2013年04月13日

羽田空港・心が飛び立つときAs your mind flies by

P1010077.JPG
羽田空港の屋上から

今日の1曲
 Rare Bird / Flight 1970年
 Rare Bird / Down on the floor 1970年
 Rare Bird / I'm thinking 1970年


 先月、親戚を迎えに羽田空港に行きました。
 久々に空港に行って屋上から飛行機を見ると興奮しました。
 また外国のクラブに行って踊りたいなあと思いました。

 離着陸する飛行機を見ていて、レア・バードRare BirdのAs your mind flies byというLPのFlightという曲が頭に浮かんで鳴り続けました。レア・バードは1970年にSympathyという曲がヨーロッパ諸国で1位になったバンドです。

 リーダーのGraham Fieldは教会オルガンを弾いていた人でクラシックの影響を受けたメロディーが素晴らしく、黒人のように歌いたいという情熱が伝わるSteve Gouldのボーカルも最高です。黒人運動・ベトナム反戦という時代が生んだ1970年の奇跡。

Rare Bird / Flight
http://www.youtube.com/watch?v=id32Y0oWqMs
As your mind flies byのB面の大曲。特にpart1の高揚感がすばらしい。

RARE BIRD / As Your Mind Flies By 1970年
http://www.youtube.com/watch?v=_TWpwZDaoiY
A面からすべて良い楽曲が並んでいる。久々に聞き惚れた。
1. What you want to know(0:00〜)
2. Down on the floor(6:00〜)
3. Hammerhead(8:45〜)
4. I'm thinking(12:20〜)
5. Flight(18:00〜)

スタンリー・キューブリック監督の映画「時計仕掛けのオレンジ」でもレコード店のシーンでこのジャケットが印象的



posted by カンカン at 11:10| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリスのロック British Rock & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック