2018年12月05日

映画 エリッククラプトン 12小節の人生


P1090662.JPG





今日の1曲
 Cream / I’m so glad
 Eric Clapton / Tears in heaven
 Golden Cups / I’m so glad



映画「エリッククラプトン 12小節の人生」 公式サイト
http://ericclaptonmovie.jp/


 イギーポップ以来、久々に映画を見ました。私の年代だと、エリッククラプトンを最初に知ったころは、「クラプトンはビートルズのWhile my guitar gently weepsに参加した人で、リッチーブラックモア、ジミーペイジよりも古い世代の人」という印象で、以後ずっとそれを引きづっていました。

 Eric Claptonを好きになったのはTears in heavenでした。また、数年前、Youtubeで初めてCreamのフェアウェルコンサートの I’m so gladを見て、凄かったんだなあと初めて驚きました。I’m so gladは、3 0年前に買ったゴールデンカップスのSuper Live Session (at Zen)のLPで聴いたのが最初でした。

Cream / I’m so glad フェアウェルコンサート 1968
https://www.youtube.com/watch?v=0Yi7AJvzRUA
3:40〜がクリームのベストと思える。Jimi Hendrixからの影響が大きい。

【映画】Jimi Hendrix played at the Eric Clapton concert  1966
https://www.youtube.com/watch?v=jMZooJFMunM
4:00〜 クラプトンに憧れたジミヘンがクリームのライブに飛び入りして、クラプトンを圧倒するシーン。

The Golden Cups-I'm So Glad (1968年テレビ)
https://www.youtube.com/watch?v=IrXJ3vpvKww

The Golden Cups-I'm So Glad (Live at Zen) 1969年
https://www.youtube.com/watch?v=vulqQwVGePA

Cream - I'm So Glad (Royal Albert Hall 2005)
https://www.youtube.com/watch?v=iF-pMingp6A&index=11&list=RD4Gze0PxDKgQ


P1090665.JPG
映画館渋谷クイント。昔、この右側に渋谷パレス座があり、1976年に山口冨士夫、ルイズルイス加部 ( Golden Cups ) のリゾートが出演した。山口冨士夫は1971年のインタビューで、ギターを何年か続ければクラプトンのように弾けると述べている。


 映画を見て知った事実や感銘を受けたことを記録しておこうと思います。


< ※ 以下、ネタばれになりますので、映画を見る予定の方はご注意ください ※ >


 クラプトンは、とても聡明な話し方で自分を分析している。

 9歳のときに、クラプトンは実母に初めて会った。「ママと呼んでいい?」と聞いたが拒否された。以来、人間不信になった。

 ヤードバーズで成功、シンガーではなくギタリストが追いかけられたのはクラプトンが初めて。「Clapton is God」の壁書き。音楽業界が嫌で、自分の音楽をしたいためヤードバーズを脱退。

 ジョンメイオールと生い立ちが似ていて共感し、メイオールの家族と一緒に生活し、家にあるレコードを聴きまくった。 

 メイオールにだまってクリームを作った。ブルース、ロック、ジャズを融合しようとした。インドのシタール音楽の音を出そうとした。

 アトランティックのスタジオで、アレサ・フランクリンはクラプトンのサイケな服を見て笑ったが、ギターを演奏した瞬間、真剣な顔になった。

 クリームは、当時、アメリカではビートルズ、ストーンズよりも売れた。

 クリームは、ドラムとベースが対立し、解散。クリームでは攻撃的な音楽しかできなかった。

 初期ビートルズのライブでは嬌声しか聞こえなかったが、クラプトンはジョージのギターだけは認め、後にWhile my guitar gently weepsに参加。

 クラプトン「白人が黒人のブルースを演奏することによって、白人自身の音楽を作らざるを得なくなる。白人はブルースから拒絶される」(記憶不正確)

 BBキング「それまでは、ロックンロールだけが表に出られたが、クラプトンのおかげで、ブルースも出れるようになった」

 マディーウォーターズ「ブルースギターを真似することはできても、私の歌は真似できない。ソウルがないし、苦労していないからだ」

 クラプトン「ザフーはギターに対して攻撃したが、自分は音楽で攻撃した。」 (と言って実演する)。

 「アドリブのフレーズは普段からストックしておいた。」と言って実演。

 クラプトンは、オールマンブラザーズバンドを聴いてショックを受けた。デュアンに録音を持ち掛けた。レイラでたくさんの音が混ざり合った。

 サザンロックはのんびりした音楽だと思っていたが、デュアンは宇宙的な高音を弾いていた。

 デレク&ドミノスは実名を出さずにアメリカでヒットせず失望し、音楽から離れた。

 Little Wingを録音した直後にジミヘンが死んだため、ショックが大きかった。

 ヘロイン、コカイン中毒時代については、多くのクラプトンのプライベート映像が残されていて、当時の問題の深さが映像からわかった。

 461のころ復活したが、アルコール漬けで、90分のライブを30分で切り上げたりして、聴衆と口論になる。「過去の栄光に浸るな」と言われ、クラプトンは聴衆にモノを投げつけたりした。

 ついにクラプトンは有色人種に対する差別発言まで公言し、後にそのことをたいへん恥じた。

 子供が死んだとき、音楽で自分を救おうとした。

 Tears in heavenでグラミー賞をとったとき、James Brownがプレゼンターだった(他にも大物2名)



渋谷の新しいビル群
P1090685.JPG

P1090698.JPG

P1090707.JPG

区画整理される一角。右下にJazz喫茶Lady Jane(メリージェーン?)の入り口があった。
P1090723.JPG

渋谷東急東横百貨店
P1090730.JPG


P1090145.JPG
posted by カンカン at 21:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | イギリスのロック British Rock & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: