2017年01月05日

ビートルズ 映画「エイトデイズアウィーク」

P1280578.JPG
眼鏡を映画館に忘れたり、パスモを店に忘れたりの一日でした


今日の1曲
  The Beatles - I Saw Her Standing There
  The Beatles - A Day In The Life
  The Beatles - I Feel Fine


P1280582.JPG
駅の反対側に行ってしまい映画館に行くまで迷子になりそうでした


 昨年、体調が悪くて見れなかったビートルズの映画を見に行きました。
 全盛期の彼らの凄さを大画面で見ることができて満足です。
 目の前に彼らが迫っています。

 キャバーン時代から一気にアメリカを制覇するスピードが凄い。どんな質問に対しても勇気を持って即座に回答するところが、彼らの評価を高めたこともよくわかりました。
 有色人種を客席に入れないというアメリカの風習を壊したのも彼らでした。





The Beatles - I Saw Her Standing There
https://www.youtube.com/watch?v=Rq8u0tnyDGI

 リンゴのドラムはパンクを超える凄まじいものがありました。
 まさに衝撃でした。
 リンゴのクレージーなドラムを見れたのが最大の収穫でした。

The Beatles / Please Please Me (Live In Washington)
https://www.youtube.com/watch?v=2Zj2BCJYK-Y
このWashingtonのライブが映画でカラー化され、I Saw Her Standing Thereでのリンゴのドラムが一番ぶっ飛んでいました。





The Beatles - A Day In The Life
https://www.youtube.com/watch?v=usNsCeOV4GM

 アデイインザライフのラストも劇場で聞くと大迫力。巨大な余韻が会場を覆いました。
 66年で疲弊してライブ活動をやめるくだりもとてもよくわかりました。
 45年前に人生最大の衝撃を受けたビートルズとの再会は私に力を与えてくれました。





The Beatles - I Feel Fine Live in Germany
https://www.youtube.com/watch?v=gUU10C3PggA
アイ・フィール・ファインの録音シーンがよかった

 初めから本編終了までは最前列で体を揺さぶってみました。
 ラストにシェアスタジアムでの30分のライブが特典でついていました。そこでトイレに駆け込んで、最後は最後尾の通路でビートルズサウンドで踊りまくることにしました。

 ビートルズのサウンドは踊りにくいのですが、リンゴのドラム、ジョンのリズムカット、ポールの体感と高速首振り、ジョージのエアーギターなどを真似して踊ってみました。
 黒人系クラブ音楽と違うとてもいい体験になりました。


Beatles Live Washington DC Concert
https://www.youtube.com/watch?v=Y8jc0Ng5ZQ4
★9:35〜は、スゴイ!!! 同じ1964年のJames Brown/TAMI showに匹敵する衝撃




世田谷線。 てっちゃんの気分です
P1280583.JPG

posted by カンカン at 23:57| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビートルズ The Beatles  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック