2016年01月28日

サンハウス トークライブ

P1010002.JPG
サンハウスのサイン


今日の1曲
 サンハウス / キングスネーク・ブルース
 サンハウス / レモンティー
 サンハウス / 地獄へドライブ
 サンハウス / ロックンロールの真っ最中
 Son House "Death Letter Blues"


ライブ1発録りでできたというサンハウスの曲を網羅した新譜



 日本のロックのパイオニアの1つであるパワーハウスのトークショーでサインをもらうことができました。3年前の8月に山口冨士夫さんが亡くなってしまったので、日本に残る本物のロッカーはサンハウスをはじめ、少しになりました。





 3年前の1月に菊さんのバンドでサンハウスの特集をやるとのことで、雪の中をライブハウスに行ったのですが交通事情で中止になりました。待望の5月に見た再演では、60歳とは思えない鋭い音を聞いて「これがサンハウスか!」と興奮しました。


サンハウス 菊 ドキュメンタリー
https://www.youtube.com/watch?v=ZXzd5un_Tu0
19:00 リズムのノリと感情の表現と結び付けている
25:00 伝説のライブ喫茶「パワーハウス」 33:50 基礎が大事と言われている





鮎川誠 還暦ロックンローラー ドキュメント 聞き手:武田鉄矢
https://www.youtube.com/watch?v=MN44Jh8LZkc
3:00 サンハウスと海援隊が一緒に出たステージ

Son House "Death Letter Blues"
https://www.youtube.com/watch?v=NdgrQoZHnNY
バンドの名前の由来であるブルースマン
一人で、歌、ギター、ベース、ドラムスを演奏しているように聞こえる





サンハウス - レモンティー
https://www.youtube.com/watch?v=LY6jXuBAlDI
ベースとドラムのうねりもすごい


 鮎川さんのトークの中で、「自分たちは、ビートルズ、ローリングストーンズからクリームのような即興演奏の出現など、ロックの歴史をリアルタイムに経験してきた」ということを話されていたのが印象に残りました。

 サンハウスのトークショーの前日に見た山下達郎さんも、「自分は音楽がまだ音楽だけで成り立っていた時代を経たので、続けられた。今の若い人の音楽が40年後には残るのだろうか」という話をされていました。






 サンハウスは、35年前に「有頂天」を初めて聞いたとき、ビートルズのようにいい曲がたくさん入っているので、日本にもこんなバンドがあるのかと驚きました。
 また、サンハウスのライブがあったら絶対に見に行きたいです。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック