2020年05月05日

癒しのメロトロン スペイン編 Mellotron in Spain 1974年 ベトナム戦争終息への時代

P1370001.JPG
Music Life 1974年6月号でのメロトロンの広告。当時の価格が887,000円 (9000Euro) 。


今日の1曲
 Canarios – Ciclosより「春」1974年
 Eduardo Bort – Yann 1974年

 前回、1974年のエディ潘とオリエントエクスプレスの 9 O’clockで、メロトロンの癒しの力に改めて気づきました。デイブ平尾やエディ潘は、ゴールデンカップスの時代背景にはベトナム戦争があったと語っていました。

 1974年はベトナム戦争が終息に向かっていく時期であり、9 O’clockのメロトロンにも緊張から解放されるような安らぎが感じられます。
 そこで、昔好きだったメロトロンの作品をもう一度振り返ってみました。

 1974年にはスペインでもメロトロン入りの傑作が2作発表されています。ロス・カナリオスは1960年代からのビートバンドでしたが、突如ビバルディの四季をアレンジした2枚組のLPシクロスCiclosをリリース。

 なぜか日本ではLP1枚に編集され別ジャケットで発売されました。
 私が入手した2枚組ドイツAriola盤は、タイトルがCyclesで豪華なブックレットもついていました。

P1370119.JPG

 シクロスでは、シンセサイザーやメロトロンを多用していますが、今でも唯一印象に残っているのは、「春」の第3楽章の1カ所で感動的に使われるストリングスメロトロンです。昔もそこばかり聴いていました。

Canarios - Ciclos (Álbum completo)
https://www.youtube.com/watch?v=Za4DxmWkPak
13:20〜13:55 本作品中、最も印象的なストリングスメロトロン





 スペインのメロトロンではEduardo Bortも素晴らしい。最近来日して日本でもライブを行っています。最後の曲Yannの最終パートでは、フルートとストリングスを混ぜたようなメロトロンの哀愁漂うメロディーに癒されながらフエードアウトしていきます。

Eduardo Bort - Yann
https://www.youtube.com/watch?v=V4kxSmlVb28
8:35からラストまで癒しのメロトロン。宇宙でギターを弾くジャケットの世界が広がる。


オリジナルLPはジャケットが縦に拡がって、宇宙にBortが座っていたと思います。



 Los Canarios、Eduardo Bortのメロトロンは、いずれも1974年のベトナム戦争の終息と安らぎへの音と言えるでしょう。
 コロナの戦いも早く終息に向かうことを願うばかりです。

「免疫力を高める生活をしましょう!」(所沢市のホームページより)
https://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kenko/karadakenkou/hoiryo20200316135050451.html


 Eduardo Bort は今年亡くなっていたことがわかりました。
 一度だけ「今、Yannを聴いています」というメールを交換したことがありました。
 RIP Eduardo Bort (1948-2020)

 P1370249.JPG





posted by カンカン at 19:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | メロトロン Mellotron  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする