2018年08月31日

最強地下アイドル仮面女子@江の島特設ステージ 追悼ジョー山中 山口冨士夫

P1040517.JPG


今日の1曲
  Alunni del sole – Tarantè 1979

(※訂正 U-1170ではなく、2月に間違えて100を引いたので正しくは1270でした。
 ブログタイトルにしているLe Ormeが来日したのを機にUにしました。
 UはAmon Duulの真似ですが、特に意味はありません)

 極暑の夏、いつ終わるのかと思っていましたが、
 いつのまにか終わりに近づいています。
 年に1度は海に行くので、意を決して江の島に行きました。

 5年前から、騒音問題で江の島の海の家のクラブがなくなり、西浜特設ステージでのライブやクラブイベントも消えました。
 静かですが寂しい海になってしまいました。

江の島が見えました。到着です
P1040349.JPG

ステージ方向から音が聞こえる!
P1040350.JPG

 なんと西浜特設ステージからEDM風の大音量が聞こえてきました。
 クラブイベントや1983年8月にはジョー山中のレゲエバイブレーションと山口冨士夫バンドがジョイントライブを行った場所です。

なんだろう?
P1040362.JPG

仮面女子だ
P1040375.JPG

 仮面女子という秋葉原の最強地下アイドルと呼ばれるグループでした。
 砂浜を歩くだけのつもりで、まさかライブが見れると思わなかったので、
喜んで応援しました。

仮面女子『本日、猪狩ともか劇場登場!東西ヲタク満足度 結果発表』2018年8月19日
https://www.youtube.com/watch?v=YhU74RuE_vM

【仮面女子】猪狩ともか 車イスで仮面女子カフェ復帰
https://www.youtube.com/watch?v=fTx-R0rE6gE
この中から5人のメンバーが江の島に出演

浜辺を散歩 江の島を見る
P1040400.JPG

P1040477.JPG
 
鳥がたくさん飛んでいて喜んでいたのですが、実はとんびが人の食べ物を上から狙っていて、危険とのこと。カモメも来て空がにぎやかです
P1040460.JPG

ストーンズファンの海の家(右端に遠慮気味にイラスト)
P1040452.JPG

ボブマーレーの海の家(こちらは堂々たるイラスト)
P1040500.JPG

看板犬のハナちゃんだ
P1040489.JPG

 再び、2回目の仮面女子のライブを見れてラッキーな一日でした。アイドルとはいえ、サウンドはEDM、ヘビメタなど本格派。かつてここで演奏したジョー山中、山口冨士夫、青木真一を追悼するつもりで、精一杯仮面女子を応援しました。

仮面女子の放水攻撃に喜ぶ親衛隊(34度ぐらいの暑さ)
P1040529.JPG


午後4時に「今年の海もあと1時間です」というアナウンスがありました。
人間は海から生まれたと言われています。海水で顔を洗って帰りました。
P1040548.JPG

Alunni del sole - Tarantè 1979
https://www.youtube.com/watch?v=rMiEi_FogjE
夏の終わりの1曲はナポリの海

Alunni del sole – Tarantè 2009年ライブ
https://www.youtube.com/watch?v=bhTABMI0W9Y
Paolo Morelliが亡くなる前の観客目線の貴重な映像。会場にいる気分になれる。

P1040135.JPG

posted by カンカン at 23:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | 海 オーストラリア日記 Sea & Diary in Australia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

加納秀人登場 山口冨士夫追悼 @2018福生カニ坂ロックフェスティバル

P1040005.JPG


今日の1曲
 外道 / 香り
 外道 / 逃げるな



 第35回カニ坂ロックフェスティバルに行ってきました。天気予報は35度なので迷っていたのですが、外道の加納秀人が出るとのことで行くと決断。私が最後に見た山口冨士夫のライブの曲は、2011年の下北沢で外道にゲスト参加した「香り」でした。

 会場に到着するとほとんどの人が日陰に入っているので不思議な雰囲気です。立って聞いていたら熱中症(昔は熱射病?)になりそうで、これはたいへんだとわかりました。
 32度と35度(体感は40度以上?)はずいぶん違う。

 日陰で寝転んでしばらく体力を回復。汗がしばらく止まらない。
P1040003.JPG

 いよいよ加納秀人がゲストで出るバンドSaybow & the R+X+S がスタート。
 ドラムがジャズっぽくていい感じ。全体にグルーブがあって横浜の雰囲気です。
 「あと1曲です」と言われ「えっ、このギターの人が加納秀人だったのか?」と焦りが。

P1040011.JPG

外道 / 香り
https://www.youtube.com/watch?v=uHfBhJsqrD8
ベース:青木正行(1983年に山口冨士夫タンブリングスを結成)
加納秀人、青木正行、山口冨士夫は、福生のElectric Uzuにも出演していた。

ついに加納秀人登場
P1040013.JPG

再結成外道のときのような白い被り物はしていませんでした。
P1040014.JPG

P1040015.JPG

 加納秀人は若い頃マラソンでオリンピックを目指していて、ギタリストにもなりたかったので、両方やろうとギターを担いで走る練習をしていたという人。猛暑でも、強烈な速弾きで年齢を感じさせない。最後は「ゲッドウ、ゲッドウ」という歌を演奏して終わりました。

プログレ、70年代ジャズロックを感じさせる。軽いシャワーの雨も降ってきた。
P1040018.JPG 

加納秀人の後はサブステージで癒し。暑かったけれど天気でよかった。
P1040034.JPG

ワンちゃんの顔のような雲の変化を見た後、カンパをして帰りました。
P1040047.JPG

P1040045.JPG

P1040048.JPG

P1040049.JPG

P1040050.JPG

福生駅北口階段にもキャラクターが登場
P1040074.JPG





福生チキンシャック 左がバーで右がライブハウス?
1978年に青木真一(元村八分・1983年に山口冨士夫タンブリングスを結成)が出演
P1040088.JPG

山口冨士夫の事件があった福生駅北口で黙とう
P1040094.JPG

P1040098.JPG

2018年08月20日

第9回 すみだストリートジャズフェスティバル

P1030772.JPG


今日の1曲
 Affinity - All Along The Watchtower 1970
 Soft Machine - Bundles (Full Suite) 1974


第9回すみだストリートジャズフェスティバルに行きました。
好天な上にあまり暑くなくてよかったです。
https://sumida-jazz.jp/sj/timetable.html


まず、ハモンドオルガントリオBanana Needle レスリースピーカーだ!
P1030751.JPG

Affinity - All Along The Watchtower
https://www.youtube.com/watch?v=gt0Ep-dcqG8&list=RDByQYKdSTGeY&index=3
ハモンドオルガンといえばこれ。7:00あたりからE2-E4のように抜け出せなくなる。8:30あたりからハモンド職人芸。最後はエピタフの世界。

次はピアノジャズファンクSANOVA ジャズを演奏する人たちは皆テクニックが凄い。
P1030756.JPG
 
米米クラブのジェームス小野田がゲストボーカルのSoul Hawkers。
マイガールなどひたすら1960年代の黒っぽい世界!体調回復のため踊る。
P1030765.JPG


 ジャズファンク すみだ初出場とのこと
P1030760.JPG

 ジャズピアニスト高木里代子+クラブDJ牧野雅己のユニット ディスコダンス!
P1030770.JPG
 
 ごろ寝して空を眺めて、一休み
P1030766.JPG

 ソフトマシーンのようなジャズフュージョンStereo Champ
 紹介文には「天才ギタリスト率いる」とあるが、なんども「先輩、先輩」とトランペットの人を立てていて、甲子園球児の先輩後輩のような爽やかさを感じた
P1030778.JPG

Soft Machine (with Allan Holdsworth) - Bundles (Full Suite)1974
https://www.youtube.com/watch?v=04URH_HA4cE
2:00から4:00ぐらいまでカッコいい

Soft Machine - The Floating World
https://www.youtube.com/watch?v=9CpN8TtFVOE
Bundlesの最後の曲

球児の熱い夏とともにすみだのジャズも熱かった
P1030782.JPG

P1030797.JPG

2018年08月17日

盆踊り Disco @ Club Citta

P1030375.JPG
Club Citta通りの入り口


今日の1曲
  D Train / You're The One For Me 1982
 Third World - Try Jah Love 1982


 80年代のディスコのイベントに行きました。
 昔のダンス曲はメロディーがわかりやすい。
 3-4曲に1曲は知っている曲がかかるので、2時間30分ぐらい踊れました。

2013年8月14日に山口冨士夫が亡くなってから徐々に体調がおかしくなり10月31日の仕事が契機で2013年クリスマス頃からダウン。2014年の8月13日に寝たきり状態から意を決してこのClub Cittaのイベントに行って回復しました。

 今年2018年の冒頭は気が沈んでいました。山口冨士夫のことをブログで書いているうちに過去の傷に触るようだったのですが、吹っ切れてきて逆に楽になっていきました。今回のイベントもハイエナジー、ユーロビート、ラテン、パラパラなど楽しく踊れました。

P1030390.JPG
2階のラウンジ


D Train / You're The One For Me 1982 Extended Version
https://www.youtube.com/watch?v=v6Xqmj5c3hk


Third World - Try Jah Love
https://www.youtube.com/watch?v=0JUsc69dHLY


さいか屋が解体されたため、シネチッタの建物の裏側が見えました。
P1030369.JPG


P1030648.JPG

2018年08月02日

内田裕也ドキュメンタリー 8月5日14時 後半 ぜひご覧ください

P1020827.JPG




今日の1曲
 内田裕也とザ・フラワーズ


 極暑が続いております。先日の日曜日午後2時に内田裕也のドキュメンタリーを見てかんどうしました。かんどうしました。5日に後半がありますので、興味のある方はぜひご覧ください。すごく勇気づけられました。

 山口冨士夫とシティロードのことを書いていて、内田裕也が1970年代から1980年に入っても元ダイナマイツのメンバーと屋根裏などライブハウスで、パンク世代になってもライブ活動を続けていたことに感銘を受けました。

P1020824.JPG


 1969年のフラワーズのライブがみつかりました。
 ジョー山中のフラワートラベリンバンドに移行する前の麻生レミ時代のフラワーズも凄いバンドだとわかりました。

 タイガースにしてもフラワートラベリンバンドにしても、内田裕也(1939生)のような自分たちより5歳以上も上の人が芸能界の世界でロックを牽引してくれたのは、とても重大なことだったのではないかと思います。

内田裕也とザ・フラワーズ "1969ジャズ喫茶ライブ"
https://www.youtube.com/watch?v=20NFM6HiIck
 
「ラストチャンス」ほか/内田裕也とザ・フラワーズ
https://www.youtube.com/watch?v=8JLqajk8DlA&list=RD8JLqajk8DlA

内田裕也政見放送「完全版」51歳 東京都知事選挙
https://www.youtube.com/watch?v=3BLp1IUEkik
フラワーズ結成の経緯についても語っている。
1:25の「るるるー」のところが特に好きだ


P1020826.JPG