2019年03月30日

さようならショーケン 追悼萩原健一・追悼内田裕也

P1160255.JPG
ショーケンのデビュー曲「今日を生きよう」。テンプターズの赤ラベル見本盤。


今日の1曲
ザ・テンプターズThe Tempters/純愛
 ザ・テンプターズThe Tempters / 雨よ降らないで
 タイガース / 僕のマリー
 Flower Travellin' Band - ''Broken Strings''


〜 さようならショーケン 追悼萩原健一 〜




テンプターズからの大ファンだったショーケンこと萩原健一の訃報がありました。

最近、人生で大事なことを学びました。亡き父が尊敬したアーティストと、父のビデオ映像を見て、故人からエールを受け取る気持ちを持つことができました。今まで人が衰弱し死ぬたびに、自分も病気になり苦しんできました。しかし、当然ながら、亡くなる人たちは、残された人たちに、悲しんで体調を崩してほしいと思うはずがないと気づきました。

ショーケンの死に接してショックを受けました。しかし、以前なら落ち込むところですが、今回はテレビでショーケンの生前のプラスになる言葉(「できるだけ集中を無駄にしたくない」など)をメモに書き取り、前向きな気持ちになることができました。ショーケンもファンに心配をかけないように、今まで重大な病気にかかっていたことを秘密にしていたとのことです。改めて凄い人だったんだなあと思いました。




ザ・テンプターズThe Tempters/純愛(1968年)
https://www.youtube.com/watch?v=oblKy_Upskk
プログレッシブなロックンロールとも呼びたい村井邦彦の名曲。

ザ・テンプターズThe Tempters / 雨よ降らないで
https://www.youtube.com/watch?v=dmPbgTJ9-yk
シングルとLPのヴァージョンあり。子供の頃好きだった曲。

テンプターズ / 秘密の合言葉
https://www.youtube.com/watch?v=TsFdcNNRMaU
海外で人気の高い曲。かっこいい


P1160250.JPG
テンプターズの最大ヒット曲「エメラルドの伝説」の3面ジャケット

 以前、クロコダイルでのジョー山中の癌の支援コンサートで(2010年8月15日の当ブログ)、初めて萩原健一のライブを目の前で見ることができました。憧れのショーケンが近くに座っていたのですが、緊張して声はかけられませんでした。ショーケンがステージに向かう時に通路が狭かったので、体が少し触れたので感激しました。山口冨士夫著「So What」でもテンプターズとダイナマイツがよく対バンになったとの記述があります。村八分とショーケンのPYGは1971年に京大西部講堂でも共演していました。ご冥福をお祈りします。






〜 追悼・内田裕也 〜

 昨年、8月2日のブログでドキュメンタリー番組を紹介したロックの重鎮内田裕也も亡くなりました。内田裕也がまだ若いころに近所に住んでいたことがあるとのことで、親しみを感じていました。ご冥福をお祈りいたします。

内田裕也が世に出したのが、タイガース、フラワーズを前身とするフラワートラベリンバンドでした。
1984年の浅草ニューイヤーロックフェスでは、内田裕也が紹介して山口冨士夫のタンブリングスがテレビに出演しました。

P1160273.JPG

タイガース / 僕のマリー
https://www.youtube.com/watch?v=mr6Y57PP6wk
タイガースも好きな曲がありすぎるが、これはデビュー曲。
タイガースは1982年と2012年に武道館でライブを見ました(2012年1月25日の当ブログ)。




Flower Travellin' Band - ''Broken Strings''
https://www.youtube.com/watch?v=0OsJZapb0P8
フラワートラベリンバンドのたくさんの曲から追悼を込めてこの名バラードを。
Satori1に続いてなんと、Beyoncéがこの曲をサンプリング。

 思えば、テンプターズ、萩原健一、タイガース、沢田研二、フラワートラベリンバンドなどを、今までの人生でどれだけ聞いたり見たかわかりません。
 内田裕也、萩原健一のお二人には心から感謝したいです。





P1160165.JPG

2019年03月16日

命の洗濯・昭和Deep・鶴見線の旅Part2海芝浦駅 〜 序章「ジャーマンロック1972年・Walter Wegmuller / Tarotの時代」

P1150101.JPG
海芝浦駅の公園から見た海


今日の1曲
 Jerry Berkers ‎– Seltsam 1972
 Walpurgis-Disappointment 1972
 Walpurgis ‎– Hey You, Over There 1972
 Wallenstein - Dedicated to Mystery Land (1973) live

 クイーンの映画を見た後、youtubeの動画で、鶴見線の魅力にはまってしまいました。 そこで、日を改めて一番行きたい海が見える海芝浦駅に行くことにしました。 

Youtube動画 鶴見線・海芝浦駅に行ってきた
https://www.youtube.com/watch?v=dQ8OT7trvdY

 浅野駅から新芝浦に向けて電車がカーブし、運河が見えてくるとわくわくしました。
 小冒険の気分です。

P1150079.JPG
新芝浦から左の単線路線になる

P1150084.JPG
海が見えてきた

P1150086.JPG
 ついに秘境にふさわしい海芝浦駅に到着。駅と海が隣接。ここも異次元

P1150118.JPG

 この駅は東芝の敷地内のため社員しか下車できません。
 駅に併設された公園で、電車が発車するまで海の景色を存分に味わいました。

P1150107.JPG
関東の駅100選に選ばれている駅に隣接する公園。奥が駅舎。

P1150103.JPG
公園から見たベイブリッジ

 海風を受けているとWallensteinのJurgen Dollaseが2曲だけゲストで参加したWalpurgisでのピアノの音が感じられました。Walpurgis/ Queen of SabaのLPもドイツの秘境Ohrレーベルの中の最秘境ともいえるレコードです。
 Walpurgisの音はOhrの中では実験色の薄いBirth Controlに近く、さらにブルース色が強いです。Ohrの23番(20番Ash Ra Tempel, 21番Tangerine Dream/Zeit, 22番Klaus Schulze/Irrlicht)で1972年の発売。Wallensteinは1972年8月にMother Universeがフランスで月間ベストアルバム(ドイツのバンドでは初めて)に選ばれてPilzレーベルの中では筆頭格になっていました。
 OhrとWalpurgisの契約の経緯は謎ですが、ドイツ人とポーランド人の混成メンバーで、やはり何か歴史的な影を感じさせ、Jurgen Dollaseのピアノがそれを引き立てています。

Walpurgis-Disappointment
https://www.youtube.com/watch?v=6R8fqWi_ni4&list=PL94gOvpr5yt1JaDD8nmL82D1kFXgHHjV2
シンフォニックなブルース。イントロのオルガンとピアノからBeatles / Let it be,「俺たちの旅」の昭和1970年代に引き込まれる。英語は稚拙かもしれないがボーカルにピュアな情熱が感じられる。

Walpurgis ‎– Hey You, Over There
https://www.youtube.com/watch?v=2l2xy8W6wJs&index=2&list=PL94gOvpr5yt1JaDD8nmL82D1kFXgHHjV2
この曲もJurgen Dollaseのイントロのオルガンと5:30からラストまでのピアノが郷愁を誘う。




P1150141.JPG
乗換駅の浅野で電車を見送る

P1150145.JPG
浅野駅海芝浦線ホームのレトロな駅舎
住みたい街1位の横浜の昭和Deepな一面

 海芝浦も約10分ほど楽しんで帰りの電車に乗り、いよいよ海ともお別れです。
 浅野駅や再び浜川崎駅の陸橋を見た時に思い浮かんだのがWallensteinのJerry Berkers ‎の1972年のソロアルバムUnterwegsの最後の曲Seltsamです。ここでもJurgen Dollaseの詩的なピアノが聞かれ、同年に同じPilzレーベルから出たPopol VuhのHosianna Mantraに通じるものがあります。

〜 序章「ジャーマンロック1972年・Walter Wegmuller / Tarotの時代」〜

 Jerry Berkers ‎はコカインで亡くなりました。
 今芸能界でコカインが話題になっています。Berkers ‎は世界を回っていた時に戦争中のベトナムで演奏することになりました。あるライブのときに銃弾が撃ち込まれ、彼の隣の女性ダンサーが死亡しました。彼はその日、銃声の中で恐怖の一夜を過ごしました。
 1971年にWallensteinに参加した Berkers ‎は1972年に精神に異常を起こし、8月のソロアルバム、12月録音のWalter WegmullerのTarotが彼の最後の作品になりました。Tarotには、やはりドラッグで1973年2月に演奏不能になったAsh Ra TempelのHartmut Enkeも参加していました。今回のブログを今後予定している「ジャーマンロック1972年・Walter Wegmuller / Tarotの時代」の序章としたいと思います。 
 1973年初頭のWallensteinのフランス・スイスツアーにBerkers ‎は参加せず、ベースなしの3人でライブが行われました。1988年にオランダの公園でコカインの過剰摂取で死亡したJerry Berkers ‎が発見されました。

Jerry Berkers ‎– Seltsam (Germany 1972)
https://www.youtube.com/watch?v=8zwQKBPdTec



Wallenstein - Dedicated to Mystery Land (1973) live
https://www.youtube.com/watch?v=6ZIq2m9OCWQ
演奏者たち自身も驚愕した一昨年の秘蔵発掘映像。Mother Universe成功によるツアー。Berkersなしで、ベースはDollaseの鍵盤の左手でフォロー。Jurgen Dollaseのイントロの電子音響は、直前にTarotで共演したKlaus Schulzeからの影響と言える。続くピアノソロもTarotのB面の冒頭と同傾向。



P1150206.JPG
浜川崎駅にあった古い機関車

 帰りに電車で片足がないお年寄りが車いすに座って眠っていたので、終点ですよと声をかけました。声をかけてくれて嬉しいと言われて、しばらく話をしました。自分は霊能者だという老人は私にオーラがあるというので、私などは何度も病気になったダメな人間ですと話しました。
 話題が海芝浦のことになり、老人から「あの駅から見える海は素晴らしい。命の洗濯になったでしょう?」と言われたので、「本当にそうですね」と答えました。老人と握手をして別れました。海芝浦の駅でJurgen Dollaseのピアノの音が聞こえてきたのですが、老人に会えて海芝浦に行ってよかったと心から思えました。

 海と音楽は命の洗濯です。

P1150442.JPG



posted by カンカン at 23:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | ドイツのロック German Rock & Kosmische Musik Cosmic Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

映画クイーンに泣く 〜 昭和Deep・鶴見線の旅  ※おまけ 鉄道併走バトル3

P1150292.JPG
クイーンの1stアルバム。日本では1974年(昭和49年)1月に発売
ELEC「ライブ村八分」「山口冨士夫/ひまつぶし」の時代。川崎にキャロルがいた頃。


今日の1曲
 クイーンQueen / ナウ・アイム・ヒア Now I'm Here
                          1974年(昭和49年)
 Queen - Somebody To Love 愛にすべてを 1976年(昭和51年)
 Mia Martini / Un Uomo per me (Somebody to love)
                         1977年(昭和52年)
 Queen - Another One Bites the Dust 1980年(昭和55年)
 Queen / We are the champions 伝説のチャンピオン
                         1977年(昭和52年)
 思い出の国鉄(鶴見線)1979年(昭和54年)
 鉄道併走バトルシリーズpart3 「ディーゼル特急スーパーはくと」





〜 映画クイーンに泣く 〜

P1140928.JPG

 大評判のクイーンの映画ボヘミアンラプソディーを見に行くか昨年末から迷っていたのですが、大音量で聞ける機会なので行くことにしました。

 ホールではカンチューハイ350ccを飲むとトイレに行きたくなって何度も失敗してきました。ところが、今回も飲んだ方が泣けるだろうと甘く考えて大失敗。映像中に2回もトイレに立ってしまい、ストーリーが分断してしまいました。愚か者です。

 それでもラスト20分は評判どおり感動しました。
 40年前はクイーンが生活の一部のようにラジオから流れていました。
 昭和の時代の記憶に泣かされた映画でした。



クイーン / ナウ・アイム・ヒア Now I'm Here 1974年 Rainbow Theater   
https://www.youtube.com/watch?v=7WZ8zYy6pi4
2:00から2:10までのパフォーマンスは、Genesisの1973年のWatcher of the skiesのPeterGabrielそのもの。完全にQueenのものにしているところが凄い。
偶然だがこれに似た白装束を、村八分のチャー坊が1972年11月三田祭の1曲目やフレディーが死ぬ1991年のクラブチッタでも着ていた。チャー坊は1994年に死亡。

Queen - Somebody To Love 愛にすべてを
https://www.youtube.com/watch?v=kijpcUv-b8M

Mia Martini / Un Uomo per me (Somebody to love di Freddie Mercury/Queen)
https://www.youtube.com/watch?v=bm9DEja1Jms
イタリア史上最高の女性ロック・ポップ歌手とも評されるミア・マルティーニのカバー。

Queen - Another One Bites the Dust
https://www.youtube.com/watch?v=rY0WxgSXdEE
映画でのこの曲の録音シーンも印象的。時代に適応するフレディーもさすが。

P1140934.JPG

Queen / We are the champions 伝説のチャンピオン
https://www.youtube.com/watch?v=Vktk3T1N9Xo
昔から気になっていたコード進行。Diminishが多用されていた。




〜 昭和Deep・鶴見線の旅 〜


 クイーンの映画を見る前に、初めて念願の鶴見線探訪の旅にチャレンジしました。

 謎の秘境海芝浦、超秘境の大川は時間の関係で到底無理。事前の計画が必要。
 そこで、この日は浜川崎駅を中心に回ることにしました。昨年の1月、鉄道の併走バトルシリーズをブログで書いたのですが、久々に鉄道と音楽というテーマです。

思い出の国鉄(鶴見線)1979年(昭和54年)
https://www.youtube.com/watch?v=vpJcP0dPvCM
まさに昭和。キラークイーン / ボヘミアンラプソディー / 伝説のチャンピオンの時代。
レトロなオルガンの音。3:15の大川駅。3:35の海芝浦駅。鉄道でも泣ける。

P1140868.JPG
浜川崎。これが鶴見線か!始発電車だがまだ客がいない。貸し切り状態。
JR川崎に「浜」がつくだけで同じ区内でこれほど違うとは

P1140871.JPG
路線橋。夢か幻か昭和30年代にタイムスリップ。
川崎が生んだ世界のスター坂本九の時代。鉄道自体は昭和8年の開業。

P1140889.JPG
浜川崎を出発。廃線跡のような雑草が続く。
ディズニーランドのアトラクションのようで妙に新鮮だ。上の高架線は廃線らしい。

南武支線・鶴見線 205系前面展望 尻手〜浜川崎〜鶴見
https://www.youtube.com/watch?v=LrwYiy9U1wk

 この日は、クイーンの映画と鶴見線の感動の相乗効果で、充実した1日になりました。

 ちょうど1年前の1月に鶴見にお墓参り、3月に川崎にコンサートに行った頃と比べると体調がずいぶん回復していました。山口冨士夫のブログを書いたこともよかったと思います。音楽に改めて感謝したい気持ちです。

 
※ おまけ1 鶴見線のお勧め映像

鶴見線のクモハ12の1両編成 1991年
https://www.youtube.com/watch?v=UHLR6Ykjw1I

鶴見線特集 空襲の傷跡 JR国道駅を探検
https://www.youtube.com/watch?v=3nVAip_03zQ&list=PLqywjykWRHtoDAdaFh9eUZpZa0fNQc7a_&index=2
戦中の銃弾が駅舎に残存しています。

鶴見線・扇町駅の猫
https://www.youtube.com/watch?v=9a7EJ3RL6RE

JR南武支線101系 前面展望「尻手〜浜川崎」 (外観走行入り)
https://www.youtube.com/watch?v=SyRAokj4WsE

P1140877.JPG
浜川崎の猫。


※ おまけ2 傑作鉄道併走バトルシリーズpart3 「ディーゼル特急スーパーはくと」

併走バトル「快速vs特急スーパーはくと」 高速通過集 島本駅
https://www.youtube.com/watch?v=tYzu5toxstg
8:30の「快速vs特急スーパーはくと」は鉄道ファンに超お勧め。

併走バトル「スーパーはくとvs223系電車」 JRさくら夙川駅高速
https://www.youtube.com/watch?v=T0YWNXp9VFQ
3:20からバトル。次は6:30

「特急スーパーはくと」前面展望
https://www.youtube.com/watch?v=ppScmmFrdDc
54:35から56:50までがお勧め。加速音と海の景色が爽快
1:56:15からも凄い。トンネル〜山と緑〜追い越し。異次元の世界
 



P1150311.JPG
posted by カンカン at 17:09| 神奈川 ☔| Comment(0) | イギリスのロック British Rock & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする