2011年09月11日

不起訴W・ベトナム・東京 〜 渋谷AxxcisW


P1010067.JPG
ヤブランの花とベトナム人が世界で初めて成功したバンドTai Phong。
自由・平等・博愛が旗印のフランスだからこそできたのだろう。

今日の1曲
<473> タイ・フォン(タイ・フーン) Tai Phong / Crest 1975年フランス
<474> Tai Phong / Fields of gold 1975年
<475> Astral Projection / People Can Fly 2000年ごろ
<476> フランス・ギャルFRANCE GALL
    / パンス・ア・モアPense a moi 1963年
<477> フランス・ギャルFrance Gall / Christiansen 1964年
<478>  ジャン・ジャック・ペリー Jean Jacques Perrey
     / メリー・フランスMary France 1968年


〜 不起訴W・ベトナム・東京 〜



  冤罪だったベトナム人が無事に不起訴釈放になってほっとしています。繰り返しになりますが、ベトナム戦争があったために世界中で意識の変革が起きて音楽の傑作がたくさん誕生しました。本ブログでもかなりの曲が1975年までに集中していると思います。

  その意味で、私はベトナムに恩恵を被っている、より直接的にいうと多くのベトナム人の犠牲の上に音楽を享受しているのではないか。だからベトナム人の事件については考えてしまう。もう一人のベトナム人も知り合いに分厚い意見書を援軍につけてもらった。




  タイ・フォン(タイ・フーン)は、フランスで1975年にデビューしたバンドで、今でも活躍するスター、ジャン・ジャック・ゴールドマンがボーカルでした。5人のメンバーの内、2人がベトナム人というのは、おそらく世界中のバンドでも初めてでしょう。

Tai Phong / Crest
http://www.youtube.com/watch?v=Cf7FpqRQSMQ&feature=fvwrel
1曲も捨て曲がない1stアルバムの中でも切れのいい曲。

Tai Phong / Fields of gold
http://www.youtube.com/watch?v=NsRLAyopGeY&feature=related
美しいバラード。後半はベトナムへの鎮魂歌のようだ。
3:18〜Freedom・・・Peaceという言葉が重く聞こえる。




〜 渋谷AxxcisW 〜




  渋谷のAxxcisに2年ぶりに踊りに行きました。ギャルのDJからゲストをとれたので張り切って行きました。サイケデリック・トランスは踊るには最高にぶっ飛べるんですね。
  ここは、音もよくフロアーも滑りやすいのでガンガン踊りました。

  早い時間からぶっ飛んだ曲で大喜びです。しかし、サイケデリック・トランスは曲名がよくわかりません。ゴア・トランスという名前を最初にHMV渋谷で見たのがAstral Projectionだったので、そこから1曲選んでみました。

Astral Projection / People Can Fly
http://www.youtube.com/watch?v=rXPbS0bfScs&feature=related
人は飛ぶことができる。しかし、体力が落ちた。ジョギングが必要だ。



  全然節操がありませんが、ギャルのDJだったので、今度はフランス・ギャルをどうしても出したくなった。フランス・ギャルはジャズのファンだったといいます。
  初期のジャズを歌った大好きな曲がやっとみつかったので、喜んでいます。

フランス・ギャルFRANCE GALL / パンス・ア・モアPense a moi 
http://www.youtube.com/watch?v=A3_yFhQM8kM&NR=1
斬新な1964年の映像。
アメリカの黒人ジャズを世界で最初に評価したのはフランスだった。MonkのソロやMiles「死刑台のエレベーター」など傑作10インチLPを制作したのもフランス。

フランス・ギャルFrance Gall / Christiansen 1964年
http://www.youtube.com/watch?v=yC5EsQaIBe0&feature=related
これもイヤホンで。疲れた頭のマッサージに最適。

フランス・ギャルFrance Gall / Ein bißchen Goethe, ein bißchen Bonaparte
http://www.youtube.com/watch?v=p9g4Md_huII&feature=related
1969年のドイツのカラー映像。一連のBeatclubなどドイツの技術の高さには驚く。



  最後にフランス人の作曲家ジャン・ジャック・ペリーの1968年の名曲。
  これが43年前だから驚き。Kraftwerk、Neu!のISI、サイケデリック・トランス、ゴア・トランスなどあらゆるElectric Musicの真の先駆者と言えるでしょう。

ジャン・ジャック・ペリー Jean Jacques Perrey / メリー・フランスMary France 
http://www.youtube.com/watch?v=52oWSReXzdA
最高傑作。タイトルからして自信作。彼のかつての作品は、ディズニー・ランドのパレードの曲として今も使用されています。




posted by カンカン at 12:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シャンソン〜70年代フレンチポップス French Pops | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック