2013年07月10日

判決が下される Giudizio avrai

P1010012.JPG
RDM「聖典」のジャケットとブックレット
バンド名の「メダルの裏側」のとおり、全部反対に印刷。

今日の1曲
 Il Rovescio Della Medaglia / Il Giudizio 判決 1971年
 Il Rovescio Della Medaglia / 1974年ライブ
 Il Rovescio Della Medaglia / Non Io非我 1972年
 Il Rovescio Della Medaglia / Let's all go back 1975年


 今まで出会った中でも音楽などの造詣が深かった£さんに対し、一番厄介だったжжさんの事件も無事に終わりました。あまり酷いことを言うので、私がいい加減に頭にきて切れてからは、すっかり穏やかになりました。どちらにしてもやれやれです。

 最近、イタリアのRDM(イル・ロヴェッショ・デッラ・メダーリャIl Rovescio della Medaglia)というバンドをよく聞いています。4月には、3rdアルバムのContaminazioneを世界初の生のストリングス付で再現ライブを成功させました。

P1010009.JPG
2013年4月27日ライブのオフィシャル・ブートレッグ

 よく聞いているのは、1stと2ndです。1stは「聖典」で、2ndはヘーゲルの哲学がテーマ。いずれも3rdに比べて評価が低いですが、聞くほどに味が出ます。特に聞いているのが1974年のライブで、キーボードを加えて1stと2ndを再現しています。

Rovescio della Medaglia 1974年ライブ
http://www.youtube.com/watch?v=9dWPyZoU41Y
1st、2nd、3rd楽曲が混在する貴重なライブ音源。予測不能な展開の中に美しいフレーズ、力強いフレーズが埋め込まれている。11:00からNon Io。21:00からピアノソロ。24:40からGiudizo判決。ボーカルがダイナミック。31:30ピアノソロを挟んで32:20からContaminazione。

Il Rovescio Della Medaglia / Il Giudizio 判決
http://www.youtube.com/watch?v=uLrIDS-z1Xg
2:10、6:20からのリフ、ボーカルの絡みがかっこいい。1st「聖典」の冒頭は効果音。「判決」に続くラスト「洪水」も落雷のような効果音で終わる。



 今、世の中の音楽は、レコード会社が「いかに売れるか」を考えて制作していると思います。RDMの1stの頃は違いました。ライナーによれば、「バンドよりもレコード会社のほうが何を考えているのかわからない」という自由な環境で制作されたそうです。


RDM「聖典」のブックレットでベーシストは「自分=神」と記している
P1010007.JPG

 RDMの2ndLP「IO COME IO」も1st「聖典」と同様、答えの見えない出口のないもの。жжさんも3ヶ月前に会った頃は、自分で出口を塞いで答えが見えない状態だったので、1回蹴りを入れて穴を空けさせてもらいました。以来、風通しがよくなりました。

Il Rovescio Della Medaglia / Non Io非我
http://www.youtube.com/watch?v=i-Tg3q9eC_8
否定的な自分を自己否定することによって、жжさんも最後は笑って出て行った。

Il Rovescio della Medaglia / ...Giudizio Avrai
http://www.youtube.com/watch?v=cfRyccOpxp4
1:30からNon io 1975年のライブ




Rovescio della Medaglia / Contamination
http://www.youtube.com/watch?v=o-jQ5lv_3zU
バッハの平均律ピアノ曲集をモチーフにバカロフとEnzo Vitaの共同作業で作られた。

Rovescio della Medaglia / Let's all go back
http://www.youtube.com/watch?v=cNdKD4fA4H4
Let's all go backでRDMの自己否定の旅が終わる。

3rdは作曲家バカロフに美しく統制された。予測不可能性というRDMの側面はやや後退。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック