2009年06月02日

〜1周年〜音楽の夢〜六本木Flower2 今日の1曲 <88> <89> 

P1010019.JPG
戦後最大のアイドル天地真理のデビューシングル“水色の恋”
私の初めてのパソコンによる作曲,CDタイトル未定


今日の1曲

<88> 天地真理 /  水色の恋 1972年
<89> 自作 / タイトル未定 2009年
  Gouryella / Ligaya 2002年
Beyonce / Deja vu




〜 1周年 〜


  おかげさまでブログを始めて1年になりました。ご訪問いただきありがとうございます。
  世界一の会社が破産してしまったり大変な世の中ですが、なんとか今日1日を無事に生きられることに感謝したいと思います。
  最も初心者向けということで始めたSeeSaaブログ。たしかに他のブログの方が機能は充実しているのですが、写真付きで自分の日記ができるのは楽しいです。

  「今日の1曲」は太田裕美で始めたので、今回は戦後最大のアイドルで、白雪姫といわれた天地真理の哀愁漂う美しいデビュー曲です。彼女は私にとって初めての女神でした。小学校の頃、憧れたものです。

天地真理 / 水色の恋
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=cdqFXoVcYb8&feature=related
  一世を風靡した後、天地真理は悲劇に襲われ引退、変貌してコメディアンとして復活します。人生とはいかに困難なものか。私は天地真理から再び学ぶことになるのでした。






〜 音楽の夢 〜


  やっと30年来の作曲の夢を実現することが出来ました。
  4月から始めたパソコンによる作曲です。
  一度はあきらめた夢を実現できて幸せです。

  30年ぐらい前から作っていたメロディーにPCで編曲します。
  メロディーが裸の赤ん坊だとすると、どんどん洋服を着せて成長していく感じです。
  キーボードの和音がシャツで、ベースがズボンです。
  サンプリングされているかっこいいドラムのリズムを乗せると、スポーツカーに乗ったように走り出します。

  3年前、ダンススクールに行った目的も今流行しているリズムを体感したかったからでした。
  第1回の作品もトランスっぽいハウスのようなダンストラックにしました。2ヶ月間集中して、昨日CD作成にたどり着くことができたときは「やった〜」と叫びました。

  第1回の作品 / タイトル未定

  目標にしているGouryellaのLigayaにはかないませんが、自分としてもかなり良い出来で、先生からも素晴らしいと言われました。  
  2曲目は30年ぐらい前に作ったクリスマスソングです。昔書いた楽譜を見たら泣けてきました。何とか歌まで入れて形にしたいと思っています。

Gouryella / Ligaya
http://www.youtube.com/watch?v=oHesznHDEJg
この曲を挙げるのは3回目になります。



〜 六本木Flower2 〜


  先週は、再開した六本木のクラブFlowerに行きました。

六本木Flower HP
http://www.roppongi-flower.jp/

  音楽スクールの先生、生徒さんたちから「骨折しないように」と激励され、一人六本木にでかけました。
  27年前の六本木の夜は地下鉄の改札から通勤時間のような人だかりで、地上に出ると光がミラーボールのように眩しくてそこは「別世界」のように見えました。
  今の六本木に行くと、冷静に「ここも結局、街のひとつだったんだなあ」という印象です。
  六本木のシンボルのひとつだったアマンドのビルも壊されていました。

  六本木のFlowerに入ると、早い時間のせいか人が少ない。というか私だけ。
  メインフロアーに行くと、クラブで聞いたことのないようなアフリカンのトライバルなリズムがかかっていた。
  「なんじゃこれは? めちゃくちゃ面白い! これは踊らにゃソンソン」
  R&Bだったらしばらく雰囲気を味わおうかと思っていたのですが、準備運動もせずに踊ることにしました。
  ラテンぽいハウスが続いたり「こりゃ〜たまらん」 複雑なリズムほど体をひっかけられるのです。

  女の子のお客さんたちが入ってきたので選曲も普通のR&Bになりました。
  ここのスピーカーはいい音で1時間ぐらい踊ってるといい気分になりました。

  突然、私の前に外人の女性が「ワオー」と言って現れました。
  それも旅行客さんではなくモデルさんレベルの美女。
  感激した私は、(これは伝統芸による文化的サービスをしなくてはならない)と思い、一礼の後に「阿波踊り」と「どじょうすくい」を披露しました。
  しかし、それが裏目に出たのか、モデルさんはゲラゲラ笑って去って行きました。
  (あ〜あ、行っちゃったよ〜トホホ)私は頂から谷底に突き落とされました。
  でもあんな美女ににらまれたら緊張して踊れないからいいやと、悲しみを忘れて踊りました。
  いつのまにか、外人さんも多くて店も混んでいました。

  終電近くになったので帰ろうとするとBeyonceのDeja vuがかかったのでギリギリまでいました。
  ロッカーで着替えていたら、質素な格好をした若者が一人で入店するところでした。
  なんだか27年前の自分を思い出して、(がんばれ〜)と声をかけたい気分になりました。


Beyonce / Deja vu
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=v8Lhy2CXr3o&feature=related
これも好きなので、また挙げます。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック