2018年06月13日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」L1982年1月号〜6月号

P1180498.JPG
村八分の唯一のシングルレコード「Recorded live」@TVリブヤング1973年2月4日
A面:鼻からちょうちん B面:にげろ


今日の1曲
 ザ・ダイナマイツ / ユメがほしい1968年
 ザ・タイガース / シー・シー・シー 1968年
 Faust / Krautrock 1973年
 村八分 / 鼻からちょうちん 1973年
 Rufus & Chaka Khan - Once You Get Started 1974年
 THIRD WORLD - Try Jah Love 1982年
 ボーイズ・タウン・ギャング/君の瞳に恋してる 1982年
 大瀧詠一 / カナリア諸島  1982年
 Tatsuro Yamashita / Sparkle 1982年



 山口冨士夫と情報誌「シティロード」の13回目は、1982年の1月号から6月号です。

 山口冨士夫「So What」によれば、山口冨士夫は1981年春にギターを燃やして1982年秋までは音楽活動を停止しています。そこで「シティロード」を見ながら山口冨士夫、村八分に関連する人の1982年の動向や思い出について書こうと思います。

 このブログも11年目に入ります。一昨日も明け方が涼しくて風邪をひきそうになったのでお気を付けください。慌てて厚着をして体調を整えました。これからも無理をせず頑張ろうと思います。お時間がありましたらお立ち寄りください。


☆1982年1月号

P1180900.JPG

 ・1981年12月31日〜1982年1月1日 
      ニューイヤーロックフェスティバル
      出演:沢田研二とExisotics(上原裕Dr元村八分)、ジョー山中など
 
 ・1月23日 クロコダイル ジョー山中&ザ・ジェイ・カンパニー
 ・1月27日 屋根裏 ペグモ(恒田義見ex村八分)

 1979年に京大西部講堂で村八分と共演したジョー山中は、ザ・ジェイ・カンパニーというバンドでクロコダイルに出演。
 ボブ・マーレーの影響でレゲエに移行する直前と思われます。

 1月号は毒舌で人気絶頂のビートたけしのインタビュー。
 後にジョー山中の2006年の自伝本「証」の帯に、ビートたけしは「本物は哀しみを知っている」と献辞を書いていました。

 新宿ロフトではこのころから「暴威」が定期的に出演し、クロコダイルにも登場。5月からBOφWYと改名し、1980年代後半からの第2次バンドブームの先駆け的存在になります。山口冨士夫のTeardropsもその波の中で1989年にメジャーデビューします。


☆1982年2月号

 ・2月14日 屋根裏 外道 (B.青木正行→1983年山口冨士夫バンド)
 ・2月22日 新宿ロフト 外道
 
 1979年に再結成した外道がライブ。翌年ベースの青木正行は山口冨士夫バンド結成に参加。2月号インタビューは、1984年元日のニューイヤーロックフェスティバルに山口冨士夫を招いた内田裕也。ヒット曲がなくてもロックはできると語っています。 

 2月号には、ポリドールがFaustやVelvet Undergroundなどを再発する情報を掲載。1979年からのキングのNew Trollsなどのユーロピアンロックコレクションのシリーズが予想以上のセールスだったため各社が動き出したとのこと。

 これらの動きが1960年代後半から70年代前半のアーカイブの発掘の運動になり、1985年の「ライブ村八分」1973年、山口冨士夫「ひまつぶし」1974年の再発に至ったといえます。2000年には村八分の「鼻からちょうちん」のアナログシングルも出ました。

村八分 / はなからちょうちん  CD「ぶっつぶせ」1971年より
https://www.youtube.com/watch?v=ZGp6GkYkZvk

 1980年代も音楽の商業主義が続く中で、1960、70年代への機運が生まれたと思います。山口冨士夫が1983年4月に復活したときに「60年代後半から70年代の雰囲気で。だってほらみんな表面ばかり舐めてきただろ。もっと深くいこうぜ」と言っていました。

 Faustは、村八分の唯一のシングル「鼻からちょうちん/にげろ」をフジテレビ「リブヤング」で録音した1973年2月4日の翌月にFaust Tapesを49ペンスでVirginから発売。Sex PistolsのジョンライドンもFaust Tapesを買って聞いていました。

Faust / Krautrock 1973年
https://www.youtube.com/watch?v=cBpqeEC8BMY
VirginのFaustWより。山口冨士夫在籍時の裸のラリーズに通じるサウンド。


1973年2月4日村八分「鼻からちょうちん」ライブ収録


 
 2月新譜では、シュガーベイブ時代に元村八分の上原裕と組んだ山下達郎の「For You」をトップで掲載。SparkleがCMで毎日のように流れていました。野音で石を投げられたというシュガーベイブのころから長きを経て遂にシティーポップとしてブレイク。

Tatsuro Yamashita – Sparkle 1982年
https://www.youtube.com/watch?v=gQ9pmFMc5oM

山下達郎 Sparkle ライブ映像
https://www.youtube.com/watch?v=irpmZpj0Ez4
山下達郎は最高のサイドギタリストの一人とも呼ばれる。山口冨士夫はCharに「ギターはサイドだよ」と言っていた。


☆1982年3月号

 ・3月1日  屋根裏 ペグモ(恒田義見ex村八分)
 ・3月8日  渋谷Eggman 鮎川誠
 ・3月17日 日本武道館 タイガース 同窓会コンサート
 ・3月21日 大瀧詠一「ロングバケーション」発売

 ライブハウスニュースでは、超目玉として鮎川誠のソロ活動KOOL SOLO LIVEを紹介。エッグマン、シェルガーデン、ルイードの3カ所。このような鮎川誠のソロ活動が1986年の山口冨士夫とのライブインでの共演ライブにつながったと思います。

 ライブインは渋谷初の500人クラスの中箱。「ライブイン‘82」という店名で3月に開店。3月12日のオープンは、野音でかつて山口冨士夫と共演したファンクのつのだひろ。3月15,16日と20日〜22日にはチャカ・カーン。日本でも黒人ファンクが台頭してきた。

Rufus & Chaka Khan - Once You Get Started 1974年
https://www.youtube.com/watch?v=7fgKhuqNtxw

 3月17日には日本武道館で、タイガースの準再結成「同窓会」コンサート。1971年4月に京大西部講堂で村八分と共演したPYGにも在籍した岸部修三も参加。GSの王者タイガースの11年ぶりの復活は大きな話題になり、テレビやCMに多く出演しました。 

ザ・タイガース / シー・シー・シー 1968年7月15日発売
https://www.youtube.com/watch?v=rsZELNxcZFs&index=8&list=RDab_kJtZ6OxY
この6枚目のシングルで初めてA面の作曲がすぎやまこういちから加瀬邦彦へ。

P1180982.JPG
タイガースのデビューからの5連作を作った「橋本淳作詞、すぎやまこういち作曲」

 ダイナマイツの2枚目のシングル「ユメがほしい」はビクターから1968年3月5日に発売されています。タイガース最大のヒット「花の首飾り/銀河のロマンス」(3月25日発売)と同じく、すぎやまこういちが作曲しました。
 
ダイナマイツ / ユメがほしい 
https://www.youtube.com/watch?v=2Cbf_OwLJTo
 
 「ユメがほしい」はヒットに至らなかったものの良曲で、当時のダイナマイツへの期待がわかります。山口冨士夫がセンターのジャケットもGOOD。「ユメがほしい」は、映画「ケメコの唄」での出演や遊園地でのプロモーション映像があります。 

 3月21日発売の大瀧詠一のLP「ロングバケーション」(はっぴいえんどの松本隆の作詞)が突然大ブレイク。ほとんど無名だった人の音楽が、どこのレコード店でも流れ陳列されているのには驚きました。良い曲が多く内容も良かったです。

 「So What」では、村八分時代に山口冨士夫は青木真一と海ではっぴいえんどを聞いたとあり、「はっぴいえんどの大瀧詠一さんみたいに日本語をはっきり打ち出すのではなく、村八分では言葉を音として捉えようとした」とも言っています。





 1982年は音楽が町や生活に流れていた時代で、活動停止中の山口冨士夫も当時の音楽に全く無縁ではなく、タイガース、沢田研二、上原裕、大瀧詠一の活動を見ていたと思います。1983年の「酔いどれ天使」には「今にみてろよ」という歌詞があります。


P1180978.JPG
「シティロード」1982年1月号〜6月号にも山口冨士夫の名前はなかった


☆1982年4月号

 「シネマ最前線」で「爆裂都市」を特集。ロッカーズ、ルースターズ主演のパンク的映像の「パワーが凄い」と評価。1979年からのパンクは、過激に進むもの、シンセサイザー、ファンク系などに分かれ、ロッカーズはこの年の12月に解散し、役者に転向します。
 
 1981年3月以降に山口冨士夫の名前が消えたのと同様に、青木真一(元村八分)のフールズも、1981年5月の新宿ロフトでのシャンソンとの共演以後、1982年11月号まで「シティロード」に名前が見当たりません。

 1979年にSpeedで最初期のパンクバンドを始めた青木真一も、このころが転機だったようにも思えます。山下達郎は、3コードのロックンロールの衝動こそ最高の音楽と言いつつも、それだけではいつか行き詰ると述べています。

 1982年11月22日の法政大学ホールのライブで、青木真一がフールズの「ゲスト」として「山口冨士夫」に本人に秘密で「シティロード」に告知したのも、1960年代後半から70年代の村八分の原点に互いに戻りたいという思いがあったのではとも思います。

 新譜情報の黒人音楽のトップでは、黒人ファンクの最高傑作の一つであるKickin backを収録したLTDのラブマジックを紹介。サタデーナイトフィーバーのディスコブーム以降、黒人系ダンスが台頭し、年末にマイケルジャクソンで爆発します。

L T D - Kickin' Back
https://www.youtube.com/watch?v=5QT0GkSHD1A
山口冨士夫のトンネル天国、恋のビート、Ride On!のようにソウルフルな歌


☆1982年5月号

 インタビューは、山口冨士夫「So What」旧版の寄せ書きで「山口冨士夫? そりゃ興味あるわな。村八分のころから。同じエレックレコードだったし」と書いていた泉谷しげる。普段は実験的音楽を聴くという勝新太郎の歌手宣言も印象的で「浮遊の夏」を発表。

 元山口冨士夫リゾートのルイズルイス加部のJL&Cがピンククラウドと改名。
 「シティロード」に「バンドの名前が欲しかった」という広告で、6月5日渋谷公会堂など5カ所のツアーを告知。

 新譜情報の黒人音楽のトップで、サードワールド / ラブアイランドを紹介。最上のレゲエバンドとStevie Wonderの才能が結合。この年の夏に初めてディスコに行き、黒人のように踊りたいと思った私にとって最高の曲の一つでした。

サードワールド / ラブアイランドTHIRD WORLD - Try Jah Love
https://www.youtube.com/watch?v=RPwPQyjOBUs


☆1982年6月号

 ・6月29日 新宿ロフト 外道

 「ライブハウスロッカーズ」では、ファンクの方向を目指す暗黒大陸じゃがたらを紹介。「So What」によれば、じゃがたらの江戸アケミは11月22日に法政大学ホールで楽器を持たずに来た山口冨士夫にギターを貸しています。

 インタビューは今は亡き夏目雅子。渋谷ライブインでは、キングクリムゾンのロバートフリップから「日本の音楽を作れ」と言われ「えんやとっと」というダンス音楽を始めた岡林信康の3daysライブを開催。 

 このころ福生のライブハウスには、1979年のころのように山口冨士夫に関連する青木真一や青木正行などのバンドの名前は出ていません。
 ElectricUZUは、SunshineUZUに改名しています。

 このころ、ボーイズ・タウン・ギャング/君の瞳に恋してるがヒット。今もディスコ音楽の定番ソングのトップになっています。1967年のライチャス・ブラザースのリメイクであり、山口冨士夫も耳にしたと思われます。

ボーイズ・タウン・ギャング/君の瞳に恋してるCan't Take My Eyes off you
https://www.youtube.com/watch?v=TJVvTgEj0VI

 次回は、山口冨士夫と情報誌「シティロード」14回目。
 山口冨士夫が11月に活動を再開する1982年7月号〜12月号の「シティロード」を見たいと思います。


P1180197.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: