2018年01月28日

追悼フランスギャル(2)ジャズる心・名曲集 RIP France Gall

P1090567.JPG





 昔、フランスギャルという名前だけで軽そうな先入観をもっていました。
 初めて「夢見るシャンソン人形」以外の曲を聴いたときは、その才能に驚きました。

 ロックンロールが出る前の1950年代はフランスの音楽が世界の最先端でしょう。反戦歌や社会的内容の歌は、ブレル、グレコなどが最初であり、ジャズを最初に認めたのもフランスで、マイルス・デイビス、モンクの名盤の10インチLPがフランスで制作されています。1963年にビートルズがフランスでコンサートをしたときも最初はシルヴィー・バルタンの前座扱いでした。

 フランスギャルは1963年に16才でデビューしましたが、父がジャズミュージシャンだったせいか、その音楽的センスには圧倒されます。舌足らずな(しかし音程は正確)歌とのギャップも際立っており、史上最強のアイドルと言えるのではないでしょうか。 

 フランスギャル追悼として、楽曲が美しい魅力的な歌で回想しました。


P1090566.JPG


今日の1曲
 〜  フランス・ギャルFrance Gall


France Gall –審判のテーマ J'entends cette Musique(1963)
https://www.youtube.com/watch?v=0cwsjWU2UKU
デビュー曲はいきなりアルビノーニのアダージョ。NiceやProgressive Rockを先取り。

France Gall - Pense à moi (1963)
https://www.youtube.com/watch?v=A3_yFhQM8kM&list=RDpDqkAkWLlbw&index=11
いよいよジャズ。かっこいい。1963年では世界最先端では。

FRANCE GALL JAZZ A GO GO (1964)
https://www.youtube.com/watch?v=nDMBnJN-tHA
https://www.youtube.com/watch?v=pDqkAkWLlbw
ジャズ・ア・ゴーゴー

France Gall - Christiansen (1964)
https://www.youtube.com/watch?v=H1eu9V6Q_RE
美しく転調、展開するポップス


France Gall - Sacré Charlemagne (1964)
https://www.youtube.com/watch?v=AH-a22xge-c
ディズニー風の楽しい歌。


P1090569.JPG


France Gall - Laisse tomber les filles (1964)
https://www.youtube.com/watch?v=FWRCJhsz5t4
https://www.youtube.com/watch?v=JVA670WKAQc&list=RDpDqkAkWLlbw&index=8
今度はロックンロール。分厚いビートに軽快な歌が乗る

France Gall - 1964 - Les rubans et la fleur
https://www.youtube.com/watch?v=Fcp7U3v9U-M
一転してフォーク、幻想的。

France Gall - 1964 - Ne dis pas aux copains
https://www.youtube.com/watch?v=I08TzNbBo6g
黒人ソウル、ドゥーワップ?グルーブ感溢れる





France Gall ジャズる心 Le coeur qui jazze - 1965 -
https://www.youtube.com/watch?v=9PuSULOqtFQ
スイングしまくるサウンドとフランスギャルのダンス。邦題が秀逸。解説にも「フランスギャルはジャズが好きです。積極的にジャズをレパートリーに入れました」とある。

France Gall - 1965 - N'écoute pas les idoles
https://www.youtube.com/watch?v=NyvbFSve_Fo
ビートルズのマネーのような勢いのあるビート

フランス・ギャルFrance Gall/涙のシャンソン日記 Attends ou Va T'En (1966年)
https://www.youtube.com/watch?v=qny_GYiFNeU
Serge Gainsbourgのマイナー調の佳曲。迫るものがある。

FRANCE GALL -Si l'on pouvait vraiment parler 1974
https://www.youtube.com/watch?v=j8Bg57qm8tM&index=21&list=RDpDqkAkWLlbw
1960年代から変貌。1970年代の叙情的な曲


来日時の写真
P1090565.JPG
posted by カンカン at 16:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | シャンソン〜70年代フレンチポップス French Pops | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

追悼フランスギャル(1) 日本語曲特集 RIP France Gall chante en japonais



P1090380.JPG
一昨日の雪の中のフランスギャル France Gall was very popular in Japan in the 1960s. France Gall sang in Japanese


今日の1曲
  France Gall Poupée de cire, poupée de son[Version Japonaise]
  France Gall Un Prince Charmant [Version Japonaise]


 1960年代に日本でもたいへんな人気のあったフレンチポップスのフランスギャルが亡くなりました。外国では一番好きな歌手の一人でした。
 今回は彼女の初々しいい日本語バージョン特集です。RIP

France Gall Poupée de cire, poupée de son[Version Japonaise]
https://www.youtube.com/watch?v=OyevT4j34A4
フランスギャル 夢見るシャンソン人形(日本語)

ゲンズブールに日本語の「夢見るシャンソン人形」を披露するフランス・ギャル
https://www.youtube.com/watch?v=j2GUQCQ_Fis
France Gall sang “Poupée de cire, poupée de son” [in Jappanese] to Serge Gainsbourg 

P1090389.JPG


France Gall Un Prince Charmant [Version Japonaise]
https://www.youtube.com/watch?v=oZh7A3F1Qf0
フランスギャル すてきな王子様(日本語)



すてきな王子様のグリーンラベルの見本盤(B面はスパイダース)France Gall Un Prince Charmant [Version Japonaise] Promo only single Green Label
P1090375.JPG




posted by カンカン at 00:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

LoopPool あっこゴリラ @ Earthgarden 代々木公園

P1090186.JPG
あっこゴリラ


今日の1曲
 LoopPool / 日常
 あっこゴリラ / Back to the jungle


 月曜日は記録的な大雪になりましたが、前日の日曜日は快晴でラッキー。
 代々木公園でEarthgardenというイベントのライブを見ました。

 最後だけ聴けた雲のすみかというユニットはアコギがリズミカルで、ちびっ子がステージの前で楽しそうに遊び回っていました。

 LoopPoolというバンドは、アコースティックな楽器を使って太いグルーブ感を出していました。青空の下で聴くととても爽やかでした。

 あッ子ゴリラは女性のラッパーで、明るく元気があってよかった。
 犬や猫なども一緒にイベントを楽しんでいました。


P1090194.JPG
雲のすみかとちびっ子


LOOP POOL 「日常」sofar sounds Tokyo
https://www.youtube.com/watch?v=4GnT6G94Fyg
Mike OldfieldとSoft Machineが合体してPopになったようなサウンド

LOOP POOL - April
https://www.youtube.com/watch?v=CV1IWMocn9g
ヒーリングミュージックの要素もある

LOOP POOL 渋谷ライブ
https://www.youtube.com/watch?v=Cl1-p1s0WbM
元はストリート系





P1090202.JPG


あっこゴリラ「Back to the Jungle」
https://www.youtube.com/watch?v=pJy-9cK1gnQ
明るいHiphop





ハチ公バスの3連を初めて発見
P1090179.JPG
posted by カンカン at 21:14| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日本のポップスとロック Japanese music & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

JAZZライブ & 邦楽研究所 @洗足学園

P1090127.JPG


今日の1曲
 Simon & Garfunkelサイモン&ガーファンクルBridge Over Troubled Water
 Maria Bethânia - Anos Dourados
 八橋検校 雲の上
 藤井凡大 絲竹交響


  洗足学園でJAZZと琴などの邦楽を聴きました。JAZZではゲストの客員教授エリック宮城さんがアメリカの日系2世とのことでした。私の祖母の一人はハワイ生まれの日系2世で琴の教師をしていました。邦楽の受付の人になにかのご縁ですねと言われました。


 JAZZコースは相変わらず演奏レベルが高く、よくJAZZのライブなどでもプロフィールに洗足学園出身の人を見かけます。一昨年音楽スクールでギターを習った先生も洗足学園の出身でした。

Simon & Garfunkelサイモン&ガーファンクルBridge Over Troubled Water
『明日に架ける橋』和訳
https://www.youtube.com/watch?v=e3ETK3fACrU
JAZZライブではトランペットで演奏。「ベトナム戦争というNegativeな状況から生まれた、自分が洪水の海に架かる橋になるという内容の歌」


P1090138.JPG


Maria Bethânia - Anos Dourados | Tom Jobim e Chico Buarque
https://www.youtube.com/watch?v=ozPSIJNfIaI
ジョビンの美しい曲。ブラジルクラスで演奏





P1090150.JPG


 琴などの邦楽は、日本の音楽でありながら検索しても数が少なく、あまり伝承されていないことを改めて感じた。八橋検校作曲の筝曲「組曲」は演奏前の解説の時に、「古来のもので高尚でわかりずらいところがある」とのことだったが、久しぶりに聞く邦楽は懐かしさと共に新しさを感じた。また、宮城道雄以後の西洋のクラシックを和楽に取り入れた昭和10年生まれの藤井凡大の作品は、楽器の音は和風だがコード進行が西洋音楽で聴きなれたものであるため馴染みやすかった。


八橋検校 雲の上
https://www.youtube.com/watch?v=ZLhS3wtQSv8


藤井凡大 絲竹交響 第二番 第1楽章 
https://www.youtube.com/watch?v=0cWxQ8OUtrA




2018年01月20日

元気が出るロックフュージョン! 高中正義+西川のりお・ひょうきんベストテンライブ



今日の1曲
 高中正義 SHAKE IT 
 高中正義+西川のりお SHAKE IT


 昔から大好きな曲があり、マイアミサウンドマシーンと思い込んでいたのが高中正義の曲だと初めて知って驚きました。さらに、高中正義はその後マイアミサウンドマシーンと仕事をしていた。夜のヒットスタジオでのその高中正義のShake itの映像は実に切れまくっていてカッコいい。

高中正義 SHAKE IT 夜のヒットスタジオ
https://www.youtube.com/watch?v=LLzk3jAznds
元気が出るロックフュージョン。高中正義が「十戒」を提供した中森明菜と初対面。中森明菜も喜んで聞いている。

 さらに衝撃だったのは、あの伝説のビートたけし+さんま+紳助のテレビ番組「おれたちひょうきん族」のコーナー「ひょうきんベストテン」で、高中正義が西川のりおと共演していた。本当のプロのエンターテインメントをここに見た。
 「ひょうきんベストテン」のような明るい弾けた番組が復活してほしいです。


高中正義+西川のりお SHAKE IT ひょうきんベストテン中継+「ひょうきん懺悔室」
https://www.youtube.com/watch?v=16qPDxX3PuM
紳助が司会。高中正義のライブ会場に「ひょうきんベストテン」の看板である「西川のりお&ダンサーズ」が乱入。「ひょうきん懺悔室」も懐かしい名場面だ。西川のりおは、お笑いタレントの中でも絶大な存在感があった





posted by カンカン at 22:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日本のポップスとロック Japanese music & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

正月 おばあちゃんのお墓参り

P1080582.JPG



今日の1曲
 バッハBach BWV645『目覚めよ、と呼ぶ声が聴こえ』
 うさぎとかめ
 天地真理 / ちいさな恋
 天地真理 バッハBach / インベンションInvention15


 正月に3年前に亡くなった祖母のお墓参りに一人で行ってきました。
 好天ですが風が強くて冷たい日でした。昔を思い出しながら30分以上祖母のそばにいました。祖母はクリスチャンで日曜日によく教会に行っていました。


バッハのオルガン曲『目覚めよ、と呼ぶ声が聴こえ』/高木リィラ
https://www.youtube.com/watch?v=e436phN-ONQ





P1090026.JPG
3年前に亡くなった祖母が応援してくれた平成16年と24年の年賀状


 もう一人の12年前に亡くなった祖母のお墓参りにも行きました。祖母は認知症になって私が介護したのですが、子供の頃のことはよく覚えていて、「もしもしかめよ」の歌は4番まで歌うことができました。

Japanese Children's Song - Usagi to Kame - うさぎとかめ
https://www.youtube.com/watch?v=ngBUzQxaOVU

 私の初めてのLPレコードは小学校の頃にその祖母に買ってもらった天地真理のLPでした。次がビートルズの「レット・イット・ビー」のLP。天地真理のLPは今も持っています
ちなみに最初に買ったシングル盤はたぶん沢田研二の「あなただけでいい」、洋楽シングルはビートルズの「レット・イット・ビー」で今も持っています。





P1090029.JPG
12年前に亡くなった祖母が買ってくれた天地真理のLPと付属シングル


 天地真理のLP「ちいさな恋 / ひとりじゃないの」は、「レット・イット・ビー」のようにほぼ全曲が良い曲で、当時の有名作詞家作曲家が総動員されていました。10週近くオリコンチャートで1位。天地真理は国立音大附属高校でピアノを専攻していたため、おまけとして天地真理が弾いたショパンとバッハのインベンションのシングルがついていました。今思うと、このLPから自分が受けた影響は非常に大きかったと思います。天地真理がクラシックやビートルズに導いてくれたんだなあと改めて気づきました。
 ありがとう、おばあちゃん。

P1080238.JPG


天地真理/ちいさな恋
https://www.youtube.com/watch?v=WanOwaTiKAU
フォークに近い1stシングル「水色の恋」(最高3位)と、完全に大衆化した3rdシングル「ひとりじゃないの」(数週間1位)をつなぐ2ndシングル(2週間1位)。





天地真理プレイズ・バッハ "インベンション15" ( Mari Amachi plays BACH invention15)
https://www.youtube.com/watch?v=C-1X4gm87fs

Glenn Gould / Invention 15 Bach
https://www.youtube.com/watch?v=hyTA4CT0-pA

あなたと私 天地真理♪ ショパン
https://www.youtube.com/watch?v=3RRg0MKRIaI





P1080557.JPG
posted by カンカン at 00:11| 神奈川 | Comment(0) | 日本のポップスとロック Japanese music & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

新春カラー映像 祝祭 1976年 レ・オルメ Le Orme

P1080508.JPG


今日の1曲
  Le Orme - Sera(日暮れ) 1975年
  Le Orme - Amico di Ieri(昨日の友) 1975年
  Le Orme -Canzone d'Amore (愛の歌)1976年





 本ブログのタイトルであるイタリアのバンド、レ・オルメの今までで一番古いカラー映像がみつかりました。曲は1976年の Amico di Ieri(昨日の友)です。レ・オルメの音楽は当時のベトナム戦争などの社会情勢を見事に反映していました。

 1973年のFelona e Soronaでは核戦争による世界の終末を、1974年のContrappuntiでは人類の尊さを歌い、ベトナム戦争が終結した1975年にはなんとロスアンゼルスに行って米ロック調のLP「Smogmagica」を録音しています。

 Amico di Ieriは「Smogmagica」からシングルカットされ、最高8位までヒットしました。ContrappuntiとSmogmagicaの間には、1975年にシングルでだけ発売されたSeraがあり、プログレッシブロックからポップスへのサウンドの転換点になっています。


P1080371.JPG
レ・オルメLe Ormeのイタリアシングルチャート。


 今年になって1976年2月のレ・オルメのカラーでは今までで一番古いビデオクリップAmico di Ieriを発見。Smogmagicaだけブルースを得意なギタリストTolo Martonが参加。次作からはもっと洗練された音を出すギタリストGermano Serafinが加入。

Le Orme - Amico di Ieri カラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=oicIyEyHgS0
特に大きなサビのメロディーもないのに引き付けられていく曲。





Le Orme - Sera
https://www.youtube.com/watch?v=MAsvAT15FuU

Le Orme - Sera - India
https://www.youtube.com/watch?v=Kf6Uy-n7DJ4
1975年5月5日 Modena Teatro Storchiでのライブ。


P1080378.JPG


 そしてついにLe Ormeは1976年のシングルCanzone d'Amore(愛の歌)で完全にポップ化し、チャートで1位に。
 音楽祭Festivalbarの映像ではバンドも観衆も喜びに満ち溢れています。

 レ・オルメはプログレッシブロック時代にLPで1位になり、ポップス期においてもシングルで1位になった世界でおそらく唯一のバンドです。
 Pink Floydはシングルが最高2位、YesはLPが1位にはなっていません。

Canzone d'Amore - Le Orme
https://www.youtube.com/watch?v=-pgOH7LP-rU
Festivalbar音楽祭。ベースが大観衆を煽り、キーボードもダンス。ベトナム戦争終結の祝祭。

Sta girando il sole intorno a noi
Senti il mondo che non grida più

It's turning the sun around us
Feel the world that no longer cries





2018年01月01日

A Happy New Year 2018 ! 元気の出るロック・82歳ベーシスト・スパイダース加藤さん

P1080266.JPG
Mitsuru Kato is the bassist of The Spiders, the first sharp rock band in Japan in the early 1960s. He is 83 years old now and is playing active.


今日の1曲
 82歳加藤充さん(ex. The Spiders) / Black is Black 
 スパイダース フリフリ





 明けましておめでとうございます。本年もつたないブログですが、お暇がありましたらお寄りください。今年の1発目は、「元気の出る」ロックシリーズとして82歳(今は83歳)のザ・スパイダースのベース加藤充さんの圧倒的なパフォーマンス。

スパイダースThe Spiders Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9

 往年のGS、ザ・ブルーインパルス、ザ・ガリバーズ、ザ・ラブの合体バンドであるザ・レジェンズ。70才のメンバーの中で、82歳の加藤充さんが圧倒的なパフォーマンス。昨年末GSフェスティバルで出演者たちも驚いた演奏をみつけました。

Black is Black 82歳加藤充さん(ex. The Spiders)の力強いベース演奏
https://www.youtube.com/watch?v=OATCg4Khqls
こんなに体全身を使ってグルーブを表現するベーシストは黒人でさえも見たことがない。

 スパイダースは、その後芸能界、音楽界で活躍する人たちを輩出した日本のロックの先駆者。1971年1月解散。加藤さんだけは生命保険の営業の世界に転身して成功されました。長いインターバルの後にこれほどの演奏をされるとは。自分も頑張らねば!

The Spiders - Album No.1 - FULL ALBUM
https://www.youtube.com/watch?v=0ppD9upOWbE&t=287s
1966年4月15日発売。日本で最初のロックバンドの1st LP。半世紀52年前!





P1080278.JPG
向ヶ丘遊園の大階段のリフトに乗るスパイダース


スパイダース フリフリ ライブ
https://www.youtube.com/watch?v=EU_oeCiSgfU
今の時代に必要なのはこのようなエネルギーだろう。キンクス、アニマルズなどの影響を受けた3拍子の日本の囃子のロック。1:35に想い出の向ヶ丘遊園。





P1080269.JPG