2011年11月17日

ゴブリン公演〜ハイタッチ イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァルU part3



今日の1曲
<537> Goblin / Roller 1976年
<538> Goblin / Profondo Rosso 1975年 イタリア最高位1位
<539> Goblin / Il bagarozzo Mark 1978年
<540>  Il Guardiano Del Faro 1975年 イタリア最高位1位
/ Amore Grande Amore Libero


  イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル初日の2番手と2日目のトリはゴブリンでした。あまり興味のないバンドの同じ演目を2回も見るのは初めは苦痛だったのですが、結果としていい思い出になりました。

  ゴブリンの場合、大体いい曲はA面の1曲目とわかりやすい。1976年のローラーも1曲目だけ印象に残っています。サスペリアは大ヒットしましたが、Mike Oldfieldのチューブラー・ベルズみたいです。

  「ゴブリンは1970年代、みなさんがまだずっと若かったときに日本でも大ヒットしたけれど、日本に行けませんでした。今回初めて来日できました。」とClaudio Simonettiが英語で嬉しそうに話しました。

Goblin / Roller
http://www.youtube.com/watch?v=q64YM19mnl0&feature=related
これもProfondo Rossoに次いで教会風オルガンを強調。



  Profondo Rossoのようなインスト曲がClaudio Baglioniを抜いてイタリアで6週間も1位になっているのは驚き。その年の6月から9週間Guardino del faroの地味なインスト曲が1位になっていて、それが伏線になったのかもしれません。

Il Guardiano Del Faro / Amore Grande Amore Libero (1975)
http://www.youtube.com/watch?v=5_AN-ZNaHN8
地味ながら心にしみる1曲。イタリアではこんな曲もヒットした。

  イタリアでLPもクリスマス(?!)から年末にかけて1位。ホラー映画のサントラだが、教会風オルガンが感動的。イタリアでLPが1位になったプログレッシブバンドはPFM(1st、L'isola...)、Le Orme(Uomo di Pezza)、Goblinの4枚だけ。

Goblin / Profondo Rosso 1975年
http://www.youtube.com/watch?v=X-VZ-6LwOKE&feature=related
ゴブリンのデビュー曲にして最大のヒット。



  初日と2日目は曲は同じ。違ったのは、2日目はバックスクリーンにホラー映画を映したことです。画面を見るのが怖いが、怖いもの見たさもあって初日と違う雰囲気を楽しめました。初日はトリのPFMでも映像を使うので配慮したのでしょう。

Goblin / Il bagarozzo Mark (1978)
http://www.youtube.com/watch?v=cjWkAfPMqaQ
1:00からめちゃかっこいい。イタリア屈指のドラムのグルーブが凄い。クラブではかからないかなあ。ライブで1番見たかったがやらなかった。

  2日目は、ラストのProfondo Rossoの最後のオルガンのコーダで大盛り上がり。
  アンコールに応えた後に、Claudio Simonettiが会場に降りてきたのでハイタッチしました。

  Massimo Moranteも降りてきて握手できました。彼は初来日でよほど嬉しかったのか、お客さんに囲まれ、一人でずっと握手やサインをしていました。ステージから「Massimoはどこだ?」の声が。怖い映像と陽気な人柄のギャップに感動しました。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック