2008年10月21日

今日の1曲 あしあと 21歩〜30歩

今日の1曲 21〜30

  今回は,かなり変則的に進んだ10月1日から10月15日までの「今日の1曲21〜30」を、私個人の主観によるおすすめ曲としてまとめました。

  「今日の1曲 1〜20」のおすすめ曲は,9月23日のブログをご覧になってください。

  Youtubeは、ヘッドホン,イヤホンで聴かれることをお勧めします。特にダンス系,ロックのベースの音。


− 今日の1曲 21〜30 INDEX −

◎  癒し系おすすめ
☆  元気が出る系おすすめ
♪  ダンス系おすすめ
∇  プログレッシブ(10月12日の日記参照)系おすすめ

21 10-01(10月1日の日記)フジ子・へミング / コンソレーション (慰め) 第3番 (フランツ・リスト作曲)
  ◎◎◎ http://jp.youtube.com/watch?v=I7L0lMyqNnY&feature=related
 フジ子・へミングが最も愛する作曲家の一人リスト。心に染みいる演奏。

22 10-04  Snap / Rhythm is a dancer 1991年 ドイツ ダンスNo.1ヒット トランス系
  ∇♪ http://jp.youtube.com/watch?v=C9c5otT-RUA&feature=related クラブで大音量で聴きたい。

23 10-07  Shannon / Let the Music Play 1983年 ブラック系 ダンスNo.1ヒット 強力ナンバー
  ☆☆♪♪ http://www.youtube.com/watch?v=hBDZYvS1ojA&feature=relatedv=47oZF15omxk&feature=related 重低音が魅力 ダンスもGreat
  ☆☆♪♪ http://www.youtube.com/watch?v=jKs4i0DA68g&feature=related この曲の反復によるグルーブ感の特質をつかんだ映像

ミルバ Milva / エディット・ピアフ・メドレー(愛の賛歌、私の神様、ミロール) イタリアンポップス
  ☆☆◎ http://jp.youtube.com/watch?v=ISZw6JaAoFU 70歳近くでこの歌唱力。偉大なピアフの生涯の代表曲がずらり。

24 10-12  Latte e Miele ラッテ・エ・ミエーレ / Tanto amore胸いっぱいの愛 1974年 イタリアンロック
  ◎◎∇ http://jp.youtube.com/watch?v=dW-Nt0mW_DM&feature=related クラシカルなコード進行をもった癒し系プログレッシブ・ロックの隠れた名曲。

 Latte E Miele / Il Pianto 悲嘆~ Il Re Dei Giudeiユダヤの丘  1972年 キリスト受難劇がテーマ。名盤。
  ◎∇∇∇  http://jp.youtube.com/watch?v=45I61w-iwRo&feature=related 美の極致からハードロック,泣きのメロディーとめまぐるしく展開。

25 10-12 Beatles ビートルズ / Please please me プリーズ・プリーズ・ミー 1964年
  ☆☆☆ http://jp.youtube.com/watch?v=W9cbMZZTRQQ 初めて1位になった曲。ビートルズ時代の幕開け。あふれる躍動感。

26 10-12 Beatles ビートルズ / Yesterdayイエスタデイ 1965年
  ◎◎◎∇ http://jp.youtube.com/watch?v=COLbULs08EQ&feature=related 世界で最も多くカバーされた超名曲。ポールが亡母を想って作った曲ゆえ,本人が歌ったものは格別。弦楽四重奏を導入。

27 10-12  Beatles ビートルズ / In my lifeインマイライフ 1965年
  ◎∇ http://jp.youtube.com/watch?v=Ym0x3vTw6yc 1:40でクラシックピアノを導入。転換期の名曲。

28 10-12  Emerson, Lake & Palmer エマーソン・レイク・アンド・パーマー /  Knife Edge ナイフ・エッジ 1970年
  ◎◎∇ ナイフ・エッジ(スタジオ録音) http://jp.youtube.com/watch?v=DmMCaKrMQ70 2:40あたりから聴いてみて下さい。ポイントは3:20のヤナーチェク作曲「シンフォニエッタ」に切り替わるところ。

  ☆☆∇∇ ナイフ・エッジ(ライブ) http://jp.youtube.com/watch?v=D-kT4hTJTdc&feature=related 3:20あたりからどうぞ。キース・エマーソンが日頃の鬱憤を晴らしてくれます。ポイントは,4:00の暴走、5:00転じて優等生、6:30最後の荒技一本。

Emerson, Lake & Palmer / 展覧会の絵(ムソルグスキー作曲)1971年 ライブ 
  ∇∇ http://jp.youtube.com/watch?v=_Y1x04hAUT4&feature=related ロシアの作曲家のピアノ組曲をロックにした代表作。

29 10-13  井上陽水 / 氷の世界  1973年 日本で最初のミリオンセラーLP「氷の世界」から
  ☆☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=HOOMO1jwTO4 当時世界最先端の黒人系ファンクサウンドに乗って,人間の心理の深淵に迫っていくJポップの傑作。 

スティーヴィー・ワンダー Stevie Wonder / 迷信Superstition 全米N0.1ヒットのソウル 1972年
  ☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=2OJsYwLs7yE&feature=related 「氷の世界」にも影響。名曲をたくさん生んだ黒人天才シンガー。

Beck, Bogert & Appice / 迷信Superstition スティーヴィー・ワンダー作品を白人ロッカーがアレンジ。
  ☆♪ http://jp.youtube.com/watch?v=aBpSeyk1z4o 世界最強のリズム隊とも言われたべース、ドラムスのグルーブ感。21のフジ子・へミングのように,リズムの微妙な感覚,真髄を知り尽くした人たちだ。

30 10-15 ABBAアバ / ダンシング・クイーン Dancing Queen 1976年
  ☆☆◎∇♪ http://jp.youtube.com/watch?v=REElUors1pQ 1970年代を代表するというか、全時代を通して最高のポップス、ダンス・チューンのひとつ。

鈴木亜美 / Can't stop the DISCO 2008年 今Perfumeなどで注目されている中田ヤスタカの作品。
  ☆∇♪ http://www.youtube.com/watch?v=KLPWmRt-h6k
  美しさと重さを兼ね備えたクラブサウンド。

posted by カンカン at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^ 応援ポチッ!!
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね♪
Posted by @音三昧 at 2008年10月26日 21:12
ご訪問ありがとうございました。またお寄り下さい。私もR&Bの研究に寄らせて頂きます。
Posted by カンカン at 2008年10月26日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック