2012年06月03日

坂道

P1010074.JPG
坂道の途中の小学校の運動会で騎馬戦をやっていました。

今日の1曲
  JAMES BROWN / Give it up or turn it loose 1971年
  JAMES BROWN / Sunny 1971年
Kara / Honey 2010年
  Metamorfosi live 2004年


 今週こそ渋谷のクラブに行こうとTシャツや光り物も準備していたのですが,中止。トルコの人の被疑者の話が素晴らしすぎて11時になってしまった。トルコの教育や少年の非行問題についていろいろ話を聞くことができました。日本もイスラム圏のトルコも家族の問題は全く同じだということがわかって感動しました。

これさえ聞けば、どんな坂、こんな坂。


 歩くときはJAMES BROWNばかり聞くようになって8ヶ月になります。3ヶ月前から足の甲が痛くなり、骨の異常かと思ってダンスの気力がなくなりました。整形外科で腱鞘炎とわかりほっとしました。

 以来、クラブでちゃんと踊れるように体力をつけるため、長い坂道のコースを歩くようにしました。JAMES BROWNのリズムに乗って坂道を早足で上がると疲れません。いつも聞いているのは、1968年、1970年のアポロ劇場のライブ、1971年のパリのライブ。いまだにHiphopなどでサンプリングされている1970-1972年ころの一番ファンク期の曲。よくよく考えれば人類の音楽史上で一番気合いが入る音楽ともいえます。
 40年前の時の音をそのまま聞けるのだからありがたいことです。

アポロ劇場の熱狂のライブ。JBが刑務所にいたことをカミングアウトしたジャケット。
$$君も感動して聞いていた。


JAMES BROWN / Give it up or turn it loose  Live
http://www.youtube.com/watch?v=dTJEu7Tngaw
貴重ライブ映像を発見 イタリア・ボローニャBolognaのPalasport 1971年4月

JAMES BROWN / Sunny
http://www.youtube.com/watch?v=hnZ3TcZs1iU
同じ日のライブ。十代のブーツィー・コリンズのSpacyなベースが炸裂。

 電車の中でもリズム感を養うために、JAMES BROWNを聞いて踊っています。人にぶつからないように小刻みに揺れているという感じです。外国人やコギャルはこういう人がいるとすぐに反応するので、私をニコニコして喜んで見ています。クラブで復活できるように鍛えていようと思います。

全盛期のJBは神がかり。これ以上エキサイティングなパフォーマンスはないでしょう。


Kara / Honey
http://www.youtube.com/watch?v=o40nfL3zfaM&NR=1&feature=endscreen
JBとKARAは元気の即効薬。最近この曲が気に入っています。

Kara / We're With You
http://www.youtube.com/watch?v=XoJ489cavIM&feature=related
これも映像がいい。

KARA 合宿所
http://www.youtube.com/watch?v=B1dxlFArQJQ&feature=related
すっぴんで出ています。




メタモルフォシMetamorfosi live La Spezia ProgFest 2004
http://www.youtube.com/watch?v=dCB1dMS8sV4&feature=related
こちらはイタリアのグループ。
KARAと全然関係ありませんが、素晴らしいライブの映像がみつかったので。
歌もキーボードも見事。JBもスゴイが、こちらも神がかっています。



運動会の応援団。
P1010073.JPG

posted by カンカン at 14:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック