2012年03月20日

第1回 「あしあと(レ・オルメ)音楽大賞」 癒される音楽大賞

今日の1曲
<671> フジ子・ヘミングFujiko Hemming
    / 慰めConsolation no.3(リスト LISZT)





「癒される音楽大賞」
  フジ子・ヘミング

  いよいよ、本ブログの第1回「音楽大賞」発表も残り2回になりました。
  今回は、本ブログの究極のテーマである「元気が出る音楽」「癒される音楽」の後者。
  「癒される音楽大賞」はピアノのフジ子・ヘミングさんです。

  5年前ピアノを習いましたが、初心者の曲を譜面どおり弾くのさえたいへんでした。
  フジ子さんのピアノの演奏は、演奏家、芸術家の領域を超えて私にとっては心の治療家のような存在です。

  今鑑別所で会っている□□君に好きな音楽を尋ねたら、16歳で意外にもジョン・レノンの「イマジン」と言われてびっくり。さらにバッハの「G線上のアリア」とのこと。
  □□君にもフジ子さんのピアノを聞くように勧めようと思います。

フジ子・ヘミングFujiko Hemming / 慰めConsolation no.3 LISZT
http://www.youtube.com/watch?v=I7L0lMyqNnY
他にもリストの「愛の夢」「ため息」、ショパンの「ノクターン」「別れの曲」など、フジ子・ヘミングのピアノソロは、すべて心が癒される。パブロ・カザルスの無伴奏チェロ組曲第1番ト長調「前奏曲」、セロニアス・モンクが1954年にパリで録音したRound about midnightと並ぶソロ芸術の最高峰。





posted by カンカン at 10:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第1回あしあと(レ・オルメ)音楽大賞 Le Orme Prize | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック