2013年10月10日

ありがとう・KARAライブKarasia 2nd 山口冨士夫 > KARA > 裸のラリーズ 

P1010079.JPG
初めて買ったKARAのTシャツとパンフレット

今日の1曲
KARA / ジャンピン
KARA / Honey
KARA / 今、贈りたい「ありがとう」
裸のラリーズ / 鳥の声



 KARAライブKarasia 2ndに行きました。今までの人生で、一番ライブを多く見たのが山口冨士夫の9回で、2番目が裸のラリーズの4回でした。今回でKARAのライブは5回目になり、ついに25年ぶりに裸のラリーズを抜くことになりました。

山口冨士夫9回 > KARA5回 > 裸のラリーズ4回 > NEW TROLLS、I POOH3回 

 
 裸のラリーズの最初期のメンバーには、「よど号ハイジャック事件」で北朝鮮に渡ったままのメンバーがいました。これに対してKARAは韓国。解散の噂も出ているKARA。
 もしかしたら今回のメンバーのKARAを見れるのは最後になるかもしれません。

脱退が噂されるニコルの日本語のメッセージ
P1010075.JPG


 クラブがどんどん営業停止になって踊れない状況。KARAのライブでは踊りまくるつもりで出かけました。チュウハイを煽って突撃です。
 2曲目からいきなりジャンピンで超ハイテンション。

KARA 점핑 / Jumping
http://www.youtube.com/watch?v=R-NPP2OrUeU



 メンバーのソロも挟んで進んでいきます。やはり、解散報道もあったせいか、今までよりも元気がないように思えました。しかし、Honeyのメロディーで再び元気になりました。私は、KARAのダンスをその場で真似て踊りまくりました。

 
KARA - Honey
http://www.youtube.com/watch?v=D9DEqW-PKQk
http://www.youtube.com/watch?v=yxtuct9HV-w

KARA-Honey Japanese ver.
http://www.youtube.com/watch?v=zaucxNMj3vA



 いよいよラスト。
 KARAは「この歌ですね」と言って、今、贈りたい「ありがとう」を歌いました。
 バックステージにまで来てくれたので、かなり近くで見ることができました。

KARA / 今、贈りたい「ありがとう」
http://www.youtube.com/watch?v=9k_WEC79fyM



 KARAの「ありがとう」で裸のラリーズを思い出した。水谷孝は最後に必ず「ありがとう」と言った。あれだけの轟音と暴力の塊のようなライブの最後の「ありがとう」という言葉に感動した。すべてのライブで、聞こえなくても「ありがとう」と口を動かすのが見えた。

 1983年は、銀巴里で美輪明宏に出会い、4月に山口冨士夫を聞いてロックに感動し、12月に裸のラリーズの水谷孝の「ありがとう」に感動した。先日入手した1983年12月24日のDVDで、水谷孝は最後の「鳥の声」の後にやはり「ありがとう」と言っていた。

 美輪明宏と水谷孝には近いものを感じる。
 美輪明宏は原爆で戦争のキズを見た。山口冨士夫は「俺たちは戦争のキズそのものなんだ」と言っていた。おそらく、それは水谷孝も同じであろう。

裸のラリーズ / The Last One
http://www.youtube.com/watch?v=sbhtAejVmEg
水谷孝の「ありがとう」の言葉を聞きたくて裸のラリーズのライブに行った。
 
美輪明宏が語る原爆体験
http://www.youtube.com/watch?v=6uf2HDr7sOQ

米軍カメラマンが見た長崎
http://www.youtube.com/watch?v=wFvjKL-ObZQ

 私はKARAのおかげで初めて韓国のアーティストに夢中になれました。
 韓国の音楽を聴けるのは平和な時代の証拠です。
 音楽に国境はないということ。KARAと裸のラリーズに「ありがとう」

KARA / Rock you
http://www.youtube.com/watch?v=koaR1xp8ybY

KARA - Step
http://www.youtube.com/watch?v=zYoYoBtLqOY
アンコールの最後はこの曲で盛り上がり

当日のセットリスト
http://setlist-live.com/kara/3700.html/

山口冨士夫在籍時の裸のラリーズのライブ


裸のラリーズの1983.12.24のチラシとKARA
P1010078.JPG
posted by カンカン at 22:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | KARA & 女性ボーカル Female vocalists  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック