2009年08月23日

明日へのターン 渋谷AxxcisU 今日の1曲 <101> ジャクソン5 Jackson 5

<101> ジャクソン5 Jackson 5 / I Want You Back 


  渋谷のAxxcisに半年振りに行きました。
  クラブに行くのは4週間ぶりなので、最近はジョギングで備えていました。クラブ通いも再開してから丁度1年になります。


Axxcis HP
http://www.axxcis.net/index.html

  Axxcisの週末も1000円のハッピータイムができ、Camelot, Atomのように3フロアーで楽しめるのでとても楽しかったです。

  2階はHIPHOPでした。前回の2月はHouseでした。
  ここの床はつるつるして靴が滑りやすいので、James BrownのPopcornのようなステップやターンが気持ちよくできます。靴も1年間のクラブ通いでボロボロなのですがなんとか持ちこたえました。

  4階はHouseでした。みんな踊っています。前回はR&B系でまったりして誰も踊っていませんでした。以前教わったダンススクールの先生が演出しているポールダンスやバレエなどのショーがありました。ショーは12時半以後ということなので3階に行ってみました。

  3階は前回はelectroだったのですが、予想に反して1970年代前半の濃いFunkがかかっていてびっくり仰天。しかも女の子がDJ。
  このFunkの時代にはダンスの決まりみたいなものはないので、独創的に勝手にガンガン踊ることにしました。珍しそうに私を見ている人たちがいました。その後も3階ではRockやグランジなどいろいろかかっていました。

  今回の3つのフロアーは、3つとも主催者が違うようでした。
  ということは、昔で言えば六本木のスクエアビルの8階と9階と10階のディスコを自由に行き来できる感じです。昔なら男4000円の入場料で×3=12000円だったのが、1000円で楽しめるのだから天国です。

  フロアーを行ったり来たりしながら、「これだ!」という曲がかかっていたら突撃隊でガンガン踊り、空いている椅子があれば休み、ショーがあれば見物と、姪っ子たちと回ったディズニーランドのようでした。4階で口を開けてソファーで寝ていたら、スクールでいつもおこられていたダンスの先生にまたおこられました。

  昔はDJとの間に敷居があったので、今までDJと話すという慣習がどうもわからなかったのですが、今日はじめてDJの人と「パソコンの作曲は難しいですねえ」などと話してみました。レコードでなくパソコンでスクラッチも操作していて、随分時代は変わったものだと思いました。針が飛ぶ心配もないわけですね。


− 再び Michael Jackson −


  4階で4時ころMichael Jacksonが連発でかかったときが強力でした。定番のビリー・ジーンが一番盛り上がりましたが、私としては腰にガンガンくるP.Y.Tが来たときは「やってくれるじゃないの」と思いました。さすがはベテランのDJさんです。

  スリラーが出た当時、日本の評論家の中には「黒人の魂を忘れた」といったような酷評をする人もありました。しかし、元ジャズミュージシャンのクインシー・ジョーンズが、Jazzのかっこよさ、フランスまで行って学んだクラシックの美しさをSoulに織り交ぜたところに名作スリラーの生命力の源があるように思いました。

  3階と2階でJackson5の同じ曲がかかったのがとても印象に残りました。
  James Brownの伝記では、初めてJackson5に会ったとき、彼らが礼儀などを厳しく躾けられていて感心したと書かれていました。しかし、実際には父親から暴力を振るわれていてMichael Jacksonが父親には遺産を渡さないという遺言を残していたという事実を先日知りました。
  そのような現実があったとしても、残されたMichaelのボーカルは子供なのに力強くて、クラブで大音量で聴いたとき勇気を与えてくれる生命力のようなものを感じました。2階でも歓声が上がっていました。

  あっという間に朝の5時が過ぎて終わりの時間になりました。
  久々に夜明けを見ました。


Jackson 5 - I Want You Back 1960年代
http://www.youtube.com/watch?v=WC-rkHXRPX4
MichaelはJames Brownのターンを既に身につけています。
James Brownの伝記でも、初めて会ったときからMichaelのダンスはとび抜けていたとあります。

Jackson 5 - I Want You Back 1972年のSoul Trainより
http://www.youtube.com/watch?v=N8Qko5m8oAw&feature=fvw
素人の中から選抜した「Soul Train dancer」も当時はレベルはあまり高くなかったことがわかる。
やはりビデオなどの教材ができてからダンサーの力がアップしたのでしょう。
そんな時代でもMichaelのダンスが傑出しているのは驚き。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック