2015年06月25日

振動Part3 〜 ビブラート 演歌から学ぶ

P1010025.JPG
ビブラートの道は長い


今日の1曲
 鶴田浩二 / 湯けむり情話
 テレサ・テン-つぐない
 桂銀淑 / つぐない





 歌の練習を始めてから、いろいろな歌手を改めて聞くようになると、上手い歌手の多くはビブラートを使いこなしていることに気が付きました。
そこで、自分もビブラートの練習を始めました。

 ビブラートの参考になるものを探してNHKのど自慢を見てみました。

平成5年度NHKのど自慢チャンピオン大会
https://www.youtube.com/watch?v=v2d5igbJLOg
41:00から湯けむり情話


 のど自慢で「湯けむり情話」が気になったので、Youtubeを見ながら一緒に見様見真似で歌ってみました。意外に入れ込んで唸ってみると、雰囲気が作れる! 自分でも演歌が歌えるのではないかと、やる気がでてきました。

細川たかし / 湯けむり情話
https://www.youtube.com/watch?v=cA4NGXUiSY4
やはりプロはすごい。

鶴田浩二 / 湯けむり情話 
https://www.youtube.com/watch?v=ZyOhWojmJ9k
技術は細川たかしの方があると思いますが、情感はとても深いと思います。やはりビブラートを使っています。

 1:08:50から、アジア最高峰テレサテンの作詞作曲の荒木とよひさ、三木たかしコンビがコメント。やはり、3年連続有線大賞をとったテレサテンのブレーンだけあって、チャンピオンに対しても要求レベルが高いように思います。

荒木とよひさ氏
 「最近の人は、五木ひろし、都はるみよりスターらしいですね」というコメント。
 裏を返せば、「歌はまだまだですよ」ということでしょう。

三木たかし氏
 「13番が歌がきれいでした。」
 「残念ながら(他の人たちは)伝わるものがなかった」

1:35:00から再び講評
3番 響きがよく恋に敗れる情感がある。 5番 歌の表情が生き生き。
9番 歌のメッセージを伝えたいというところに好感


テレサ・テン-つぐない
https://www.youtube.com/watch?v=iKsUxjvX_gE
憧れのビブラート。こういうのって、スケートで言えばトリプルアクセルなのか。真似してもとても出来そうもない。






桂銀淑 / つぐない 
https://www.youtube.com/watch?v=wHkcT2DUT70
この歌もすごい。


2015年NHKのど自慢グランドチャンピオン
https://www.youtube.com/watch?v=B3x5TcgkLA4








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック