2020年10月04日

追悼RIP Gianfranco Lombardi ジャンフランコ・ロンバルディT 〜 Umberto BalsamoとNew Trolls

P1420652.JPG


今日の1曲
  Umberto Balsamo - Vivi come vuoi  1982年
  Umberto Balsamo - Quando ci si lascia 1982年
  New Trolls ‎– Là Nella Casa Dell' Angelo 1981年


 また、たいへん思い出深いイタリアの編曲家Gianfranco Lombardiが79歳で亡くなりました。Lombardiは、1963年にAdriano CelentanoのバックバンドI Ribelliにベースで参加後、編曲家となり、400の作品に参加しました。

https://it.wikipedia.org/wiki/Gianfranco_Lombardi_(pianista)

 本ブログを2008年に始めたときの「今日の1曲」の3曲目がウンベルト・バルサモUmberto Balsamoの「愛を置き去りにして Quando ci si lascia」でした。そのときは音源がみつかりませんでした。

2008年6月4日 今日の1曲 B Umberto Balsamo
http://soleluna.seesaa.net/article/99377111.html

 この曲が入ったアルバム「Mai Piu」は、全曲バルサモ作詞作曲、ジャンフランコ・ロンバルディ編曲です。曲とアレンジが、1+1=2ではなく、3,4になる稀有の例の一つだと思います。

 このアルバムを購入して本当によかったと思います。1983年から山口冨士夫のライブに行くようになったころ、加部正義のMoon like a moonなどとともに家で一番多く聴いたレコードでした。バルサモがきっかけで、イタリアンポップスへの関心が一挙に高まりました。

 Polydor時代の作品はCDで再発されましたが、このFonit-Cetraの作品はCD化されていません。8曲とも素晴らしい大名盤だと思います。幸運にも全曲Youtube のUmberto Balsamoのチャンネルで聴けるようになりました。

P1420673.JPG
1985年にスイスで買ったシングル盤

Umberto Balsamo - Vivi come vuoi
https://www.youtube.com/watch?v=dIO5oZsLhoM&list=OLAK5uy_mARps2sGD4AQ1hOFPVB-6K5yxpBhOHmao&index=5
LPのB面1曲目。別次元に吸い込まれるストリングスは生音でなくシンセサイザーと思われるが、1982年まででは聴いたことがなかった音。本アルバムではYMOのようにシンセサイザーのプログラマーがクレジットされている。

Umberto Balsamo - La radio
https://www.youtube.com/watch?v=YQlvaKNpw6c
A面の3曲目。エンディングでソリーナのストリングスのような音が拡がる。
Popol VuhやTangerine Dreamの全盛期のような透徹した哀感。

Umberto Balsamo – 愛を置き去りにしてQuando ci si lascia
https://www.youtube.com/watch?v=35Z3m8A5Wvc
B面3曲目。本アルバムのハイライト。Nataliと双璧。




Umberto Balsamo -おやすみなさいUn saluto
https://www.youtube.com/watch?v=NWjJr87Fulg
B面最後の曲は、本アルバムのスタッフと自分に対する慰労で、プロデューサー・バルサモの達成感が感じられる内容の詞。

「僕と同様、疲れ切ったアレンジャー(ロンバルディ)
良くやった フィネッティ(サウンドエンジニア) ありがとう
今じゃ 皆 一人前
僕は お役ごめんだね

おやすみなさい
なぜか ひとりぼっちの人に おやすみなさい
それから 自分にも おやすみ」


 その後、40年間ロンバルディの編曲は、バルサモ以外にみつけられなかったのですが、New Trollsの1981年の名曲 Là Nella Casa Dell' Angeloの編曲が、New TrollsとLombardiの共同作業だったことが、New Trolls のGianni Bellenoの追悼文から初めてわかりました。

  Là Nella Casa Dell' Angeloは人気音楽番組「Discoring」のテーマ曲で、個人的にはConcerto Grosso Adagioに次ぐ、New Trollsの最高楽曲。 

P1420660.JPG


New Trolls ‎– Là Nella Casa Dell' Angelo 1981年
https://www.youtube.com/watch?v=i0KDP2RCo8E
2:20〜の最大のハイライトもLombardiの力に負うところが大きいのだろう。
Balsamoが翌年、New Trollsと同じCetraに移籍してLombaldiを起用したことへも影響があると思われる。

 さらに1978年のAldebaranの編曲も、New TrollsとLombardiの共同作業だったことを知りました。

New Trolls - Quella carezza della sera (Discoring 07/01/1979)
https://www.youtube.com/watch?v=SAr-n-aZZMY
New Trollsのシングルでは最大ヒット曲。

New Trolls - Suite disco
https://www.youtube.com/watch?v=lSq8L_pNpJI
この曲もNew Trollsの楽曲とバンドアレンジにLombardiが加わって素晴らしい展開になっている。





 ブログでも次々と追悼が続き、たいへん寂しいですが、ショーケンが亡くなったころから、故人への今までの感謝の気持ちを強くするようになりました。
 RIP Maestro Gianfranco Lombardi

 Gianni Bellenoの追悼文
 「人生が私たちに与えてくれたものを私たちから奪うことはできません。ジャンフランコ大好きです。もう一度やります..... R.I.P!!!!」 

P1420670.JPG