2015年11月13日

学園祭 上智大学 法政大学 

P1010011.JPG
上智大学


今日の1曲
  Charlie Parker - Embraceable You 1947
  The Who - 愛の支配Love reign over me
  裸のラリーズLes Rallizes Denudes "The Night Collectors"


 

11月3日
上智大学 11:30−3:30

 初めて上智大学のソフィア祭に行きました。
http://www.sophiasai.com/#!timetable/c1y3b

 上智大学は15年ぐらい前に模擬試験で行って以来です。
 仕事ではよく四谷に行っていました。
 まずは、野外ステージを見ながら踊りました。

『SOUL TUNNELS』 SUPER CHAMPIONSHIP FINAL 1993 JAPAN
https://www.youtube.com/watch?v=EuVXZX4ZgOU
一人目の人は張り切りすぎて、膝のすじを切ってしまった。自分も危ないので気をつけねばならない。


P1010018.JPG


・ 野外 ストリート系ダンスサークル(美人多し)ガンガン踊る。
・ 野外 ゴスペル キリスト系だけあってパワーがありました。James Brownのリズム。ギンギンに踊らせていただきました。
・ フラダンス  私の母と違って笑顔がとてもよかったです
・ Autumn leaves モダンジャズのサークル いろんな楽器編成があります。
気持ちよく踊ることができました。


Charlie Parker - Embraceable You - 1947
https://www.youtube.com/watch?v=tqQfX4j6Mi0






・ザ・フー  慌てて入ったところ、My Generationで最後にギターを振り回すところだけ見れました。


The Who - 愛の支配Love reign over me
https://www.youtube.com/watch?v=gDbAtWpoA6k

Scena finale del film Quadrophenia
https://www.youtube.com/watch?v=9cDU-RTDgE0





・ビッグバンドジャズ サークルを作られたという70歳ぐらいの年輩の方も出演
・ピアノソロ チャーリー・パーカーのチュニジアの夜など。
・ロックバンド 女2人+男2人 グルーブがあってよかった。
・ロックバンド パンク系 最後はサークルの人たちが盛り上がりました。


P1010025.JPG
上智のビッグバンドジャズのサークル




 上智の学園祭ライブは3:30ぐらいにはほとんど終わってしまうとのことで、続いて隣駅の法政大学に行きました。32年前に山口冨士夫や裸のラリーズのライブに行って以来です。
 超高層の新しい校舎になっていて驚きました。

法政大学 4:00−7:00
 4時には学生バンドは終了とのことでしたが、ボアソナードホールの1階でプロのライブがあり、野外フェスを小さくしたような本格的ライブ会場になっていて驚き。
 山口冨士夫や裸のラリーズを見た学館4階ホールを思い出しました。

裸のラリーズLes Rallizes Denudes "The Night Collectors" (1977)
https://www.youtube.com/watch?v=xB28bKAQfXM
法政の裸のラリーズのライブの時に山口冨士夫が最前列で見ていた。





Mirror
http://www.mirrormusic.net/shows/
パンクかと思ったらFunkを複雑にしたようなインストバンドで非常にかっこよかった。踊りまくった。MCも生活感のにじみ出た素晴らしいもので、とても参考になりました。最後にCDRまでもらってしまいました。


P1080660.JPG
Mirror 法政大学ボアソナードホール


思い出野郎Aチーム
http://oyat.jp/profile.html
こちらは正統派Funk。James Brownのように叫びまくるボーカルが驚愕。自分も歌っていますが、喉が炎症を起こしてしまいます。脱帽。もちろん踊りまくり。

溺れたエビ
http://d-shrimp.com/
こちらはビックリのパフォーマンス。最初は驚きましたが、徐々に基本はダンスバンドとわかってきたので、半分いったところから全開で踊らせてもらいました。


ライブが終わり、市ヶ谷に向かって川のほとりを歩いて帰りました。
 32年前に法政で裸のラリーズを見た時は、飯田橋へ帰る時から3日間耳なりが続いていたことを思い出します。いまだにあれほどの轟音のロックを聞いたことはありません。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック