2018年06月20日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」M1982年7月号〜12月号

P1190402.JPG
「シティロード」1982年11月号 山口冨士夫が知らずにされたという告知
これをきっかけに18か月ぶりに山口冨士夫が音楽活動を再開


今日の1曲
 Jimi Hendrix / Foxy Lady Jimi Hndrix Concerts 1968年 
 ジャックス / マリアンヌ 1968年
 タイガース(Vo加橋かつみ) / 花の首飾り1968年
 Can / Mother Sky / Deadlock 1970年
 Il Balletto Di Bronzo / Secondo Incontro 1972年
 村八分 / あやつり人形 1972年
 Latte e Miele / Getzemani 1972年
 Iggy & The Stooges / Search And Destroy 1973年
 後藤啓子 / Il tempo di impazzire 1980年
 ABC / ルックオブラブ1982年
 裸のラリーズ / 造花の原野 1982年10月
 Michael Jackson (Ft. Paul McCartney) The Girl Is Mine 1982
 大貫妙子 / 風の道 1982年
 Joe Yamanaka and The Wailers / Reggae Vibrations 1982年
 前野曜子/ コブラCOBRA 1982年


 今回、山口冨士夫と情報誌「シティロード」第14回は、前回L1982年1月号〜6月号に続いて、7月号〜12月号を振り返ってみます。11月号で山口冨士夫が音楽活動をついに再開し、タンブリングス、Teardropsに繋がっていきます。



☆1982年7月号

 ・7月19日 新宿ロフト 外道(青木正行 → 山口冨士夫バンド)
 ・7月27日 渋谷ライブイン’82 ジョー山中&レゲエバイブレーション
                     LP発売記念ライブ

 インタビューは6月25日にLPを発売したスターリンの遠藤みちろう。チャー坊と同じ1950年生まれ。「客からの嫌悪感や憎悪の方が、ヨカッタ、ヨカッタという日常的な弱い部分で結びつくより確かだった」と語っています。

 「ライブ村八分」の「うるさい!」「文句あるんだったら、ここへ来たら」からの影響も感じられます。渋谷陽一のラジオ「サウンドストリート」で、遠藤ミチロウが当時幻だったジャックスのマリアンヌをかけ、録音できたのは衝撃的で貴重でした。 

ジャックス / マリアンヌ
https://www.youtube.com/watch?v=7-fO14G4Rg0
山口冨士夫「So What」でも裸のラリーズのところで「そういえば、ジャックスっていうのもいたな」と語っている。

 7月16日に加橋かつみ「ファーストコンサート」を厚生年金会館で見る。ダイナマイツの「ゆめがほしい」を作曲したすぎやまこういちがゲストで登場。山口冨士夫は、加橋かつみ、陳信輝とセッションをして加橋かつみから「フジオちゃーん」と言われたとのこと。

 加橋かつみ著「日盛りの街に出て」によると、高校の体育の教師の黒人のハーフの同級生への侮辱的な言葉に怒り、教師を殴って退学になる。定時制高校ではオートバイに凝り、オートバイが故障した瞳みのるに声をかけたのが、タイガースの始まりだった。

 このころ目標を失いディスコに通いました。六本木に行くきっかけになったLP「パリ1969」の加橋かつみと道で遭遇。「あっ」と緊張して固まり「頑張ってください」と言ったら笑っていました。ダンスはこれ以上速いステップを踏めないと思い行かなくなりました。

タイガース / 花の首飾り
https://www.youtube.com/watch?v=4ZjUNRTXUnI
加橋かつみがリードボーカルのGS最大のヒット。オリコン8週間1位





☆1982年8月号

 インタビューは1990年に山口冨士夫が参加するRCサクセション。屋根裏からスタートし、8月7日にはヨコハマスタジアムでライブ。山口冨士夫はRCサクセションについて、「村八分からあくを抜いて広めてくれたのが清志郎だ」と語っていました。

 Canのホルガーシューカイのインタビューも掲載。村八分も1972年後半ごろからCanのような曲も演奏していた。1969年にヨーロッパに渡ったヒッピーのダモ鈴木と、アメリカに渡ったチャー坊には共通するものが感じられます。

Can - Mother Sky / Deadlock - Live in Soest, Winter 1970
https://www.youtube.com/watch?v=6w0UnQ2mMQw
村八分が結成された1970年

 8月31日に渋谷TAKE OFF7で久保田早紀のライブを見る。異邦人と1stアルバムの後、会社の方針で明るいポップス路線に変更したが、ヒットが出ず本人もかなり悩んでいた。渋谷「ラ・ママ」も開店し、シャンソン、コント、フュージョンなど幅広いジャンル。

P1180912.JPG

 レコードレビューでは、元村八分の恒田義見のペグモを「日本の10t」として紹介。ジョー山中+ウェイラーズをボクサー時代のジョー山中がモデルになった「矢吹丈」風のイラスト付きで紹介。パンタのポップ路線には違和感があると評価。


☆1982年9月号

・9月12日 田島ヶ原フリーコンサート ペグモ(ex村八分、四人囃子、安全バンド)  
・9月27日 渋谷Eggman ジョー山中

 ABC / ルックオブラブの一面広告を掲載。ドイツのCan、Kraftwerk、Neu! からの影響はイギリスのSex Pistols、Ultravox、JohnFoxxへと受け継がれ、米国ソウル、Beatlesの伝統と結びついてダンスミュージックへ進化して大きな潮流になる。

ABCルックオブラブ
https://www.youtube.com/watch?v=sW4ytGQiaUc

 もう出尽くしたと言われていたJimi Hndrix のライブ音源2枚組LP Concertsが発売。ものすごい音圧でMixされ、初めてジミヘンに大衝撃を受ける。山口冨士夫は「日本のギタリスト」などでジミヘンは弾けると語っているが音源を聞いたことがない。

Jimi Hendrix – Foxy Lady Jimi Hndrix Concerts live 1982年
https://www.youtube.com/watch?v=M5RieWR63_k

Fire/Jimi Hendrix
https://www.youtube.com/watch?v=DHB5PnUGBDs


☆1982年10月号

・10月2日 慶應大学日吉 裸のラリーズ
 
 慶應大学日吉で裸のラリーズのライブ。
 聴き比べると、1980年の山口冨士夫の参加によって、同じ曲の「造花の原野」のサウンドが変化していったことがわかります。

裸のラリーズ 造花の原野 1973年 OZ Days liveより
https://www.youtube.com/watch?v=uQFV_2dXpVk&t=309s

裸のラリーズ 造花の原野 1980年8月14日
https://www.youtube.com/watch?v=HOUqOAL-utM
山口冨士夫参加

裸のラリーズ 造花の原野 1982年10月2日
https://www.youtube.com/watch?v=aQ51XRWDnQY&t=140s





 10月25日〜30日にクロコダイルで、1992年に山口冨士夫と京大西部講堂でライブを行う山内テツが、ジャズの近藤等則らとフリージャズのセッション。ライブハウスニュースで、「聴くというよりは「体験」といったほうがよさそう」と紹介。

 10月にPolydorから4月のFaust、Velvet Undergroundに続いてイタリアンプログレッシブコレクションを再発。前例のないリーフレット付きの完全復刻は1985年の「ライブ村八分」の復刻にも影響を与えたと思われます。

Il Balletto Di Bronzo - Secondo Incontro 1972
https://www.youtube.com/watch?v=l_PcallDgdI
2:00〜 1972年の村八分「ライブ三田祭」あやつり人形に通じる緊張感

Latte e Miele Getzemani 1972
https://www.youtube.com/watch?v=7mXLh-fjkv8&index=4&list=PL94gOvpr5yt1o55J1HRIcTYgkGtdSihfW
1972年のヒッピーの聖地京都のような空気を感じさせる映像





 10月に『Thriller』の先行シングルとして、マイケルジャクソンがポール・マッカートニーとのデュエット「The Girl Is Mine」を発表。黒人初のスーパースターと昔からのヒーローBeatlesのポールの共演は、山口冨士夫に刺激を与えたと思います。

The Girl Is Mine - Michael Jackson (Ft. Paul McCartney)
マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー
https://www.youtube.com/watch?v=Ol-8OaLFME8
ミュージックTVの登場とともにMJの人気が爆発した。


★1982年11月号

P1190422.JPG
山口冨士夫が復活する11月号の表紙はStevie Wonder。
黒人スターが躍進しフロントに出る時代が始まる。

 ・10月31日 上智大学 外道
 ・11月3日  復活神大ロックフェス Pinkcloud
 ・11月20日 法政大学特設ステージ 前夜祭 シーナ&ロケッツ
 ・11月22日 法政大学ホール 人呼んでオールナイト1300円
         出演:The FOOLS+山口冨士夫
 ・11月28日 屋根裏 Tokyo Raw Power フールズ 

 山口冨士夫「So What」や「天国のひまつぶし」でも書かれている11月22日の法政大学ホールのオールナイトライブ。山口冨士夫が「The FOOLS+山口冨士夫」として「シティロード」に告知され、1年8か月ぶりに音楽活動を再開します。

 これは山口冨士夫が知らないところで「シティロード」に掲載されたとのことですが、フールズも当日まで知らなかったという情報もあります。元村八分の青木真一が、山口冨士夫と一緒に活動したいと思って計画したのではないかとも想像しています。

 村八分は1970年に山口冨士夫と青木真一の東京での出会いから始まり、1971年に青木真一が村八分を脱退して京都から東京に帰る。
 2人が共演するのは実に11年ぶりということになります。

P1180905.JPG


 11月号の「コンサートピックアップ」欄には「元裸のラリーズのギタリスト、山口冨士夫を迎えたフールズ」と記載。ポピュラークラシック合わせて2ページのindex「や」行にも山口冨士夫が登場。1983年からの「シティロード」の山口冨士夫支援の発端に。
 
 1976年の新宿ロフトに「リゾート・フューチャリング山口冨士夫・ルイズルイス加部」の告知後、私が断続的に持っている「ぴあ」の1977年8月号から1979年12月21日号まで見た範囲では、「山口冨士夫」の名はみつかりませんでした。
 
 また、1980年から裸のラリーズに参加した際も「山口冨士夫」の記載はなし。NMM1973年1月号の小さな「村八分公演決定」の告知から「シティロード」1982年11月号まで、1976年のリゾート以外は「山口冨士夫」の名前は見当たりません。

 したがって約10年間、東京の情報誌に山口冨士夫の情報はほとんどなかったといえます。1983年1月号以降の「シティロード」が、熱い表現で「あの」村八分の「山口冨士夫」と何度も紹介したのは、そのような長い空白期間があったからと思います。

 青木真一のフールズもまた、16か月ぶりの「シティロード」への登場。
 屋根裏で、続けて28日にもIggy & The StoogesのLPタイトルの「Raw Power」というライブをしています。

Iggy & The Stooges - Search And Destroy 1973年
https://www.youtube.com/watch?v=0vnwSVTOnqQ

Iggy & The Stooges - Search And Destroy (Bowie Mix)
https://www.youtube.com/watch?v=LC9km8qnbOY





 1982年秋の学園祭特集で最も出演したバンドは、ピンククラウド6回、カシオペア5回、 シーナ&ロケッツ5回になっています。シーナ&ロケッツは1984年12月21日の法政大学ホールで山口冨士夫(欠席)と共演。

 再結成外道の最後と思われる上智大学でのライブ。ベースの青木正行は、1978年ごろに福生で山口冨士夫とセッションしPyramidで活動。1979年に福生でもライブをした青木真一と結びついて、翌1983年に3者が山口冨士夫グループを結成します。

 この月に、村八分の2代目ドラマー上原裕のいたシュガーベイブ出身の大貫妙子がLP「クリシェ」を発表し、CMで話題になりヒットします。このLPも半分ぐらいの曲が良曲で、山口冨士夫「ひまつぶし」のような傑作でした。

大貫妙子 / 風の道
https://www.youtube.com/watch?v=5dMVRtz2TcU

 銀巴里では、前年の5月に新宿ロフトで青木真一のフールズと共演した保坂夏子が、共演者を厳選する美輪明宏と11月22日に共演。11月16日は、故村上進、故後藤啓子、階見ルイジが共演。後藤啓子が亡くなっていたことを先日知りました。合掌。

後藤啓子 / Il tempo di impazzire
https://www.youtube.com/watch?v=Xc6EXHUyjX8
ライブハウスに霧がかかるような幻想的な声だった。

 1982年に加橋かつみや銀巴里でたくさんの歌手を見れたこと、1983年から1984年に山口冨士夫とタンブリングスを見れたことは、自分にとって一生の心の財産になりました。感謝しかありません。過去を振り返った時、その思いはますます強くなりました。


☆1982年12月号

・12月25日 クロコダイル  Xmasレゲエナイト
         ジョー山中&レゲエバイブレーション

Joe Yamanaka and The Wailers - Reggae Vibrations 1982年
https://www.youtube.com/watch?v=cT3Hahsw4GI

ジョー山中&鮎川誠 / Hiroshima
https://www.youtube.com/watch?v=skD8ZRgiE8o
石間秀機が被爆者の著書に感銘を受けて作ったというフラワートラベリンバンドがアンコールで演奏していた曲。

 12月14日に後に裸のラリーズが出演する鹿鳴館で、ペドロ&カプリシャスの初代ボーカル前野曜子のライブ。チャー坊と同様に40代で夭折した伝説のシンガー。この年、名曲アニメソング「コブラ」をリリースしていた。合掌。

前野曜子 コブラCOBRA 1982年
https://www.youtube.com/watch?v=ryAsyyZfAc8





 次回の15回目の山口冨士夫と情報誌「シティロード」は、時系列が混乱してしまった今までの14回(1970年〜1984年)を整理して振り返りたいと思います。
 1985年以降については、しばらくこの特集はお休みにしようと思っています。


P1190227.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: