2019年07月25日

日本におけるメロトロン使用曲・名曲選 Mellotron in Japan

P1220773.JPG
メロトロンの幻のパンフレット


今日の1曲
ザ・スリー・ディグリーズ - 天使のささやき live in Japan 1976
チューリップ「風のメロディ」
Mops / Nobody Cares



 今回は、日本でのメロトロン使用曲の特集です。メロトロンの記事は5年ぶりになります。今まで紹介した日本のメロトロンは、稲田保雄の「感覚思考」、BUZZの「レクイエム・イン・ザ・シティ」の中の「まちのうた」、ピーナッツの「エピタフ」のライブです。


メロトロン誕生の歴史、世界の使用ミュージシャンを紹介したDVD



 今回は、意外なところから、スリー・ディグリーズ 「天使のささやき」の日本での人気絶頂期のテレビでのライブ。名曲冒頭でのまさかのメロトロン・ストリングスに引き込まれます。あえて生のストリングスを使わなかった編曲家に敬意を表します。

ザ・スリー・ディグリーズ - 天使のささやき(1976)
https://www.youtube.com/watch?v=9ZxM3XbwZ2I

 次は、チューリップの隠れたシングル「風のメロディ」。大仰ではない単音のストリングスが逆に情感を引き立てています。特に3番でそれまでの単音が2和音になる部分が詞と相まって哀感を漂わせています。日本のメロトロン使用作品で一番好きな一つ。

風のメロディ 🌷 チューリップ
https://www.youtube.com/watch?v=DXrUgigcWgg
0:20 で単音、2:10で和音のストリングス・メロトロン





 最後に日本のニューロックの雄、モップス。当時、山口冨士夫、石間秀機と並ぶ日本最高のギタリストの一人で、「氷の世界」など最高のアレンジャーでもある星勝がメロトロンを大々的に使用した解散ライブEXIT。

 明らかにキングクリムゾンを意識した音です。星勝はRCサクセション「シングルマン」のある曲で、「キングクリムゾンを意識した」ストリングスを配した編曲をしたが、忌野清志郎から却下されたとのこと。

 「わらの歌」では哀愁系、Nobody Caresでは攻撃的な音が見事。フォーク、ニューミュージックブームの中で、早すぎたロッカー、モップスは最後に素晴らしいメロトロンの遺産を残してくれました。

Mops / Nobody Cares
https://www.youtube.com/watch?v=zYhJzBu_skY





 イギリス、ヨーロッパと比べるとメロトロンの使用が目立たない日本ですが、まだまだ隠れた逸品がありそうです。


デジタルによってメロトロンM400を再現したキーボード




P1220769.JPG
posted by カンカン at 10:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | メロトロン Mellotron  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする