2011年08月29日

砂浜キング・江ノ島のシド・ヴィシャス 〜 PFM来日・日比谷野音

P1010055.JPG
江ノ島の海と空。左が江ノ島海岸の中心街。右が江ノ島。


今日の1曲
<463> シュープリームスTHE SUPREMES
    / 恋はいそがずYou Can't Hurry Love 1966年 全米1位
<464> エルヴィス・プレスリーElvis Presley
    / ハウンド・ドッグHound Dog 1956年 全米1位
<465> シド・ヴィシャス&セックス・ピストルズ Sid Vicious & Sex Pistols
    / マイ・ウェイMy Way 1977年
<466> ミーナMina
    / シャンペン・ツイスト Champagne twist イタリア1962年
<467> Zhane / Hey Mr Dj 1994年 全米6位
<468> ラヴェル / 亡き王女のためのパヴァーヌ
<469> PFM(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニPremiata Forneria Marconi)
    / 人生は川のようなもの River Of Life イタリア1973年
<470> PFM / 幻の映像Photos Of Ghosts 1973年


〜 砂浜キング・江ノ島のシド・ヴィシャス 〜


  待望の晴れになったので海に行きました。電車でも森泉そっくりの女の子が隣でドキドキ。20年以上前から鵠沼海岸から歩いて行きます。目的は海の家で流す音でガンガン踊ること。黒木メイサ・香理奈ちゃんモデルの千円ネックレスをぶらさげてスタート。

 ここが人生のスタート地点。
P1010049.JPG

  海といえばギャル、チビッ子、犬の散歩などが目の保養。が、今年の海岸は異様だ。トドのようなオッサンが寝そべり、黒フンドシのオヤジが歩いてくる。黒の超ビキニの男には、家に帰ってミシマでも読んでてよと言いたくなった。自分もオッサンですが。

  ガンガン音が鳴っている海の家を探しました。なかなかみつからない。最初の獲物は白人ロックンロール系の海の家。白人ロックはいまいちだなあと思っていたら、シュープリームスのカバーがかかって一気にやる気が爆発。ダンススタートです。

THE SUPREMES / You Can't Hurry Love
http://www.youtube.com/watch?v=fQ7uXX9K7Sk&feature=related
 
THE SUPREMES / You Can't Hurry Love  Live on The Ed Sullivan Show
http://www.youtube.com/watch?v=JQvCci9txEg&feature=related
エド・サリヴァン・ショーから。



  周りからワイワイ応援されていい気持ち。日除けにコンビニの袋を頭にかぶっていたら、お姫様のような顔の可愛いギャルが、「かえって体によくないですよ」と2回も声をかけてくれました。腕には根性焼きがいっぱいあったけど心優しい天使ギャルでした。

Elvis Presley / Hound Dog
http://www.youtube.com/watch?v=X5JALwwaASg&feature=related
ステップは、こんな乗りで踊りました。初期のエルヴィスには、黒人のダンスにはない魅力とオリジナリティーがたくさんある。今では当たり前だが、黒人以外で動きながら歌ったのはエルヴィスが世界で初めてでは?
http://www.youtube.com/watch?v=geVeTQT3UiY&feature=related
0:58〜
http://www.youtube.com/watch?v=B1CDIx_xzI0&feature=related
短いが貴重なカラー




  灼熱の砂浜でのダンスは足に凄まじい負荷がかかる。1曲踊って2曲休むペース。ギャルが「何歳ですか?」と聞いてきたので「×○歳です…」と言ったら「踊ってるから若いんですね」と驚いていました。ギャルが見てるので戦わざるをえない。再び立ち上がった。

映画「少年メリケンサック」予告編
http://www.youtube.com/watch?v=ImI_Xgf2mX0
映画「少年メリケンサック」making これも面白いので追加
http://www.youtube.com/watch?v=IU3ug6D3Ef4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=phmWCa4sIL4&feature=related

自称「高円寺のシド・ヴィシャス」50歳の中年が再びパンク・スターを目指す映画


シド・ヴィシャスSid Vicious / マイ・ウェイMy Way
http://www.youtube.com/watch?v=WIXg9KUiy00
私も、もう少し肢が長かったらなあ…

  ついにシド・ヴィシャスのマイ・ウェイがかかってしまった。外人の男が寄ってきて私のダンスを大喜びで見ています。Sex Pistolsのファンでしょうか、最後にThank you!と言って帰っていきました。私は「江ノ島のシド・ヴィシャス」になれたか?



ミーナMina / シャンペン・ツイスト Champagne twist 1962年
http://www.youtube.com/watch?v=Vz0U0Fue27I
PFMも憧れたイタリアの女王。これも軽快なツイストです。今日はツイストで砂に絵を描く。



  タトゥー・ギャルたちがやって来て「今日は楽しかったありがとう。ハイタッチしようよ!来年も会おうね!」と言われハイタッチしました。夏の思い出ができました。
  来年こそ三段腹を目指し、さらにギャルの期待に応えます。

Zhane / Hey Mr Dj
http://www.youtube.com/watch?v=bFAhwS-NeNo
メロディアスなHiphop 名曲



  その後、いろいろな海の家の前で踊りました。
  トランス、ボサノバ、ハウス、ヒップホップ、トランス…。最後に、レゲエの海の家に来ました。ここは去年も私のためにスピーカーを目の前に持ってきてくれたお店です。

女子高生のレゲエDANCE
http://www.youtube.com/watch?v=MdtmxZLVsM8&feature=related

これもどうぞ レゲエのダンスはみんなエッチ
http://www.youtube.com/watch?v=Z5qdYk_023A&feature=related

  刺青のお兄さんたちが喜んで私と踊りだしました。一緒にツーショットで撮られたのでどこかのブログに出るかも。最後に全身刺青の兄貴分と握手しました。「怖くないの?」と言われましたが、一緒に踊ってくれたのだからそんなことはありませんよ。

  そして、次なる目標を目指して、楽しかった江ノ島を後にしました。
  目標は日比谷野外音楽堂のPFMのライブ。小田急の快速急行で一気に霞ヶ関へ行きました。初めてPFMに感動してから37年になります。


〜 PFM来日・日比谷野音 〜 


イタリアの至宝PFM


 チケットを買えなかったので、場外で聞きました。ウィッシュボーン・アッシュというイギリスのバンドの次。つなぎのBGMにラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌなどクラシックが流れていました。
 
ラヴェル / 亡き王女のためのパヴァーヌ
http://www.youtube.com/watch?v=ASwt21DM8CI&feature=fvst



  ついにPFMが始まりました。しかし、PFMは中学の頃、少ない小遣いで買ってあまりに必死にLPを聞き込んだので、その印象が強すぎる。コンサートが始まっても、初めは、OsannaやLatte e mieleの来日のときのような感動はありませんでした。 

PFM / 人生は川のようなもの River Of Life 1973年
http://www.youtube.com/watch?v=X3fZraA9zvY&feature=related
★ 超お勧め・映像もきれいです。

  LP「幻の映像」から続けて3曲演奏されました。まったく関係ないが、美空ひばりの「川の流れのように」の作詞者秋元康もPFMのファンではないかとの噂が。
  タイトル曲「幻の映像」が流れると、中学生のころにタイムスリップしました。
   
PFM / 幻の映像Photos Of Ghosts
http://www.youtube.com/watch?v=QJM9hJnSqfg
5:03〜のベースラインが大好きで、ここだけ1日に何十回繰り返しても聞けます。

小学校のとき初めて買ったMusic Life 1973年11月号で月間最優秀LP(5つ星★★★★★)イタリアン・ロックの名を世界に広めた


  初めは公園のベンチに座って聞いてましたが、途中から芝生に寝そべって仰向けで聞きました。青空を見ながら聞くPFMの音の広がりは本当に素晴らしい。足でリズムをとると、PFMの変拍子は本当に凄まじい。リズムをとるダンス訓練にもなりました。

PFM / four holes in the ground 1974年LIVE
http://www.youtube.com/watch?v=RerqxZ0HKeg
全盛期のイギリスのTVの映像。世界最高レベルの音楽集団でした。



  最後は、セレブレイションを観客と合唱して、PFMの初めての日本での野外ライブは終わりました。PFMよ、ありがとう。裁判所の前も日曜日は人も車もまばらです。
  海とPFMで今年の夏は夢を見させてもらいました。

PFM / セレブレイションCelebration〜9月の印象
http://www.youtube.com/watch?v=qww3xDbpNao&feature=related
2:07でメロトロンのような音が出てドッキリ&感動。
3:05から「9月の印象」。

イタリア本国でも話題になった日本でのライブDVD



posted by カンカン at 00:05| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海 オーストラリア日記 Sea & Diary in Australia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック