2010年05月01日

GW 号外! ミスター・ダイナマイト 今日の1曲 <170>  James Brown

P1010065.JPG
LP & 7”single JAMES BROWN / Out Of Sight
20年前のVHSビデオ


<170> ジェームス・ブラウンJAMES BROWN /
アウト・オブ・サイトOut Of Sight & ナイト・トレイン Night Train 1964年



〜 GW 号外! ミスター・ダイナマイト 〜
        MR.Dynamite!


  すごいビデオが高画質、高音質でみつかりました!!

  JAMES BROWNがFunk革命を起こしたと評価されるアウト・オブ・サイトOut Of SightのTAMIショーでの歴史的映像です。
  メロディーではなく、強烈なリズムの”間”を主体にした音楽です。

  JBが作り出した音楽が、今、巷で流れているダンス・ミュージック、JPOP、HIPHOP、R&B、トランス、SOUL、ROCK、果てはIl Balletto di Bronzo、Can、Golden Cups、村八分、山下達郎など世界に与えた影響は計り知れない。

  すべての音楽ファン必見!

  ぜひ、ヘッドホンでこの迫力を堪能してください。

  おかげさまで私は、胃もたれが直りました。

I found a wonderful high-resolution video!
It is a historic picture of Out Of Sight that JAMES BROWN caused a Funk revolution.This is the music that made strong rhythm the subject not a melody.
JB had a great influence on the world, such as, all Dance music, Japanese POP, HIPHOP, R & B, Trans, Techno, SOUL, ROCK, the end Il Balletto di Bronzo, Can, Golden Cups…



ジェームス・ブラウンJAMES BROWN /
アウト・オブ・サイトOut Of Sight & ナイト・トレイン Night Train 1964年
http://www.youtube.com/watch?v=BVnGTLtUNgo&feature=related

20年前、初めてこのビデオを見たときの衝撃は忘れられない。

0:15 出だしからカッコイイ!
1:35 スピンを世界で初めて取り入れたのがJB。凄いキレである。
2:05 これだけ動いて音程が全くぶれない。
2:30 この足の動きは誰も真似できない!!
3:25 Night Trainで最後の気力を振り絞る。
   この曲の前に、ダウンしたボクサーが何度も立ち上がることをイメージした“マントショー”が繰り広げられ、JBはすでにボロボロの状態なのです。

5:20 6:20 Rolling Stonesを見に来たはずの「白人」の女の子たちを「黒人」が初めて虜にしてしまった歴史的瞬間。公民権運動全盛の1964年の出来事である。Michael JacksonがいかにJBを崇拝していたかが理解できる。
7:40 精根尽き果てたJBが座り込む。これは演出ではない。
この後、トリのRolling Stonesは、観衆の興奮が収まらず、しばらくステージに出れなかった。

For enthusiasm to JB of audience, Rolling Stones which was going to appear after this was not able to appear in the stage for a while.

ロックの王様Elvis Presleyもこのテレビに釘づけになり、繰り返しビデオを研究した。
この後、Rolling Stones もElvis PresleyもJBの親友になった。
Elvis Presleyが死んだとき、JBは棺のElvisにキスしたといいます。

Both Rolling Stones and Elvis Presley became the close friend of JB after this.
When Elvis Presley was wasted, it is said that JB kissed Elvis of the coffin.

Out Of Sightオリジナル・ジャケット






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック