2014年12月26日

2014年早稲田祭@  11月1日事後報告 

P1040703.JPG


今日の1曲
 ボズ・スキャッグス / We are all alone
 村八分 / 水たまり ( → わっ、666じゃん。さすが村八分)

 いよいよ底冷え。
 ちょっと油断したら、鼻水が出てきたので、慌ててダウンを着ました。
 まだ足りず、ひざ掛けも。

 少年院に入った少年が文句を言っているのでなだめに行っていますが、ようやく仕事も息つく暇ができました。ブログの事後報告です。
 日本一の規模の早稲田祭に2日間行きました。


 初日

 まずは、野外ステージでダンス
「気付け、君も主役だ」のキャッチコピーが。 
 → よーし、上等じゃねえか、と気合をいれて早稲田大学構内に突入

P1040709.JPG


 予定より遅れて13時到着。サンボマスターのコピーバンドで踊る。ウォームアップ。
 フュージョンバンドかっこいい。一人だけガンガン踊る。変拍子のてんこ盛り。
 物凄いリズム訓練になる。500t以上補給。

ボズ・スキャッグス / We are all alone
https://www.youtube.com/watch?v=fSXsUC4O3FI



 ボズ・スキャッグスのコピーバンド渋い。単なるポップスと思っていたが見直した。
 中南米音楽は当然リズミカル。踊りまくる。500t補給。
 オアシスを見に行ったら、村八分の「水たまり」をやっていてビックリ。

村八分BOX 全盛期の映像
https://www.youtube.com/watch?v=G9EqrB0ISaw
当時、慶應三田祭で村八分を目撃した人から、村八分は他のバンドと比べ物にならないほど圧倒的だったと聞いた。

京都大学反体制のシンボル。山口冨士夫とチャー坊の双頭、村八分。


 HIPHOPのライブ。当然踊りまくり。500t補給。トイレで水を補給。
 自分のTシャツを見て「僕たちを見に来てください」と声をかけてくれた学生さんがいたので見に行きました。アメリカ南部のクラブにいる気になる、黒くて熱い演奏でした。

 最後に、クラシックのピアノ同好会。
ショパンの渋い選曲。無料でクラシックが聞けるのはラッキー!
 で、初日は終了



帰るときに、いろんなダンス同好会が、パレードしていました。
P1040710.JPG




posted by カンカン at 00:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック