2010年05月09日

がんばれ!ギリシャ 〜 つつじ 今日の1曲 <175> アフロディテス・チャイルド

P1010075.JPG
近所の寺のつつじ
The azalea of the neighboring temple



〜 がんばれ!ギリシャ 〜 


 <175> アフロディテス・チャイルドAphrodite's Child / 瞳はるかに Lontano dagli occhi 1969年


  ギリシャの経済危機が問題になっています。

  そこで、今回は、ギリシャが生んだ最も成功したバンド、アフロディテス・チャイルドAphrodite's Childです。
  後にアカデミー作曲賞を受けるヴァンゲリスVangelisと、ソロシンガーになってからヨーロッパで「歌の神様」と呼ばれたデミス・ルソスDemis Roussosという最強コンビを擁した伝説のグループ。

A Greek economic crisis becomes the problem.
Therefore I introduce most successful Greek band Aphrodite's Child this time.


アフロディテス・チャイルドAphrodite's Child  wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89
私が26年前ギリシャに旅行したとき、アテネのレコード店のおねえさんは「アフロダイテス・チャイルド」と言っていました。

Aphrodite's Child  wikipedia in English
http://en.wikipedia.org/wiki/Aphrodite%27s_Child


  瞳はるかに Lontano dagli occhiは、1969年当時、世界的な注目を集めていたイタリア・サンレモ音楽祭で、作者のSergio Endrigoとビートルズの秘蔵っ子メリー・ホプキンMary Hopkinが歌って2位になった曲。

  イタリアで3曲が1位になり絶大な人気があったアフロディテス・チャイルドは、この曲を5枚目のシングルとしてイタリア語で発表しました。


アフロディテス・チャイルドAphrodite's Child / 瞳はるかに Lontano dagli occhi 1969年
http://www.youtube.com/watch?v=flY1ZuCQrYM&feature=related
デミス・ルソスの超人的な声が後半で聞ける数少ないライブ映像(歌だけライブ)。
このライブの前のインタビューでデミス・ルソスは腕をずっと組んだまま真剣な顔で”Music don't have nationality(音楽には、国境がありません)”と言っています。

この歌でギリシャに元気を出していただきたい。

You can listen to a superhuman voice of Demis Roussos in this video.
Before this live,Demis Roussos said by an interview,”Music don't have nationality ”
I want Greece to give spirit with this song.





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック