2008年11月25日

Let it be なすがままに 今日の1曲 <43> ビートルズ Beatles

43 ビートルズ Beatles / レット・イット・ビー Let it be 1970年

  戦闘4戦も無事終了し、いよいよ残りは、明日5戦のみになりました。

  先週,戦闘の2日目、11月20日の帰りにイトーヨーカ堂の楽器コーナーで,ビートルズの名曲Let it beを弾いている小学校5年生ぐらいの女の子がいました。
  自分が昔,小学生のときにレコード店で女の人に聞かれたように,「ビートルズ好きなの?」と聞こうと思いましたが,
こういうご時勢ですので、変な人と思われそうなのでやめました。

  私が小学校4年生か、5年生のとき,初めて自分の小遣いで買ったシングル盤レコードが,ビートルズのLet it beでした。

  もし今、「1枚だけレコードを残せ」といわれたら、迷わず、この一枚です。

  その後に買った楽譜の訳詩を見て,レット・イット・ビーは、「なすがままに」という意味だと知りました。

  あれから36年,「なすがままに」の意味が,やっと少しわかりかけてきたような気もします。


  ビートルズ  / レット・イット・ビー wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC_(%E6%9B%B2)


  ビートルズ Beatles / レット・イット・ビー Let it be 
  シングル盤・ヴァージョン(サントラ盤・ヴァージョンは音がもう少し厚くなります。私は両方とも好きです。)
         ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=YBPFvp750sc
  曲は、教会音楽のコード進行です(アーメン進行といわれる)。
  詩も、苦しいときに「聖母マリア」がきて、私に「なすがままに」と語りかける・・・という内容。
  ビートルズ崩壊の危機に瀕したポールが、自分の原点であるキリスト教に戻って救いを求める最後の祈りです。





posted by カンカン at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ビートルズ The Beatles  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック