2011年10月08日

執行猶予 〜 ベトナム・開かない扉 〜 シャコンヌ 

P1010074.JPG
朝日の中で撮ったLe Orme / Uomo di pezzaのイタリア人でも難解という歌詞
(3回ゆっくりクリックすると拡大します)

今日の1曲
<494> レ・オルメLe Orme / 開かない扉La porta chiusa 1972年
<495> レ・オルメLE ORME / UNA DOLCEZZA NUOVA 1972年
<496> バッハBach / シャコンヌ Chaconne part1
<497> バッハBach / シャコンヌ Chaconne part2

  心配だったもう1人のベトナム人の裁判が執行猶予付きになって体が少し軽くなりました。通訳の人も「☆☆ちゃん、実刑にならずに帰れてよかった〜」と喜んでいました。援軍の意見書をつけてくれた□□さんも実刑になるだろうと予想していたので大喜びです。

  ベトナム人の刑事事件を2件続けてやりました。共産主義者が農民に宣伝してベトナム戦争が始まりましたが、戦争が終わり共産主義になると政府関係者だけ金持ちになって民衆を弾圧したそうです。そのためボートピープルもたくさん出ました。

  難民として日本に流れて来てずっと悲惨な生活をしていた同い年の人もいました。仕事があると騙されて日本に来てネズミなどを食べて生活していた人もいました。ベトナム戦争はまだ本当に終わってはいないのではないかと思いました。

Le Orme / 包帯の男Uomo di pezza


  レ・オルメLe Ormeの「開かない扉La porta chiusa」は、ベトナム戦争が泥沼化した1972年に発表されたUomo di pezzaの3曲目です。暗鬱なリフレインから始まるこの曲の終盤で、光が射し込むようにバッハのシャコンヌが引用されます。

レ・オルメLe Orme / 開かない扉La porta chiusa(シャコンヌChaconne) 
http://www.youtube.com/watch?v=cc7maDaMFuU&feature=related
6:11からがバッハのシャコンヌを使用した美しいパート。
結局、混乱の中に収束してしまう。

レ・オルメLe Orme / シャコンヌChaconne  live medley 1975 at Modena,Italy
http://www.youtube.com/watch?v=j9Pde5mHmFY
1975年のライブでは、シャコンヌが鐘を伴ってより印象的に使用されている。 コンクリートCemento Armato 〜 1:33 冬Era Inverno 〜 4:10 開かない扉La porta chiusa(5:40シャコンヌChaconne)〜 6:48 Collage
最後の明るいCollageによる締めくくりが1975年のベトナム戦争の終結を感じさせる。

同ライブを収録


  イタリアで1973年1月13日と20日に2週間1位になった4枚目のアルバムUomo di pezzaの1曲目 UNA DOLCEZZA NUOVAの冒頭もまたシャコンヌから引用されている。誰もが皆、開かない扉が開かれ、光が射し込む日を求めています。

レ・オルメLE ORME / UNA DOLCEZZA NUOVA
http://www.youtube.com/watch?v=xSMCh-Xu3X4&feature=related



  最後にバッハのヴァイオリン独奏による原曲です。ベトナム戦争の頃、ELPのKeith Emersonを筆頭に、オランダのEkseption、Focus、イタリアのLatte e miele、スペインのCanarios、日本の稲田保雄など多数がクラシックに光を求めました。

バッハBach / シャコンヌ Chaconne part1(Jascha Heifetz plays)
http://www.youtube.com/watch?v=iRhSUXf_7aI&feature=related
冒頭をLE ORME / UNA DOLCEZZA NUOVAで引用。

バッハBach / シャコンヌ Chaconne part2(Jascha Heifetz plays)
http://www.youtube.com/watch?v=84wjmbrE0pg&feature=related
冒頭をLe Orme / 開かない扉La porta chiusaで引用。

La porta chiusa (Le Ormeのカバー) LogoS LIVE
http://www.youtube.com/watch?v=Ah0fb55nbPs&feature=related
6:00からシャコンヌ。Le Ormeの再録CD”Amico di ieri"を意識したパイプオルガン風のアレンジ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック