2017年09月27日

芸術の秋〜反省の秋1 @洗足学園

P1020761.JPG
洗足学園の前田ホール


今日の1曲
 Manuel Göttsching ‎– Dream & Desire
 POPOL VUH - YOGA



 洗足学園で教授や講師による公演を見ました。
 プロの素晴らしさを再認識しました。
 同時に、自分について反省しました。

 1番手はバンジョーです。今までバンジョーのライブを聞いたことがなく、けたたましい音楽という先入観があったのですが、脳を優しくマッサージしてくれるような音楽でした。アメリカの大草原で揺りかごに揺られているような気持ちで目をつぶって聞きました。

 1曲目は、有名な「おおスザンナ」でした。
 フィドルも絡みながら、1970年代前半のジェネシスのようなコード進行も出てきてプログレかと一瞬思いました。民俗音楽の奥深さを感じました。

Manuel Göttsching ‎– Dream & Desire
https://www.youtube.com/watch?v=wF7JDLIauKE
バンジョーの音楽は、この1曲目のようなのどかなイメージでした。





 続いてシタール。ビートルズのノルウェーの森、Rolling Stonesの黒くぬれ!の世界です。5音階のインドの世界に入っていきました。タブラが重なると音像が立体的になり、2人で演奏しているのに、5人ぐらいいるような感覚になりました。


POPOL VUH - YOGA
https://www.youtube.com/watch?v=N6Yom735gP8
昔LPを持っていたので懐かしい作品。Florian FrickeはPopol Vuhの作品ではないと述べているが、FrickeもHarmoniumで参加しているので魅力的な作品。純粋なインド音楽よりも西洋寄りで、1曲目や、25:30あたりなど日本人好みの食べやすいカレーライスのようなイメージ。




posted by カンカン at 23:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | ドイツのロック German Rock & Kosmische Musik Cosmic Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: