2016年12月04日

ダンス@秋の学園祭慶應大学・体調回復への道 part 4

161118_133108.jpg


今日の1曲
Michel Camilo - New York Band - "NOT YET"
MISIA × Marcus Miller オルフェンズの涙
Duke Ellington, "Take the A Train"
MADONNA / OPEN YOUR HEART
ピチカートファイヴ / 東京は夜の7時


161118_132611.jpg
大学のそばの古いお店


【11月18日 慶應大学】 


 先週11月12日に、Jazzでも体を動かすことができたので、ダンスによる体調回復のためにまた学園祭へ。まず、マーカス・ミラーのコピーバンドから。無理をしないように立たないで座って体を揺らして足でリズムをとって体感で聞くことにしました。
 
MISIA × Takuya Kuroda × Marcus Miller オルフェンズの涙 (@ Blue Note JAZZ FESTIVAL in Japan 2016)
https://www.youtube.com/watch?v=GfDaUBQkF6w

161118_144439.jpg
 女子学生主体のビッグバンドジャズ。
 Aトレインで行こうで立って踊ることにしました。
 女の子のドラム・ベースもとてもいい感じ。

Duke Ellington, "Take the A Train"
https://www.youtube.com/watch?v=cb2w2m1JmCY


 161118_150601.jpg
野外で、ピチカートファイブのコピーバンドが出ていました。20年前の渋谷系の乗りで踊りまくりました。DJとか渋谷のCiscoなどのレコード店が一番活気のあった時代。
 ステップも高速で軽く弾けてきました。

東京は夜の7時☆ピチカートファイヴ
https://www.youtube.com/watch?v=JqYvyBx1VL4
CiscoとかHMVなどが懐かしくなるHouse系の音





 今度は、鉄道研究会を少し覗いてから、Jazzdanceのサークルへ。
 「HipHopとJazzdanceの違いは?」の問いに対して、「要するにJazzdanceは何でもありのこと」という記事を読んだことがあります。

161118_155214.jpg
 Jazzdanceはステップだけでなく、身振り、手振りが独創的。
 こちらも音楽に合わせてステップを踏みながら、同時に彼らの振りの真似をしていくうちにどんどんダンスが楽しくなってきました。

OPEN YOUR HEART-MADONNA LIVE IN JAPAN
https://www.youtube.com/watch?v=4lmM23NXQs4
改めて見ると、マドンナは努力と根性の人。





161118_162310.jpg
 もう一度ビッグバンドジャズに行くことに。
 バリバリのラテンをやるというので期待したら、大喜びの音。
 狂乱状態で踊ることができました。

Michel Camilo - New York Band - "NOT YET"
https://www.youtube.com/watch?v=tZOCdrwGch4
このBassの人の指の感覚で踊ることができた。





 踊る感覚が戻ってきたので、体調も並行してよくなってきました。25年前は、学園祭でダンサーなどいなかったのが、15年ぐらい前からダンサーに占領されてきました。今年は、ダンスサークルが少なくなり静かな感じです。JADEも出なくなってしまいました。

 バブルが弾けたころから、Hiphopが流行ったこと、DJブームなどが重なり、どんどんダンサーが増えていきました。「私も昔やっていました」と若い人に話しました。黙々とダンスを練習している人たちを見ながら帰ることにしました。

161118_164405.jpg
ダンス練習中


161118_163614.jpg
留年生も頑張っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック