2013年12月21日

癒しのフュージョン 〜 カシオペアCasiopea 3rd ライブ@渋谷AX



 CASIOPEA 3rd / Take Me
 CASIOPEA 3rd / Domino Line
 CASIOPEA 3rd / Space Road
 CASIOPEA 3rd / Asayake




 日本のフュージョン、ジャズロックを代表するCASIOPEA 3rdのライブに行きました。カシオペアは、30年以上前に高校生時代に憧れた雲の上の人たちでした。特に野呂さんのギターのテクニック、美しいメロディーは圧倒的です。

高校生時代に憧れた1stアルバム。


 この日、東京ではひょうが降りました。ナルチョ鳴瀬さんの開始5分前のMCで会場が暖まりました。
「ひょうが降る中をお越しいただきありがとうございます(笑)」「あと5分ほどお待ちください」

 CASIOPEA 3rdは去年再結成されました。ドラムには神保さんが参加。
 CASIOPEA 3rdは新女性メンバー大高さんのハモンドオルガンの音色が新境地。ELP、Deep Purpleの世代にはたまらない音です。

CASIOPEA / Take Me (CROSSOVER JAPAN '03)
http://www.youtube.com/watch?v=qvcuTsqtW_I
この曲のイントロで体に電流が走りました。思わず立ち上がって踊りました。懐かしさでジーンときました。




Casiopea / Domino Line
https://www.youtube.com/watch?v=zIK1Vn6Va3w
CMで使われていたと思います。昔よく聞きました。素晴らしい。



 Casiopea3rdの新曲も披露されました。
 1曲目はプログレッシブロックを思わせる大作。
 Casiopeaがいまだに現在進行形であることを証明していました。

 大高さんのオルガンをバックに野呂さんのソロを聞かせるパートが印象に残りました。2階席まで上がってきて演奏してくれたナルチョ鳴瀬さんのサービス精神も最高!ラストは定番のAsayake。満員の観衆の喝采の中をライブは終わりました。


Casiopea Montreux Jazz Festival 1984の映像
http://www.youtube.com/watch?v=KgcD31Txlr0
世界のJazzの最高峰が集まるフェスティヴァル 
Casiopeaが凝縮された48分
5:38 Take me 10:10 Space Road
39:18 Asayake 44:18 Looking up




CASIOPEA 3rd / Space Road Live@YAMAHA
http://www.youtube.com/watch?v=Ip7VDdnRJmI
20:30 Space Road 若いころよりも、ギターのメロディーの1音1音に魂が込められている気がします。
26:30 Arrow of time 癒されるオルガンとギター
44:30 「踊ってもらえるのがコンセプト」と野呂さんが話している。どおりで、野呂さんは若いころから、軽快なステップを踏みながらギターを弾いていることがわかりました。

なんと笑っていいともに出ていた野呂さん。
http://www.youtube.com/watch?v=ly2DixR9hTo





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック