 東京では今日からカラオケも解禁になり、コロナの状況は徐々に良くなっています。
 これからは「自粛ではなく自衛を」とのこと。カラオケで採点したり、録音して聞き直すと、つくづく自分の歌が情けなくなりますが、また行きたいです。

 そこで今回は久々に、カラオケ下手には憧れの「カッコいい女性ボーカル」特集。
 イタリア編、アリーチェとジルダ・ジュリアーニです。いままで、Inga Rumpf、Shannon、Dalida、Janis Joplinなどを紹介してきました。


 〜 アリーチェ Alice ビジュアル系実力派 〜


 まず、1985年のアリーチェAlice。ロングヘアーからスーパーモデル級の美貌に変身。鬼才Franco Battiato作品を最先端のエレクトリック・ポップのアレンジで歌っています。Battiatoは1970年代初期に実験音楽を作っていました。

ALICE - Prospettiva Nevski 1985年
https://www.youtube.com/watch?v=z06p2UxNdOg
あえてシングルカットせずに、ビジュアルと一体の作品としてRAIなどで放映する戦略をとったと思われる。

ALICE - Prospettiva Nevski 英訳付き
https://www.youtube.com/watch?v=qiDZKzFfV5U
Battiatoの歌詞はニジンスキーのロシアバレエ団のことなど。

 Aliceは1954年生まれ。
 1971年にI PoohのTanta voglia di ireiを歌ってコンテストで優勝し、1972年にサンレモ音楽祭、ベネチア音楽祭で本名のCarla Bissiでデビュー。

 1975年にAlice Viscontiとして再デビュー。
 I PoohのDorazio作曲のIO VOGLIO VIVERE(I want to live)でも、サウンド&ビジュアルの美しさで圧倒しています。

Alice Visconti - IO VOGLIO VIVERE 1975年
https://www.youtube.com/watch?v=EbIfOZ-77sw
歌う前はヤジも飛んでいるが、次第に聴衆も沈黙していく。I Poohや当時のイタリアンポップスで、ここまでシンセサイザーやオーケストラに没入したサウンドはないのでは。





 〜 ジルダ・ジュリアーニGilda Giuliani 剛速球系実力派 〜


P1370951.JPG
10年に一人の大型新人と呼ばれたジルダ・ジュリアーニ。第4回世界歌謡祭でグランプリと最優秀歌唱賞を受賞。1970年代の世界歌謡祭はサンレモ以上の権威を持っていった。


 ジルダ・ジュリアーニもアリーチェと同じ1954年生まれ。こちらも鳴り物入りで1973年にサンレモ音楽祭でデビュー。19歳で参加した同年11月東京の世界歌謡祭では、「愛の流れの中に」 Parigi a volte cosa faで、ギリシャのDemis Roussosなどを抑えてグランプリと歌唱賞を同時に受賞。

 ジルダ・ジュリアーニは、アリーチェと異なり圧倒的な歌の声量と抑揚、テクニックで圧倒する剛速球系実力派。難解なシャンソンなどもこなす。New TrollsのConcerto Grossoのように悲劇的、感傷的なイタリアオーケストラのアレンジも全盛で、歌を支えていました。

 1973年はベトナム戦争がまだ泥沼状態で、イタリアのProgressive Rockでも深刻な内容の傑作群が生まれた時期。彼女のMinaとMilvaを合わせたような情念の歌からは、そのような時代背景も感じられます。

Gilda Giuliani - Parigi a volte cosa fa 1973年
https://www.youtube.com/watch?v=yu_9Vivwh_0
1:25〜  野球のピッチャーに例えれば、154キロの直球ストレートど真ん中。
3:10〜  唸りを上げて高めにホップする160キロのストレートに空振り!
3:57〜  プログレ風間奏からの半音上げた150キロの高速スライダーに見逃し三振

 しかし、ベトナム終戦後は時代も変わり、悲運にもジルダ・ジュリアーニのような実力派歌手たちは、世間からは求められなくなりました。 壮麗なオーケストラによる伴奏も消えていきました。

 しかし、ジルダ・ジュリアーニは今でも、自殺したイタリア史上最高の歌手とも呼ばれるMia Martiniのカバー曲集を2008年に出したり、Edith Piafの愛の賛歌を録音するなど、実力派歌手の歌を歌い継いでいます。

 

〜 1973年甲子園・春夏 江川卓

P1370940.JPG


 コロナのためにオリンピックだけでなく、春夏の高校野球もついに中止になってしまいました。若い人たちは目標を失ってつらいと思いますが、負けずに頑張ってほしいと思います。

 先日、高校野球史上最大の怪物と呼ばれながら、映像が少なかった江川卓の甲子園での貴重映像がみつかりました。江川卓は1955年生まれで、ジルダ・ジュリアーニ、アリーチェと同年代でした。

昭和48年1973年夏 江川卓 奪三振集 (柳川商戦)
https://www.youtube.com/watch?v=T2bdUPw5sAs
どの球も凄いが、3:18の内角低めは本当に速い。投球を続けて見ていると、James BrownやLTDのKickin’backの強烈なグルーブ感を伴ったFunkビートのようだ。

James Brown - Soul Power +Get Involved Live1971年
https://www.youtube.com/watch?v=SmrZRcfYWvA
イタリアのRAIで放映されたMinaの番組Teatro10でのライブ。ALICE、Gilda Giuliani も当然見て影響を受けたはず。放送の翌日、イタリアの子供たちはJames Brownの真似をしていたという。


Soul Power +Get Involved 今までで一番聴いたCDの1枚



 江川が一番速かったのは、1973年夏ではなく、春の選抜だったとのことで、数少ない映像を探してみました。1回戦の対戦相手で大阪代表の北陽高校は、優勝候補で全国で最高のチーム打率でしたが、作新学院江川の前に19三振で完封負けしています。

江川卓 甲子園 選抜で最も速かった男 1973年春
https://www.youtube.com/watch?v=p-dxrtInTRA&t=272s
2:10の高めにホップする速球は160キロを超えているのではないか。相手校応援団の少年の嘆く顔がすべてを物語っている。高校生の試合にノーラン・ライアンやロジャー・クレメンスが現れて本気で投げているようなものであろう。その後の江川の野球人生はジルダ・ジュリアーニと同様に平坦なものではなかった。

 1973年、江川卓が甲子園で、ジルダ・ジュリアーニが日本武道館で、160キロの剛速球を投げる姿が重なるような気がします。当ブログも6月でおかげさまで12周年になりました。野球のネタを出したのは初めてかと思います。


P1370593.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。