2009年12月30日

少年期V WombZ 美しき十代U 今日の1曲 <134> ジュリエット・グレコJULIETTE GRECO <135> ラッテ・エ・ミエーレLatte e miele  

<134> ジュリエット・グレコJULIETTE GRECO / パリの空の下 Sous Le Ciel De Paris
<135> ラッテ・エ・ミエーレLatte e miele / 最後のユニコーン L’ultimo Unicorno 2009年




  少年事件の関連で、少年の通っていたサポート校(不登校や家庭などの問題のある子のための学校)の先生や少年を裁判で援助してくれる方と続けて面談しました。
  その中には、自分も昔は暴走族や不良だったが更生して今は問題のある子達を指導している人も多い。そういった人たちは時には涙を浮かべて真剣に話を聞いてくれます。

  「実は私、たぶん幻の史上最強のダンサーだったんです。現役で不良してます。今日も行きます。十代の子って今はクラブに入れないから可哀そうですね。」と先生に言ったら、「いや〜結構行ってると思いますよ〜」と笑っていた。
  というわけで、昨日は渋谷のWombに誕生月なのでただで入れてもらいました。少年事件が忙しくて、鑑別所で「○○ちゃんのおかげでクラブ行けないよ〜」とぼやいていたのですが、やっと行けました。ドラムン・ベースの日なので平均BPM140で限界まで早いステップが快感でしたが、1階でボサノバとシャンソンで踊れたのが新鮮でした。

Womb HP
http://www.womb.co.jp/


With the connection of the boy case, I had a talk with the teachers of the school for problem children.
In teachers, there are many bad people in oneself in old days. Such people sometimes float tears and hear a boy’s story seriously.
I said to the teacher. "In fact, probably I was the strongest dancer in history. I will go to the club today. I feel sorry, because recently the teenager cannot go to the club.”
The teacher said while laughing. "Probably I think that the students hide and go in the club"
I went in club Womb of Tokyo yesterday. Drum 'n' Bass Event. I could dance by a fast step to the limit, and it was a pleasant feeling. And dancing with Bossa nova and Chanson(old French Pops) were fresh.

ジュリエット・グレコJULIETTE GRECO / パリの空の下 Sous Le Ciel De Paris
http://www.youtube.com/watch?v=XybsC829dsM&feature=related
1962年のライブ
日本に初めて来日したときは、フランスの大統領のようなVIP扱いで、渋谷の西武にヘリコプターで招待された。
When French pop star, JULIETTE GRECO visited Japan for the first time in 1960’s , she was welcomed like the French President. She was invited to Seibu department store of Tokyo by a helicopter





〜 美しき十代U The beautiful teens 〜



  わが青春のヒーロー、ラッテ・エ・ミエーレLatte e mieleは、今回で3回目の登場(2008.10.12 2009.2.13)になります。
33年ぶりの新譜ということで予約までして購入。7ヶ月ぶりのCD購入で期待は爆発寸前だったが、なんと聞いている途中で退屈さに耐え切れず寝てしまった。
  たしかに演奏も安定して良くできているのだが、「あ〜そうですか」という感じで、輝きがないのだ。
ラッテ・エ・ミエーレの新譜を聞いて、大人になるということは何なのか再考してしまった。

  1972~1974年ころのラッテ・エ・ミエーレの作品群から感じられる「美しき十代」と、鑑別所にいる少年の「危険な十代」にはとても似ているものがある。
  美しさと危うさは表裏をなしている。
  少なくとも音楽においては、安定したときに美しさは失われるのかもしれない。
  とはいえ、ラッテ・エ・ミエーレがまだ頑張っているという事実を知るだけで、CDを買ったことには満足しています。

It is the third time by this time to introduce Italian rock band, Latte e miele which was hero of my youth.
Marco Polo is a new album since 1976. So,I expected it so much. The performance is surely stable. However, there is not brightness. While hearing new album of Latte e miele, I have reconsidered what it was to become an adult.
I feel that " Sensitivity of dangerous teens" of the boy who is in the juvenile hall resemble " Sensitivity of the beautiful teens" of Latte e miele in 1972~1974 years, very much.
Beauty and the danger make the front and back. At least in the music, the beauty may be lost when oneself become stable and become an adult.
However, I am very happy and satisfied with having bought a CD just to know a fact that Latte e Miele are still active.






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック