2018年06月28日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」N「ぴあ」1980年1月18日号〜7月18日号

P1190639.JPG
「ぴあ」1980年1月18日号〜7月18日号にも山口冨士夫の名前はみつからない。
「シティロード」8月号(「ぴあ」8月15日号)の8月14日屋根裏の裸のラリーズで復活。


今日の1曲

 Paul McCartney & Wings - My Love 1973年
 Maxophone - I heard a butterfly 1975年
 The Ramones - Blitzkrieg Bop  1976年 

 いよいよ暑くなってきました。PCが壊れる寸前です。山口冨士夫と情報誌「シティロード」の15回目は、ないと思った「ぴあ」の1980年1月号から7月号を発見しました。「1971年〜1984年の振り返り」の予定でしたが、変更します。

 1979年7月の京都での村八分の再結成ライブの後、秋に解散し山口冨士夫は東京に戻ります。そして1980年に裸のラリーズに加入し、その最初のライブは8月14日に屋根裏で行われていますが、「シティロード」に山口冨士夫の名前は出ていません。

 したがって今回も山口冨士夫は出てきませんので、山口冨士夫や村八分に関わったミュージシャンについて振り返ってみます。このころはバイトに明け暮れていたので個人的な思い出もほとんどありません。「ぴあ」はこの頃隔週刊になっています。

 
☆1月18日号

 ・1月7日  新宿ロフト 自殺
 ・1月14日 新宿ロフト シーナ&ロケット
 ・1月16日 屋根裏 裸のラリーズ
 ・1月18日〜24日 日劇 沢田研二
 ・1月19日〜22日 RCサクセション

 元村八分青木真一のスピードと活動した自殺やサイズがロフトや屋根裏でライブ。青木真一と元自殺、サイズの佐瀬浩平と中島一徳が1981年にフールズを作り、1982年11月22日ライブの山口冨士夫ゲスト出演を機に1987年にTeardropsを結成。


☆2月1日号

P1190646.JPG
ロックのライブハウスが東京にはロフトと屋根裏しかなかった時代の出演者はユニーク。

 ・1月19日〜22日 屋根裏 RCサクセション
 ・1月21日〜2月2日 ポールマッカートニー&ウイングス 武道館(中止)
 ・1月22日 新宿ロフト サイズ
 ・1月26日 屋根裏 自殺
 ・1月27日 屋根裏 シーナ&ロケット
 ・1月31日 屋根裏 春日博文とThe Uppers(メンバー:忌野清志郎、三上寛)
 ・2月1日  屋根裏 SYZE

 2月1日号の屋根裏の出演者は、2週間のうち8日間が、後に山口冨士夫と共演するメンバーがいるバンド。1966年のビートルズ以来のポールマッカートニー公演は、1973年のローリングストーンズのように中止。

Paul McCartney & Wings - My Love
https://www.youtube.com/watch?v=vx5QxoWCG-I





☆2月15日号
 ・2月9日  屋根裏 シーナ&ロケット
 ・2月11日 新宿ロフト シーナ&ロケット
 ・2月13日 新宿ロフト スマイラー


☆2月29日号
 ・2月18日 屋根裏 連続射殺魔(from京都)
 ・2月28日 新宿ロフト 自殺
 ・2月22日 屋根裏 内田裕也&スマイラー
 ・2月25日 屋根裏 スピード

 1983年に山口冨士夫(後のタンブリングス)のミニアルバム「Ride On」リリースに関わる和田哲郎の連続射殺魔がライブ。元ダイナマイツで1983年元旦に山口冨士夫とKIZUでライブを行う大木啓三のスマイラーは内田裕也とライブ。

☆3月14日号  
 ・3月6日 屋根裏 だててんりゅう

 1979年7月に村八分と共演した京都のだててんりゅうが東京でライブ。
 人気投票「ぴあテン」のコンサート部門でRCサクセションが48位。
 レコード部門の1位は久保田早紀の夢語り(投票者の平均年齢18歳)。

☆3月28日号
 ・3月19日 新宿ロフト フリクション
 ・3月23日 屋根裏 サイズ
 ・3月24日 屋根裏 裸のラリーズ
 ・3月28日 屋根裏 内田裕也 スマイラー

「So What」によると山口冨士夫は裸のラリーズに加入してから3か月ぐらいはスタジオにこもっていたとあります。3月24日以降、裸のラリーズの次のライブは山口冨士夫が加入した8月14日の屋根裏のライブになります。

☆4月11日号
 ・4月1日〜3日 屋根裏 シーナ&ロケット
 ・4月12日 クロコダイル ジョー山中(予定)800円

 この号から、渋谷に屋根裏に続くロックのライブハウスとしてクロコダイルが登場。
このころは、まだ、東京にはロフト、屋根裏ぐらいしかロックのライブハウスはありませんでした。

☆4月25日号
 ・4月26日 クロコダイル ジョー山中スペシャル 4800円

☆5月9日号 
 ・4月30日 新宿ロフト 自殺

☆5月23日号
 ・5月24日 横浜スタジアム 沢田研二
 ・5月16日 新宿ロフト 自殺
 ・5月14日 屋根裏 内田裕也スマイラー

☆6月6日号
 ・6月5日 新宿ロフト 自殺
 ・6月8日 クロコダイル スマイラー
         屋根裏 自殺

☆7月4日号
 ・6月27日〜29日 西武劇場 ラモーンズVSシーナ&ロケット
 ・7月5日 日比谷野音 単独RCサクセション

 ラモーンズの初来日は初演からシーナ&ロケットとの共演。
 ラッテエミエーレの「受難劇」も放送したFM東京の「スペースフュージョン」は6月28日が最終回。先日逝去したSergio Lattuadaのマクソフォンがラスト。合掌。

The Ramones - Blitzkrieg Bop
https://www.youtube.com/watch?v=TYh1lRR1m6Y
ラモーンズも村八分のようにオリジナルメンバーの4人が亡くなった。

Maxophone - I heard a butterfly 1975
https://www.youtube.com/watch?v=ZmXt1_N2-dk  





☆7月18日号
 ・7月4日 福生Electric Uzu 外道レコード発売記念ライブ
 ・7月22日 渋谷公会堂 萩原健一

 1978年頃にElectric Uzuで山口冨士夫とセッションした元トゥーマッチの青木正行が加納秀人と再結成した外道のニューアルバム。1982年に再び解散。1983年に青木正行は山口冨士夫バンドを結成。加納秀人は2011年に山口冨士夫と「香り」を演奏。


★「シティロード」8月号(※ 山口冨士夫と情報誌「シティロード」の7回目参照)
 ・8月14日 屋根裏 裸のラリーズ [山口冨士夫参加]


 次回、山口冨士夫と情報誌「シティロード」の16回目は、第1回から15回の「1976年(1971年)〜1984年まで」を順番を整理して、まとめて振り返る予定です。


P1170862.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: