2013年08月31日

海・さよなら夏の日 ~ 平和の心

P1010056.JPG
江ノ島(2年前に撮った写真)

今日の1曲
山下達郎 / さよなら夏の日 1991年
 Popol Vuh / Spirit of peace 1980年


Spirit of peace収録のフランスSpalax盤 



今年初めての海に行きました。江ノ島からクラブがなくなるという悪いニュースは1月から聞いていました。結局、由比ガ浜もクラブは禁止になりました。理由は予想はしていましたが、治安の悪化です。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1304070010/


 毎年、海の家のクラブを生きがいにしてきた私にとっては悲劇としか言いようがない。覚悟の上で、江ノ島に行くことにしました。頭の中で「さよなら夏の日」が聞こえる。去年まで「戦うぞ!」と決意して鵠沼に向かったのと全然違う。寂しい。片瀬江ノ島に降りました。西海浜に行くと音がしません。寂しい。人が少ない。

山下達郎 / さよなら夏の日
http://www.youtube.com/watch?v=M7HfMySj8Vo



 海の家に去年までの活気が感じられません。ガンガン音を鳴らしていた海の家がなくなると、漫画「あしたのジョー」ではないですが、矢吹丈がいなくなったあとの少年院みたいです。
 美女は悪い男に惹かれるといいます。去年までは悪そうな男が一杯いて、それに群がる綺麗なお姉さんがたくさんいたのですが、今年は全然いない。浜に行ってカセットで音楽を聴こうとしたら、目の前をTバックの腹の出たおじさんが。。。人のことは言えないが勘弁してほしいです。
 クラブを禁止するより、オヤジのTバックを禁止してほしい。

20年以上前にJ-WAVEで録音したリオのラジオ番組のボサノバを聞きながら海を見ていました。いい曲ばかり入っていて天国気分の45分。
 目の前で子どもがお母さんと遊んでいます。

 今までの江ノ島でのダンスの楽しかった思い出が、去来しました。
 踊っている私の目の前にわざわざ上からスピーカーを下ろしてきてくれたお兄さん。盛り上げてくれたので握手したら「怖くないの?」と言っていた刺青の若い衆。ステージで踊っている私にくっついてきて皆で電車ごっこをしたこと。「兄貴!どうぞ!」と言ってアルコールを飲ませてくれた若い衆。
 若い衆が盛り上げてくれたおかげで、ギャルたちも私に遠慮なく群がってきました。
 私のダンスを見て「今日は楽しかった!来年も会おうね!」と言ってくれた女の子。日よけにビニールを頭に被っていたら「あぶないですよ」と何度も注意してくれた可愛い子。「踊り、上手ですね!」と声をかけてくれた美女。。。

人間は感情の生き物ではなく、唯一心を制御できる生き物と説く


 西海浜を出ることにしました。あまりにも寂しいので、途中で海の幸でも食べようと思いました。現地の魚も入っているとのことでした。外に列ができていて外で注文をとりました。やっと着席して20分待っていたら「まだ注文は決まりませんか?」と言われてびっくり。「外で注文しましたよ」と言いました。やっと来たので「江ノ島でとれた魚はどれですか?」と聞いたら「江ノ島の魚はないです」と聞いて、またガッカリ。文句のひとつも言いたくなりましたが、そこは抑えました。味はよかったので、帰るときも店の人は恐縮していましたが「ごちそうさま」と言って出ました。
 先日、図書館で前に座っている女性が何かと音を立てていたので、かっとして、自分も音を立てました。その後、自分の行動が大人気ない気がして落ち込んでしまいました。今日は、「ここでかっとなったらだめだ」と思って、自分の心を抑えたので、後味がとてもよかったです。中村天風の本も心が落ち着きます。
 去年までの楽しい思い出ではなく、静かな思い出を抱えて江ノ島を去りました。

 帰る途中でPopol Vuh / Spirit of peaceが入っているAguirreのCDを買いました。
 LPとカセットでは持っていたので、CDで聴けてよかったです。

Popol Vuh / Spirit of peace
http://www.youtube.com/watch?v=ZVAsmNfRmaM
3部作からなる知られざる傑作。

Spirit of peaceピアノソロを最後に収録




posted by カンカン at 22:12| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海 オーストラリア日記 Sea & Diary in Australia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック