2017年08月29日

山口冨士夫を偲んで 2017年夏・福生カニ坂ロックフェスティバル

P1410173.JPG
34th anniversary "Rock festival in Kanizaka Tokyo"
34周年という伝統のあるロックフェス。


今日の1曲
 山口冨士夫 ひまつぶし
 外道-香り
 銃をとれ/頭脳警察
 頭脳警察/さようなら世界夫人よ
 The Ramones - Blitzkrieg Bop


 福生のカニ坂ロックフェスティバルに行きました。4年前の夏に山口冨士夫の福生の駅前での死が発端で、私は、体調が悪化しました。3年前の夏に体がどん底から復調してきたころに、初めてカニ坂フェスに行きました。今年も巡礼の旅です。


山口冨士夫 ひまつぶし
https://www.youtube.com/watch?v=p_hMxNqCIlc





P1410154.JPG
福生駅の改札。いよいよ


P1410165.JPG
途中にある教会。讃美歌が外に漏れて感動。しばし聞き入る。


P1410169.JPG
カニ坂公園の前の小川。雨が降らなくてよかった。


P1410171.JPG
会場に到着です。


 小川を渡ると音が聞こえてきてわくわくします。
 速足で会場に着きました。
 外道の香りをライブで演奏していました。


外道-香り
https://www.youtube.com/watch?v=uHfBhJsqrD8





P1410176.JPG
ちびっ子もライブを聞いています。


P1410180.JPG
ワンちゃんもライブをエンジョイ。


P1410183.JPG
カニ坂・多摩川の自然


 今年もPANTAがゲスト出演しました。PANTAがノーギャラで出るということは、若いころからの親友がメンバーにいるということでしょうか。
 若いころの戦友は一生のものだと思いました。


P1410186.JPG


P1410189.JPG
PANTA登場に湧く会場


 PANTAは、頭脳警察の1st、2ndが発禁になった経緯を語り、「銃をとれ」「さようなら世界婦人よ」「悪たれ小僧」「コミック雑誌なんかいらない」、Spencer Davis Group の Gimme Some Lovin'を演奏しました。

 かつては、東の頭脳警察、西の村八分とも呼ばれました。PANTAがモージョ、スパルタカスブントに参加した1960年代に、ダイナマイツの山口冨士夫のところに行って、一緒にブルースロックをやらないかと話を持ちかけたこともあったそうです。


頭脳警察・村八分特集号



銃をとれ/頭脳警察(三里塚幻野祭)
https://www.youtube.com/watch?v=cbfDei_yuYI

銃をとれ/頭脳警察(エレキLive)
https://www.youtube.com/watch?v=vvO-chCqIZ0


発禁になり、自主製作で通信販売された1st



P1410191.JPG
今年はPANTAが頭脳警察を4曲も演奏。


頭脳警察/さようなら世界夫人よ
https://www.youtube.com/watch?v=Ao6Yyz6nEYo

PANTA/さようなら世界夫人よ(アコースティックLive)
https://www.youtube.com/watch?v=e53Fb4ftVqI





Spencer Davis Group / Gimme Some Lovin'
https://www.youtube.com/watch?v=xcxYX8KPhGk





P1410202.JPG
パンクバンドがラモーンズを熱唱。


 パンクバンドがラモーンズを演奏しました。続いて、先週見た「山善」山部善次郎のキャデラックも聞けました。この日は、日本のパンクの元祖頭脳警察や、ロックの名曲がたくさん聞けて充実した福生巡礼の日になりました。受付でカンパをして帰りました。


The Ramones - Blitzkrieg Bop
https://www.youtube.com/watch?v=TYh1lRR1m6Y





 P1410160.JPG
福生駅南口に到着。


P1410226.JPG
山口冨士夫が亡くなった北口に行って追悼。


山口冨士夫-ひとつ(「ひまつぶし」より)-Tour2007
https://www.youtube.com/watch?v=OkiLsf16EBM

山口冨士夫+タンブリングス / 赤い雲(「ひまつぶし」より)1983
https://www.youtube.com/watch?v=LlXBwsEWSJc





P1410228.JPG
福生駅を変わった特急列車が通過。周りの人たちも注目していました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: