2010年01月24日

ジョン・レノン・ミュージアムJohn Lennon Museum 今日の1曲 <143> ジョン・レノン John Lennon

P1010018.JPG
ジョン・レノン・ミュージアムで買ったTシャツ、パンフレット、チケット、ポストカード
T-shirt, Pamphlet, Ticket, Postcard which I bought in John Lennon museum


<143> ジョン・レノン John Lennon / ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)/ Happy Christmas(War is over)


  先週と先々週、2週続けて、さいたまスーパーアリーナにあるジョン・レノン・ミュージアムに行きました。昨年、事務所の所長からメールで「ジョン・レノン・ミュージアムが来年の秋に閉館になるらしい」というメールをもらいました。リバプールに行かなくてもすごい資料が沢山見れるらしい。これは大変だということで10年前から行きたかったジョン・レノン・ミュージアムに行くことに。

I went to the John Lennon museum in the Saitama super arena. The John Lennon museum seems to be closed in this autumn.


John Lennon Museum HP
http://www.taisei.co.jp/museum/

ジョン・レノン・ミュージアム 閉館のニュース
http://www.asahi.com/culture/update/1211/TKY200912110405.html


  ジョンの生誕から死まで時の流れに沿って、館内はとても充実していました。
  リバプールの大きな地図では、ジョンとポールの生家がこんなに近いのかと気づきました。
  ジョンにとって、やはり子供のころの両親との別れが心の傷に残ってそれが創造の源になっている。
  エルビスとロックンロールとの出会いが彼を力づけてくれた。この出会いがなければ荒れていたジョンも少年院に入っていたのだろう。
  発電機のような初期ビートルズの2トラックテープレコーダーには驚かされました。
  ヨーコと出会ったことで、ジョンはビートルズという枠から解き放たれて、反戦運動など音楽で自分を表現できるようになった。
  イマジンの原稿がメモで残っているのを見れました。
  ベトナム反戦運動をしたため、アメリカから国外退去を命じられ、精神的にもダウンしてしまう。
  1968年から1975年までのジョンの作品の背後にあった心の葛藤がわかり勇気付けられました。

Along flows from the birth of John to death, the building was substantial very much.In the big map of Liverpool, I noticed it whether the birthplace of the Paul was so near to John's.
For John, the wound of the heart by the parting with parents of the childhood becomes the source of the creation.
An encounter with Elvis and Rock'n roll encouraged John. Without this encounter, John who was getting rough would enter the reform school.
I was surprised to see two truck tape recorder of the initial Beatles such as the dynamo.
An encounter with Yoko let John loose from the frame of the Beatles and got possible to express anti-war movements oneself in music. I was able to see a manuscript of "Imagine" staying with a memo. John was commanded to do a deportation by the reason of a Vietnamese anti-war movement by U.S.A. Therefore John is downed mentally.
I understood emotional conflict of John from 1968 to 1975, and I was encouraged.


  翌週、所長を連れてもう一回見に行きました。
  クラブに踊りにいくためのTシャツを1つ買いました。所長も狂ったようにTシャツを買い込んでいました。
If you come to Japan, please go to the John Lennon museum by all means.


ジョン・レノン John Lennon / ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)/ Happy Christmas(War is over)
http://www.youtube.com/watch?v=CbKsgaXQy2k&NR=1
ジョンレノンが反戦運動をしていたころの映像。
ジョンの目が輝いている。心の底から訴えたいものがあって初めて芸術は成り立つのだということを実感した。





posted by カンカン at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ビートルズ The Beatles  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック