2013年07月21日

星の少女W 〜 元気の出るロックX・ローリング・ストーンズ50周年

P1010012.JPG
The Rolling Stones / Golden album
世界的にも評価の高い日本オリジナルのジャケット


今日の1曲
 The Rolling Stones / I Wanna Be Your Man 1963年 英12位
 Rolling Stones / Route 66 1964年 英LP12週間1位
 Rolling Stones / Tell me 1964年 英LP12週間1位
 Rolling Stones / Come on  1963年 英21位
Rolling Stones
    / I Just Want to Make Love to You 1964年 英LP12週間1位


 ☆☆ちゃんが本当にRolling Stonesに興味を持っているので嬉しくなります。
 クラシックなど白人音楽の歴史とブルースなど黒人音楽の歴史と関連づけてRolling Stonesの話をしています。

 1964年当時、アメリカの白人は、アメリカの黒人の音楽をが知らなかったり、嫌ったり、タブーとしていました。ところが、イギリスの白人Rolling Stonesがアメリカの黒人の音楽をコピーしてアメリカに逆輸入しました。

The Rolling Stones / Golden albumの裏ジャケット
P1010014.JPG

 イギリスの白人労働者階級が建国したアメリカでは、白人が黒人を差別していましたが、逆にイギリス本国の主に労働者階級の白人の若者は、アメリカの黒人R&B等をヒーローにしていました。そのねじれ現象を解消したのがStonesでした。

 ミック・ジャガーは音楽をやる前は歴史の先生を目指したそうですが、今はローリング・ストーンズ自体が、白人が黒人文化取り込んでいった歴史の典型例になってしまいました。現在Stonesのベーシストは黒人です。今回は黒人をコピーした最初期の特集。

ROLLING STONES / Carol〜Tell me 1964
http://www.youtube.com/watch?v=Wfj1O_fApvA
Stonesのヒーロー、チャック・ベリーのロックンロールCarolをカバーした歴史的な映像。Tell meは最初のオリジナル曲。最後に女の子がStonesに会って泣いている。

 なんと2012年はStonesの50周年で大々的なツアーが行われていたようです。気がつきませんでした。日本に来なくて残念です。今までMick Jaggarで1回、Stonesで1990年か1995年に1回見ました。今度来日したら、初めから踊りまくります。

The Rolling Stones / Golden albumの内ジャケット
P1010021.JPG

The Rolling Stones / I Wanna Be Your Man
http://www.youtube.com/watch?v=DJCkbbMnEPg
レノン=マッカートニーから贈られた2枚目のシングル。

The Rolling Stones / I Wanna Be Your Man 2012 live
http://www.youtube.com/watch?v=GD0kmSLXaAI
なんと昨年のライブのオープニングにこの曲



Rolling Stones / Route 66
http://www.youtube.com/watch?v=Jc8_Qs_y-xs
1stアルバムの1曲目。チャック・ベリー作。1963年とは思えない疾走感

The Rolling Stones / I Just Want to Make Love to You
http://www.youtube.com/watch?v=VwgCnwTDY5k

The Rolling Stones / I Just Want to Make Love to You
http://www.youtube.com/watch?v=4AP335JnMTU
円熟のライブ



The Rolling Stones / Come On 1963
http://www.youtube.com/watch?v=NV62UcqbcQA
小学校のころから、この曲は馬鹿にしていました。すみません

The Rolling Stones / Come On 2012年ライブ
http://www.youtube.com/watch?v=RSbAlzQlWdI
50周年では、ふだんやらないこの曲もちょっとだけやったようです





posted by カンカン at 10:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリスのロック British Rock & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック