2019年05月14日

令和元年 〜 平成ラスト・綾戸智恵ライブ 〜 昭和「音楽の夢」・秋葉原散策    石丸電器レコードセンター & LAOXのシンセサイザー

P1190402.JPG
昭和の夢「ローランド第1号シンセサイザーSystem100」


今日の1曲
 綾戸智恵「Let It Be」
The Beatles - Let It Be
Guru Guru - Känguru (1972)
Magma - Mëkanïk Dëstruktïẁ Kömmandöh (1973)
ヴィヴァルディ:「四季」 (イ・ムジチ合奏団)
Emerson Lake & Palmer-Hoedown
冨田勲Isao Tomita – アラベスクArabesque No. 1


 ついに令和元年になりました。
 早いもので、もう2週間がたちました。

 先月、平成の最後に元気をもらおうと思い、ジャズシンガー綾戸智恵のライブを初めて見に行きました。この日は、ルイス・バジェ&アフロキューバミーゴスとのラテンライブです。以前、NHKの「課外授業・ようこそ先輩」というテレビ、本で、綾戸智恵が母校の小学校で、Let it beを一緒に歌う番組がとても印象に残っていました。

綾戸智恵「Let It Be」
https://www.youtube.com/watch?v=5K1DIaRqx9s

The Beatles - Let It Be LPヴァージョン
https://www.youtube.com/watch?v=eOXDt1XvHgY

 綾戸智恵というと、大阪弁でパワフルな人で、独学で英語、ジャズをマスターしたすごい人というイメージです。しかしWikipediaを読むと、苦労した生い立ちから、黒人音楽に傾倒した理由がわかるような気がしました。お母さんの介護も、心中しようと思ったほどたいへんだったようです。私も祖母の介護をしました。

 令和になり、これからも大阪弁で頑張ってほしいと思いました。自分も昔、大阪に住んでいて、綾戸智恵の出身地の阿部野橋に近鉄電車でよく行きました。今の阿部野ハルカスなどは想像もつきませんでした。





〜 昭和「音楽の夢」・秋葉原散策・part 1 石丸電器レコードセンター


 綾戸智恵のライブの後に、隣駅の秋葉原を散策しました。
 3年前にGuru GuruのManiさんのライブを見て以来です。

 秋葉原で忘れられないのが、今はなき石丸電器レコードセンターです。ビルがすべてレコード店。さらに、通りの反対側に2号店もできました。おそらく、当時、日本一売り場面積が広いレコード店です。夢のような場所でした。

 令和になっても、昭和時代のレコード店の思い出は心の支えになっています。

 石丸で見たレコードで印象に残っているのが、1号店で見たグルグルのテイチク盤の「カングルー」「不思議の国のグルグル」。後で買えばよかったと後悔したので記憶しています。日本盤は買い逃しましたが、ドイツのBrainの緑ラベルを新宿OMで購入。東中野の中野レコードでもGuru Guru – Känguruのジャケットは鮮明に覚えています。そのKänguruのCDに3年前にManiさんからサインをもらいました。

P1190471.JPG
石丸電器レコードセンターのサービス券(昭和56年)とManiさんのサイン付きCD

 ManiさんのGuruGuruは、Ohrからカイザーが1973年に新設したCosmic Ohrとは契約せず、”We are not Cosmic Rock. We are Comic Rock.“と言って、Brainに移籍したようです。

Guru Guru - Känguru (1972)
https://www.youtube.com/watch?v=F0zO5ujSjx0&t=1740s
4:50〜、17:00〜、28:13〜、47:30〜など各曲要所に聞きどころ。ふざけているように見せて凄いレコード。Walter Wegmuller / Tarotと並ぶ1972年のドイツの傑作。





 石丸で買ったレコードは、10枚以上はあります。
 最初に購買額の10%のサービス券を出したのが石丸だと思います。
 はっきり覚えているのが、1号店で買ったイ・ムジチの「四季」「調和の幻想」。

 2号店で買った記憶は、マグマの後にMDKと呼ばれる邦題が「呪われた地球人たちへ」という凄いタイトルのLP。マグマは盤に反りがあったのですが、最後の1枚の在庫で買いました。バンコのLP「イタリアの輝き」も石丸のどちらかの店で買いました。

Magma - Mëkanïk Dëstruktïẁ Kömmandöh (1973)
https://www.youtube.com/watch?v=7hDOK-IN_cU
最初は、とんでもないレコードを買ったと思ったが、18:20からのドラムが中毒に。





ヴィヴァルディ:「四季」 (イ・ムジチ合奏団)
https://www.youtube.com/watch?v=wXBif2qcT_g&list=PL8AR013iOUOCoIZWCJgucqnhbJYLfTl7K
ヴィヴァルディも、マグマ、グルグルもアルバムのトータル性という点では、同格だった。


P1180250.JPG


 神田川を渡り、秋葉原の中心に入っていきました。
 3年前の夜、旧石丸電器レコードセンター1号館のあたりにあったビルは、廃墟のように何も入っておらず真っ暗で、取り壊しになるのかと寂しく思いました。

 ところが、その場所にアニメの商品が売られているビルが建っています。

P1180260.JPG

 近くに行って見てみると、あのレコードセンターのビルに面影が似ている。

P1180261.JPG

 思い切って入ってみると、夢か幻か、2台並んだエレベーターが45年前のまま!

P1180279.JPG
 
 石丸電器レコードセンターは、まだ生きていた! 
 エレベーターを7階まで上がり、階段を歩いて、昔の感動が甦ってきました。

P1180270.JPG


売られている商品は、アニメばかりですが、白い壁の内装は、あの夢の世界そのもの。

P1180265.JPG

感動して店を出ました。

P1180278.JPG




〜 昭和「音楽の夢」・秋葉原散策・part 2  LAOXのシンセサイザー


 P1180288.JPG

 石丸電器レコードセンターのビルを出ると、次のお決まりのコースだったLAOXのビルへ。石丸電器もLAOXも当時テレビのCMが盛んに流れていましたが、LAOXはまだ営業を続けています。LAOXに通った理由はシンセサイザーのコーナーです。

 LAOXには、当時65万円だったMini Moogと60万円だったArp Odesseyが神々しく並んでおかれていました。触った記憶はないので、「触れないでください」という張り紙があったかもしれません。


P1190401.JPG


P1190397.JPG


Emerson Lake & Palmer-Hoedown
https://www.youtube.com/watch?v=iFCniNYZoFg
「シンセサイザーのハイウェイスター」とも言える定番ホウダウン





 そして、売り場では、当時Rolandの第1号シンセサイザーSystem 100が置かれていました。今は伝説になっているこの第1号も、当時はMini Moogより格下という印象で、値段も4分の1ぐらいだったと思います。

 しかし、Rolandの第1号は、ウルトラセブンのキングジョーのように、全体が5つぐらいのパーツに分割されて斬新でした。その後、RolandやKorgが世界を席巻することなど、当時は全く想像できませんでした。

冨田勲Isao Tomita – アラベスクArabesque No. 1
https://www.youtube.com/watch?v=igHOaMOzzUo
日本のシンセサイザーのパイオニア





P1180291.JPG
LAOXのエスカレーターも43年前と同じだった。


 30年ぶりぐらいに入るLAOXは、今は免税店になっていて、外国語が飛び交っています。しかし、1階から上がるエスカレーターは昔のままです。楽器売り場は4階か5階だったと思います。

 Mini MoogとArp Odesseyが鎮座していたあの場所に近づいてきます。エスカレーターのそばにありました。このあたりだろうか、と思いながら、絶対に買えない高価なシンセサイザーを拝むように見ていたときのことを思い出しました。

 最初のシンセサイザーの強烈な記憶は、1971年に買ったビートルズのアビーロードの「ビコーズ」だと思います。その後、イエスの危機、リック・ウェイクマンのヘンリー8世の6人の妻、地底探検を買い、ELPをFMで録音し、Moog、ARPに憧れました。

RICK WAKEMAN - Anne Boleyn
https://www.youtube.com/watch?v=1ngFpAIKLfI
B面の中盤でも集中が切れない名盤





 昭和の秋葉原は、安売り以上に、特にプロの人が特殊な部品を調達する電気店街という印象でした。今や秋葉原は世界的な観光地で、いろいろな国の人がいて全世界の縮図のようです。令和には、どのような街に変貌するのでしょうか。

 石丸、LAOXという秋葉原が夢の世界だった昭和の建物と記憶に元気をもらって、また、令和の時代も頑張ろうと思います。

P1180318.JPG
EDIONの2つ左が、旧石丸電器レコードセンター
 

P1190331.JPG


P1190159.JPG
posted by カンカン at 15:47| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする