2019年03月30日

さようならショーケン 追悼萩原健一・追悼内田裕也

P1160255.JPG
ショーケンのデビュー曲「今日を生きよう」。テンプターズの赤ラベル見本盤。


今日の1曲
ザ・テンプターズThe Tempters/純愛
 ザ・テンプターズThe Tempters / 雨よ降らないで
 タイガース / 僕のマリー
 Flower Travellin' Band - ''Broken Strings''


〜 さようならショーケン 追悼萩原健一 〜




テンプターズからの大ファンだったショーケンこと萩原健一の訃報がありました。

最近、人生で大事なことを学びました。亡き父が尊敬したアーティストと、父のビデオ映像を見て、故人からエールを受け取る気持ちを持つことができました。今まで人が衰弱し死ぬたびに、自分も病気になり苦しんできました。しかし、当然ながら、亡くなる人たちは、残された人たちに、悲しんで体調を崩してほしいと思うはずがないと気づきました。

ショーケンの死に接してショックを受けました。しかし、以前なら落ち込むところですが、今回はテレビでショーケンの生前のプラスになる言葉(「できるだけ集中を無駄にしたくない」など)をメモに書き取り、前向きな気持ちになることができました。ショーケンもファンに心配をかけないように、今まで重大な病気にかかっていたことを秘密にしていたとのことです。改めて凄い人だったんだなあと思いました。




ザ・テンプターズThe Tempters/純愛(1968年)
https://www.youtube.com/watch?v=oblKy_Upskk
プログレッシブなロックンロールとも呼びたい村井邦彦の名曲。

ザ・テンプターズThe Tempters / 雨よ降らないで
https://www.youtube.com/watch?v=dmPbgTJ9-yk
シングルとLPのヴァージョンあり。子供の頃好きだった曲。

テンプターズ / 秘密の合言葉
https://www.youtube.com/watch?v=TsFdcNNRMaU
海外で人気の高い曲。かっこいい


P1160250.JPG
テンプターズの最大ヒット曲「エメラルドの伝説」の3面ジャケット

 以前、クロコダイルでのジョー山中の癌の支援コンサートで(2010年8月15日の当ブログ)、初めて萩原健一のライブを目の前で見ることができました。憧れのショーケンが近くに座っていたのですが、緊張して声はかけられませんでした。ショーケンがステージに向かう時に通路が狭かったので、体が少し触れたので感激しました。山口冨士夫著「So What」でもテンプターズとダイナマイツがよく対バンになったとの記述があります。村八分とショーケンのPYGは1971年に京大西部講堂でも共演していました。ご冥福をお祈りします。






〜 追悼・内田裕也 〜

 昨年、8月2日のブログでドキュメンタリー番組を紹介したロックの重鎮内田裕也も亡くなりました。内田裕也がまだ若いころに近所に住んでいたことがあるとのことで、親しみを感じていました。ご冥福をお祈りいたします。

内田裕也が世に出したのが、タイガース、フラワーズを前身とするフラワートラベリンバンドでした。
1984年の浅草ニューイヤーロックフェスでは、内田裕也が紹介して山口冨士夫のタンブリングスがテレビに出演しました。

P1160273.JPG

タイガース / 僕のマリー
https://www.youtube.com/watch?v=mr6Y57PP6wk
タイガースも好きな曲がありすぎるが、これはデビュー曲。
タイガースは1982年と2012年に武道館でライブを見ました(2012年1月25日の当ブログ)。




Flower Travellin' Band - ''Broken Strings''
https://www.youtube.com/watch?v=0OsJZapb0P8
フラワートラベリンバンドのたくさんの曲から追悼を込めてこの名バラードを。
Satori1に続いてなんと、Beyoncéがこの曲をサンプリング。

 思えば、テンプターズ、萩原健一、タイガース、沢田研二、フラワートラベリンバンドなどを、今までの人生でどれだけ聞いたり見たかわかりません。
 内田裕也、萩原健一のお二人には心から感謝したいです。





P1160165.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: