2013年04月05日

体に突き刺さる音〜横浜本牧Golden Cup

P1010043.JPG
46年前の横浜本牧Golden Cup店内で演奏する初期のザ・ゴールデンカップス 。


今日の1曲
The Golden Cups / This Bad Girl 1968年
  The Golden Cups-I'm So Glad 1968年
 ザ・ゴールデンカップス / 愛する君に1968年



 £さんとは、いつも留置場で「なんでこんな所にいるんでしょうね」と話しています。昔のグループサウンズを初期から東京でたくさん目撃した人で、話が尽きません。山口富士夫のダイナマイツも見たそうです。私は「いいなあ。うらやましいなあ」の連発です。

 中でも、ゴールデンカップスは本当に凄かったそうです。「他のバンドとは桁違いに凄かった。音も全然大きかった」「もう体に突き刺さる音だった」「あの当時の横浜は、東京からは別世界だった」と絶賛の言葉が続きます。

The Golden Cups / This Bad Girl
http://www.youtube.com/watch?v=EXHgewGQk6s
「体に突き刺さる音」。大ヒット曲「長い髪の少女」のB面に記録されていた。

This Bad Girlが1曲目


 ゴールデンカップスは横浜本牧のGolden Cupを拠点としていましたが、東京のジャズ喫茶にも出演していて、£さんは100人〜200人規模のジャズ喫茶で、ステージの真ん前でカップスを見て、そのとき「体に突き刺さる音」と感じたそうです。

 私は£さんに、「六本木のGolden Cupでデイブさんに握手をしてもらいましたが、サインをもらっておくべきでした。」と後悔しました。六本木のGolden Cupも夜遅くになるとグループサウンズの仲間がたくさん来店していたそうです。

もう閉店して20年近くになる六本木Golden Cupがあった(と記憶する)ビル
P1010061.JPG

The Golden Cups-I'm So Glad (1968)
http://www.youtube.com/watch?v=IrXJ3vpvKww
2つしか残っていないカップスの貴重なライブ映像のひとつ。クリームのカバー。

 ベトナム戦争で明日死ぬかもしれなかった当時のアメリカ兵たちについて、1983年に故デイブ平尾は「奴らはすべてに苛立っていた。夜が来て朝が来ることにも苛立っていたと思うよ。甘い音を出してたら負けちまうよ」と回想しています。

ザ・ゴールデンカップス / 愛する君に
http://www.youtube.com/watch?v=KAmwxPVROJU
2つしか残っていないカップスの貴重なライブ映像のもうひとつ。

冒頭でベトナム戦争のシーンとThis Bad Girlが象徴的に使われているカップスの記録映画。


P1010039.JPG
Golden Cup店内では、ベトナムに行く兵隊たちの喧嘩は絶えなかったという。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック