2019年02月27日

ベートーベン第7交響曲 〜 プログレ、ダンス、ポップスファンなどに広くお勧め

P1140262.JPG
下町商店街の真ん中に突然現れたコンサート会場。
民衆の作曲家ベートーベンにふさわしい。好きな雰囲気です。

今日の1曲
 ベートーヴェンBeethoven 交響曲第7番
 本田美奈子「新世界」「つばさ」「Amazing Grace」
 Yes – 危機Close To The Edge
 CD〈タワーレコード限定〉100%JAZZ FUNK!
          『HEADZ UP THE GROOVE!』
 Chaka Khan / Like A Lady 2018
 ピンクフロイドEchoes

 いよいよ春の気配も感じられるようになってきました。久々のブログ更新です。
 今年初めてのコンサートに行きました。ベートーベンの交響曲7番です。表題付きの「運命」、第九交響曲などと比べて目立ちませんが、本当に素晴らしかったです。

P1140266.JPG
会場のそばにあった初代ボンカレー等の大塚グループのプレミアム広告群。
建物ごとお宝探偵団行きか。ますますベートーベンにふさわしい立地です。

ベートーヴェンBeethoven 交響曲第7番・第一楽章 
ヘルベルト・フォン・カラヤン ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 
https://www.youtube.com/watch?v=sPEnEM_kUDM

 第7交響曲の第1楽章は、プログレッシブロックでいえば、冒頭はイエスの危機、全体の展開はPFMのRiver of lifeを思わせ、0:50からの渦巻くようなCosmic宇宙的なリフ旋律からドイツのTangerine Dream / Phaedraのルーツが感じられます。

 第1楽章に続く第2楽章は、緩やかな映画音楽のようなこれも名旋律。
 ポップスの世界でも、LPのA面の1曲目がアップテンポのヒット曲で、2曲目では名バラードが続けば、もう名盤の仲間入りでしょう。

交響曲第7番・第二楽章 カラヤンBeethoven
https://www.youtube.com/watch?v=2B9zf_rRN_4

 第3楽章は、ダンサブルなビートで美しい旋律。解説のパンフレットによると、第7交響曲は4つの楽章すべてがダンス舞曲になっていて、同世代のウェーバーが初めて第7を聴いた時、ベートーベンは気が狂ったと言ったそうです。

交響曲第7番・第三楽章 カラヤンBeethoven
https://www.youtube.com/watch?v=6Os1OouU2J0

 最終の第4楽章は、第3楽章のダンサブルポップスをビートを重くFunkにして、第1楽章のCosmicな部分と、第2楽章の抒情性を加えた感じです。30分以上に渡って中だるみのない名曲。コンサートが終わって、ごちそうさま満腹ですという感じです。

交響曲第7番・第四楽章 カラヤンBeethoven
https://www.youtube.com/watch?v=uPRpUXlBel4
モーツァルトのジュピターからの影響も感じられる。

 ベートーベンがもし現代に生まれたら、プログレッシブロックをやっていただろうと言われることがあります。パンクとも言われます。しかし、今回コンサートを聴いて、意外にFunk系のビートにはまっていたのではないかと思いました。

ベートーベン交響曲第7番・全楽章 カラヤンBeethoven
https://www.youtube.com/watch?v=B16Aj4GvNS8





 コンサートの帰り道で、たい焼きをお土産に買いました。第7交響曲は頭から尻尾までアンコが入ったタイ焼きのように名旋律が第1楽章から第4楽章まで詰まっています。
 しかし、たい焼きは、残念ながら尾っぽまではアンコが入っていませんでした。


P1140274.JPG

 せっかく東上線で来たので、10年前に毎日通った本田美奈子さんの記念碑がある朝霞駅まで行き、ホームからご冥福を祈りました。
 ベートーベン交響曲第7番・第二楽章のような厳粛な気持ちです。

本田美奈子「新世界」  朝霞駅前メモリアルモニュメント
https://www.youtube.com/watch?v=aJ2b6LkF2eU
クラシックの名曲に日本語をつけて歌いました。



本田美奈子「つばさ」
https://www.youtube.com/watch?v=d2JFsf9s3Jk

本田美奈子 『Amazing Grace』  たけしの追悼番組にて
https://www.youtube.com/watch?v=QdREx2mmM8A

伝説の歌姫「本田美奈子」の足跡と秘蔵映像
https://www.youtube.com/watch?v=XJUHr5KjSOs
「本田美奈子はまったく新しいタイプの歌手だったのだ」

P1140282.JPG
ちびっ子とお母さんの真ん中にある四角いものが本田美奈子さんの碑

 その後、イエスの来日ライブを行っている東京ドームシティホールに寄って行きました。危機の頃のイエスはストラビンスキーの火の鳥から影響を受けたと聞いたことがありますが、当然ベートーベンからも影響を受けていると思います。

P1140301.JPG
Yesイエス50周年ライブの表示。サードアルバム完全再現の日は当日券も売り切れ。

 クリス・スクワイア存命中の2014年のイエス来日公演には行きました。
 ご興味のある方は、右の「イギリスのロック」のカテゴリーから「2015年2月11日」のブログをご覧ください。

Yes – 危機Close To The Edge
https://www.youtube.com/watch?v=GNkWac-Nm0A
スティーブ・ハウは次男が亡くなられてしばらく活動ができなかったという。

2018年 新リミックス版「危機」



P1140598.JPG


 新宿駅の南口に行くと、以前よりストリートのスペースが広くなり、いろいろなミュージシャンがいます(ドラムが入ると止められるのか、ほとんどドラムレスです)。地方からプロを目指して上京している人が多く、頑張っています。

 タワーレコードのJazz Funk Soulコーナー試聴機で、JAZZ FUNKの強力なコンピCDを発見。新宿店20周年のタワーレコードの限定販売。最初から最後まで、アンコのぎゅうぎゅうに詰まったたい焼き、あるいはベートーベン第7交響曲のようなCDです。JAZZ FUNK、ダンスミュージックファンの方は、ぜひタワーレコードでGETしてください!!

〈タワーレコード限定〉100%JAZZ FUNK!とにかくアツい!心も体も揺れ動く“アゲアゲ”なジャズ・ファンク・コンピレーション
https://tower.jp/article/feature_item/2018/09/28/0102

「タワレコ発、最先端かつ最強のジャズ・ファンク・コンピレーションが降臨。
その名も『HEADZ UP THE GROOVE!』世界中に溢れるファンキーなサウンドの中から2010年代以降の最新グルーヴをタワレコ新宿店スタッフが厳選セレクション。」

 Chaka Khanの新譜もすごい。
 いい音がタワーレコードの店内に鳴り響いているので、どんな新人かと思ったらチャカカーンでした。

Chaka Khan / Like A Lady 2018
https://www.youtube.com/watch?v=sDDTOoG8bJU

Rufus & Chaka Khan - Once You Get Started 1975
https://www.youtube.com/watch?v=7fgKhuqNtxw



 再び新宿駅に行くと、Hiphop系のドラムが聞こえたので急いで行ってみると、ちょうど終わってしまいました。その近くでモダンダンスをやっている女性たちを見て、すごい度胸があるなあと感心しました。

P1140333.JPG
Hiphopやギリヤーク尼崎のような大道芸系ではないダンスは初めて見た。

 モダンバレエでは、ローラン・プティ振付、ピンク・フロイドの楽曲使用の『ピンク・フロイド・バレエ』があります。1973年にピンクフロイドのライブで初演がされています。
 そのときの曲目は、One Of These Days、Careful With That Axe, Eugene、Obscured By Clouds、When You're In、Echoes

ピンクフロイドEchoes
https://www.youtube.com/watch?v=53N99Nim6WE
やはり、この曲は18:00〜。



 ベートーベン第7交響曲の招待券をいただいて聴きにいったおかげで、いろいろなところを回って体調もよくなりました。
 過去のこともかなり吹っ切れて、良い一日になりました。 

P1140600.JPG
本田美奈子 シングルCD「新世界」

P1140434.JPG
posted by カンカン at 19:12| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする