2013年12月14日

〜 DJと握手・渋谷Womb14 〜




テクノのゴッドファーザーと呼ばれるクラフトワーク


今日の1曲
 クラフトワークKraftwerk / Autobahn 1974年米4位


 Wombに踊りに行きました。体調が良くないので、ダンスをすれば治るのではないかと思っていたところ、以下のような記事をネットで発見。誕生月の招待券をもらっていたので行くことにしました。親切な受付さんに通してもらいました。。

うつ症状なら足を鳴らそう。うつとダンスと鍼灸は、セロトニンつながり
http://hariokyu.com/blog/?p=215

 今回は、この5年間で初めての、苦しみのダンスになりました。ダンスしながら深呼吸をして体調を回復しました。ステップも最小限に。翌日、主治医に聞いたら、「静かに静養すべきで、ダンスなどの有酸素運動はしないほうがいいです」と言われました。

渋谷Wombの映像
http://www.youtube.com/watch?v=r9UNX5PRMW0

1970年代はTangerine Dreamなどのベルリン・スクールの方が格が上だったが、今はKraftwerkの方が評価が高く、評伝も多い。


 今回、初めてDJの人に声をかけてみました。今までは恥ずかしくて声をかけられませんでした。1人目は若いDJなのに、レコードを使っていたので、思わず声をかけたくなりました。DJさんは「渋谷のレコード店で買っています」と言っていました。握手しました。

 2人目のDJは、テクノっぽい曲でうまく盛り上げていました。私が「僕は30年以上ダンスをしていて、Kraftwerkも聞いてます」と声をかけました。DJの人は、「僕は5歳からクラフトワークを聞いています」と言ったのでびっくり!

クラフトワークKraftwerk / Autobahn
http://www.youtube.com/watch?v=x-G28iyPtz0
輸入盤が新譜で入ったころに聞いた。もう40年も前になる。今聞いても古くない。癒し系としても聞ける。

 やっぱり、DJを職業としてやっているような人たちは、物凄く聞き込んでいるんだなあということがわかりました。2人目のDJさんともがっちり握手をしました。
 DJさんたち、ありがとう!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック