2012年09月23日

65年前のクラブ

P1010077.JPG
LP時代は名盤の代名詞だったDial時代のベスト盤「バード・シンボルス」
高校時代からの宝物。


今日の1曲
 チャーリー・パーカーCharlie Parker / Embraceable You 1947年
 Charlie Parker / Embraceable You(別テイク)
 Charlie Parker / Scrapple From The Apple (Take 2) 1947年


 朝から雨が降り、いよいよ肌寒くなってきました。%%君とЯЯ君から、福生や渋谷の新しいクラブの情報を教えてもらいました。こちらも古いアメリカの黒人のクラブミュージックをいろいろ教えました。%%君とЯЯ君も元気で頑張ってると思います。

Charlie Parker / Embraceable You
http://www.youtube.com/watch?v=TvhYiH8mX74&feature=related
ヘッドホンで癒されてください。チャーリー・パーカーの一番美しいソロと2:13からのマイルス・デイビスの泣きのメロディーは、人間の悲しみを端的に表現している。このころ、まだ黒人差別はアメリカでは合法的だった。

Charlie Parker / Embraceable You 別テイク
http://www.youtube.com/watch?v=3h9dL-yymBA&feature=related
テイクが違うと全く異なるアドリブになる。天才。普段は相対性理論等の話をしていたとか。



Charlie Parker / Scrapple From The Apple (Take 2)
http://www.youtube.com/watch?v=FVD8gAav2Pc
チャーリー・パーカーのあだ名BIRDの通り、空を飛ぶようなテーマがかっこいい。Eric Clapton、Jimmy Page、Jeff BeckのいたYardbirdsはパーカーのYardbird suiteに由来する。


Charlie Parker / Scrapple From The Apple Live 1951年
http://www.youtube.com/watch?v=2NAsNPqiX4k
長時間ソロが聞けるレストランでのライブ録音。彼の麻薬中毒は3歳の娘が死んでから酷くなり、34歳で死んだとき検死者はパーカーを60歳と認定した。

ダイアル時代の3年間が全盛期。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック