2018年07月16日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」O INDEX 第1回〜第15回の分(1976年〜1984年)




 猛暑が続いております。水害の日にカメラを落として壊してしまい、頭が真っ白になりました。カメラ一つでもこれだけのショックだと思うと、被災地の水害を受けられた方に心よりお見舞い申し上げます。

 3月から始めた「山口冨士夫と情報誌シティロード」も4か月になります。今までを振り返ろうと思ったのですが、時系列の順番が入り組んでしまいましたので、今回はまずINDEXを作ってみようと思いました。



第1回(3月17日) 1983年1月号〜6月号  
   → 山口冨士夫バンド復活  
                                
第2回(3月21日) 1983年7月号〜12月号 
   → 山口冨士夫バンド好調

第3回(3月28日) 1984年1月号〜6月号 
   → タンブリングダウンに改名(5月)

第4回(4月5日) 1984年7月・8月号 
   → タンブリングダイスに改名

第5回(4月11日) 1984年9月・10月号 
   → タンブリングスに改名

第6回(4月17日) 1984年11月・12月号 
   → 活動停止

第7回(4月25日) 1980年8月・9月号  
   → 裸のラリーズでライブを再開

第8回(5月2日) 1980年10月号〜1981年3月号 
   → 裸のラリーズを脱退

第9回(5月11日) 1976年と1977年の「ぴあ」 
   → リゾート(ルイズルイス加部)

第10回(5月16日) 1978年の「ぴあ」
   → セッション活動(福生)
       +1974年の「Music Life」 

第11回(5月25日) 1979年の「ぴあ」 
   → 村八分再結成(京都)
       +1971年・1973年の「ニューミュージックマガジン」

第12回(6月4日) 1981年4月号〜12月号
   → 活動停止期(裸のラリーズ脱退後)

第13回(6月13日) 1982年1月号〜6月号
   → 活動停止期

第14回(6月20日) 1982年7月号〜12月号
   → 活動再開(11月から)

第15回(6月28日)「ぴあ」1980年1月号〜7月号
   → 裸のラリーズでセッション



 【時系列で並べ直すと以下のようになります】



第9回 (5月11日)  → 1976年 リゾート
第10回(5月16日)  →   セッション活動(福生)
第11回(5月25日)  → 1979年 村八分再結成(京都)
第15回(6月28日)  → 1980年 裸のラリーズ加入
第7回 (4月25日)  →   裸のラリーズでライブ
第8回 (5月2日)   → 1981年 裸のラリーズ脱退
第12回(6月4日)  →   活動停止期
第13回(6月13日)  →   活動停止期
第14回(6月20日)  → 1982年11月から活動再開
第1回 (3月17日)  → 1983年山口冨士夫バンド復活
第2回 (3月21日)  →   山口冨士夫バンド好調
第3回 (3月28日)  →   タンブリングダウンに改名
第4回 (4月5日)   →   タンブリングダイスに改名
第5回 (4月11日)  →   タンブリングスに改名
第6回 (4月17日)  → 1984年12月から活動停止


 
 次回からは、今回、「シティロード」「ぴあ」「ニューミュージックマガジン」「Music Life」などの資料を読み返し、1984年までの山口冨士夫の活動について感じたことを書こうと思います。


P1020061.JPG

2018年06月28日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」N「ぴあ」1980年1月18日号〜7月18日号

P1190639.JPG
「ぴあ」1980年1月18日号〜7月18日号にも山口冨士夫の名前はみつからない。
「シティロード」8月号(「ぴあ」8月15日号)の8月14日屋根裏の裸のラリーズで復活。


今日の1曲

 Paul McCartney & Wings - My Love 1973年
 Maxophone - I heard a butterfly 1975年
 The Ramones - Blitzkrieg Bop  1976年 

 いよいよ暑くなってきました。PCが壊れる寸前です。山口冨士夫と情報誌「シティロード」の15回目は、ないと思った「ぴあ」の1980年1月号から7月号を発見しました。「1971年〜1984年の振り返り」の予定でしたが、変更します。

 1979年7月の京都での村八分の再結成ライブの後、秋に解散し山口冨士夫は東京に戻ります。そして1980年に裸のラリーズに加入し、その最初のライブは8月14日に屋根裏で行われていますが、「シティロード」に山口冨士夫の名前は出ていません。

 したがって今回も山口冨士夫は出てきませんので、山口冨士夫や村八分に関わったミュージシャンについて振り返ってみます。このころはバイトに明け暮れていたので個人的な思い出もほとんどありません。「ぴあ」はこの頃隔週刊になっています。

 
☆1月18日号

 ・1月7日  新宿ロフト 自殺
 ・1月14日 新宿ロフト シーナ&ロケット
 ・1月16日 屋根裏 裸のラリーズ
 ・1月18日〜24日 日劇 沢田研二
 ・1月19日〜22日 RCサクセション

 元村八分青木真一のスピードと活動した自殺やサイズがロフトや屋根裏でライブ。青木真一と元自殺、サイズの佐瀬浩平と中島一徳が1981年にフールズを作り、1982年11月22日ライブの山口冨士夫ゲスト出演を機に1987年にTeardropsを結成。


☆2月1日号

P1190646.JPG
ロックのライブハウスが東京にはロフトと屋根裏しかなかった時代の出演者はユニーク。

 ・1月19日〜22日 屋根裏 RCサクセション
 ・1月21日〜2月2日 ポールマッカートニー&ウイングス 武道館(中止)
 ・1月22日 新宿ロフト サイズ
 ・1月26日 屋根裏 自殺
 ・1月27日 屋根裏 シーナ&ロケット
 ・1月31日 屋根裏 春日博文とThe Uppers(メンバー:忌野清志郎、三上寛)
 ・2月1日  屋根裏 SYZE

 2月1日号の屋根裏の出演者は、2週間のうち8日間が、後に山口冨士夫と共演するメンバーがいるバンド。1966年のビートルズ以来のポールマッカートニー公演は、1973年のローリングストーンズのように中止。

Paul McCartney & Wings - My Love
https://www.youtube.com/watch?v=vx5QxoWCG-I





☆2月15日号
 ・2月9日  屋根裏 シーナ&ロケット
 ・2月11日 新宿ロフト シーナ&ロケット
 ・2月13日 新宿ロフト スマイラー


☆2月29日号
 ・2月18日 屋根裏 連続射殺魔(from京都)
 ・2月28日 新宿ロフト 自殺
 ・2月22日 屋根裏 内田裕也&スマイラー
 ・2月25日 屋根裏 スピード

 1983年に山口冨士夫(後のタンブリングス)のミニアルバム「Ride On」リリースに関わる和田哲郎の連続射殺魔がライブ。元ダイナマイツで1983年元旦に山口冨士夫とKIZUでライブを行う大木啓三のスマイラーは内田裕也とライブ。

☆3月14日号  
 ・3月6日 屋根裏 だててんりゅう

 1979年7月に村八分と共演した京都のだててんりゅうが東京でライブ。
 人気投票「ぴあテン」のコンサート部門でRCサクセションが48位。
 レコード部門の1位は久保田早紀の夢語り(投票者の平均年齢18歳)。

☆3月28日号
 ・3月19日 新宿ロフト フリクション
 ・3月23日 屋根裏 サイズ
 ・3月24日 屋根裏 裸のラリーズ
 ・3月28日 屋根裏 内田裕也 スマイラー

「So What」によると山口冨士夫は裸のラリーズに加入してから3か月ぐらいはスタジオにこもっていたとあります。3月24日以降、裸のラリーズの次のライブは山口冨士夫が加入した8月14日の屋根裏のライブになります。

☆4月11日号
 ・4月1日〜3日 屋根裏 シーナ&ロケット
 ・4月12日 クロコダイル ジョー山中(予定)800円

 この号から、渋谷に屋根裏に続くロックのライブハウスとしてクロコダイルが登場。
このころは、まだ、東京にはロフト、屋根裏ぐらいしかロックのライブハウスはありませんでした。

☆4月25日号
 ・4月26日 クロコダイル ジョー山中スペシャル 4800円

☆5月9日号 
 ・4月30日 新宿ロフト 自殺

☆5月23日号
 ・5月24日 横浜スタジアム 沢田研二
 ・5月16日 新宿ロフト 自殺
 ・5月14日 屋根裏 内田裕也スマイラー

☆6月6日号
 ・6月5日 新宿ロフト 自殺
 ・6月8日 クロコダイル スマイラー
         屋根裏 自殺

☆7月4日号
 ・6月27日〜29日 西武劇場 ラモーンズVSシーナ&ロケット
 ・7月5日 日比谷野音 単独RCサクセション

 ラモーンズの初来日は初演からシーナ&ロケットとの共演。
 ラッテエミエーレの「受難劇」も放送したFM東京の「スペースフュージョン」は6月28日が最終回。先日逝去したSergio Lattuadaのマクソフォンがラスト。合掌。

The Ramones - Blitzkrieg Bop
https://www.youtube.com/watch?v=TYh1lRR1m6Y
ラモーンズも村八分のようにオリジナルメンバーの4人が亡くなった。

Maxophone - I heard a butterfly 1975
https://www.youtube.com/watch?v=ZmXt1_N2-dk  





☆7月18日号
 ・7月4日 福生Electric Uzu 外道レコード発売記念ライブ
 ・7月22日 渋谷公会堂 萩原健一

 1978年頃にElectric Uzuで山口冨士夫とセッションした元トゥーマッチの青木正行が加納秀人と再結成した外道のニューアルバム。1982年に再び解散。1983年に青木正行は山口冨士夫バンドを結成。加納秀人は2011年に山口冨士夫と「香り」を演奏。


★「シティロード」8月号(※ 山口冨士夫と情報誌「シティロード」の7回目参照)
 ・8月14日 屋根裏 裸のラリーズ [山口冨士夫参加]


 次回、山口冨士夫と情報誌「シティロード」の16回目は、第1回から15回の「1976年(1971年)〜1984年まで」を順番を整理して、まとめて振り返る予定です。


P1170862.JPG

2018年06月20日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」M1982年7月号〜12月号

P1190402.JPG
「シティロード」1982年11月号 山口冨士夫が知らずにされたという告知
これをきっかけに18か月ぶりに山口冨士夫が音楽活動を再開


今日の1曲
 Jimi Hendrix / Foxy Lady Jimi Hndrix Concerts 1968年 
 ジャックス / マリアンヌ 1968年
 タイガース(Vo加橋かつみ) / 花の首飾り1968年
 Can / Mother Sky / Deadlock 1970年
 Il Balletto Di Bronzo / Secondo Incontro 1972年
 村八分 / あやつり人形 1972年
 Latte e Miele / Getzemani 1972年
 Iggy & The Stooges / Search And Destroy 1973年
 後藤啓子 / Il tempo di impazzire 1980年
 ABC / ルックオブラブ1982年
 裸のラリーズ / 造花の原野 1982年10月
 Michael Jackson (Ft. Paul McCartney) The Girl Is Mine 1982
 大貫妙子 / 風の道 1982年
 Joe Yamanaka and The Wailers / Reggae Vibrations 1982年
 前野曜子/ コブラCOBRA 1982年


 今回、山口冨士夫と情報誌「シティロード」第14回は、前回L1982年1月号〜6月号に続いて、7月号〜12月号を振り返ってみます。11月号で山口冨士夫が音楽活動をついに再開し、タンブリングス、Teardropsに繋がっていきます。



☆1982年7月号

 ・7月19日 新宿ロフト 外道(青木正行 → 山口冨士夫バンド)
 ・7月27日 渋谷ライブイン’82 ジョー山中&レゲエバイブレーション
                     LP発売記念ライブ

 インタビューは6月25日にLPを発売したスターリンの遠藤みちろう。チャー坊と同じ1950年生まれ。「客からの嫌悪感や憎悪の方が、ヨカッタ、ヨカッタという日常的な弱い部分で結びつくより確かだった」と語っています。

 「ライブ村八分」の「うるさい!」「文句あるんだったら、ここへ来たら」からの影響も感じられます。渋谷陽一のラジオ「サウンドストリート」で、遠藤ミチロウが当時幻だったジャックスのマリアンヌをかけ、録音できたのは衝撃的で貴重でした。 

ジャックス / マリアンヌ
https://www.youtube.com/watch?v=7-fO14G4Rg0
山口冨士夫「So What」でも裸のラリーズのところで「そういえば、ジャックスっていうのもいたな」と語っている。

 7月16日に加橋かつみ「ファーストコンサート」を厚生年金会館で見る。ダイナマイツの「ゆめがほしい」を作曲したすぎやまこういちがゲストで登場。山口冨士夫は、加橋かつみ、陳信輝とセッションをして加橋かつみから「フジオちゃーん」と言われたとのこと。

 加橋かつみ著「日盛りの街に出て」によると、高校の体育の教師の黒人のハーフの同級生への侮辱的な言葉に怒り、教師を殴って退学になる。定時制高校ではオートバイに凝り、オートバイが故障した瞳みのるに声をかけたのが、タイガースの始まりだった。

 このころ目標を失いディスコに通いました。六本木に行くきっかけになったLP「パリ1969」の加橋かつみと道で遭遇。「あっ」と緊張して固まり「頑張ってください」と言ったら笑っていました。ダンスはこれ以上速いステップを踏めないと思い行かなくなりました。

タイガース / 花の首飾り
https://www.youtube.com/watch?v=4ZjUNRTXUnI
加橋かつみがリードボーカルのGS最大のヒット。オリコン8週間1位





☆1982年8月号

 インタビューは1990年に山口冨士夫が参加するRCサクセション。屋根裏からスタートし、8月7日にはヨコハマスタジアムでライブ。山口冨士夫はRCサクセションについて、「村八分からあくを抜いて広めてくれたのが清志郎だ」と語っていました。

 Canのホルガーシューカイのインタビューも掲載。村八分も1972年後半ごろからCanのような曲も演奏していた。1969年にヨーロッパに渡ったヒッピーのダモ鈴木と、アメリカに渡ったチャー坊には共通するものが感じられます。

Can - Mother Sky / Deadlock - Live in Soest, Winter 1970
https://www.youtube.com/watch?v=6w0UnQ2mMQw
村八分が結成された1970年

 8月31日に渋谷TAKE OFF7で久保田早紀のライブを見る。異邦人と1stアルバムの後、会社の方針で明るいポップス路線に変更したが、ヒットが出ず本人もかなり悩んでいた。渋谷「ラ・ママ」も開店し、シャンソン、コント、フュージョンなど幅広いジャンル。

P1180912.JPG

 レコードレビューでは、元村八分の恒田義見のペグモを「日本の10t」として紹介。ジョー山中+ウェイラーズをボクサー時代のジョー山中がモデルになった「矢吹丈」風のイラスト付きで紹介。パンタのポップ路線には違和感があると評価。


☆1982年9月号

・9月12日 田島ヶ原フリーコンサート ペグモ(ex村八分、四人囃子、安全バンド)  
・9月27日 渋谷Eggman ジョー山中

 ABC / ルックオブラブの一面広告を掲載。ドイツのCan、Kraftwerk、Neu! からの影響はイギリスのSex Pistols、Ultravox、JohnFoxxへと受け継がれ、米国ソウル、Beatlesの伝統と結びついてダンスミュージックへ進化して大きな潮流になる。

ABCルックオブラブ
https://www.youtube.com/watch?v=sW4ytGQiaUc

 もう出尽くしたと言われていたJimi Hndrix のライブ音源2枚組LP Concertsが発売。ものすごい音圧でMixされ、初めてジミヘンに大衝撃を受ける。山口冨士夫は「日本のギタリスト」などでジミヘンは弾けると語っているが音源を聞いたことがない。

Jimi Hendrix – Foxy Lady Jimi Hndrix Concerts live 1982年
https://www.youtube.com/watch?v=M5RieWR63_k

Fire/Jimi Hendrix
https://www.youtube.com/watch?v=DHB5PnUGBDs


☆1982年10月号

・10月2日 慶應大学日吉 裸のラリーズ
 
 慶應大学日吉で裸のラリーズのライブ。
 聴き比べると、1980年の山口冨士夫の参加によって、同じ曲の「造花の原野」のサウンドが変化していったことがわかります。

裸のラリーズ 造花の原野 1973年 OZ Days liveより
https://www.youtube.com/watch?v=uQFV_2dXpVk&t=309s

裸のラリーズ 造花の原野 1980年8月14日
https://www.youtube.com/watch?v=HOUqOAL-utM
山口冨士夫参加

裸のラリーズ 造花の原野 1982年10月2日
https://www.youtube.com/watch?v=aQ51XRWDnQY&t=140s





 10月25日〜30日にクロコダイルで、1992年に山口冨士夫と京大西部講堂でライブを行う山内テツが、ジャズの近藤等則らとフリージャズのセッション。ライブハウスニュースで、「聴くというよりは「体験」といったほうがよさそう」と紹介。

 10月にPolydorから4月のFaust、Velvet Undergroundに続いてイタリアンプログレッシブコレクションを再発。前例のないリーフレット付きの完全復刻は1985年の「ライブ村八分」の復刻にも影響を与えたと思われます。

Il Balletto Di Bronzo - Secondo Incontro 1972
https://www.youtube.com/watch?v=l_PcallDgdI
2:00〜 1972年の村八分「ライブ三田祭」あやつり人形に通じる緊張感

Latte e Miele Getzemani 1972
https://www.youtube.com/watch?v=7mXLh-fjkv8&index=4&list=PL94gOvpr5yt1o55J1HRIcTYgkGtdSihfW
1972年のヒッピーの聖地京都のような空気を感じさせる映像





 10月に『Thriller』の先行シングルとして、マイケルジャクソンがポール・マッカートニーとのデュエット「The Girl Is Mine」を発表。黒人初のスーパースターと昔からのヒーローBeatlesのポールの共演は、山口冨士夫に刺激を与えたと思います。

The Girl Is Mine - Michael Jackson (Ft. Paul McCartney)
マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー
https://www.youtube.com/watch?v=Ol-8OaLFME8
ミュージックTVの登場とともにMJの人気が爆発した。


★1982年11月号

P1190422.JPG
山口冨士夫が復活する11月号の表紙はStevie Wonder。
黒人スターが躍進しフロントに出る時代が始まる。

 ・10月31日 上智大学 外道
 ・11月3日  復活神大ロックフェス Pinkcloud
 ・11月20日 法政大学特設ステージ 前夜祭 シーナ&ロケッツ
 ・11月22日 法政大学ホール 人呼んでオールナイト1300円
         出演:The FOOLS+山口冨士夫
 ・11月28日 屋根裏 Tokyo Raw Power フールズ 

 山口冨士夫「So What」や「天国のひまつぶし」でも書かれている11月22日の法政大学ホールのオールナイトライブ。山口冨士夫が「The FOOLS+山口冨士夫」として「シティロード」に告知され、1年8か月ぶりに音楽活動を再開します。

 これは山口冨士夫が知らないところで「シティロード」に掲載されたとのことですが、フールズも当日まで知らなかったという情報もあります。元村八分の青木真一が、山口冨士夫と一緒に活動したいと思って計画したのではないかとも想像しています。

 村八分は1970年に山口冨士夫と青木真一の東京での出会いから始まり、1971年に青木真一が村八分を脱退して京都から東京に帰る。
 2人が共演するのは実に11年ぶりということになります。

P1180905.JPG


 11月号の「コンサートピックアップ」欄には「元裸のラリーズのギタリスト、山口冨士夫を迎えたフールズ」と記載。ポピュラークラシック合わせて2ページのindex「や」行にも山口冨士夫が登場。1983年からの「シティロード」の山口冨士夫支援の発端に。
 
 1976年の新宿ロフトに「リゾート・フューチャリング山口冨士夫・ルイズルイス加部」の告知後、私が断続的に持っている「ぴあ」の1977年8月号から1979年12月21日号まで見た範囲では、「山口冨士夫」の名はみつかりませんでした。
 
 また、1980年から裸のラリーズに参加した際も「山口冨士夫」の記載はなし。NMM1973年1月号の小さな「村八分公演決定」の告知から「シティロード」1982年11月号まで、1976年のリゾート以外は「山口冨士夫」の名前は見当たりません。

 したがって約10年間、東京の情報誌に山口冨士夫の情報はほとんどなかったといえます。1983年1月号以降の「シティロード」が、熱い表現で「あの」村八分の「山口冨士夫」と何度も紹介したのは、そのような長い空白期間があったからと思います。

 青木真一のフールズもまた、16か月ぶりの「シティロード」への登場。
 屋根裏で、続けて28日にもIggy & The StoogesのLPタイトルの「Raw Power」というライブをしています。

Iggy & The Stooges - Search And Destroy 1973年
https://www.youtube.com/watch?v=0vnwSVTOnqQ

Iggy & The Stooges - Search And Destroy (Bowie Mix)
https://www.youtube.com/watch?v=LC9km8qnbOY





 1982年秋の学園祭特集で最も出演したバンドは、ピンククラウド6回、カシオペア5回、 シーナ&ロケッツ5回になっています。シーナ&ロケッツは1984年12月21日の法政大学ホールで山口冨士夫(欠席)と共演。

 再結成外道の最後と思われる上智大学でのライブ。ベースの青木正行は、1978年ごろに福生で山口冨士夫とセッションしPyramidで活動。1979年に福生でもライブをした青木真一と結びついて、翌1983年に3者が山口冨士夫グループを結成します。

 この月に、村八分の2代目ドラマー上原裕のいたシュガーベイブ出身の大貫妙子がLP「クリシェ」を発表し、CMで話題になりヒットします。このLPも半分ぐらいの曲が良曲で、山口冨士夫「ひまつぶし」のような傑作でした。

大貫妙子 / 風の道
https://www.youtube.com/watch?v=5dMVRtz2TcU

 銀巴里では、前年の5月に新宿ロフトで青木真一のフールズと共演した保坂夏子が、共演者を厳選する美輪明宏と11月22日に共演。11月16日は、故村上進、故後藤啓子、階見ルイジが共演。後藤啓子が亡くなっていたことを先日知りました。合掌。

後藤啓子 / Il tempo di impazzire
https://www.youtube.com/watch?v=Xc6EXHUyjX8
ライブハウスに霧がかかるような幻想的な声だった。

 1982年に加橋かつみや銀巴里でたくさんの歌手を見れたこと、1983年から1984年に山口冨士夫とタンブリングスを見れたことは、自分にとって一生の心の財産になりました。感謝しかありません。過去を振り返った時、その思いはますます強くなりました。


☆1982年12月号

・12月25日 クロコダイル  Xmasレゲエナイト
         ジョー山中&レゲエバイブレーション

Joe Yamanaka and The Wailers - Reggae Vibrations 1982年
https://www.youtube.com/watch?v=cT3Hahsw4GI

ジョー山中&鮎川誠 / Hiroshima
https://www.youtube.com/watch?v=skD8ZRgiE8o
石間秀機が被爆者の著書に感銘を受けて作ったというフラワートラベリンバンドがアンコールで演奏していた曲。

 12月14日に後に裸のラリーズが出演する鹿鳴館で、ペドロ&カプリシャスの初代ボーカル前野曜子のライブ。チャー坊と同様に40代で夭折した伝説のシンガー。この年、名曲アニメソング「コブラ」をリリースしていた。合掌。

前野曜子 コブラCOBRA 1982年
https://www.youtube.com/watch?v=ryAsyyZfAc8





 次回の15回目の山口冨士夫と情報誌「シティロード」は、時系列が混乱してしまった今までの14回(1970年〜1984年)を整理して振り返りたいと思います。
 1985年以降については、しばらくこの特集はお休みにしようと思っています。


P1190227.JPG

2018年06月13日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」L1982年1月号〜6月号

P1180498.JPG
村八分の唯一のシングルレコード「Recorded live」@TVリブヤング1973年2月4日
A面:鼻からちょうちん B面:にげろ


今日の1曲
 ザ・ダイナマイツ / ユメがほしい1968年
 ザ・タイガース / シー・シー・シー 1968年
 Faust / Krautrock 1973年
 村八分 / 鼻からちょうちん 1973年
 Rufus & Chaka Khan - Once You Get Started 1974年
 THIRD WORLD - Try Jah Love 1982年
 ボーイズ・タウン・ギャング/君の瞳に恋してる 1982年
 大瀧詠一 / カナリア諸島  1982年
 Tatsuro Yamashita / Sparkle 1982年



 山口冨士夫と情報誌「シティロード」の13回目は、1982年の1月号から6月号です。

 山口冨士夫「So What」によれば、山口冨士夫は1981年春にギターを燃やして1982年秋までは音楽活動を停止しています。そこで「シティロード」を見ながら山口冨士夫、村八分に関連する人の1982年の動向や思い出について書こうと思います。

 このブログも11年目に入ります。一昨日も明け方が涼しくて風邪をひきそうになったのでお気を付けください。慌てて厚着をして体調を整えました。これからも無理をせず頑張ろうと思います。お時間がありましたらお立ち寄りください。


☆1982年1月号

P1180900.JPG

 ・1981年12月31日〜1982年1月1日 
      ニューイヤーロックフェスティバル
      出演:沢田研二とExisotics(上原裕Dr元村八分)、ジョー山中など
 
 ・1月23日 クロコダイル ジョー山中&ザ・ジェイ・カンパニー
 ・1月27日 屋根裏 ペグモ(恒田義見ex村八分)

 1979年に京大西部講堂で村八分と共演したジョー山中は、ザ・ジェイ・カンパニーというバンドでクロコダイルに出演。
 ボブ・マーレーの影響でレゲエに移行する直前と思われます。

 1月号は毒舌で人気絶頂のビートたけしのインタビュー。
 後にジョー山中の2006年の自伝本「証」の帯に、ビートたけしは「本物は哀しみを知っている」と献辞を書いていました。

 新宿ロフトではこのころから「暴威」が定期的に出演し、クロコダイルにも登場。5月からBOφWYと改名し、1980年代後半からの第2次バンドブームの先駆け的存在になります。山口冨士夫のTeardropsもその波の中で1989年にメジャーデビューします。


☆1982年2月号

 ・2月14日 屋根裏 外道 (B.青木正行→1983年山口冨士夫バンド)
 ・2月22日 新宿ロフト 外道
 
 1979年に再結成した外道がライブ。翌年ベースの青木正行は山口冨士夫バンド結成に参加。2月号インタビューは、1984年元日のニューイヤーロックフェスティバルに山口冨士夫を招いた内田裕也。ヒット曲がなくてもロックはできると語っています。 

 2月号には、ポリドールがFaustやVelvet Undergroundなどを再発する情報を掲載。1979年からのキングのNew Trollsなどのユーロピアンロックコレクションのシリーズが予想以上のセールスだったため各社が動き出したとのこと。

 これらの動きが1960年代後半から70年代前半のアーカイブの発掘の運動になり、1985年の「ライブ村八分」1973年、山口冨士夫「ひまつぶし」1974年の再発に至ったといえます。2000年には村八分の「鼻からちょうちん」のアナログシングルも出ました。

村八分 / はなからちょうちん  CD「ぶっつぶせ」1971年より
https://www.youtube.com/watch?v=ZGp6GkYkZvk

 1980年代も音楽の商業主義が続く中で、1960、70年代への機運が生まれたと思います。山口冨士夫が1983年4月に復活したときに「60年代後半から70年代の雰囲気で。だってほらみんな表面ばかり舐めてきただろ。もっと深くいこうぜ」と言っていました。

 Faustは、村八分の唯一のシングル「鼻からちょうちん/にげろ」をフジテレビ「リブヤング」で録音した1973年2月4日の翌月にFaust Tapesを49ペンスでVirginから発売。Sex PistolsのジョンライドンもFaust Tapesを買って聞いていました。

Faust / Krautrock 1973年
https://www.youtube.com/watch?v=cBpqeEC8BMY
VirginのFaustWより。山口冨士夫在籍時の裸のラリーズに通じるサウンド。


1973年2月4日村八分「鼻からちょうちん」ライブ収録


 
 2月新譜では、シュガーベイブ時代に元村八分の上原裕と組んだ山下達郎の「For You」をトップで掲載。SparkleがCMで毎日のように流れていました。野音で石を投げられたというシュガーベイブのころから長きを経て遂にシティーポップとしてブレイク。

Tatsuro Yamashita – Sparkle 1982年
https://www.youtube.com/watch?v=gQ9pmFMc5oM

山下達郎 Sparkle ライブ映像
https://www.youtube.com/watch?v=irpmZpj0Ez4
山下達郎は最高のサイドギタリストの一人とも呼ばれる。山口冨士夫はCharに「ギターはサイドだよ」と言っていた。


☆1982年3月号

 ・3月1日  屋根裏 ペグモ(恒田義見ex村八分)
 ・3月8日  渋谷Eggman 鮎川誠
 ・3月17日 日本武道館 タイガース 同窓会コンサート
 ・3月21日 大瀧詠一「ロングバケーション」発売

 ライブハウスニュースでは、超目玉として鮎川誠のソロ活動KOOL SOLO LIVEを紹介。エッグマン、シェルガーデン、ルイードの3カ所。このような鮎川誠のソロ活動が1986年の山口冨士夫とのライブインでの共演ライブにつながったと思います。

 ライブインは渋谷初の500人クラスの中箱。「ライブイン‘82」という店名で3月に開店。3月12日のオープンは、野音でかつて山口冨士夫と共演したファンクのつのだひろ。3月15,16日と20日〜22日にはチャカ・カーン。日本でも黒人ファンクが台頭してきた。

Rufus & Chaka Khan - Once You Get Started 1974年
https://www.youtube.com/watch?v=7fgKhuqNtxw

 3月17日には日本武道館で、タイガースの準再結成「同窓会」コンサート。1971年4月に京大西部講堂で村八分と共演したPYGにも在籍した岸部修三も参加。GSの王者タイガースの11年ぶりの復活は大きな話題になり、テレビやCMに多く出演しました。 

ザ・タイガース / シー・シー・シー 1968年7月15日発売
https://www.youtube.com/watch?v=rsZELNxcZFs&index=8&list=RDab_kJtZ6OxY
この6枚目のシングルで初めてA面の作曲がすぎやまこういちから加瀬邦彦へ。

P1180982.JPG
タイガースのデビューからの5連作を作った「橋本淳作詞、すぎやまこういち作曲」

 ダイナマイツの2枚目のシングル「ユメがほしい」はビクターから1968年3月5日に発売されています。タイガース最大のヒット「花の首飾り/銀河のロマンス」(3月25日発売)と同じく、すぎやまこういちが作曲しました。
 
ダイナマイツ / ユメがほしい 
https://www.youtube.com/watch?v=2Cbf_OwLJTo
 
 「ユメがほしい」はヒットに至らなかったものの良曲で、当時のダイナマイツへの期待がわかります。山口冨士夫がセンターのジャケットもGOOD。「ユメがほしい」は、映画「ケメコの唄」での出演や遊園地でのプロモーション映像があります。 

 3月21日発売の大瀧詠一のLP「ロングバケーション」(はっぴいえんどの松本隆の作詞)が突然大ブレイク。ほとんど無名だった人の音楽が、どこのレコード店でも流れ陳列されているのには驚きました。良い曲が多く内容も良かったです。

 「So What」では、村八分時代に山口冨士夫は青木真一と海ではっぴいえんどを聞いたとあり、「はっぴいえんどの大瀧詠一さんみたいに日本語をはっきり打ち出すのではなく、村八分では言葉を音として捉えようとした」とも言っています。





 1982年は音楽が町や生活に流れていた時代で、活動停止中の山口冨士夫も当時の音楽に全く無縁ではなく、タイガース、沢田研二、上原裕、大瀧詠一の活動を見ていたと思います。1983年の「酔いどれ天使」には「今にみてろよ」という歌詞があります。


P1180978.JPG
「シティロード」1982年1月号〜6月号にも山口冨士夫の名前はなかった


☆1982年4月号

 「シネマ最前線」で「爆裂都市」を特集。ロッカーズ、ルースターズ主演のパンク的映像の「パワーが凄い」と評価。1979年からのパンクは、過激に進むもの、シンセサイザー、ファンク系などに分かれ、ロッカーズはこの年の12月に解散し、役者に転向します。
 
 1981年3月以降に山口冨士夫の名前が消えたのと同様に、青木真一(元村八分)のフールズも、1981年5月の新宿ロフトでのシャンソンとの共演以後、1982年11月号まで「シティロード」に名前が見当たりません。

 1979年にSpeedで最初期のパンクバンドを始めた青木真一も、このころが転機だったようにも思えます。山下達郎は、3コードのロックンロールの衝動こそ最高の音楽と言いつつも、それだけではいつか行き詰ると述べています。

 1982年11月22日の法政大学ホールのライブで、青木真一がフールズの「ゲスト」として「山口冨士夫」に本人に秘密で「シティロード」に告知したのも、1960年代後半から70年代の村八分の原点に互いに戻りたいという思いがあったのではとも思います。

 新譜情報の黒人音楽のトップでは、黒人ファンクの最高傑作の一つであるKickin backを収録したLTDのラブマジックを紹介。サタデーナイトフィーバーのディスコブーム以降、黒人系ダンスが台頭し、年末にマイケルジャクソンで爆発します。

L T D - Kickin' Back
https://www.youtube.com/watch?v=5QT0GkSHD1A
山口冨士夫のトンネル天国、恋のビート、Ride On!のようにソウルフルな歌


☆1982年5月号

 インタビューは、山口冨士夫「So What」旧版の寄せ書きで「山口冨士夫? そりゃ興味あるわな。村八分のころから。同じエレックレコードだったし」と書いていた泉谷しげる。普段は実験的音楽を聴くという勝新太郎の歌手宣言も印象的で「浮遊の夏」を発表。

 元山口冨士夫リゾートのルイズルイス加部のJL&Cがピンククラウドと改名。
 「シティロード」に「バンドの名前が欲しかった」という広告で、6月5日渋谷公会堂など5カ所のツアーを告知。

 新譜情報の黒人音楽のトップで、サードワールド / ラブアイランドを紹介。最上のレゲエバンドとStevie Wonderの才能が結合。この年の夏に初めてディスコに行き、黒人のように踊りたいと思った私にとって最高の曲の一つでした。

サードワールド / ラブアイランドTHIRD WORLD - Try Jah Love
https://www.youtube.com/watch?v=RPwPQyjOBUs


☆1982年6月号

 ・6月29日 新宿ロフト 外道

 「ライブハウスロッカーズ」では、ファンクの方向を目指す暗黒大陸じゃがたらを紹介。「So What」によれば、じゃがたらの江戸アケミは11月22日に法政大学ホールで楽器を持たずに来た山口冨士夫にギターを貸しています。

 インタビューは今は亡き夏目雅子。渋谷ライブインでは、キングクリムゾンのロバートフリップから「日本の音楽を作れ」と言われ「えんやとっと」というダンス音楽を始めた岡林信康の3daysライブを開催。 

 このころ福生のライブハウスには、1979年のころのように山口冨士夫に関連する青木真一や青木正行などのバンドの名前は出ていません。
 ElectricUZUは、SunshineUZUに改名しています。

 このころ、ボーイズ・タウン・ギャング/君の瞳に恋してるがヒット。今もディスコ音楽の定番ソングのトップになっています。1967年のライチャス・ブラザースのリメイクであり、山口冨士夫も耳にしたと思われます。

ボーイズ・タウン・ギャング/君の瞳に恋してるCan't Take My Eyes off you
https://www.youtube.com/watch?v=TJVvTgEj0VI

 次回は、山口冨士夫と情報誌「シティロード」14回目。
 山口冨士夫が11月に活動を再開する1982年7月号〜12月号の「シティロード」を見たいと思います。


P1180197.JPG

2018年06月04日

ブログ10周年「あしあと」「あしあとU」〜 山口冨士夫と情報誌「シティロード」K 1981年4月号〜12月号


P1180221.JPG
山口冨士夫の残した作品、楽曲、演奏は世界レベルでみても素晴らしい。


 今年の3月からスタートした特集・山口冨士夫と情報誌「シティロード」は、時系列の順序が入り組んでしまいました。
 当初「山口冨士夫を偲んでU」として1983年のライブの思い出だけ書く予定でした。

 しかし、「シティロード」を振り返るうちに、山口冨士夫が若い頃の自分に与えた影響の大きさや、2013年の山口冨士夫の死で受けたダメージが深かった理由もわかりました。そこでブログの10周年に向け、山口冨士夫をテーマに書いていこうと思いました。

 書いていて山口冨士夫という稀有のミュージシャン、ロックヒーローに出会えたこと、「シティロード」や「ぴあ」への感謝を感じました。過去の心の古傷に触る作業でもありましたが、何かを残したいという意味での前向きな遺書と思うと幸せな気がしました。

 「天国のひまつぶし」でCharが、山口冨士夫のことを生前に認められなかった天才ミュージシャンの一人と語っていますが、日本では山口冨士夫こそ世界レベルでみても最高のロックのミュージシャン、作曲家ではないかという思いを強くしています。


= 山口冨士夫と情報誌「シティロード」K1981年4月号〜12月号 =


P1180249.JPG
「シティロード」1981年4月号〜12月号


今日の1曲
 Speed, Glue & Shinki(ルイズルイス加部) Run And Hide 1972年
 村上進(元スパイダース)/「カルーソ」Caruso (Lucio Dalla)
 ペグモ(恒田義見ex村八分)/ リトルラブ 1981年
 マイルス・デイビス / ライブ @新宿西口広場 1981年10月4日
 Miles Davis - So What 1959年
 Kraftwerk / Kling Klang 1971年
John Foxx / Systems of Romance 1981年
 沢田研二 / ス・ト・リ・ッ・パ・ー 1981年
             (ドラム:上原裕 ex村八分)
 瀬川洋 & Travelin' Ocean Bluebirds 武蔵野はらっぱ祭り   
           瀬川洋(元ダイナマイツ)上原裕(ドラム)2016年 
 Il Volo / Come una zanzara in Africa 1974年

 山口冨士夫著「So What」によれば、1981年3月23日の屋根裏でのライブを最後に裸のラリーズを脱退した山口冨士夫は、ギターなどを燃やし、一切の音楽活動を停止してしまいます。「オレは、・・・ダメ、だった」と言っています。

 したがって、「シティロード」の1981年4月号から音楽活動を再開する1982年の11月号まで、山口冨士夫の名前は一切みつかりません。今回は1981年4月号から12月号の山口冨士夫周辺の情報や思い出などを振り返りたいと思います。

 山口冨士夫は、裸のラリーズは命がけのアプローチだったと語っています。今回初めて1980年の裸のラリーズの「造花の原野」のライブを聞いたのですが、これほどの集中力で音楽を作ったら一度は燃え尽きてしまうのではないかと思いました。

 山口冨士夫はダイナマイツ時代から海が好きだったと言っており、このころは海によく行っていたようです。1983年8月に江の島で行われたというジョー山中レゲエバイブレーションとの共演ライブは見たかったです。

 

☆1981年4月号

 ・4月8日  新宿ロフト Fool’s day  出演 :Fool’s
 ・4月24日〜26日 Electric Uzuバースデイパーティ 出演:外道
 ・4月3日  平塚レイン チーボー&ベーサイドストリートバンド
 ・4月15日 平塚レイン 陳シンキバンド

 青木真一(元村八分)が、Speedの後にFool’sを結成し、新宿ロフトに出演。
 青木正行も加納秀人と再結成した外道でElectric Uzuに出演。
 青木真一、青木正行は1983年に山口冨士夫バンドを結成。

 60年代から活動する横浜の元パワーハウス(柳ジョージがB.)のVo.チーボーとG.陳信輝が平塚レインで定期的にライブをしています。チーボーはパワーハウスの前に、ルイズルイス加部と「ミッドナイトエクスプレス」を結成していました。

 陳信輝は山口冨士夫とセッションをしたり、スピード・グルー&シンキでは野音で村八分とも共演。1993年の寿町ライブでは、チーボー、陳信輝、ルイズルイス加部、ジョニー吉長が、山口冨士夫の出演の前にMojosとして演奏しました。

Speed, Glue & Shinki - Run And Hide
https://www.youtube.com/watch?v=kwOXVTn7mJc
陳信輝G、ルイズルイス加部B、ジョーイ・スミスVo D

 4月号では、山口冨士夫が1983年4月のライブで「もう死んじゃった奴だけど俺が大好きだった…」と言って「マリアンヌ」をカバーした「フィルモア」のマイク・ブルームフィールドが2月15日に37歳で亡くなったという訃報を掲載しています。

 マイク・ブルームフィールドは、死ぬ直前ほとんど観客のない状態で一人で歌い、大木トオルに「君はイエローで俺はJewだ。俺たちはソウルブラザーだよ」と語り、一緒にレコードを作る予定だったとのこと。(大木トオル「伝説のイエローブルース」より)


☆1981年5月号

 ・5月13日 新宿ロフト フールズvs保坂夏子  
 ・5月14日 新宿ロフト フールズvsブルース

 青木真一のフールズが、新宿ロフトで当時銀巴里専属のシャンソン歌手だった保坂夏子やブルースと共演。シャンソン・カンツォーネとパンクの対バンの告知は見たことがありません。このような企画もロフトの村八分への関心の表れとも思えます。

 私が1982年に銀巴里でウェイターをしたときは保坂夏子は若手で、しますえよしおや村上進などの実力者と共演した普通の印象の歌手でした。ジャニスジョプリンのファンとのことで、どこかで青木真一とつながりがあったのかもしれません。

村上進 /「カルーソ」Caruso (Lucio Dalla)
https://www.youtube.com/watch?v=U40CsMVAtLg
村上進は40代で亡くなったイタリアンポップス(カンツォーネ)の第一人者。
山口冨士夫が中学時代に憧れたスパイダースの初期のボーカルでもあった。
人格者でお兄さんが亡くなった日も力強く歌っていたのを思い出す。

 沢田研二がバックバンドとしてエキゾチックスを結成。
 元村八分、シュガーベイブの上原裕がドラムで参加。
 5月1日に「渚のラブレター」をリリースし、オリコン8位。

☆1981年8月号

 ・8月2日  屋根裏 カルメンマキ&5X
 ・8月13日 屋根裏 ペグモ(恒田義見ex村八分)
 ・8月16日 鹿鳴館 「ロックスペシャル・ザ・ヨコハマ」ルイズルイス加部、Char
        エディ藩(ゴールデンカップス)、野木信一(元パワーハウスd.)
 ・8月18日 屋根裏 裸のラリーズ

 シーナ&ロケットの記事が印象的。
 鮎川誠は、「頭」でビートを作るYMOとの作業で方向性を明確にできなかったために、体の「ビート」の充電のためにブルースセッションなどの単独行動に出ていたそうです。

 レポートによれば、鮎川誠の行動が6月27日の久保講堂での「九州ビート集結コンサート」で充実した結果になってあらわれていたとのことでした。雌伏期にアマチュアなどともセッションをした山口冨士夫に通じるものがあります。

 「ライブハウスニュース」では、8月16日鹿鳴館での「ロックスペシャル・ザ・ヨコハマ」を紹介。山口冨士夫とのリゾートの解散後、ルイズルイス加部はCharとJL&Cで成功していましたが、やはりセッション活動を大事にしていたことがわかります。

 屋根裏では、山口冨士夫が3月に脱退した裸のラリーズがライブを再開。恒田義見(元村八分)の新バンド「ペグモ」は、岡井大二・坂下秀美というニューロックを代表した四人囃子のメンバーも加わり、シンセポップへの時代の変化を感じさせます。

 OZを解散した後のカルメンマキも、この5Xのころが一番方向性が苦しかったとのことです。屋根裏の昼の部では、ELPの影響を受けた小室哲哉&STAYが定期的にライブを開始しています。

ペグモ(恒田義見ex村八分、岡井大二・坂下秀美ex四人囃子)/ リトルラブ
https://www.youtube.com/watch?v=x_alQWvdOUc
実力者たちによる深い味わいの美しいシンセポップ。和的要素もある。
この後、恒田義見は和太鼓の世界へ


☆1981年9月号

 クラフトワークのインタビューを掲載。彼らが10年前トマトをぶつけられて演奏したシンセサイザーを今は中学生が演奏。「YMOのようなバンドが人気を得るということは僕たちのしてきたことが認められたということでもあり、自信がついた」と語っています。
 
Kraftwerk / Kling Klang 1971年
https://www.youtube.com/watch?v=MXnjC3w6v60
村八分が「くたびれて」の後、カントにドラムが変わったころの録音。Kraftwerkは「我々は音響上のバーダー・マインホフ・グループ(過激政治組織)だ」と言っていた。

 山口冨士夫もブライアン・イーノに関心をもっていました。特に東芝からメジャーデビュー後のTeardropsが、時代のサウンドに対応して若い世代に受け入れられたのも山口冨士夫のシンセポップ等に対する理解があったからではないかと思います。

P1180252.JPG
元村八分出身では最もテレビに出演した上原裕が在籍したEXOTICS

 9月21日に沢田研二が、「JULIE & EXOTICS」として自ら作曲した「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」をリリースします。レコードジャケットにも元村八分の上原裕などのメンバーを出しロックバンド指向を打ち出しました。

沢田研二 ス・ト・リ・ッ・パ・ー 1981年ライブ
https://www.youtube.com/watch?v=0LEXckET_fQ
日本テレビ「歌のベストテン」6位。上原裕のドラムとともに圧倒的なパフォーマンス。
元ライバル堺正章(exスパイダース)もバンドサウンドに敬服しているように見える。


☆1981年10月号

 ・10月2日〜4日 新宿西口広場 マイルス・デイビス
 ・10月14日 屋根裏 ペグモ(恒田義見)

 山口冨士夫が著書「So What」のタイトルにも使った復活マイルス・デイビスの来日公演が行われました。伝説的なパフォーマンスは賛否両論の的に。
 山口冨士夫の1982年の復活にも大きな影響を与えたと思われます。

Miles Davis - So What
https://www.youtube.com/watch?v=zqNTltOGh5c
1991年11月号のニューミュージックマガジンで、裸のラリーズの水谷孝もマイルス・デイビスやジョンコルトレーンから影響を受けたと語っている。

マイルス・デイビス 新宿西口広場 1981年10月4日
Miles Davis - Live in Tokyo, October 4, 1981 
https://www.youtube.com/watch?v=q5pTORxHcr8
レーザー光線も使った伝説のライブ

 1981年には、1974年のイタリアのIL VOLOの1stがキングから再発。これも1974年の山口冨士夫「ひまつぶし」のように捨て曲のない名盤。村八分がイギリス進出を目指したようにIl Voloも世界進出を目指して結成された。

IL VOLO / Come una zanzara in Africa 1974
https://www.youtube.com/watch?v=5CtFlLsSqsI&list=PLC6447C3BDA2D4CA7
1974年当時世界最高レベルのバンドの一つ


☆1981年11月号

 ・11月17日 屋根裏 ペグモ(恒田義見)

 11月号ではジョンフォックスの1面インタビュー。ジョンフォックスの作ったUltravoxは時代に早すぎたため、皮肉にも彼が脱退した後にブレイクする。ソロアルバムThe Gardenは、山口冨士夫「ひまつぶし」のように捨て曲がなくバラエティーに富む名盤。

John Foxx - Europe After The Rain
https://www.youtube.com/watch?v=DFjkOWigb-M

John Foxx / Systems of Romance 
https://www.youtube.com/watch?v=I7e2tsabigs
1972年村八分「ライブ三田祭」のあやつり人形をElectricにしたような印象を受ける

 
☆1981年12月号

 ・12月16日 クロコダイル Fen-Child(瀬川洋 元ダイナマイツリーダー)
 ・12月17日 クロコダイル Chibo(元パワーハウス) 
 ・12月21日 クロコダイル スマイラー(大木啓三 元ダイナマイツ)
 ・12月23日 クロコダイル Rockers vsバトルズ(ルースターズ)
 ・12月21日 クロコダイル Joe山中 One nite stand
 ・12月19日 屋根裏 裸のラリーズ
 ・12月30日 屋根裏 外道(青木正行 → 山口冨士夫タンブリングス)
 ・12月31日 渋谷ハチ公前 10時
         「大道芸人渋谷街頭興行 ストリート・ライブ・イン渋谷」
          出演:ヒカシュー、裸のラリーズ、山海塾他

 1978年のSex Pistols以降、パンクによってライブハウスが増えます。中でも、山口冨士夫が1983年以後に拠点とするクロコダイルのブッキングの充実が目立ちます。山口冨士夫が在籍したダイナマイツからは瀬川洋、大木啓三が出演。

 大木啓三は、1983年元日にクロコダイルで山口冨士夫とKIZUを結成。
 鮎川誠のシーナ&ロケッツが先達となった「九州めんたいビート」の「ロッカーズ対ルースターズ」のライブ企画も行われています。

瀬川洋 & Travelin' Ocean Bluebirds 武蔵野はらっぱ祭り 2016-11-05
https://www.youtube.com/watch?v=ETtkNUh5Dzo&t=530s
山口冨士夫が、彼ほど歌が上手い人はいないと言った瀬川洋、上原裕の演奏はいまだに衰えない。安心して聴けて元気が出てくる。


 次回は、山口冨士夫と情報誌「シティロード」13回目。
 山口冨士夫が活動を再開する1982年の「シティロード」を見たいと思います。


P1160751.JPG


〜 ブログ10周年「あしあと」「あしあとU」 〜

 ご覧いただきありがとうございます。
 おかげさまで、6月4日をもちまして、ブログ「あしあと」「あしあとU」は10周年を迎えました。 記事の数は665件なります。 

 2008年6月4日は雨。祖母が死んだ2006年5月ごろから初めて体調が悪化し、遺書代わりとも思いブログをスタート。その後体調回復。5周年の2013年8月の山口冨士夫の死の頃から再び体調悪化。苦しさに耐え切れず2014年1月に本当の遺書を書く。

 2014年8月ごろから徐々に体調回復。祖母、父、親友、キース・エマーソンの死など2015年、2016年と下降線をたどりつつもなんとか体調を維持。
 ブログは、前半の5年に比べ、後半の5年はあっという間だった気がします。

 体調を回復できたのはダンスの力が大きかったです。しかし、もうあの地獄のような状態に戻りたくありません。今までの経験から、体調の維持のために一番大事だと気づいたのは、プラス思考、深呼吸と体幹・柔軟性をつくる運動です。

 過大なストレスやショックがあると精神的に落ち込み、体を動かさなくなります。
 すると、呼吸が浅く、体も硬くなり、酸素や血液の循環が停滞し、猫背になると特に首に集中している神経が長時間圧迫されます。

 それらの結果、体の各所に澱んだ部分ができ、体調が崩れ病気になるのだと思います。精神的に苦しい時こそプラス思考をとり深呼吸や柔軟運動ができるようにすることが大事だと思います。あたりまえのようで、平常時から意識しないと難しいと思います。

 先日も、スキージャンプのレジェンド葛西選手が、ジャンプ前の深呼吸や、日頃から体幹を作り疲れない体を作ることを紹介していて、なるほどと思いました。特にブログを書いているときは意識しようと思っています。

P1170962.JPG

2018年05月25日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」J1979年の「ぴあ」+1971年・1973年のニューミュージックマガジン

P1170305.JPG
ニューミュージックマガジン(NMM)1973年2月号 
鋤田正義「山口冨士夫フォトセッション」、村八分の公演やディスコガロ出演情報を掲載


今日の1曲
 村八分 / Twist and shout 1979年5月
 村八分 / マネー 1979年7月
 村八分 / 操り人形 1971年4月
 New Trolls / Concerto Grosso Adagio 1971年3月
 Speed / BOYS I LOVE YOU 1979年
The Stooges / Down On The Street 1970年
 村八分 / ぶっつぶせ 1971年
 Beatles / I saw her standing there 1963年
 山口冨士夫 Tumblings /んっ(村八分)1983年
 カシオペア / タイムリミット 1979年
 YMO / Technopolis 1979年
 久保田早紀 / 星空の少年 1979年


 山口冨士夫と情報誌「シティロード」11回目は、前回の1978年に続いて、1979年に購読した情報誌「ぴあ」を見てみました。1979年は山口冨士夫が村八分を再結成した年ですが、東京の「ぴあ」には、山口冨士夫の名前はみつかりませんでした。

P1170540.JPG
「ぴあ」1979年4月号から1980年1月4日号。
有名な表紙を書いた及川正通もミュージシャンだった。

 そこで、前回に続いて山口冨士夫著「So what」「村八分」等をてがかりに、1979年を振り返ってみたいと思います。ニューミュージックマガジン1971年12月号、1973年2月号も見てみます。「ぴあ」の1979年1月号は所持していませんでした。

 1月21日に元村八分の青木真一は8年ぶりにSpeedとして録音。春に山口冨士夫は村八分再結成のために京都へ。山口冨士夫は著書「村八分」で、高円寺でパンクの活動をする青木真一に会い、再起へのポジティブな気持ちになったと語っています。


☆「ぴあ」1979年2月号

 ・2月5日  屋根裏 「パンクナイト」スピード 自殺 サイズ
 ・2月11日 屋根裏 RCサクセション
 ・2月12日 屋根裏 Pyramid
 ・2月26日 屋根裏 カシオペア 
 ・2月27日 屋根裏 裸のラリーズ 

 渋谷「屋根裏」の2月5日「パンクナイト」は、青木真一のスピード、自殺、サイズという1987年に山口冨士夫Teardropsを結成するメンバーが在籍したバンドが集結。2月11日には1990年に山口冨士夫が参加するRCサクセションが出演。

 続く12日には、1983年に山口冨士夫タンブリングスを結成する青木正行のPyramid、27日には1980年に山口冨士夫が参加する裸のラリーズが並ぶ。当時日本のロックの中核だった「屋根裏」と山口冨士夫がつながっていたことがわかる。
 

☆「ぴあ」1979年4月号

 ・4月3日 屋根裏 恒田義見&高木英一 セッション
 ・4月7日 池袋City 恒田義見(元ハルヲフォン)佐藤満(四人囃子)
 ・4月15日 屋根裏 「パンクナイト」 Speed
 ・4月24日 福生Electric UZU 「UZU3周年」 Pyramid
 ・4月25日 屋根裏 裸のラリーズ
 ・4月28日 福生Electric UZU Speed (Punk)

 元第1期村八分(裸のラリーズ)の恒田義見がセッション活動を開始。ハルヲフォンの前にはオムニバスLP「ロック・エイジ・コンサート」に1曲だけ残す伝説的バンド「ブラインドバード」にも在籍した。この後、ポップロックバンド「ペグモ」を経て和太鼓の世界へ。

BLIND BIRD /KICK THE WORLD ブラインド・バード
https://www.youtube.com/watch?v=P9L91Mxfpgg
この時点では恒田義見は参加していない。

 恒田義見は、ブログで村八分という日本のロック史に残るバンドにいたことは誇りと述べている。2017年12月31日の内田裕也主宰のワールドロックフェスティバルでは「近田春夫×恒田義見×高木英一」としてシーナ&ザ・ロケッツ等と共演、健在ぶりを示す。

恒田義見著「ロックンロールマイウェイ」
http://uuuupsbooks.com/?pid=121924690

 4月28日のElectric UZUに初出演したSpeedは、告知にずばり「Punk」という呼称を使用。過去の「ぴあ」「シティロード」を振り返ってみて、青木真一こそが「パンクの元祖」村八分というイメージを作ったのではないかと思えるようになりました。

 山口冨士夫はGS時代からプロで「So What」でも自分はパンクではないと言う。チャー坊も中学からフォークギターを弾き、渡米から帰国後に裸のラリーズのベースになる予定だった。他も楽器経験者で、本当にゼロから始めたのは青木真一だけだった。

青木真一参加の1971年「くたびれて」旧第2版のジャケット



 1983年から見たタンブリングスのライブでは、MCはすべて山口冨士夫が表に立ち、青木真一は控えめな存在でした。1984年12月に山口冨士夫が欠席したときに、1回だけ青木真一が「俺たちだけで楽しもうぜ」と言ったことだけ覚えています。

★ニューミュージックマガジン(NMM)1971年12月号

 1983年に国会図書館でNMMのバックナンバーを探し、山口冨士夫著「村八分」の表紙になった写真が掲載されたNMM1971年12月号を読みました。写真と村八分の異様で圧倒的な存在感を伝える内容の文章に衝撃を受けたのを覚えています。

ニューミュージックマガジン(NMM)1971年12月号で掲載された写真
同じように横向きに縦1面で印刷されていた



 征木高司のインタビューに対して村八分は黙ったままほとんど応えず、チャー坊がこの写真を指して「夢」とつぶやき、1996年の「クイックジャパン」でも3代目ドラマーのカントが「かわいそうになるほどつっけんどんに対応した」と回想しています。 
 
 インタビューでメンバーがしゃべらない中、青木真一(記事では青木真と記載)だけが「俺たちの演奏を聴ける奴がどこにいる。いないじゃないか」と強い言葉を発しているのが、非常に印象に残っていました。

NMM1971年12月号より 「村八分」青木真一の発言
P1170515.JPG

 青木真一のスピードは、ストゥージズ等に影響を受けた日本で最初期のパンクバンド。最近初めて、Speedのライブ映像と青木真一が話す姿を見た。剣道部の主将だったという青木真一の「今のガキに目を覚ましてほしい」という言葉に意志の強さを感じる。

Speed / BOYS I LOVE YOU 記録映画「ROCKERS」1979年
https://www.youtube.com/watch?v=IrvBKxOrZpw
38:00からSpeed。青木真一は「昔いたバンドとは?」という質問に「村八分」と回答。

 映像で、青木真一はスピードへの参加を拒んだ元村八分上原裕のことを暗に批判しています。しかし、上原裕もまた1981年から1984年まで沢田研二とニューウェーブを追求し、1986年に燃え尽きたように一度音楽から引退します。

青木真一(元村八分ベース、Fools、山口冨士夫タンブリングス、Teardrops)1979年
P1170547.JPG

The Stooges - Down On The Street 1970年
https://www.youtube.com/watch?v=85RSPV9Q-3s
The Stoogesの活動期間は村八分と重なっている。

村八分 / ぶっつぶせ 1971年
https://www.youtube.com/watch?v=TvvVefeljdQ

青木真一がベースで参加した1971年のライブ「ぶっつぶせ」



☆「ぴあ」1979年5月号

 ・5月5日 屋根裏 ジョー山中 前売りあり(1500円)

 ・5月6日 京大西部講堂「狂騒ロックコンサート」 ジョー山中グループ 
           → 村八分が、飛び入りで参加
                      (→ 「ぴあ」には記載なし)

 ・5月6日 屋根裏 RCサクセション
 ・5月12日 関内 ファーイースト 
           ルイズルイス加部(g) 野木信一(dr)&Family
 ・5月12日 福生Electric UZU  Speed (Punk)
 ・5月26日 福生Electric UZU Pyramid

 5月6日に京大西部講堂「狂騒ロックコンサート」のジョー山中グループに飛び入り的に村八分が参加。村八分BOX収録の6曲で、チャー坊の歌には長期の療養生活によるダメージが感じられるが、「くたびれて」ではそれが深い情感になっていると思います。

 関西で最高のギタリストだったという松田幹夫(ミッキー)のボーカルによるTwist and shoutは、まさに村八分のメンバーたちが、ビートルズから受けた衝撃をダイレクトに伝える熱狂的な演奏になっています。

1979年5月6日のライブを収録した村八分BOX



 元リゾート(山口冨士夫)のルイズルイス加部(g)が、元パワーハウスの野木信一(dr)&Familyでライブ。1978年9月に合歓の里で合宿を開始し、12月のデビューライブが中止になった「JOHNNY, LOUIS & CHAR」の再始動に向けてのものと思われます。 

 青木正行、中野良一のピラミッドは、スピードとともに福生Electric UZUへ出演。この月が最後の出演で、加納秀人と外道を再結成。UZUで青木正行と青木真一とのつながりができたと思われ、後の1983年山口冨士夫タンブリングス結成に至ります。

 1983年からの山口冨士夫Tumblingsでの「んっ(村八分)」や「酔いどれ天使」では、ニューロック出身の青木正行と、パンク出身の青木真一のコンビネーションでバラエティーに富んだアレンジが毎回なされ、それが深い魅力になっていたと思います。

 このころキングから1971年3月23日〜27日に録音されたNew Trolls / Concerto Grossoが再発。「日本のギタリスト」でのインタビューによれば、山口冨士夫自身の選ぶベストプレイは、1971年4月30日録音の村八分「くたびれて」だという。

New Trolls / Concerto Grosso Adagio
https://www.youtube.com/watch?v=DCgvp6IfE7w
3:48のギターソロ。1971年には、日本でもイタリアでも強い磁力が働いていた。





☆「ぴあ」1979年6月号

 ・6月7日 村八分 日本テレビ「11pm」出演      
               (→ 「ぴあ」には記載なし)
 ・6月13日 屋根裏 裸のラリーズ
 ・6月27日 関内 ファーイースト ルイズルイス加部(g)野木信一(dr)&Family
 ・6月28日 屋根裏 恒田義見&フレンズ
 
 6月7日に村八分は、1973年2月4日の「リブヤング」以来の日本テレビ「11pm」に出演。オリジナル曲の予定を覆し、本番でビートルズの「ロールオーバーベートーベン」
「I saw her standing there」を演奏。村八分のビートルズへのこだわりがわかる。

The Beatles - I Saw Her Standing There 2009 Stereo Remastered
https://www.youtube.com/watch?v=Rq8u0tnyDGI





☆「ぴあ」1979年7月号

 ・7月14日 日比谷野音「JOHNNY, LOUIS & CHAR」『Free Spirit』

 ・7月15日 京大西部講堂 村八分
              (→ 「ぴあ」には記載なし)

 7月14日にルイズルイス加部の「JOHNNY, LOUIS & CHAR」が再始動.
 日比谷野音のフリーコンサートで野音の動員記録を樹立。
 君が代も演奏した。

JOHNNY, LOUIS & CHAR / Natural Vibration
https://www.youtube.com/watch?v=6GPcMNVI8RM
以前からのチャーの女性ファンたちは、ロックへの変貌で泣いていたという。





 翌7月15日に山口冨士夫の村八分は西部講堂でライブを行う。「日本ロック体系」によれば昔からの同窓会的な人が集まったようでしたが、「でも音はよかったですね」と山口冨士夫は述べています。ここでは山口冨士夫がビートルズのマネーを歌っています。

村八分再結成 Underground Tapes 1979年7月15日


 チャー坊が山口冨士夫を東京にまで迎えにきて再始動した村八分は、11月の慶應大学三田祭に向けて準備していましたが秋に解散。チャー坊は「ブルーダイヤモンズ」(青い死の門)の名で活動予定でした。

 新曲が少なく村八分の評価を決定的にした「あっ」「あやつり人形」などが詞の問題で封印され、チャー坊の体調やメンバーの入院などが重なりました。「村八分」の中で山口冨士夫は「音楽は楽しいからやる」というポリシーがチャー坊と違ったといいます。

 再結成した村八分の活動で顕著だったのが、山口冨士夫のビートルズへの思い。
 山口冨士夫は「So what」で、中学1年生の時、イギリス軍人の父の国で階級社会から成功したビートルズに対して「本気で憧れた」と語っています。

 1979年の5月から7月まで村八分が公の場で演奏した14曲のうちビートルズが5曲。
 山口冨士夫は1983年でも1stシングルLove me doをレゲエにアレンジし、同年のクリスマスには、1曲目でDear Prudenceをほぼ原曲に忠実に演奏しました。

 また、「クイックジャパン」によると、1996年に福生UZUで若いミュージシャンがビートルズを演奏し大合唱する中へ、山口冨士夫は思わず入っていってギターでセッションをしたとのことです。


★ニューミュージックマガジン(以下NMM)1973年2月号

P1170636.JPG
NMM1973年2月号
「村八分公演決定!」(5月5日京大西部講堂と思われる)東京新宿のロック喫茶の広告
関西でのライブがこのように広告の一部として告知されるのは異例

 NMM1973年2月号は、鋤田正義の8ページにわたる山口冨士夫のフォトセッション写真で話題になりました。最後の山口冨士夫が墓地に立つ写真が印象的でした。
 この2月号には、さらに村八分についての情報が2つ掲載されています。

 1つめの情報は、「村八分公演決定!」告知がある新宿のロック喫茶(ライブハウス?)MAGAGINEの広告。おそらく1973年5月5日の京大西部講堂のライブと思われますが、日程も不明の段階で村八分がいかに注目されていたかがわかります。
 
 国会図書館で読んだ1971年から1973年のNMMには、村八分が数回掲載されていました。1979年のNMMに7月京都の村八分のライブ告知があったかは不明ですが「ぴあ」には出ていません。「ぴあ」「シティロード」では関西のライブ情報は出ません。

 「クイックジャパン」「ヤングギター」の記事(フラワートラベリンバンドの有名なSATORIのイラストレーター石丸忍のレポート)によると、1972年8月の村八分の円山公園でのライブの際は、東京からヒッチハイクをして見に行った人もいました。

 2つめの情報は、「RANDOM NOTES」で村八分の京都のディスコ「ガロ」への出演を紹介。村八分自身は「ガロ」への出演を公にしておらず、ハコバンの情報まで雑誌に掲載するのは珍しい。「ガロ」でのライブ音源は「村八分BOX」に収録されました。

P1170520.JPG

  

☆「ぴあ」1979年8月号

 ・8月20日 屋根裏 シーナロケット 
 
 YMOの援助を受けた鮎川誠のシーナロケットが、「真空パック」でアルファから再デビュー。1960年代から暗黒舞踏を続ける1978年に会った麿赤児のインタビューが印象的。時代への迷いも感じたが、この後Dance Butoとして海外から評価を得る。

☆「ぴあ」1979年10月12日号
 
 ・9月26日 屋根裏 スマイラー(大木啓三 元ダイナマイツ)
 ・10月1日 サンシャインシティ10階 南正人with ルイズルイス加部
 ・10月7日 日比谷野音 南正人with ルイズルイス加部 RCサクセション
 ・10月27日 法政大学ホール 裸のラリーズ

 ルイズルイス加部が南正人と共演し「スーパーレザリウムとバンドのジョイントコンサート」を行う。外道の加納秀人も参加。南正人は「ロックの旗手」として新譜を発売。ソロ、裸のラリーズ、浅川マキジャズセッション、ビリーバンバンなど多くの分野と共演。

 アルファレコードから、「テクノポリス」でYMOの人気を決定的にした「ソリッドステイトサバイバー」、カシオペアの1stアルバムが、1面広告で掲載されています。私は、道玄坂YAMAHAでデビュー前のカシオペアを最前列の目の前で見てギターを諦めました。

カシオペア / タイムリミット 1979年ライブ
https://www.youtube.com/watch?v=yX0_fze8FJU
3:40から、MC「次は、めちゃめちゃハードな曲でタイムリミット」

YMO - Technopolis
https://www.youtube.com/watch?v=Y2lOyCxRp5s

 このころ、FM東京「スペース・フュージョン」で土曜深夜3-5時にプログレッシブロックの輸入盤を放送。1970年代初期のLPが中心で、村八分の全盛期と重なる。村八分も1973年に「むらさき」などでCanのようなアプローチを始めていた。

むらさき、天までとどけを収録



☆「ぴあ」1979年11月9日号
  
 アルファレコードから、シーナ&ロケット「真空パック」発売の広告。
 「YMOとロックンロールの劇的な出合い!」という宣伝文句。
 村井邦彦のアルファレコードが時代の半歩先を走っていました。





☆「ぴあ」1979年12月7日号
 
 ・12月4日 屋根裏 裸のラリーズ


☆「ぴあ」1979年12月21日号

 ・12月22日 屋根裏 Speed ゲスト シーナ&ロケッツ

 Speedが、シーナ&ロケッツをゲストとして登場。1984年12月21日の法政大学ホールでのタンブリングス(山口冨士夫欠席)との共演以前に鮎川誠と青木真一が会っていたことと、シーナ&ロケッツもパンクに対して好意的だったことがわかります。

☆「ぴあ」1980年1月4日号

 「79年と80年の間に」というサブタイトルで、浅川マキの年末連続公演が始まる。
 久保田早紀のファーストアルバム「夢がたり」の1面広告。
 JAシーザーが12月23日、24日に原宿ラフォーレで、馬淵晴子の演出でコンサート。

久保田早紀のファーストアルバム「夢がたり」
山口冨士夫「ひまつぶし」のようにほとんど捨て曲がなく良曲が揃っている


 
 このころ青木真一が裸のラリーズへの加入を断る。
 1980年に山口冨士夫が裸のラリーズに参加。 
 山口冨士夫の参加した裸のラリーズの最初のライブは1980年8月13日の屋根裏。

 順番が逆になってしまいましたが、「シティロード」1980年から1981年3月までの山口冨士夫が裸のラリーズに参加した時期については、山口冨士夫と情報誌「シティロード」FGをご覧ください。


 次回の山口冨士夫と情報誌「シティロード」12回目は、山口冨士夫が裸のラリーズを脱退した1981年4月以降から、フールズのゲストから再復活した1982年12月までの「シティロード」を見ていく予定です。
 
 

P1160409.JPG


 

2018年05月16日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」I 1978年の「ぴあ」+ 1974年の「Music Life」ミュージックライフ

P1160864.JPG
Music Life1974年3月号 人気投票のギタリスト部門で山口冨士夫が8位
 村八分は1973年に解散していたが、LP「ライブ村八分」の反響がわかる。

 山口冨士夫がスパイダース時代に憧れ、1971年に「日本ではPYGがいい」と言った井上堯之が1位。ボーカルはソロになった沢田研二が1位で、演奏はPYGがサポート。ドラム部門の1位は1970年野音の山口冨士夫グループにも参加した角田ヒロ。


今日の1曲
 ザ・ダイナマイツ/恋はもうたくさん LPヴァージョン 1968年
 ザ・ダイナマイツ/恋はもうたくさん シングルヴァージョン 1967年
 ザ・ダイナマイツ / トンネル天国 1968年
 Murasaki (紫) - Mother Natures Plight 1978年
 タイフーン / シスタージェーン 1975年
 外道 / 香り 1974年
 森田童子 / みんな夢でありました 1980年
 村八分 / にげろ ライブ テレビ「リブヤング」1973年2月4日
 村八分 / にげろ 「村八分ライブ」1973年5月5日




1973年の「ライブ村八分」は外道やその後の日本のロックに影響を与えた



 山口冨士夫と情報誌「シティロード」は、前回の1976年、1977年に続いて、1978年に購読した情報誌「ぴあ」のころを振り返ってみました。この年の「ぴあ」にも、山口冨士夫の名前はみつかりませんでした。

 1978年はセックスピストルズの影響でロックが活性化し、1979年の村八分の再結成や山口冨士夫にも影響を及ぼしたと思います。1983年に山口冨士夫と組む元外道の青木正行、元村八分の青木真一の活動も1978年に活発になります。

☆「ぴあ」1978年1月号

P1160909.JPG
1978年1月の屋根裏(左列)  3日瀬川洋(元ダイナマイツ)、14日ジョン山崎(元ゴールデンカップス)、15日アイ高野(元カーナビーツ、ゴールデンカップス)、16日トランザム(石間秀機・元ビーバーズ、フラワートラベリンバンド。チト河内元ハプニングスフォー)と元実力派系GS出身者が活躍。右列は、新宿タロー(ジャズ)

 ・1月3日 屋根裏 瀬川洋&ハッピージョー・テンプル
                  (元ダイナマイツ)
 ・1月9日〜12日 Electric UZU Tune up day
 ・1月13日 屋根裏 近田春夫とハルヲフォン
                 (ドラム恒田義見、元村八分)
 ・1月18日 屋根裏 RCサクセション
            (1990年に山口冨士夫が「カバーズ」に参加)

 山口冨士夫は1978年に入っても表立った活動が見当たりませんが、1月9日〜12日の福生Electric UZUのTune up dayなどにも出演可能性があります。

 1月3日には、屋根裏でダイナマイツのリーダーだった瀬川洋&ハッピージョー・テンプルがライブをしています。三が日に出演していることから、ダイナマイツがゴールデンカップスなどと並んで重要なバンドとみなされていたことがわかります。

ザ・ダイナマイツThe Dynamites/恋はもうたくさん (album Version1968年)
https://www.youtube.com/watch?v=_EtkDkRFGKA
今のバンドと比べても飛びぬけている山口冨士夫のギターソロとサイドギター 

 瀬川洋は「So What」で村八分もいいが、山口冨士夫はダイナマイツ時代がベストと証言。「天国のひまつぶし」でダイナマイツのベースの吉田博が、山口冨士夫ほど練習する人を見たことがないと言っており、改めて山口冨士夫のギターの凄さがわかります。

ザ・ダイナマイツ 恋はもうたくさん 1967年シングルヴァージョン
https://www.youtube.com/watch?v=h0dyLWHtU7c
ストリングスが入るとGS風に趣が変わる


トンネル天国などが海外でも評価の高いダイナマイツ



 1977年12月29日に渋谷の東横劇場で紫のライブ。日本のバンドでルックスで初めて凄みを感じた。ベトナム戦争時代に沖縄コザでもロックが全盛。ベトナム戦争の影響は立川基地のダイナマイツ、横浜本牧のGolden Cups、福生UZUなどにも及んだ。
 
Murasaki (紫) - Mother Natures Plight
https://www.youtube.com/watch?v=4PV1vM7anPw
1979年のミュージックライフの人気投票では、国内グループ部門で紫が1位になる。

 1979年にYAMAHA池袋でジョージ紫のトークライブに行った。寡黙な彼がピアノでタイフーンのシスタージェーンを弾いたので、質問コーナーで緊張しながらなぜ弾いたのですかと尋ねたところ、サングラスをかけたジョージ紫が無言だったのを思い出す。

Tai Phong - Sister Jane 1975年
https://www.youtube.com/watch?v=b0ry-4Z6clw
ジョージ紫は日系米人。タイフーンはベトナム人が2人いた。利根川 裕著「喜屋武マリーの青春」によれば、人を殺したくないと思ったジョージ紫は祖国の沖縄に戻ったという。

ベトナム戦争の問題が深かった沖縄の紫が日本のハードロックの頂点に



 1月20日には渋谷ジャンジャンで、GS時代に山口冨士夫とも交流があった「加橋かつみの透明な世界」のライブ。加橋かつみもタイガースの後は反戦ミュージカルヘアーの主演、ソロアルバムでユーミンの最初の曲を録音したり、演歌にも転向した。

 1月27日に、渋谷エピキュラスのKeyboard Junctionに行く。バッハレボルーションと共演した稲田保雄に30年後に会い、1974年の幻のLP「感覚思考」の話題になった際、彼が昔の日本のロックバンドの中で真っ先に名を上げたのが村八分だった。

 1973年に解散した村八分の影響は1974年にも及び、Music Life1974年3月号の人気投票で、グループ部門で村八分が7位、ギタリスト部門では山口冨士夫(村八分)が8位。前年の1973年で、まだレコードを出していない村八分が15位にランク。

1974年7位。前年1973年(1972年10月〜1973年3月の集計)15位。ライブの評価がいかに高かったがわかる。
P1160736.JPG

村八分、山口冨士夫がランクインしたMusic Life1974年1月号、3月号(最終結果)
P1160875.JPG


☆「ぴあ」1978年2月号

 ・2月19日 福生Chicken SchackUチキンシャック 染谷青&シゲセッションバンド

 2月19日に福生Chicken SchackUで、初代村八分ギタリストの染谷青のセッション。福生なので、山口冨士夫と交流があったかもしれません。1月号では「はみだし情報」として欄外に出ていたChicken SchackUが2月号からElectric UZUと並ぶ。

 この1978年のころ、「チャー坊 遺稿集」によると京都のチャー坊は療養中。
 このときの医師が村八分のことを知っていたため信頼関係ができて回復方向に向かい、これが1979年の村八分の再結成につながったようです。
  
 2月19日に渋谷アピアで「ギリヤーク尼ケ崎 津軽三味線に舞う大道芸人」を見て衝撃を受ける。1972年のチャー坊のダンスにも似た妖気があった。また、無名時代の坂本龍一が現代音楽で「坂本龍一個展」のタイトルにインパクト。その後忌野清志郎と共演。


☆「ぴあ」1978年3月号

P1160849.JPG
1983年から山口冨士夫タンブリングスに参加する元外道の青木正行が福生でライブ

P1160871.JPG
山口冨士夫タンブリングスに参加する元村八分の青木真一もスピードで福生でライブ

 ・3月3日 福生Electric UZU  青木正行セッションバンド(リョウ)
          ※ 山口冨士夫の参加可能性あり
               → B. 青木正行(外道・解散中)
                  1983年に山口冨士夫・タンブリングスに参加
               →「リョウ」はDr.中野良一(外道・解散中)

 ・3月12日 福生Chicken SchackU スピード
               → G. 青木真一(元村八分・ベース)
                  1983年に山口冨士夫・タンブリングスに参加

 山口冨士夫がセッションをしていた福生で、Electric UZUに1983年に山口冨士夫とタンブリングスを結成する元外道の青木正行、Chicken SchackUに元村八分の青木真一(スピード)が時期を同じくして「ぴあ」に初登場。2店は700m程の距離。

 山口冨士夫は「So What」で、リゾートの後の時期にこう語っています。

 「ちょうどそのころ、外道のリズムセクションだったマサと中野と出会った」
 「ワクワクするような音が聞こえてきて」「思わずウズの中に入っていった」
 「一度だけセッションをした」「外道のライブにも行った」

 そこで、3月3日のElectric UZU「青木正行セッションバンド」に山口冨士夫が参加した可能性があります。その後、青木正行は、山口冨士夫とやったら他とはできないと語り、1987年のタンブリングス解散後は主だった活動はしていないようです。

 青木正行(ベース)は、トゥーマッチの後、1973年に加納秀人(ギター)中野良一(ドラム)と外道を結成。外道は、1974年にはハワイで10万人のフェス、郡山ワンステップロックフェスでも一番受け、ジェフベックとの共演でも勝ったと言われたバンドでした。

 山口冨士夫は、2010年に下北沢で外道(加納秀人)とも共演し、最後に外道の「香り」を一緒に演奏。これが私が最後に見た山口冨士夫のライブでした。外道には、村八分の「逃げろ」に影響を受けたと思われる「逃げるな」という曲もあります。
 
 外道 / 香り
https://www.youtube.com/watch?v=uHfBhJsqrD8

後に山口冨士夫と活動をする外道のメンバー



 3月18日にビートたけしがジャズ喫茶で共に働いた永山則夫の映画「裸の19歳」、3月22日に渋谷ジャンジャンで高橋竹山の津軽三味線を見る。共に貧困の問題があった。3月31日渋谷YAMAHAでカシオペアの無料ライブ。野呂一生は速弾きの極限を追求。


1978年の「ぴあ」にも「山口冨士夫」の名前はみつからなかった
P1160730.JPG


☆「ぴあ」1978年4月号

 ・4月7日〜9日 Electric UZU ピラミッド(中野良一 青木正行) 
                      UZU Family Band
 ・4月30日 Electric UZU Special day  Magical Power Mako


 Electric UZUに元外道の中野良一、青木正行が結成したピラミッドが出演。外道は1976年に解散後、1979年の加納秀人のソロ『エレクトリック・ウズ』を機に再結成。山口冨士夫が外道を見たのはそのときと思われます。1982年に外道は再び解散。

 
☆「ぴあ」1978年5月号

 ・5月3日 福生Chicken SchackU ROCKERS(スピード、ミラーズ、Mr.カイト)
 ・5月3日、5日 JAPAN ROCK FESTIVAL 日比谷野外音楽堂
     内田裕也with Smiler (大木啓三exダイナマイツ 1983年傷 山口冨士夫)
     近田春夫とハルヲフォン(恒田義見 村八分初代ドラマー)
    デイブ平尾(元ゴールデンカップス ルイズルイス加部)
     陳信輝(元ベベズ、パワーハウス、フードブレイン、スピード・グルー&シンキ)
 ・5月12日 Electric UZU ピラミッド(元外道)
 ・5月24日 屋根裏 ピラミッド 中野良 青木正行
 ・5月26日27日 屋根裏 近田春夫とハルヲフォン
 ・5月30日 日本武道館 ジョー山中 Never give up新しい世界へ


 5月3日と5日に当時は最大規模のJAPAN ROCK FESTIVALが日比谷野外音楽堂であり、内田裕也with Smilerには大木啓三(ダイナマイツのサイドギター、1983年1月1日に山口冨士夫をゲストに傷を結成)が参加。

 ルイズルイス加部と縁の深い横浜の元ゴールデンカップスのリーダーデイブ平尾は自分のライブハウスを経営。陳信輝もライブハウスの経営に乗り出し、これ以後主だった活動は見られない。

トンネル天国 ザ・ダイナマイツ
https://www.youtube.com/watch?v=txyLqyztYXA
ダイナマイツ時代の大木啓三

 5月30日には日本武道館で「人間の証明」がヒットした元フラワートラベリンバンドのジョー山中が単独ライブを行い成功。
 翌1979年5月にジョー山中は、京大西部講堂で再結成した村八分と共演しています。


ジョー山中ライブ。翌年、村八分と共演。




☆「ぴあ」1978年6月号

 ・6月7日 福生 Chicken SchackU スピード(青木真一)
 ・6月3日、10日、18日 Electric UZU Special Guest day 
                   10日は、OZの春日博文がゲストと明記

 6月16日の初台騒ではサタデーナイトに伝説のフリージャズ奏者阿部薫が出演。1970年代後半もフリージャズは盛んだった。阿部薫の死を追うようにジャズ評論家の間章も夭折。山口冨士夫も1992年に山内テツと一度だけフリージャズ的なライブを行う。

 「ぴあ」6月号の表紙はディスコブームに火をつけた「サタデーナイトフィーバー」。ロックも明るいポップスやAORが主流に。高校生、中学生もディスコに行き、新宿歌舞伎町には体育館のようなディスコがいくつもできました。


☆「ぴあ」1978年7月号

P1160743.JPG
7月1日 福生Chicken SchackU 染谷青(村八分初代ギタリスト)

 ・7月1日 福生Chicken SchackU 染谷青
 ・7月16日 Electric UZU Speed
 ・7月23日 S-KENスタジオ Tokyo Rockers 1978
                   フリクション スピード 

 7月1日に元村八分で山口冨士夫「プライベートカセット」に参加した染谷青が単独ライブ。7月16日には、青木真一のスピードが初めてElectric UZUに出演。7月23日は、後に山口冨士夫に関わるチコヒゲがドラムのフリクションと、スピードが共演。

 7月15日に神奈川県民ホールで、1971年に村八分とPYGで共演し、1975年に音楽活動を再開した萩原健一のファースト全国ツアー。萩原健一+PYGのシングル「戻らない日々」、「ブルージンの子守歌」以降俳優に専念していた。

 7月29日森田童子が聖マリア大聖堂でライブ録音。「ぴあ」では森田童子の新譜の広告がいつも大きかった。平野悠著「ロフト青春記」には、学生運動で挫折した者にとって森田童子は特別な存在だったとある。

森田童子 / みんな夢でありました
https://www.youtube.com/watch?v=uiXDF4jcZXM


山口冨士夫が活動を再開する1983年に新宿ロフトで活動を停止した森田童子



☆「ぴあ」1978年8月号

 ・Electric UZU 「今月はライブをお休みします」の告知

 ・8月6日  S-KENスタジオ フリクション(チコヒゲ) 
 ・8月13日 S-KENスタジオ スピード (青木真一)
 ・8月27日 九段会館 ローリングストーンズ1万人集会 3回フィルムコンサート
 ・8月27日 屋根裏 RCサクセション
 ・8月28日 後楽園球場 矢沢永吉コンサートGoldRush’78 
 ・8月31日 田園コロシアム 沢田研二 ジュリーロックンツアー78

その後山口冨士夫に関わる青木真一(スピード)とチコヒゲ(フリクション)
P1160853.JPG

 8月27日にまだブレイク前のRCサクセション(1990年に山口冨士夫と共演)が屋根裏でライブ。1971年に山口冨士夫が「世界で一番すごいのはストーンズと村八分だ」と言ったローリングストーンズは1973年の来日中止の後も来日の目途がつかず。

 かつて村八分と「ロックンロールタイトルマッチ」という共演も予定されたキャロル出身の矢沢永吉が後楽園球場でライブ。村八分の唯一のテレビ出演「リブヤング」がキャロルの翌週で、チャー坊はキャロルを意識し村八分のメジャー進出を考えていたようです。


村八分「リブヤング」での「にげろ」「鼻からちょうちん」


 
 村八分と1971年にPYGで共演した沢田研二もまたロック色を強めていき、1980年にPYG時代からの共同制作者井上堯之と別れ、1981年のエキゾチックスではドラムに元村八分の上原ユカリ裕を迎えて、ニューウェーブに突き進んでいきます。


村八分との共演も予定されたキャロル出身の矢沢永吉



☆「ぴあ」1978年11月号 (※ 追加)

1978年11月 屋根裏 スケジュール 豪華ラインナップ
P1170870.JPG


☆「ぴあ」1978年12月号

   
 ・12月21日 屋根裏 裸のラリーズ
 ・12月24日 沢田研二 Julie in 武道館
 ・12月28日 中野サンプラザ「ウルトラコンサート」ジョニー・ルイス&チャー
             デビューコンサート → 中止
 ・12月29日 Electric UZU Special Guest day
 ・12月31日 浅草ニューイヤーロックフェスティバル 
         内田裕也スマイラー(大木啓三 元ダイナマイツ)
         加納秀人(外道は解散中)

12月28日中野サンプラザ「ウルトラコンサート」ジョニー・ルイス&チャー 
山口冨士夫とのリゾート解散後2年、ルイズルイス加部の活動も本格化
P1160745.JPG

 パンクに触発されてか、日本でもチャーが歌謡曲路線から脱却し、山口冨士夫のリゾート解散後のルイズルイス加部とジョニー・ルイス&チャーを結成。グループサウンズ、ニューロックの後、フォーク、歌謡曲に押されたロックが再び活動活発に。

 セックスピストルズは、パンクの仮面をつけたプログレファンで、クリストーマスはピンクフロイドのプロデューサー。古い世代にも火をつけ、キングクリムゾンのロバートフリップも活動再開。チャー坊はキングクリムゾンの全LPのファンだった。 

 ※山口冨士夫も初期パンクについて「ピストルズなんかは別だけど」と述べている(「So What」新版P132)

 「So What」で、山口冨士夫はこのころについて
「しばらくバンドはやりたくなかった」
「山奥で音作りをしていた」と言っています。

 1979年春にチャー坊が山口冨士夫に電話で「バンドやろうけ」と村八分の再結成を持ちかけたのも、山口冨士夫が「もう一度やってみようと思った」というのも、1978年の内外のロックの動きの影響があったのではないかと思います。

 次回山口冨士夫と情報誌「シティロード」11回目は、1979年の「ぴあ」を見てみます。

P1170414.JPG

2018年05月11日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」H 1976年と1977年の「ぴあ」など

P1150966.JPG
「ぴあ」1977年12月号 1975年にできたロックライブハウスの福生Electric UZU
山口冨士夫の出演可能性があるElectric Specialなどのセッションの告知


今日の1曲
 リゾート(山口冨士夫&加部正義)
                 / One more time (Them cover)1976年
 シュガーベイブ(村八分2代目ドラマー上原裕)
                      / ダウンタウン1976年3月31日 
 サンハウス(鮎川誠) / LP有頂天 1975年
 近田春夫とハルヲフォン(村八分初代ドラマー恒田義見)
                      / ファンキーダッコNo.1  1975年
 The Sex Pistols - Anarchy In The U.K 1977年


左から「ぴあ」1977年12月号、10月号、8月号
P1150993.JPG


 山口冨士夫と情報誌「シティロード」は、前回の1980年からさらに遡って、1977年8月号から1980年12月21日号まで断続的に購読した情報誌「ぴあ」を見てみました。
 このころの「ぴあ」には、山口冨士夫の名前はみつかりませんでした。

 そこで、山口冨士夫著「So what」等をてがかりに、山口冨士夫や村八分に関連するミュージシャンについて振り返ってみたいと思います。今回の第9回目は、山口冨士夫が加部正義とリゾートを組んだ1976年から1977年までです。


★1976年 (「ぴあ」「シティロード」)

・1976年8月27日 渋谷エピキュラス リゾート(山口冨士夫、加部正義)
・1976年8月30日 渋谷パレス座 リゾート(山口冨士夫、加部正義)
・1976年12月11日 新宿ロフト 
     「リゾートFuturingフューチャリング山口冨士夫・ルイズルイス加部」

 山口冨士夫は、1974年に発売した「ひまつぶし」とZOONというバンド活動のあと、1976年に元ゴールデンカップス、フードブレイン、スピード・グルー&シンキのルイズルイス加部とリゾートという伝説のバンドを作ります。

リゾート(山口冨士夫&加部正義) / One more time (Them cover)
https://www.youtube.com/watch?v=LhzznWdoQRw
from live 1976。 ゴールデンカップスのドキュメンタリー映画のタイトル曲でもあった
 
 白夜書房「日本ロック史」の山口冨士夫インタビューによると、リゾートは「ひまつぶし」にも入っていないオリジナル曲を演奏し、ライブをした渋谷パレス座は屋根裏の近くの映画館だったそうです(西武百貨店B館並び。現在閉館)。

 リゾートは8月27日に渋谷エピキュラスでライブをしています。エピキュラスには1度だけシンセサイザーのライブに行きました。坂を上った所にあり、クラブチッタやOn Airのような雰囲気もある近代的なライブハウスだったと記憶しています。


伝説のリゾートの1976年ライブCD 



 1977年8月まで、私はまだ「ぴあ」も「シティロード」も買っていませんでしたが、渋谷エピキュラス、ロフト、屋根裏のリゾートのスケジュールについては、1976年の「ぴあ」「シティロード」のいずれにも掲載されていたと思われます。

 平野悠著「ライブハウス ロフト青春記」が非常に貴重な資料になります。「ロフト青春記」では、1944年生で学生運動出身のジャズファンだった著者が1970年代前半からロックに関心を持ち、いかにライブハウスを作りあげたかが語られています。

 「新宿ロフト」では、1976年12月11日の「リゾートフューチャリング山口冨士夫・ルイズルイス加部」の告知があり、当時のスケジュール表も「ロフト青春記」掲載されています。屋根裏の常連だったリゾートを著者の強い決断でロフトに招聘したとのこと。

現在の「新宿ロフト」のスケジュール
http://www.loft-prj.co.jp/LOFT/index.html
1976年のリゾートが出た12月は、たった11組しか出演していないが、Char、オフコース、サディスティックスなど後にビッグネームになる人ばかり。

1976年12月の「リゾート」掲載のスケジュール表あり



・1976年3月31日 荻窪ロフト シュガーベイブ ラストライブ
         (ドラム : 村八分の2代目ドラマー上原ユカリ裕)

 1976年3月31日に「荻窪ロフト」でシュガーベイブのラストライブが行われています。
このときのドラムが村八分のCD「くたびれて」「ぶっつぶせ」のときの2代目ドラマーだった上原ユカリ裕でした。シュガーベイブでも2代目のドラマーでした。

 1977年7月31日にも「下北沢ロフト」で、Special Jamとして上原裕は、山岸潤史(G)、山下達郎(G)とライブをしています。上原裕はその後、沢田研二のエキゾチックスなど、日本人で彼のドラムを聞いたことがない人はいないと言われるほど活躍します。

左から、山下達郎、大貫妙子、上原ユカリ裕(元村八分)
P1150976.JPG
  
 山下達郎はシュガーベイブ時代に、硬派なロックファンから野音で石を投げられたそうです。しかし、山下達郎は、自分の歌を批判した雑誌編集部に抗議に行ったり、大貫妙子にも村八分のチャー坊のような佇まいの写真があり、強い意志を感じます。    

シュガーベイブ / ダウンタウン 
https://www.youtube.com/watch?v=a9fRcNeMMAo&index=3&list=RDCHZSXMZneMs
1976年3月31日 ラストライブ 荻窪ロフト


シュガーベイブ 大瀧詠一(福生在住)のナイアガラレーベルから発売
 


・1976年8月13日「荻窪ロフト」サンハウス

 1976年8月13日には、山口冨士夫のファンで1986年に共演する鮎川誠のサンハウスが上京し「荻窪ロフト」でライブ。鮎川誠は、村八分、ひまつぶしも聴いていたそうです。この時点では、山口冨士夫と加部正義のリゾートを知らなかったようです。

サンハウス - ロックンロールの真最中・レモンティー
https://www.youtube.com/watch?v=LY6jXuBAlDI
全盛期の貴重ライブ映像 1975年8月22日 兵庫県・阪神競馬場


サンハウスの1stアルバム有頂天



 「ロフト青春記」によると、「ぴあ」は1971年に創刊され、「いつどこで何が行われるか」を重視していたのに対し、「シティロード」は1972年に創刊され、批評性を重視していたと書かれています。しかし、「ぴあ」においても映画に対しては強い批評性がありました。

 私は1982年8月号から「ぴあ」は月刊でなく隔週刊になっていたため、1か月先の予定がわかる「シティロード」に変えました。1983年から山口冨士夫を推していた「シティロード」を読んでいなかったら、山口冨士夫のことは一生わからなかったかもしれません。

 ロフトが発行していた月刊誌「ルーフトップ」の1983年5月号は、5月1日と2日に連日ライブ「酔いどれ天使たちへ。大物ゲスト多数」を行う山口冨士夫を表紙にしています。1983年4月の山口冨士夫の「Ride On」発売時のフライヤーと同じ顔のデザインです。

 「ロフト青春記」を読むと「シティロード」「屋根裏」だけでなく、「ロフト」が、特別な思いで1976年のリゾートのときから1983年まで、山口冨士夫を注目、支援していたことがわかります。


☆「ぴあ」1977年8月号

P1160131.JPG
福生のElectric UZUで8月27日と28日「スペシャルデイ」
山口冨士夫出演の可能性がある

・1977年8月27日28日 福生Electric UZU スペシャルデイ

・1977年8月13日14日 夕焼け祭りVol.4 裸のラリーズ
・1977年8月20日21日 ロックグライド富士野外音楽堂 裸のラリーズ
・1977年8月20日 渋谷エピキュラス 「ロックンロールパーティ」
             近田春夫とハルヲフォン(ドラム : 村八分初代ドラマー恒田義見)

 私は「ぴあ」を1977年8月号から買いました。8月号を探すと、8月27日と28日に福生のElectric UZUで「スペシャルデイ」とあります。出演者の名前は出ていませんが、山口冨士夫の出演の可能性があると思います。

福生UZUのHistory
http://uzu69.com/history/

山口冨士夫は「So What」で、リゾートを解散した後に、以下のように言っています。

 「福生のライブハウス『エレクトリックウズ』に3-4回出た」
 「アマチュアにもすごいシンガーやギタリストがたくさんがいたから、そういった人たちとちゃんと練習して出ていたんだ。はたから見ればセッションに見えたかもしれないけれど、人前でやるからには、ある程度ちゃんとしたことをやりたかったからね」

 また、1986年に山口冨士夫の「プライベートカセット」に参加し、Teardropsのレコーディングやライブにも関わったチコ・ヒゲも「So what」で、1977年にウズで山口冨士夫と3曲だけセッションをしたと言っています。白夜書房の山口冨士夫のインタビューによると、そのときは夜中の12時に始めたため3曲で警官が来て止められたそうです。


1986年山口冨士夫の「プライベートカセット」
 


 あの頃、「ぴあ」の中でも福生のElectric UZUは私には特殊な世界に思えました。1976年の芥川賞受賞作の村上龍の「限りなく透明に近いブルー」や、1976年頃にテレビで見たマジカルパワーマコの不思議なイメージがあったからだと思います。

 1970年の村八分の母体で、1980年に山口冨士夫が参加した裸のラリーズは、1977年8月13日14日の「夕焼け祭りVol.4」と1977年8月20日21日の「ロックグライド富士野外音楽堂」に2週続けてオールナイトライブに参加しています。

1977年8月13日14日「夕焼け祭りVol.4」  泉谷しげるも裸のラリーズを見たとのこと
P1150983.JPG


 8月20日には、前年にリゾートがライブを行った渋谷エピキュラスで、「ロックンロールパーティ」のイベントに、村八分の初代ドラマーの恒田義見がいた近田春夫とハルヲフォンが出演しています。

 恒田義見は、1970年に富士急ハイランドに出演し、村八分がまだ裸のラリーズを名乗っていた頃のドラマーで、1971年まで1年半在籍しました。1975年のハルヲフォン最初期のファンク時代のLIVE映像では素晴らしいグルーブ感を出しています。

ハルヲフォン / ファンキーダッコNo.1 ドラムス恒田義見 1975年貴重映像
https://www.youtube.com/watch?v=VvEP6OQyRbM
和製リン・コリンズ&JBsとも言える素晴らしいグルーブ感


1970年8月「裸のラリーズ」(水谷孝、チャー坊、山口冨士夫、恒田義見)の写真が掲載



 恒田義見は、現在和太鼓の名手として活躍しています。
 ブログでは、山口冨士夫追悼イベントへの出演や村八分2代目ドラマー上原ユカリ、
4代目村瀬シゲトとの出会いについて語っています。

恒田義見ブログ 「俺達は、....ドラマー達は元気にしているよ」
https://blog.goo.ne.jp/cohan2005/e/ef08ce5ec53a914420987fc7110de8a7


ハルヲフォン1975年-1977年ライブ ドラム恒田義見



 1977年8月号のころは、ニューミュージックが台頭し、チャー、矢沢永吉などロックが商業的に成功。77・8・8Rock Dayでは紫が登場して、8月13日にもコンディショングリーンが中野サンプラザでライブを行い、沖縄ロックのインパクトは最強でした。

 「ぴあ」でも、当時はアングラ(アンダーグラウンド)系がまだ根強く、映画ではルイ・マルの「鬼火」の大きな広告がインパクトがあり見に行きました。暗黒舞踏、小劇場(状況劇場、天井桟敷、黒テント)、自主制作映画が盛んでした。


☆「ぴあ」1977年10月号

P1150972.JPG

・1977年10月22日 下北沢ロフト「ダイナマイトセッション」
                       ゲスト:ルイズルイス加部

 山口冨士夫とのリゾートの解散後、ルイズルイス加部もピンククラウド(JL&C)加入前には、いろいろな人たちとセッションを組んでいたようです。
 おそらく横浜ではもっと活動していたのでしょう。

 このころの「ぴあ」のMusic Spotのスケジュールのコーナーを見るとロックのライブハウスの少なさに驚かされます。100軒位のライブスポットで、大音量で演奏をするロックライブ専門は、屋根裏、ロフトぐらい。あとロックが出ているのは、UZUなど10軒程度。

 このころは、フォーク弾き語り、歌謡ポップス、ジャズ、シャンソン、カントリーなどが主流で、当時ロックがいかにマイナーだったかがわかります。屋根裏、ロフトのスケジュールを見ると、サザンなど今でも活躍する人たちが500円〜800円で見れた。

 サザンなども店でバイトをしながら、ライブではお客さんがほとんど入らなかったといいます。当時ロックをやっていたのは本当に音楽が好きな少数の人たちだったようです。1960年代後半のグループサウンズブームがいかに大きかったかがわかります。 


☆「ぴあ」1977年12月号

P1160169.JPG
「ぴあ」1977年12月号「屋根裏」「ロフト」(荻窪→サザン出演、新宿、下北沢)
「ジャンジャン」など。40年前はロックがまだマイナーなジャンルだったことがわかる。

 ・1977年12月27日〜30日 福生Electric UZU Electric Special
 ・1977年12月31日 Electric UZU Special all night

 ・1977年12月2日 屋根裏 サンハウス(鮎川誠)→翌1978年3月25日解散
 ・1977年12月21日 屋根裏 裸のラリーズ
 ・1977年12月26日 労音会館 「アルファルファ・ロックフェスティバルvol.4」
            出演:染谷青&ジョイ (染谷青は、村八分の初代ギタリスト)


 12月27日〜30日にも福生Electric UZUで出演者の記載のない「Electric Special」という匿名性の高いライブがあり、山口冨士夫の出演の可能性があります。
 31日にも「Special all night」が企画されています。

 白夜書房「日本ロック史」のインタビューで山口冨士夫は、こう語っています。

 「バンド活動がメインじゃなくて、いろんな奴といろんな付き合いをしながらって状態でしたね」 「福生とかで。」
 「本当はね、いいミュージシャンとか本当のシンガーとかって隠れてるんですよ」
 「ヒッピーにもすっごいポリシー持ってやってる人たちとか、本当多いんですよね。
 で、そういう人たちとやってました」

 12月26日に労音会館のライブで、「染谷青&ジョイ」が出演。染谷青は1970年の村八分結成時の初代ギタリスト。山口冨士夫が「So what」でも高く評価していたブルースギタリストで、山口冨士夫「プライベートカセット」でも20分の「ストーン」で共演。

「ぴあ」12月号 (イギリスの村八分?)セックスピストルズ「勝手にしやがれ」の広告
P1160002.JPG

  「ぴあ」12月号にセックスピストルズ「勝手にしやがれ」全世界同時発売の広告が出ています。セックスピストルズを初めて聞いたとき、チャー坊が「あっ、村八分だ」、Charが「これって村八分じゃん」と言った話があります。

 時系列でみると、Sex Pistols が村八分再結成の大きな要因の一つに思えます。
 「So What」でも、1979年に村八分を再結成したときに、山口冨士夫はチャー坊と「面白い奴らが出てきたなあ」と話していたとあります。

The Sex Pistols - Anarchy In The U.K
https://www.youtube.com/watch?v=cBojbjoMttI





 1977年には異端だったロックのライブハウスが、パンクブームと1980年代後半のバンドブームで活気づいたことがわかります。この波の中で山口冨士夫が、村八分、裸のラリーズ、タンブリングス、Teardropsと変遷したのはとても深いことだと思います。


 次回の山口冨士夫と情報誌「シティロード」10回目は、1978年と1979年の「ぴあ」を見てみます。

P1160400.JPG

2018年05月02日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」G 1980年10月号〜1981年3月号 

P1150090.JPG
左:神奈川大学1980年11月7日裸のラリーズ 右:学園祭出演時の山口冨士夫

今日の1曲
 裸のラリーズLes Rallizes Denudes "White Waking" 1980年
 Popol Vuh - Letzte Tage, Letzte Nachte 1976年
 シーナ&ロケッツ レモンティー 

 
 特集・山口冨士夫と情報誌「シティロード」の第8回目は、前回の1980年8〜9月号に続いて、10月〜12月号、そして1981年1月〜3月号の山口冨士夫が裸のラリーズに参加した時期を振り返ってみます。


P1150106.JPG
1981年3月で、山口冨士夫は約1年参加した裸のラリーズを脱退する


★「シティロード」1980年10月号

 ・1980年10月29日 屋根裏 裸のラリーズ 山口冨士夫参加

 ・1980年10月3日 シーナ&ロケッツ 海老名文化会館


 渋谷屋根裏において、8月、9月に続いて10月29日に山口冨士夫が参加した裸のラリーズ 3回目のライブがありました。月1回ですので早いペースです。このころは、私は山口冨士夫を知りませんでした。
 
裸のラリーズLes Rallizes Denudes "White Waking"
https://www.youtube.com/watch?v=JavSBbVpwok
1980年8月14日

 このころの裸のラリーズの2人のギターサウンドは、やはりダブルギターだった1970年頃のドイツのAmon DuulUや、一人でダブルギターを多重録音していた1976年頃のPopol Vuhを思い起こさせます。

Popol Vuh - Letzte Tage, Letzte Nachte 1976年
https://www.youtube.com/watch?v=i2JnTD4rooc





 10月3日には、シーナ&ロケッツの海老名文化会館でのライブがありました。おそらく、私がシーナ&ロケッツを見たのはこの日です。1982年のタイガースや1983年4月の山口冨士夫の前に見ていたことに今回気づきました。
 
 非常に思い出の深いライブでした。
 2階席の隅で聞いていたときに、鮎川さんが「もっと前においで」と手招きされたことに感動しました。

シーナ&ロケッツ レモンティー
https://www.youtube.com/watch?v=bzWOPaFX1so
https://www.youtube.com/watch?v=fhuGM5MuYY0

 10月号は、シーナ&ロケットのインタビュー。鮎川誠は「バディーホリーを聞いたら驚くことばかり。ロックンロールは古くならん、ほんとにいいもんならね」「新しいもんはゾクゾクするね。でも3日経ったら古くなる。その中から残る。」と熱く語っています。


1980年は「ユーメイドリーム」がヒット



★「シティロード」1980年11月号

P1150022.JPG
11月23日法政大学オールナイトライブの告知


 ・1980年11月7-8日 神奈川大学「100時間劇場」オールナイト
                      裸のラリーズ(山口冨士夫参加) シーナ&ロケット
 ・1980年11月23-24日 法政大学ホール オールナイト
                「Imaginative Garage for ストリート シンジケート」
                      裸のラリーズ(山口冨士夫参加)

 11月は2つの学園祭のオールナイトのライブに裸のラリーズは出演しています。「So what」によると、「屋根裏のライブは満員で、特に法政大学での動員数はすごかった」とあります。

 神奈川大学では、裸のラリーズの出演した翌日にシーナ&ロケットやパンタ&HALが出演しています。このときは、鮎川誠も山口冨士夫の裸のラリーズへの参加を知って意識していたでしょう。

 11月30日には九段会館でもシーナ&ロケットはライブをしています。
 さらに11月15日にも神奈川大学でオールナイトのライブがあり、青木真一(元村八分、後にタンブリングス)のフールズが出演しています。

神奈川大学での裸のラリーズのライブ



★「シティロード」1980年12月号

 ・1980年12月23日 屋根裏 裸のラリーズ(山口冨士夫参加)

 1980年12月23日に再び屋根裏で、4回目の山口冨士夫が参加した裸のラリーズのライブが行われています。
 このあと、しばらくライブが途絶えます。  


★「シティロード」1981年1月号 

P1150099.JPG
※1980年12月31日 裸のラリーズ(予)との告知 

 ・1980年12月31日 新宿ニューヨークシアター 「Last of Tokyo’80」
                  「裸のラリーズ(予)」と告知
                                → 出演せず

 1980年12月31日に新宿ACB会館のニューヨークシアターで「Last of Tokyo’80」というオールナイトイベントがありました。出演する12バンドのうち、裸のラリーズだけ「(予)」という告知でしたが、結局出演はなかったようです。
 
☆「シティロード」1981年2月号 
                   → 裸のラリーズ(山口冨士夫参加)告知なし

★「シティロード」1981年3月号

P1150092.JPG
1981年3月23日 屋根裏「未定」と記載 裸のラリーズ(山口冨士夫)の最後のライブ     


 ・1981年3月23日 屋根裏 裸のラリーズ(山口冨士夫参加)
     「シティロード」3月号では、「未定」と記載
      
 ・1981年3月5日〜6日 屋根裏 シーナ&ロケット


 1981年3月23日の屋根裏を最後に山口富士夫は裸のラリーズを脱退します。
 「シティロード」でも1982年の11月号に「フールズ ゲスト山口冨士夫」が出るまで告知がなくなります。

 
※RCサクセションが1位 1980年「シティロード」読者選出ベストテンアルバム部門
1988年に山口冨士夫は、RCサクセションの「カバーズ」に参加。
忌野清志郎もダイナマイツ時代からの山口冨士夫のファンだったのだろう。
P1150098.JPG


次回は、山口冨士夫と情報誌「シティロード」9回目。
 1980年からさらに遡って、当時購読していた1977年から1979年の「ぴあ」の頃を見てみたいと思います。

P1160470.JPG

 

2018年04月25日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」F 1980年8月〜9月号 

P1130406.JPG
山口冨士夫が初参加した1980年8月14日屋根裏・裸のラリーズの告知


今日の1曲
 Les Rallizes Dénudés (裸のラリーズ) 造花の原野
                             1980年 Double heads
 Harold Budd / Brian Eno – The Pearl 1984年
 Uno / Uno nel Tutto 1974年

 特集・山口冨士夫と情報誌「シティロード」の第7回目は、前回の1984年後半(11月〜12月号)から4年遡って、裸のラリーズに参加した1980年の8〜9月号の頃を振り返ってみます。


★「シティロード」1980年8月号 

 ・1980年8月14日 屋根裏 裸のラリーズ 
                   → 山口冨士夫が裸のラリーズに参加した最初のライブ



 
 山口冨士夫は1979年京都での村八分の再結成の後に、1980年に裸のラリーズに参加。1990年に「So What」を読み、1970年に「村八分」がバンド名のないころは「裸のラリーズ」と名乗っていたことを知って驚き、繋がりがわかりました。 

 ”きたな!”ってオレは思ったよ。
 ”村八分のあとはラリーズか”ってね
 「相手にとって不足はないという感じだったな」(So whatより)
 
 1980年のシティロードの「アーティストIndex」は、1982年の「3分の1」の量しかなく、8月号の「は」行を見ても裸のラリーズはありません。ネット検索もない時代、シティロードやぴあで屋根裏の「裸のラリーズ」の1行を探すのが貴重な情報源でした。

 また、1980年8月号には、「あの村八分の山口冨士夫が裸のラリーズに参加」といった1983年のような記述はありません。昔からのファンの口コミでしか、山口冨士夫が裸のラリーズに参加したことを知る手段はなかったと思われます。

P1130388.JPG
シティロード1980年8月号と9月号

 1991年の裸のラリーズの公式CDリリース以降、最近やっと山口冨士夫が参加した1980年の幻の音源が聞けるようになりました。「So what」で山口冨士夫は、自分がいたころのラリーズが、「一番ポップだったんじゃないかな」と言っています。

 そのため、ずっと「明るい」裸のラリーズという先入観がありました。しかし、Double HeadsのライブCDの音源を聞いて驚きました。山口冨士夫がダイナマイツ時代に培ったポップさが、逆に裸のラリーズの重さを引き出しているように思えます。

 1980年の「造花の原野」を聞くと、「ギターはサイドだ」と言った山口冨士夫の唸るようなリズムギターとリフ、ときに水谷孝とダブルリードギターになるところなど筆舌に尽くしがたい。すごみだけでなく、美しさがあります。

 この「造花の原野」は短期間で作れるものではないでしょう。
 「3か月ぐらいはスタジオに閉じこもった」
 「ラリーズは建築物のようでもあった」と言っていた意味がわかります。

Les Rallizes Dénudés (裸のラリーズ) 造花の原野
https://www.youtube.com/watch?v=HOUqOAL-utM
7分間の中にあらゆるギターの可能性が詰め込まれている。
1980年8月14日の屋根裏の1曲目か。

裸のラリーズ Double heads

 

 また、「So What」新版を読んでいて、旧版と違うなと思ったので比べてみました。言葉使いが柔らかくなっていたり、旧版ではここは言いすぎかなと思えていた部分が削られているなど、山口冨士夫が細かい部分に気を使っていたことがわかりました。

 裸のラリーズについて、山口冨士夫は、「時代は80年代はじめだぜ!世間の動きはニュー・ウェイブ真っ盛りさ! 正直言ってワクワクしたよ」と、ニューウェーブにも目を向けていたことがわかります。

 シティロード1980年8月号では、山口冨士夫が関心を持っていたというブライアン・イーノのAmbient2など新譜が2枚紹介されています。イーノの「環境音楽」シリーズという分野が軌道に乗ってきたころでした。
 
Harold Budd / Brian Eno
https://www.youtube.com/watch?v=6-Zj4LvNvqo&list=PL5CC786FE9C94E2A0
イーノ関係では1984年のこの作品が一番聴きやすいと思う。


Harold Budd / Brian Eno -



 1980年8月号では平岡正明による桑田佳祐のロングインタビュー。お道化でなく鋭い目をしている。サザンが屋根裏の常連だったころ裸のラリーズを見たかもしれない。山下達郎より少し下の世代の桑田佳祐は村八分や山口冨士夫をどう思っているのだろうか。
 
 あの最も苦しかった1980年の夏、イタリアの1974年のUnoが、同年の山口冨士夫「ひまつぶし」のようにいいLPで、よく頭の中で鳴っていました。Osannaと村八分は、活動年代や顔へのメイク、1973年の分裂と1979年の再結成など共通点がありました。

Uno / Uno nel Tutto (1974)
https://www.youtube.com/watch?v=SMCPVjfo1DM&list=PLn6IUYFGu6PJzXjqO7muvREpv58yHNu5Y&index=6
Osannaから分裂しインターナショナルな成功を目指したUno。一人はドラッグで廃人になってしまったという。Goodbye friendでは「ピンクフロイド / 狂気」の女性シンガーLiza Strikeが参加。


Uno / Uno



村八分(1972年)とOsanna(1971年)のメイク
P1130385.JPG
 



★「シティロード」1980年9月号

 ・1980年9月11日 屋根裏 裸のラリーズ 
                       → 山口冨士夫参加           
 ・1980年9月16日 屋根裏 シーナ&ロケット 1000円 前売りあり
 ・1980年9月29日 屋根裏 フールズ(元サイズ+スピード)
                       → 青木真一G. (ex 村八分)初ライブ

 ※1980年9月 Mars Studio(レコーディング) 裸のラリーズ 山口冨士夫参加


P1130403.JPG
右から2列の途中までが「屋根裏」(3回クリックしていくと拡大します)
11日裸のラリーズ、16日シーナ&ロケット、29日フールズ


 1980年9月の屋根裏のスケジュールを見ると、山口冨士夫が裸のラリーズを脱退した後に、一緒に演奏するフールズ、シーナ&ロケットが出演していた。 
 彼らは、すでに山口冨士夫の近いところにいて待っていたように見えます。

 裸のラリーズへの参加の誘いを断ったという元村八分、スピードの青木真一は、フールズを結成し、29日の屋根裏が初ライブ。伊藤耕以外の3名は、後に山口冨士夫のTeardropsのメンバーになります。

P1130376.JPG
久保田真琴(ex裸のラリーズ)のサンセッツと屋根裏でのシーナ&ロケットの告知

 鮎川誠と特にシーナはダイナマイツの熱狂的ファンで、家出してまで東京までGSを見に行ったそうです。ロケットがバンドで上京したときも、周りから山口冨士夫のことを聞かされていたとのこと。

 夏に武道館公演をしたシーナ&ロケットが、屋根裏に16日に初出演しています。
 このときに「11日」に出演した「裸のラリーズ」に山口冨士夫が出演していたことを彼らは知っていたのか気になるところです。  

 久保田真琴は、1970年代初期に裸のラリーズに参加していましたが、並行して夕焼け楽団のような音楽を作り、1984年にサンディー&サンセッツとしてヒットしました。1990年に山口冨士夫のTeardropsのMixin Loveをプロデュース。

 裸のラリーズは、Mars Studioで9月4日から9日に録音したものの、レコードでリリースされませんでした。CD「Mars Studio」は「Double Heads」ライブのような轟音ではなく、穏やかな曲調のものも多く裸のラリーズの別の側面がわかります。

Mars Studio




(追記) Music Life 1973年11月号
              → 裸のラリーズ参加 「エレクトリックピュアランド」コンサート評

P1130418.JPG
Music Life1973年11月号 裸のラリーズ 
4ページしかない日本のRock Popsの記事の中に、荒井由実の1st、矢沢永吉インタビュー、内田裕也with沢田研二・ジョー山中、頭脳警察などが詰め込まれている。
11月号の月間ベストアルバムは、PFM / 幻の映像
 
 Music Life1973年11月号は、最初に買った思い出深い雑誌。「エレクトリックピュアランド」のコンサート評で、裸のラリーズについて、「LP『オズデイズ』とは違って聞こえた。やはりレコードという平面ではラリーズは真価を発揮できないかもしれない」とあります。

 しかし、今は裸のラリーズのCDもデジタル化で立体感のある音になり、動画でヘッドホンで大音量で聞けばライブに近い体験ができるようになりました。
 海外からも、これが40年前の音かと絶賛されています。

 Music Lifeの矢沢永吉のインタビューでは、タイガースが残したものは大きいと言っているのが印象的です。キャロル側からキャンセルしたという「ロックンロール・タイトルマッチ キャロル対村八分」という幻のライブが、1973年には予定されていました。





 シティロード1980年9月号に戻ると、萩原健一のインタビューがいい。「So What」によるとダイナマイツ時代は山口冨士夫とよく喧嘩していたとのこと。GS世代は「一夜にして人気がなくなったり、1回挫折した人間が多いからわかりあえる」と語っています。 

 ショーケンも沢田研二とのPYGのときに、京都大学西部講堂で村八分と共演。
 テンプターズもデビュー前は中川三郎ディスコテック専属で、モンスターズのような本格的バンドでした。ショーケンは芸能界の色に変えられてしまったと嘆いていました。

 ダイナマイツから村八分に移った山口冨士夫を西部講堂で見て、ショーケンも影響を受けたのではないだろうか。
 「傷だらけの天使」の再放送のショーケンを見て、ふとそう思いました。

 ショーケンは、ジョー山中が癌になったときのクロコダイルでの支援ライブで初めて見ました。かっこよかったです。亡くなったお姉さんなどのためにお遍路参りをしているというショーケンは、山口冨士夫の死をどのように感じたのでしょうか。

次回の山口冨士夫と情報誌「シティロード」8回目は、1980年10月号以降になります。

 



P1130795.JPG

2018年04月17日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」E 1984年後半(11月号〜12月号)

P1130069.JPG
「おさらば」の歌詞のようについに1984年末、山口冨士夫の活動が一度停止してしまう


山口冨士夫 / おさらば (LP「ひまつぶし」で唯一、山口冨士夫が作詞もした曲)

  「やっと ここともおさらばします」
  「色んな奴らに 出逢ったけれど」
  「やっぱり こことも おさらば」


今日の1曲
 山口冨士夫 / おさらば 1974年
 山口冨士夫 / 泣きたい時には 1974年
 加部正義 / ムーン・ライク・ア・ムーン 1983年
 ゴールデンカップス / 銀色のグラス 1967年
 村八分 / あっ 1971年 
           from 『村八分 / くたびれて (2018 remaster)』
 The Rolling Stones
         / Jumpin' Jack Flash (Get Yer Ya-Ya's Out!)1969年
 ジョー山中 / 人間の証明 1978年
 浅川マキライブ 池袋文学座ル・ピリエ 1984年
 裸のラリーズ / The last one 1984年


 特集・山口冨士夫と情報誌「シティロード」の第6回目は、前回の1984年後半(9月〜10月号)に続いて、今回は1984年の11号と12月号の頃を振り返ってみます。
山口冨士夫と同世代の尊敬するアーティストの1984年の活動にも触れました。


★「シティロード」1984年11月号


P1130102.JPG
Foolsレコード発売記念ライブで「ゲスト山口冨士夫 必殺のラインナップだ」と紹介


 ・11月3日  屋根裏 タンブリングス(山口冨士夫バンド)
 ・11月17日 ライブイン Foolsレコード発売記念 ゲスト「山口冨士夫Band」
 ・11月24日 オールナイト 法政大学ホール( 山口冨士夫出演可能性あり )

 
 青木真一が結成・在籍し、1982年11月の山口冨士夫の復活の切っ掛けを作って以来、山口冨士夫と行動を共にしてきたFools。
 そのFoolsの11月17日のレコード発売記念ライブは、シティロードでも「ゲスト山口冨士夫 必殺のラインナップだ」と紹介。Foolsの伊藤耕も最近亡くなりました。





 11月24日の法政大学ホールの山口冨士夫の出演については確かではありません。
 しかし出演者が、フールズ、少年ナイフ、ローザ・ルクセンブルグ 「他」とあり、
 また、山口冨士夫「So What」に「秋の法政大学を最後に一人旅に出た」とあります。

 さらに、翌12月の法政大学ホールのライブに山口冨士夫は欠席しています。
 以上からすると、この11月24日に山口冨士夫が出演したものと推測されます。シティロード11月号は学園祭特集で、「今年もロックの硬派は法政だ」と書かれています。

 11月1日明治大学は「チャボvsチャー」の企画でピンククラウドとチャボバンドが出演。
 山口冨士夫と1976年にリゾートを組んだルイズルイス加部は1978年から1994年までピンククラウドで活動、1980年代は毎月大きな会場でライブがありました。

 私もこのころ本多劇場の下北沢音楽祭でピンククラウドを見ました。山口冨士夫も加部正義を意識したと思います。1979年に村八分の再結成に山口冨士夫が「おれは賭けた」というのは、「ジョニー、ルイス&チャー」に触発されたのではないかとも思います。

resort(山口冨士夫&加部正義) trailer
https://www.youtube.com/watch?v=RQFcGvd9Quc


ついに世に出た伝説のバンド「リゾート」の1976年のライブ



 ピンククラウド関係の中でも、山口冨士夫のEP「ライドオン!」の直後の1983年7月に発売された加部正義のソロLP「ムーン・ライク・ア・ムーン」は傑作でした。
 本来はギタリストの加部正義が書き溜めていたと思われる名曲、名リフが多い。

 このLPは「ひまつぶし」のようによく聞きました。Gentle Giant / In a glass houseのようにガラスの割れる音から始まる。「ムーン・ライク・ア・ムーン」はPink Floydのように音が広がるインストロックでした。

 このLPの音や銀色のグラスなどのゴールデンカップスに憧れて、横浜の本牧に一人旅をしたのもこのころでした。伝説のクラブ「ゴールデンカップ」も見ました。いろいろなことを思い起こすと、懐かしく感傷に浸ってしまいます。
 
MASAYOSHI KABE - ONLY THE YOUNG
https://www.youtube.com/watch?v=cCIOYpRN0DA
アルバム最後のリラックスした名曲。EmtidiのSaatと同じコード進行。青春の終わり。


1983年5月の山口冨士夫のEP「ライドオン!」の後、1983年7月に発売



 11月23日には、1971年に頭脳警察、1972年に村八分が出演した慶應大学三田祭で、PANTAのライブがありました。PANTAは、レコーディング中に病によって倒れてしまったという問題作「16人格」を8月に発表したばかりでした。

 1960年代に山口冨士夫にブルースバンド結成を持ちかけたPANTA。彼もソロの時代はラブソング集に以前のファンから批判を受けたり、山口冨士夫と同様、方向性に苦しんだ時期があったと「団塊の世代」特集のインタビューで語っていました。





★「シティロード」1984年12月号
 

P1130096.JPG
12月21日 「タンブリングス+ゲスト:鮎川誠」 山口冨士夫が再び欠席してしまう。
1983年5月にルイードで山口冨士夫と対バンだった安全地帯がブレイク

P1130157.JPG
12月22日は裸のラリーズ
2年続いた山口冨士夫、裸のラリーズの法政大学ホールでのクリスマス連日ライブ。


 ・12月8日 東福生 SUNSHINE UZU
             タンブリングス(山口冨士夫 青木真一 青木正行 小林秀弥)
 ・12月21日(金)法政大学ホール  タンブリングス ゲスト:鮎川誠 
                             山口冨士夫欠席 
 ・12月22日(土)法政大学ホール  裸のラリーズ
 ・12月29日 0:30am 新宿ミッドナイトスペシャル  山口フジオ+エミリー+アキオ

 ・12月31日 クロコダイル In the midnight special 84’
            タンブリングス(山口冨士夫G) 鮎川誠&シーナ(予定)
              ← この日については、シティロード1985年1月号に告知


 ・12月6日  クロコダイル    ジョー山中 Reggae Vibration
 ・12月末  文学座ル・ピリエ  浅川マキ 


 1983年のクリスマスに2日間素晴らしいライブを見た山口冨士夫のタンブリングスと裸のラリーズが再び、法政大学ホールで12月にライブを連日行うとの告知。
 ゲストが鮎川誠ということで、たいへんな期待を持って会場に向かいました。

 12月21日に、「ゲスト鮎川誠」がどういう形で参加するのか不明でしたが、シーナ&ロケットとして出演しました。500円のカンパで見れたのはラッキーでした。
 翌1985年1月24日にシーナ&ロケットは渋谷公会堂で単独ライブをしています。


 


 しかし、シーナ&ロケットの演奏終了後、なかなか山口冨士夫が現れません。
 その間、ホールに大きな音でライブの音が流れました。私は、直感的に「これは村八分の伝説の最盛期のライブ音源ではないか、、、」と思いました。
 
 会場で流れた「あっ」は、1971年4月録音の村八分の「草臥れて」でした。ホールのエコーがかかった状態で大音量で聞きました。イコライザーでベースを思い切り上げて、全体にリバーブをかけたような音でした。


あっ!! from 『村八分 / くたびれて (2018 remaster)』
https://www.youtube.com/watch?v=O8SuvuaVqfU
ベースなどの音圧が上がり凄いサウンドにremasterされた。


4回目のリリースとなる「くたびれて」 



 この「あっ」では青木真一のベースのグルーブが中心。山口冨士夫が「So What」で「テッチャンのリズムギターは、バンドのビートを唸らせていた」と語る浅田哲のリフ、上原裕の跳ねるビートが台風の目のように渦を巻き、それをチャー坊の叫びが扇動する。

 小学校の頃に、Rolling Stones / Jumpin' Jack Flashをラジオで録音したものが、シングルヴァージョンと違って音が太く、グルーブして何度も聴いた。5年前にやっとそれがGet Yer Ya-Ya's Out!のライブとわかりました。

The Rolling Stones / Jumpin' Jack Flash (Get Yer Ya-Ya's Out!)
https://www.youtube.com/watch?v=2O8U2skkqyY


全盛期のストーンズと村八分のイメージが重なるライブ盤


 法政大学ホールで聞いたエコーのかかった「あっ」は、まさにストーンズの感じだった。

 「くたびれて」の「あっ」、慶應三田祭CDの「あやつり人形」を聴くと、山口冨士夫がMusic Life1971年6月号で「世界で一番すごいのはストーンズと村八分だ」「チャー坊の方がミックジャガーより上。持っているものが違う」と言ったことが理解できる。 
 
村八分1971〜1972年の映像
https://www.youtube.com/watch?v=G9EqrB0ISaw
3:17〜「音楽にダンスを融合させるロックシンガー」チャー坊と山口冨士夫の頂点
「天国のひまつぶし」で村瀬シゲトが「二人は1+1=2ではなく、4,5になった」と言うのがわかる





P1120736.JPG
タンブリングスのライブ


 ホールで、村八分「草臥れて」からの「あっ」「どらねこ」などが流れた後に、ついに会場に「山口冨士夫は出ません」というアナウンスがありました。
 青木真一が「おれたちだけで楽しもうぜ!」と言ってライブが始まりました。

 あの会場にいた青木真一は、自分の村八分時代の演奏を聴いてどう思ったのか。
 もしかしたら、山口冨士夫の欠席を見越して、青木真一か誰かが村八分の音源を用意していたのかとも思いました。

 山口冨士夫は、前座のシーナ&ロケッツを聴いて自信をなくしたのかとも、そのときは想像しました。シーナ&ロケッツはBOURBONからアルファレコードに移籍し、サウンド面でYMOがサポートして先端の音をロックンロールの形にして演奏していました。

 しかし、これは勘違いで、白夜書房の日本ロック大全のインタビューによると、山口冨士夫はシーナ&ロケッツに対して引け目を感じるようなことは全くなかったようです。
 実際のところ、この日、山口冨士夫は最初から会場に来れなかったようです。





 この12月21日の山口冨士夫の再度の欠席についても、9月の屋根裏のときと同様、全く不満な感情は起きませんでした。山口冨士夫は、10月のクロコダイルで、「お前らも何かしたいけどわからないから俺のところに来てるんだろ?」と客に問いかけました。

 しかし、その山口冨士夫自身もミュージシャンとして「自分は何をすべきか悩んでいるのではないか」と、私は考えるようになりました。
 山口冨士夫とその音楽が自分を代弁してくれる鏡のように思えました。
 
 この日、山口冨士夫の欠席を鮎川誠も心配したのはではないでしょうか。
 この1年後、ダイナマイツ時代から山口冨士夫のファンだったという鮎川誠とシーナのサポートで山口冨士夫は復活します。

  



 翌12月22日の裸のラリーズは、前日の山口冨士夫欠席の不安を消すように1983年12月と同様にぶっ飛んだ演奏でした。1983年12月のときは山口冨士夫も客席で聞いていましたが、このときはみつかりませんでした。
 
 造花の原野のような速いテンポの曲の音の広がりや、The last oneの重厚な締めくくりは素晴らしかったです。 水谷孝は最後にギターを壊して踏みつけたこともありましたが、最後にはマイクに向かって「ありがとう」と言っているのが印象的でした。

 裸のラリーズは、法政大学2回、屋根裏、鹿鳴館1回ずつと4回見ました。絵画展で水谷孝と遭遇したことがあります。ベルギー象徴派展かと思ったのですが、それは1982年12月〜1983年1月だったので時系列で合いません。裸のラリーズについては体に刻まれた爆音に消されて、記憶がいつかわからない感じです。





 12月8日のクロコダイルに赤ペンでマークがついており、この日に8月に江の島で山口冨士夫と共演したというジョー山中のReggae Vibration (石間秀機G 篠原信彦Key)を初めて見たようです。

 ジョー山中については、フラワートラベリンバンドの「メイクアップ」を聞いて日本にもこんな凄いバンドがあったのかと尊敬していました。クロコダイルでジョー山中と目が合ったときは緊張しました。

 ジョー山中もFTBの解散後、人間の証明でヒットしたり、ミュージカルやいろいろな道を模索し、レゲエにたどり着いたようでした。
 このころ、ジョー山中の「魂」のLPジャケットをずっと部屋に飾っていました。


ジョー山中自伝 アフガニスタンの危険地帯にも内田裕也とボランティアに行ったという



P1130083.JPG
12月29日に告知されていたライブを偶然発見。
カタカナの「フジオ」名義が1974年の「ひまつぶし」を想起させる。


「おさらば」「泣きたい時には」収録



 1984年末に初めて浅川マキを見ました。驚きのライブでした。黒い衣装でシャンソンに近いイメージで一人で歌い出した浅川マキが「〜さん」と一流のジャズミュージシャンを一人ずつ呼びながら、ビリーホリデイのように徐々にジャズのグルーブに乗って歌う姿。

 浅川マキはこの時代でも音楽誌で称賛されていた。心の空虚に引き込まれながら心の空虚を埋めてくれるような声。世の中に音楽の天才は本当にいるのだと思いました。
 山口冨士夫の「泣きたい時には」もいい。これほど歌心が伝わる歌は多くない。

※山口冨士夫も「ひまつぶし」に「浅川マキのような感じの曲が入っている」と述べている。So What」新版P133

「アングラの女王 歌手・浅川マキ」 追悼
https://www.youtube.com/watch?v=964NthnsN_A
2010年にライブ当日に名古屋のホテルで亡くなっていた浅川マキの人生は、
「Rockとは生き方のことなんだ」と言っていた山口冨士夫と重なる

池袋文学座ル・ピリエ(12月27日〜31日)での浅川マキの年末恒例だったライブ
P1130089.JPG





1984年は、山口冨士夫の活動停止と浅川マキの大晦日ライブで、終わりました。
 山口冨士夫は、予定されていた12月29日と12月31日のライブにも出られなかったのではないかと思います。

 1985年に入ってから、しばらく山口冨士夫に関する情報は全く途絶えてしまいます。
 しかし、1985年から私の人生が苦しい局面に入った時にも常に山口冨士夫の存在が心の支柱でした。
 
 1985年末からの鮎川誠とシーナ&ロケッツのサポート、そして1980年代後半からの空前のバンドブームを経て、山口冨士夫はついに1989年にTeardropsでメジャーの表舞台に出ることになります。

 
 次回の山口冨士夫と情報誌「シティロード」7回目は、1985年以降に進む前に、1980年に遡ろうと思います。  




P1130129.JPG

2018年04月11日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」D 1984年後半(9月号〜10月号)

P1120732.JPG
1983年の4曲入りEP「ライドオン!」からの山口冨士夫の活動に陰りが現れる


今日の1曲
 山口冨士夫 / Ocean
 山口冨士夫 / 愛の子
 山口冨士夫 / ムスタングサリー
 高橋竹山 津軽三味線



 特集・山口冨士夫と情報誌「シティロード」の第5回目です。
 前回の1984年後半(7月〜8月号)に続いて、今回は1984年の9月号と10月号を辿ってみます。


★「シティロード」1984年9月号



 ・9月4日 屋根裏 「タンブリングダイス(山口冨士夫band)」1700円 
                                   山口冨士夫が欠席   
 ・9月21日 歌舞伎町Moon stone 「タンブリングダイス(山口冨士夫グループ)」
                                    2000円
 ・8月4日 江の島フリーコンサート(シティロード8月号には告知なし)
      タンブリングダイス  共演:ジョー山中レゲエバイブレーション


 9月4日の屋根裏「タンブリングダイス(山口冨士夫band)」で、初めて山口冨士夫が欠席しました。欠席のことは鮮明に覚えているのですが、その日付については「天国のひまつぶし」の本によればこの日のようです。 





 渋谷屋根裏は、初めて山口冨士夫を見た場所、初めてのライブハウスであり、その日も登場を期待して待っていました。観客もホールに余裕があったので、数十人から100人弱ぐらいだったと思います。


右:1984年9月4日 山口冨士夫が欠席した日の「屋根裏」タンブリングダイスの告知
左:渋谷ジャンジャン 高橋竹山には晩年の山口冨士夫に感じた技術と風格があった 
P1120728.JPG


 すると、「今日は、山口冨士夫から出られないという連絡が入りました」というアナウンスがありました。病欠ではないようでした。今まで山口冨士夫のライブの深い音楽性に感銘を受けていたので、欠席するのも音楽的な理由と察せられました。
 
 私は「この人はすごい。自分が納得いかないときには出演しないのか。これこそ本物のロックミュージシャンではないのか」と思いました。
 売れることが第一のいわゆる「産業ロック」が主流になった時代でした。

 当時の私は、山口冨士夫の深い悩みにまでは思いが至りませんでした。
 その日は山口冨士夫がいないライブが行われましたが、それでも良いライブでした。
 帰るときにチャージをたしか千円返されましたが、逆に申し訳ない気がしました。

 渋谷屋根裏は、山口冨士夫2回と裸のラリーズ1回の計3回行きました。狭い階段でした。裸のラリーズを見た日は思い出せないのですが、階段で並んでいたら水谷孝が礼儀正しく「失礼」と言いながら上がっていったのが印象的で、影響を受けました。

 「ぴあ」時代から屋根裏の出演者を見ると、サザン、カシオペアなど今も活躍する人たちが多く出ています。「渋谷ジャンジャン」「ロフト」は素晴らしい回想録が出ましたが、「屋根裏」も経営や出演者との人間関係でたいへんだったのではないかと思います。

高橋竹山 津軽三味線
https://www.youtube.com/watch?v=tEjrkHAnzVs
ロックフェスにもよく出演した高橋竹山も山口冨士夫も渋谷で戦っていた





 9月号には歌舞伎町Moon stoneでの9月21日のライブ告知もあります。
 1984年9月5日に開店した大きなホールだったようですが、10月号以降は掲載がなくなっています。


8月4日に江の島でライブがあったとの情報
P1120722.JPG

 なお、9月号の編集後記に「ジョー山中とタンブリングダイスのフリーコンサート」が8月4日に江の島であったとの驚きの情報があります(8月号にはこのライブは非掲載)。猛暑のために記者は行かなかったとのことでした。

 江の島の鵠沼側ステージは、あるダンスイベントで曇りの日でお客さんが少なくほとんど一人で2時間踊ったことがあるので懐かしい。若い人たちが飲み物を持ってきて応援してくれました。同じステージに山口冨士夫が立ったことがあるとしたら光栄です。

 ジョー山中と山口冨士夫の共演は、1971年のFTBと裸のラリーズで出演したときの富士急ハイランド、1979年村八分再結成時の京都大学西部講堂以来と思います。タンブリングダイスの野外ライブは初めて知りましたが、本当であればぜひ行きたかった。

 
★「シティロード」1984年10月号


10月13日の屋根裏 「タンブリングス」に改名した告知
P1120746.JPG


 ・10月13日 屋根裏 「タンブリングス(山口冨士夫グループ)」
 ・10月25日 クロコダイル「タンブリングダイス」
 ・10月17日 裸のラリーズ 鹿鳴館


 初めて13日の屋根裏で「タンブリングス」というバンド名に変更。25日のクロコダイルではまだ「タンブリングダイス」。ローリングストーンズそのままだから変えたとのことですが、9月の屋根裏欠席について心機一転もあったのではないかとも思います。


左列:クロコダイル 10月25日に以前の「タンブリングダイス」のバンド名で告知 
右列:Eggman
P1120738.JPG


 10月13日屋根裏と10月25日クロコダイルのライブの間の10月23日にスタジオ録音された山口冨士夫のOceanという曲があります。初期Kraftwerkや特に1972年のNEU!のライブのような曲で、「ライドオン」とは違う音楽性を模索していたようです。


10分に渡る「Ocean」収録の「Ride on!」デラックス・エディション



 山口冨士夫著「So What」によれば、音楽的な悩みは、9月ではなく1984年に入ったころからすでに始まっていたようです。「So What」の中で「Tumblings」の1984年の記述はたった12行です。その中で、以下のように書かれています。

「すべてが煮詰まり始めていた」
「すべてがマニアックになりつつあるという気がしてた」
「客もいつもと同じさ」

 また、「タンブリングス」の項目で、「学生運動とはいわないが、今の学生にも少しは何か見せてほしいと思うときもあるよ」「『明るいパンク』ってやつをやれば、コブシをあげてくれるのか。オレはまっぴらごめんだな」とも書かれています。





 以前もブログで書いたのですが、クロコダイルでのライブで深く心に刻まれた思い出がありました。「シティロード」や今までの情報を辿っていくと、それはこの1984年10月25日のライブだったのではないかと思います。

 そのライブで、突然山口冨士夫は「イエー」という客に対して、真剣に「お前たちはイエーしか言えないのか?!」と問い正すように言いました。いつも和気あいあいだったライブで、初めて山口冨士夫が怒ったのを見たので驚きました。

 続けて山口冨士夫は、「お前らも何かやりたいんだけど、それがわからないから俺のところへ来てるんだろ?」と言いました。
 私は何もできない自分の心を見透かされたような気がしました。


愛の子収録



 そして、山口冨士夫は、「だったら聞かせてやるぜ! 世紀のあいの子、山口冨士夫!」と叫び、演奏を始めました。その曲は「愛の子」という曲だったようです。
 私は山口冨士夫が自分自身に対して差別用語を使ったことにショックを受けました。

 1983年の4月にも山口冨士夫がそのような言葉を使ったときは、明るく冗談のように話していました。村八分のチャー坊の「おれはカタワ」以上に重く感じました。1996年の「クイックジャパン」連載で初めて「カタワ」とはチャー坊自身の経験だと知りました。

 この後、山口冨士夫はしばらく活動から遠ざかるのですが、このときの山口冨士夫の叫びは、自分自身に対するだけでなく、「おまえも何か行動しろ」という最後の突き放す言葉のように受け取れました。
 
 1983年に山口冨士夫は音楽の灯台のように思えたのですが、この日の山口冨士夫の自分が傷つきながらメッセージを投げかける姿に、音楽だけではない「自分の力で生きろ」という生涯影響を受けるような哲学的なものを受けとった気がしました。
 それは今も続いています。 


山口冨士夫「So What」 2008年新版と1990年旧版
P1120734.JPG


次回は、山口冨士夫と情報誌「シティロード」第6回、1984年11月号と12月号です。


P1110949.JPG

2018年04月05日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」C 1984年後半(7月号〜8月号)

P1120200.JPG
山口冨士夫出演の情報誌「シティロード」1984年4月号〜12月号


今日の1曲
 山口冨士夫 / 赤い雲
 山口冨士夫 "Jump So High"
 Rolling Stones / Route 66
 Rolling Stones / Monkey Man
 Prince / Let’s go crazy
 Alphataurus / Croma
 Jimi Hendrix / Wild Thing


 特集・山口冨士夫と情報誌「シティロード」の第4回目は、前回の1984年前半(1月〜6月号)に続いて1984年後半です。9月号以後に大きな重たい変化があるので、まず7月号と8月号まで山口冨士夫の出演を辿ってみます。


★「シティロード」1984年7月号

P1120199.JPG
7月号index「た」行。バンド名は「タンブリングダウン」から2か月で「タンブリングダイス」に変更。


 ・7月6日 クロコダイル「タンブリングダイス(山口冨士夫グループ)」
 
 このころは、毎月「シティロード」を25日に買い、Indexで「は」行の裸のラリーズと「や」行の山口冨士夫を探すのが最大の生きがいになっていました。ところが「シティロード」1984年7月号には、「山口冨士夫」も「タンブリングダウン」もない。

 「タンブリングダイス」は誤植かとも思いましたが、バンド名が変わったようでした。バンド名がズバリだったので、やはり彼らもRolling Stonesが原点だったのかと感慨深いものがありました。

Rolling Stones / Monkey Man
https://www.youtube.com/watch?v=i3CIhGXnntM





 7月6日のクロコダイルはいい雰囲気のライブでした。
 途中で「マリンバンド」という山口冨士夫+2名によるアコースティックバンドに変わりました。「よっちゃんFrom京都」「昔からのブルース仲間」と聞こえたので、元村八分の人かと思いました。

 メンバーは、加藤義明Vo.Ag、浅田哲Harp、山口冨士夫がG.Vo。マリンバンドは、黒人ブルース、白人系フォーク、日本語のオリジナルを演奏しました。加藤義明がフォークに造詣が深く、浅田哲もはしだのりひこの従弟でしたのでリラックスしたよい演奏でした。

赤い雲 from『山口冨士夫 Jump So High 1983~1986(2CD)』
https://www.youtube.com/watch?v=LlXBwsEWSJc
「ひまつぶし」の中のアコギ+ハーモニカによる名曲





 マリンバンドの最後の曲にドラムが入り、間髪を入れずに始まった「タンブリングダイス」の「ルート66」はバンドが一体となり素晴らしかった。ストーンズの1stアルバムのヴァージョンを思い出させます。
 
 Charは山口冨士夫に「ギターはサイドだ」と言われ、目の前で弾かれて圧倒されたとのことですが、ダイナマイツ時代から山口冨士夫がダブルサイドギターになったときのスピード感は素晴らしい。

Route 66 - The Rolling Stones
https://www.youtube.com/watch?v=Jc8_Qs_y-xs

 「酔いどれ天使」は途中からのリフが、1983年12月はゆっくりでしたが、今回は1.5倍位速いスピードのジャングルビートでした。
 「水たまり」は「ライブ村八分」と同じ感じのイントロでした。

 その後、新曲が3つ続き、「Jump So High」はアイズレ―ブラザースのような切れのいいファンク、続く「死ぬまでドライブ」は「どうせいつかは、くたばってしまうんだろう」という詞が印象的で、「いきなりサンシャイン」のリフは山口冨士夫の定番になりました。

 クロコダイルに行ったのはこの日が最初でした。
 この後、年内にもう一度クロコダイルに山口冨士夫のライブに行き、ジョー山中のライブ(レゲエ期)、ジョー山中の喉頭がん支援ライブにも行きました。

山口冨士夫 "Jump So High" from DVD'Tumblings Live'
https://www.youtube.com/watch?v=rXxHsvTfSs8
凄いファンク


★「シティロード」1984年8月号

1984年8月号「渋谷エリア」のページ。
クロコダイルと屋根裏に「タンブリングダイス」出演の告知。懐かしいバンドも。
渋谷ジャンジャンは、寺山修司特集「蘭妖子コンサート(JAシーザー演奏)」2日間+
天井桟敷幻想映画2日間
P1120209.JPG

8月4日 クロコダイル 「タンブリングダイス(山口冨士夫グループ)」
8月11日 屋根裏 「タンブリングダイス(山口冨士夫バンド)」
8月13日 鹿鳴館 裸のラリーズ

P1120219.JPG

P1120216.JPG

 「シティロード」8月号では、プリンスの「パープルレイン」、最初期のHiphop映画「ビートストリート」のサントラ盤の広告に、Michael Jacksonに続く黒人のスターの登場を予感させます。山口冨士夫がHiphopをどう思っていたのかも気になります。

Prince - Let's Go Crazy
https://www.youtube.com/watch?v=aXJhDltzYVQ
ジミヘンをヒーローとするプリンス。山口冨士夫もジミヘンをコピーしていたというが、ライブでは聞いたことがない。

 また、8月号のロングインタビューはピーター・バラカン。彼はイギリスのレコード店でアルバイトをしてブリティッシュロック、ブルース、ソウルに知識がある人です。「どこかに日本的なものがないと、日本のロックが海外に出るのは難しい」とも言っています。

 ピーターバラカンが、村八分の「ひらがなロック」や山口冨士夫から英米にインスパイアされた以上の日本的なものを感じるかも知りたいところです。イギリスの若いミュージシャンがダイナマイツの「トンネル天国」に興奮したと雑誌で読んだことがありました。

 貸しビデオ、DVD、Youtubeなどがない時代は「シティロード」や「ぴあ」を頼りに。「京橋フィルムセンター」など小さな映画館やホールを探して名画やロックフィルムを見ました。ジミヘン、ドアーズ、ジャニス、ストーンズの動く映像は衝撃でした。

Jimi Hendrix Wild Thing モンタレー
https://www.youtube.com/watch?v=_-7toYWFEyk
ギターに火をつけるシーンは本当に驚いた。1:57の女性の目が物語っている。

 1984年の新譜は、プリンスが世界初の映画と音楽の同時戦略でインパクトがありました。旧譜は、再発された1973年のAlphataurusがベトナム戦争のジャケと深い内容で、翌年1月に再発された1973年の「ライブ村八分」同様に印象に残っています。

Alphataurus / Croma
https://www.youtube.com/watch?v=Wj6Mos_K_uU






 次回は、特集・山口冨士夫と情報誌「シティロード」の第5回目です。
 1984年後半の9月号以後の山口冨士夫の出演を辿ってみます。


P1120598.JPG

2018年03月28日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」B 1984年前半(1月号〜6月号)

P1110865.JPG
「山口冨士夫のタンブリング・ダウン全開!!」 「シティロード」1984年5月号より
1982年末にウェイターをした美輪明宏の本拠地だった「銀巴里」に高野圭吾など懐かしい歌手が並んでいる


今日の1曲
  山口冨士夫 / 水たまり
 山口冨士夫 / No song
 山口冨士夫 / ひとつ
 村八分 / 水たまり
 アンドレ・ナヴァラ / バッハ無伴奏チェロ 第1曲
 レオ・フェレ / 時の流れに


 特集・山口冨士夫と情報誌「シティロード」の第3回目は、前回の1983年後半に続いて、1984年前半です。1月号から6月号まで山口冨士夫の出演を当時を振り返りながら辿ってみます。


★「シティロード」1984年1月号

第10回1983-1984ニューイヤーロックフェスに出演した山口冨士夫
P1110504.JPG
なお、山口冨士夫の漢字表記について、「シティロード」1983年11月号までは、昔のMusic Life、1973年のLP「ライブ村八分」、1983年4月のフライヤーなども「富士夫」となっていた。しかし、この1984年1月号以降は「冨士夫」の表記になっている。


 ・1984年1月1日 「山口冨士夫」 西武PARCO劇場 
       第10回 1983-1984 ニューイヤーロックフェスティバル 
     「山口冨士夫」としてPart5(1984年元日のam3:20~6:35)に出演。
     
 この年は、ニューイヤーロックフェスの最盛期の一つと思います。12月31日のpm0:30から1月1日のpm1:40まで、7つのpartに約50バンドが出演。日本の各ジャンルのトップクラスのバンドが出演しており、内田裕也の力を感じさせます。

 まだ、山口冨士夫がRide Onだけで、メジャーでレコードを出していない時期でした。
 しかし、テレビでは内田裕也もロックレジェンドの復活を祝し、尊敬を込めて「山口冨士夫!」と紹介したのを覚えています。

山口冨士夫 NOSONG ニューイヤーロックフェス
https://www.youtube.com/watch?v=pd8xMpDI_XU
貴重なテレビ出演映像。

「ライドオン!」は4曲全部いい曲で違うリズムでした。NoSongのギターカッティングからサビの歌に入るところもかっこよかった。「なにかひとつ」という詞は「ひまつぶし」の名曲「ひとつ」の「だけどひとつだけ言える」に繋がっているように思えました。

「レコードを作るにも曲がないから”No Song”にした」、「十分な録音時間がない。だったらこんなのは”ひまつぶし”だ」と言って作った曲やLPレコードが名盤になっているのだから凄い才能の人です。


「ライド・オン!」 内田裕也も聞いたのだろうか



 ・1984年1月21日 クロコダイル「山口冨士夫」共演NAM


 「シティロード」1984年1月号では、マルコム・マクラレン初来日のインタビューが素晴らしい。今までSex Pistolsなどのファッションやイメージ戦略の達人のように思っていたが、真面目な人間で、熱狂的なR&R通だった。

 マルコム・マクラレンの一言、一言が鋭い。「ビートは万国共通のものだ」という信念を持つマルコム・マクラレンに村八分や山口冨士夫の「ひまつぶし」を聞かせたらどんな感想を持っただろうか。


マルコム・マクラレンにも聴いてほしい「からかわないで」



 
★「シティロード」1984年2月号

 ・1984年2月17日 クロコダイル 「山口冨士夫」


 「シティロード」1984年2月号では、長谷川和彦監督のインタビューがトップ記事で強烈な印象です。沢田研二主演の「太陽を盗んだ男」で反核団体に抗議されたとき、自分の被爆手帖を見せて説得したと別の記事で読みました。

 バブル崩壊前の1984年の日本では、映画、音楽とも興行的に成功し「シティロード」も活況を呈していました。しかし、「みんなほら、表面ばかり舐めてきただろ。もっと深くいこうぜ!」とライブで言っていた「山口冨士夫」だけが真実を語っている気がしました。


☆「シティロード」1984年3月号
               → 山口冨士夫出演告知なし

 「シティロード」1984年3月号では、ライブ告知はなし。しかし、年に1回行っていた「読者選出ベストテン」が発表され、なんと山口冨士夫が、ユーミン、サザン、松田聖子など歌手、バンドが居並ぶ中で「いきいきミュージシャン」部門で23位に選出されました。


山口冨士夫「いきいきミュージシャン」で23位選出(2回クリックすると写真拡大します)
P1110621.JPG

 また、「ベストアルバム(国内盤)」部門では、山口冨士夫の4曲入り20cmLP「ライド・オン!」が25位に選出。これも「シティロード」の山口冨士夫プロジェクトの成功であり、ファンとしても非常に嬉しい結果です。

 なお2月号の「シティロード」に「読者選出ベストテン」投票専用のはがきが付いていました。各部門ごとに合計10点を最低3位まで自由に割り振って投票できたので、パンタ、サンハウスなど熱いファンがいるバンドは「シティロード」では上位可能でした。

 このころ、村八分の曲では、「んっ」と「水たまり」だけを演奏していたようです。JamesBrownファンク系の「んっ」と、チャー坊の詞が純粋で美しい「水たまり」は、山口冨士夫のお気に入りだったのでしょう。「水たまり」は、チャー坊が亡き子供のために作った詞と最近知りました。





山口冨士夫 水たまり @京都大学西部講堂
https://www.youtube.com/watch?v=xKgl4cCAv9c
2010年頃? ライブ映像。語るようなギターソロが素晴らしい。


1983年~1986年の山口冨士夫のライブ「水たまり」収録



「ベストアルバム(国内盤)」部門では、山口冨士夫「ライド・オン!」が25位
P1110623.JPG

☆「シティロード」1984年4月号
          → 山口冨士夫出演告知なし


 4月3日に東京文化会館小ホールのアンドレ・ナヴァラのチェロの独奏会に行きました。バッハの無伴奏チェロの第1曲が名曲です。最前列で見ましたが、山口冨士夫のように職人肌の孤高の演奏家という印象を受けました。

アンドレ・ナヴァラAndré Navarra "Suite No 1 BWV 1007" J.S.Bach
https://www.youtube.com/watch?v=KXEPv-jMya8


★「シティロード」1984年5月号

   
 ・5月11日 屋根裏「タンブリングダウン」(山口冨士夫G 青木真一G 青木正行B 小林秀弥Dr)
 ・5月26日 クロコダイル「タンブリングダウン」(山口冨士夫グループ)」


 1984年5月号では、Indexの「や」行に山口冨士夫がみつかりませんでした。
 しかし、125ページの欄外に大きく写真入りで特集記事が! 
 山下洋輔と並んで。

 「タンブリング・ダウン全開!! 山口冨士夫グループのバンド名が決定した。その名もタンブリングダウン。ダイナマイツ時代からの生き残りは現役バリバリ全開中!!」
 ここでも「シティロード」の山口冨士夫への支援が熱い!

 「タンブリング・ダウン全開!!」の記事の下に1982年末に3か月ほどバイトをした「銀巴里」の告知があります。私の好きだったシャンソン歌手の歌には心があり、チャー坊の「水たまり」や山口冨士夫の「おさらば」に通じるものがありました。

 山口冨士夫のライブを1983年4月に初めて見て感動して追っかけになったのも、シャンソンからの影響があったのかもしれません。シャンソンは、エディット・ピアフ、バルバラ、美輪明宏など、重い境遇の人が多いです。

レオ・フェレ Léo ferré - 時の流れに Avec le temps
https://www.youtube.com/watch?v=aiXcUTTLud4

バルバラ Barbara - 黒い鷲 L'Aigle Noir
https://www.youtube.com/watch?v=2s-JYoGh6Mg

 「タンブリングダウン」のとき、残念ながら私はライブを見ませんでしたが、2回ほどギターの青木真一が欠席したライブがあったとのこと。このときはジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのようなサウンドだったそうです。

山口冨士夫 "酔いどれ天使" from Tumbling Down "Vintage Vault vol.4"
https://www.youtube.com/watch?v=D-4JpZwhIG4


「タンブリングダウン」青木真一を欠いた 3人編成のときのレアなライブ



☆「シティロード」1984年6月号
             → 山口冨士夫出演告知なし


 次回は、山口冨士夫と情報誌「シティロード」の第4回目。
 今回の1984年前半に続いて、1984年後半、7月号から12月号までです。


村八分「水たまり」収録 チャー坊の歌も山口冨士夫の咽ぶようなギターも最高だ。




2018年03月25日

桜満開 〜 父の3回忌

P1110691.JPG


今日の1曲
 ミッチミラー合唱団 Mitch Miller / みんなで歌おう Sing Along
 ブラザーズ・フォア / 花はどこへ行ったの


  今日は父の3回忌がありました。4日前は雪で驚きましたが、幸運にも晴天で、お寺、墓地の周辺が桜満開で絶好の花見日和でした。2年前は父の死後体調を崩して真夏でもコートを着るような状態になりましたが、だいぶ回復しました。

 今日は合唱が好きだった父にちなんだ曲を選んでみました。
 古くて懐かしいメロディーですが、一緒に歌って合唱すると、心が澄んだ生まれ変わったような気持ちになれました。

ミッチミラー合唱団 Mitch Miller / みんなで歌おう Sing Along
https://www.youtube.com/watch?v=GibL8BEQ-fY





ブラザーズ・フォアBrothers Four
/ 花はどこへ行ったのWhere Have All The Flowers Gone
https://www.youtube.com/watch?v=Lt69wGAt7h0




posted by カンカン at 18:37| 神奈川 | Comment(0) | アメリカンポップス American Rock & Pops | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」A 1983年後半(7月号〜12月号)

P1110522.JPG
山口冨士夫ライブの告知が掲載された情報誌「シティーロード」1983年1月号〜1984年3月号


今日の1曲
 The Beatles(White Album)- Dear Prudence 1968
 POPOL VUH Aguirre pt I 1972
 山口冨士夫 / 酔いどれ天使 1983
 裸のラリーズ(with山口冨士夫) / 造花の原野 1980
  I Can't Stay Long - Ultravox! 1977 /Humania
/John Foxx 1983
沢田研二/ストリッパー ドラム:上原裕=元村八分


 前回に続いて、1983年の情報誌「シティロード」で山口冨士夫の出演告知を探しながら、当時の思い出を振り返ってみました。
 今回は、1983年後半の7月号から12月号までです。


★「シティロード」1983年7月号

 ・7月9日 クロコダイル pm8:00「山口冨士夫」として告知。
 ・7月9日〜10日 法政大学ホール All night in Gakkan 山口冨士夫バンド
       (共演)近藤等則、じゃがたら、山岸潤史、Fools etc 
        → クロコダイルのライブの後に出演。凄いスケジュールだ。
 ・7月16日 クロコダイル Cry for love & peaceという15-16日のイベント
       16日のヘッドライナーとして、「山口冨士夫」が出演
         15日には、元The M、ゴダイゴの浅野孝己が出演
    

 「シティロード」7月号のインタビューは山下達郎。彼はGSにも造詣が深く、シュガーベイブの1975年のドラマーは元村八分の上原ユカリでした。山下達郎がダイナマイツ時代から、山口冨士夫の復活をどう思い、今もどう評価しているのか興味深いです。

 また、7月5日に中野サンプラザで来日ライブを見たPILのジョン・ライドンに原宿の竹下通りで会いました。「シティロード」7月号の裏表紙にサインをもらいました。CharがSex Pistolsを初めて聞いたとき「これって村八分じゃん」と言ったという話があります。

 PILは、アンコールで、ジョン・ライドンが、はっぴのようなものを着てAnarchy in the UKを演奏したことだけ覚えています。村八分の1972年のチャー坊+山口冨士夫の映像は、Sex Pistolsの1977年のジョニーロットンに匹敵するインパクトがあります。

 映画では、7月に、Popol Vuhが映画音楽を担当したヘルツォーク監督の「アギーレ神の怒り」「フィッツカラルド」が2つ公開されています。裸のラリーズが、この年の12月のライブの開始前にPopol Vuhの「アギーレ」を流していました。

POPOL VUH "Aguirre pt I, II, III"
https://www.youtube.com/watch?v=zdeIN3sYcfk





★「シティロード」1983年8月号

 ・8月27日クロコダイル 「山口冨士夫」として告知。

 映画では「フラッシュダンス」が大ヒットして話題になっていました。1年前の1982年の夏に六本木のディスコに週2-3回通っていたのですが、もうディスコに戻る意欲はなく、「山口冨士夫」が私にとって人生の灯台のようになっていました。 


☆「シティロード」1983年9月号
               → 山口冨士夫の記載なし

 このころは、10月に千葉でライブがあったように、東京だけにとどまらず、日本中を精力的にライブ活動で回っていたようです。


P1110604.JPG


★「シティロード」1983年10月号
 
 ・10月1日 クロコダイル 「山口冨士夫」と告知。共演Boogie Baby
 ・10月9日 千葉ダンシングマザーズ 「山口冨士夫グループ」と告知。

 ・10月10日 裸のラリーズ 鹿鳴館

 手元に裸のラリーズのフライヤーがあるのでおそらく、この日が最初に裸のラリーズを見た日のようです。しかし、鹿鳴館で裸のラリーズを見たのは1984年の10月17日だと記憶しています。やはりこの年の12月24日の法政大学ホールでの裸のラリーズのライブがあまりに凄かったため、それが最初の裸のラリーズ体験だと思えています。
 
 「シティロード」10月号のインタビューは、沢田研二が映画「ときめきに死す」に絞って話しています。沢田研二が山口冨士夫をどう評価していたのかも興味のある所です。GS時代にタイガースとダイナマイツは会っているでしょうし、山口冨士夫は、加橋かつみとセッションをして「フジオちゃーん」と言われたと「クイックジャパン」連載にあります。


Music Life 1971年6月号 
フラワートラベリンバンドSatoriの新譜紹介と山口冨士夫のインタビュー
P1110611.JPG

 また、1971年3月20日に村八分は沢田研二のPYGと京大西部講堂で共演しています。1971年6月号のMusic Lifeのインタビュー「人間訪問」で、山口冨士夫は「世界で一番すごいのは、ストーンズと村八分だ」と述べています。

 さらに、山口冨士夫はMusic Lifeのインタビューで、好きな日本のバンドとしてPYGをあげ「ちゃんとあれだけの客をのせて、音楽的にもいいと思う」とも述べています。西部講堂でPYGは酷いヤジを受けましたが、山口冨士夫はPYGを認めていたのです。

 沢田研二の1983年のExoticsのドラムは、村八分の2代目ドラマー、山下達郎のシュガーベイブを経た上原”ユカリ”裕でした。日本のロック黎明期に関わった上原裕はExotics解散の後、しばらく活動を停止します。

沢田研二/ストリッパー ドラム:上原裕=元村八分
https://www.youtube.com/watch?v=kTljhurK_z8



★「シティロード」1983年11月号

 ・11月4日 横浜Shel Garden 「山口冨士夫(旧村八分)」として告知。
    チャージは1800円で一番高いランク。
    このころ、元パワーハウスのChiboの活動も活発で「シティロード」に頻出。

 11月7日か8日にJohn Foxxを中野サンプラザで見る。ダンスアルバム「Garden」は山口冨士夫の「ひまつぶし」のように良曲ばかりの素晴らしいLPだったが、Golden Sectionは精彩を欠いた。UltravoxのI can’t stay longが聞けたのはよかった。

I Can't Stay Long - Ultravox! 1977 /Humania /John Foxx 1983
https://www.youtube.com/watch?v=OpmNo78xMts


 11月12日に慶應日吉で沢田研二が初めて大学の学園祭に出演しています。また、前年1982年10月に日吉で裸のラリーズのライブがありました。裸のラリーズは、頭脳警察がはっぴいえんどの時間枠をジャックした1971年の慶應三田祭に出演しました。


1983年当時のミニコミ誌での山口冨士夫の記事
P1110613.JPG
ライブを見た人でも「よかった」「あれは化石だ」という意見があるとのこと。
山口冨士夫「村八分のことは、あの2枚組のLPに全部入っている。ただ、聴くだけでなくてシノギを削ってほしいよ」「バレーボールの選手はストーンズのように続けられないだろ。でも俺たちはまだできるんだよ。やる気だけ。それが絶対条件」


★「シティロード」1983年12月号
  (※12月号はみつからなかったため、他にもライブがあった可能性があります)

 ・12月23日 山口冨士夫 法政大学ホール
 ・12月24日 裸のラリーズ 法政大学ホール

 満を期して、山口冨士夫が登場。
 しかも、クリスマスの23、24日に裸のラリーズと名前が並んでいた。なぜ、山口冨士夫と裸のラリーズが並んでいるのか?という時点で興味深々だった。

・1983年12月23日 山口冨士夫 法政大学ホール
          
 今までの人生で一番感動したライブの一つ。
 ビートルズの「Dear Prudence」のイントロが聞こえたとき、本当に時間が止まって体が動かなくなるような感動があった。数あるビートルズの曲の中で、4人がなぜ「Dear Prudence」を頭にもってきたのか。地味な曲の一つでありながら、実に心に深く響いてくる。演奏しているのは、村八分と外道とトゥーマッチの元メンバーなのだ。本当にすごいバンドに巡り会えてよかったと思った。
 ホールは、音の広がりが素晴らしく、ステージの下からみる山口冨士夫バンドは躍動感に溢れていた。屋根裏のアットホームな感じもよかったが、ここでは神々しく見えた。
 「酔いどれ天使」が途中でリフになるところで、ゆったりしたスピードにアレンジしていた。村八分の「んっ」もやったと思う。Twist and shoutにぶっ飛ばされた記憶がある。
 
 今日はなんと雪が積もり、最近再び体調が苦しくなりがちなのだが、今も山口冨士夫のCDを聞きながらこれを書いていて、あのクリスマスのときのライブのことを思い出すと勇気づけられる。


The Beatles(White Album)- Dear Prudence
https://www.youtube.com/watch?v=AZDw0uu6UO0





・1983年12月24日(土)裸のラリーズ 法政大学ホール

 今までの人生で一番衝撃を受けたライブの一つ。
 まず、開演時間になってもライブが始まらず1時間ぐらい待ったと思う。その間に1960年代前後のジャズが流れていた。当時コルトレーンなどのジャズにも興味を持ち始めていたので、待たされている感じがしなかった。
 なにより驚いたのは、山口冨士夫が自分より2〜3席前の方に座っていて「水谷君が、、、」と話している声が聞こえたことだった。「ブルース系ロックの山口冨士夫と裸のラリーズがなぜ関係があるのか!?」ライブへの期待も膨らんだ。
 SEが最後の方でPopol VuhのAguirreになり、音が途絶えるとついに轟音のギターが始まった。2時間ぐらい続いたが圧倒された。3日間ぐらいは耳鳴りがした。  
 その日以後、山口冨士夫と裸のラリーズの関係については、「So What」の本が出るまで謎で神秘的であり、両者への関心も相乗効果で大きくなった。


Les Rallizes Denudes (with Fujio Yamaguchi) "Field Of Artificial Flowers"造花の原野 1980年
https://www.youtube.com/watch?v=HOUqOAL-utM





 こうして1983年は終わりました。山口冨士夫と裸のラリーズの1年でした。
 インターネットのない時代に「シティロード」には本当に助けられました。
 関係者の方にはお礼を申し上げたいです。

 次回は、1984年の山口冨士夫と「シティロード」です。
 
P1110613.JPG


P1100704.JPG

2018年03月17日

山口冨士夫と情報誌「シティロード」@ 1983年前半(1月号〜6月号)

P1110608.JPG
1983年の山口冨士夫と裸のラリーズのフライヤー


今日の1曲
 山口冨士夫 / からかわないで
 山口冨士夫 / Rock me
 Museo Rosenbach - Zarathustra (1973)


山口冨士夫 wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E5%86%A8%E5%A3%AB%E5%A4%AB
山口冨士夫は日本の伝説的ロックギタリスト。
2013年に死去の際には、朝日、毎日(写真付き)、読売等多くの新聞でも報じられた。


 最近、山口冨士夫の遺稿・追悼文集「天国のひまつぶし」を読んで、いろいろな世代の人たちの冨士夫さんに対する思いや、伝説の村八分の存在感を知り、感銘を受けました。また、冨士夫さんのライブ映像に自分が写っているのを発見して感激しました。

 そこで、昔の情報誌「シティロード」を見ながら、冨士夫さんの出演情報を探して、当時のことを回想することにしました。
 今回は、1983年の1月号から6月号までです。


村八分体験、冨士夫体験を聞かせてもらっているような「天国のひまつぶし」



 「シティロード」はインターネットのない時代に「ぴあ」と並ぶ東京の重要な情報誌で、私は1977年から「ぴあ」を、1980年から「シティロード」を購読。主に映画・演劇・絵画を探していましたが、1983年1月号で山口冨士夫を知ったことが大きな転機になりました。

 それまで私は日本のロックに関心がなく、1982年のタイガース再結成と加橋かつみライブに行った程度。1982年暮れに美輪明宏の銀巴里でバイトをして美輪さんの人間的な素晴らしさを知り、歌手を何十人も見ましたが、ロックのライブハウスは未経験でした。


★「シティロード」1983年1月号

 ・1983年1月1日 クロコダイル「新春おめでたデビュー フジオ復活!」KIZU(傷)
    山口冨士夫g.(元村八分)大木啓造vo(元スマイラー)ゲストFools Banzai

「1982年大晦日 サンハウス再結成か」と「1983年元日 山口冨士夫復活“傷”」
ライブ告知。後の山口冨士夫と鮎川誠の共演を予感させる。
P1110494.JPG

 「シティロード」1983年1月号の「ライブハウス・ニュース」の欄に異様な迫力のある写真(サンハウス)と「サンハウス再結成か」「ギターは当然あの人(鮎川誠のこと)が入り」という記事が目に留まりました。
 
 続いて「あの伝説のグループ村八分の山口冨士夫が元旦にKIZU(傷)を結成し復活ライブ」「村八分LP復刻企画中」いう記事が。「あの」という代名詞が2回も続き、えとせとらレコードで見た高額な「村八分」のLP復刻は、インパクトがありました。

P1120213.JPG


 この「シティロード」1月号が、山口冨士夫、村八分、サンハウス、ダイナマイツ(大木啓造)、裸のラリーズなどを知るきっかけになりました。


☆「シティロード」1983年2月号
☆「シティロード」1983年3月号
     → いずれも山口冨士夫のライブ告知はなし。


★「シティロード」1983年4月号


P1130190.JPG
ついにライブハウス情報に「あの山口冨士夫が本格的に始動」の記事が登場

 
 ・1983年4月26日 渋谷屋根裏「山口冨士夫」

 ついに「シティロード」1983年4月号で「山口冨士夫」のライブ告知を発見。初めて山口冨士夫のライブに行きました。ライブを見て、自分が探していたものがここにあったという感銘を受けました。偶然カセットに録音し、何度も繰り返してそれを聞きました。

「1960年代後半から1970年代の乗りで。だってほらみんな、表面ばっかり舐めてきただろ? もっと深くいこうぜ、いっちゃうぞ」  そして 新曲「Rock me」でスタート
「モナ」を大音量で聞いたおかげで、初めて黒人ブルースに興味を持ち、ローリングストーンズは1stアルバムが大好きになりました。
「もう死んじゃった奴だけど、おれが大好きだったマイク・ブルームフィールドをやるから」
「レゲエがやりてえんだ」

 山口冨士夫だけでなくバンド全員が実にマイペースで演奏しながら、音が全然ぶれず、余裕がある佇まい。特に「からかわないで」という曲がよかった。
 それから、山口冨士夫のいわゆる追っかけになっていました。

 手元にある「Ride On発売」ライブツアーのときのフライヤーは、屋根裏でもらったものだと思います。この時点では「山口冨士夫」とだけ記載され、メンバーも紹介されていました。4月は多くのライブハウスを回っています。

 ・1983年4月9日 クロコダイル (スタート)
 ・4月18日 新宿ロフト case of telegraph vol.6 山口冨士夫 ゲスト オートモッド
 ・4月24日 福生UZU 8:30PM開演 (フライヤーのみ。「シティロード」には告知なし)
 ・4月26日 渋谷屋根裏 山口冨士夫
 ・4月30日 横浜シェルガーデン 山口冨士夫(元村八分)

 ライブで「俺、今度レコード出したんだよな。買っても買わなくてもいいけど」と言っていた8インチの4曲入りレコードを五番街で買いました。
 インディーズを買ったのもこれが初めて。

 4曲ともいい曲で、特に「Rock Me」と「酔いどれ天使」(リフはJames BrownのI feel goodか)がいずれも乗りがよく、4月26日の屋根裏でも素晴らしかった。「日本でこんなオリジナル曲を作れるバンドがあるのか!」という驚きで、さらにハマりました。
 

最初に買った20cm4曲入りレコードと同じデザインのCD



★「シティロード」1983年5月号


P1110540.JPG
5月号は、山口冨士夫のお祭り状態。「ライブハウスロッカーズ53」として山口冨士夫の写真入り記事を掲載。「過剰な期待をしないほうが “聴こえてくるのでは” 」というライターの言葉は的を得ていると思います。

  ・1983年5月4日、5日 新宿ロフト
   「酔いどれ天使たちへ、、、」山口冨士夫Liveパーティ、大物ゲスト続々登場 と告知。

 2日も連続で、その月の「シティロード」のライブハウス情報の中でも、多く字数をとった最もインパクトのある告知のひとつです。


山口冨士夫 Tumblings Live trailer
https://www.youtube.com/watch?v=SHDqto3pjRc
初めて山口冨士夫を見た1983年ごろの屋根裏を思い出す。「んっ」など。


1983年5月5日ロフトでの映像を収録



 ・1983年5月10日 原宿ルイード「山口冨士夫」 安全地帯が対バン!

P1110541.JPG

 そして、5月10日には、JPOPの殿堂だったルイードで、なんと安全地帯(あんぜんバンドではない)と共演!? 安全地帯もこの年末に「ワインレッドの心」でブレイクするまではたいへんな苦労があったようです。

 ・1983年5月14日 クロコダイル「山口冨士夫」

 ・1983年5月22日 法政大学ホール「山口冨士夫コンサート」14時30分 
          ゲストFools 妹尾隆一郎 500円


 赤ペンで大きく「5月22日 山口冨士夫」と書かれたページがあります。
 ところが、この日のライブの記憶があまりありません。たぶん行ったと思うのですが。。。おそらく、この年の12月23日の同じ法政大学ホールでのライブがあまりに素晴らしかったので、印象が薄いのではないかと思います。

 ・1983年5月28日 屋根裏「山口冨士夫」

 このころの「シティロード」を見直すと、伝説の「村八分」を見たロック世代の人たちが一丸となって、何としてでも山口冨士夫復活を盛り上げようとしていたのがわかりました。

 また、このころ神保町のジャニスで山口冨士夫の「ひまつぶし」を借り、ビートルズの「ラバーソウル」に匹敵するような良い曲がそろっていて驚きました。「ひまつぶし」は私にとって「良い」レコードの代名詞になりました。





  他のメンバーも「外道」「トゥーマッチ」など、日本の伝説のバンドの元メンバーだということもわかりました。本物を目指している人たちだというのが改めて伝わってきました。「シティロード」の出る25日がいつも待ち遠しく楽しみになりました。


★「シティロード」1983年6月号

 ・1983年6月4日福生UZU 「山口冨士夫」の告知(チャージ700円)

 話がそれますが、この6月25日にTangerine Dreamが初来日しているのですが、当時は興味がなく行きませんでした。ELPなど1970年代前半に魅力的だったバンドはほとんど商業的なバンドになり、1982年以降のKing Crimsonもわかりませんでした。
 
 それだけに、1960年代後半から1970年代前半にこだわる山口冨士夫に魅力と希望を感じていたのだと思います。この1983年に日本で世界で最初に再発されたイタリアのバンドMuseo Rosenbachも、村八分と同じく1973年の傑作でした。


Museo Rosenbach - Zarathustra (1973)
https://www.youtube.com/watch?v=hqZZwrc-BNM&t=5s
「ライブ村八分」と同格のインパクトを受けた「ムセオ・ローゼンバッハ」
2:35〜、ラスト2分が強烈


 次回は、1983年後半の山口冨士夫と「シティロード」7月号〜12月号です。


タンブリングス結成の経緯も書かれている本


1月号
P1120212.JPG

5月号
P1120214.JPG 


P1120140.JPG

2018年03月11日

再発見・NHK「みんなのうた」隠れた名曲 君のいる惑星(ほし)

P1080474.JPG


今日の1曲
 西田ひかる Hikaru Nishida / 君のいる惑星(ほし)


 30年ぐらい前に偶然ラジオで録音した西田ひかるのいい曲がありました。メロディー、シンセサイザーが当時のイタリアンポップスのようでした。ドラムも弾む感じで、やや不安定な感じの歌が逆に宇宙に浮遊するようで癒され、なんども繰り返し聴いていました。

 曲名が長年疑問でしたが、最近やっと判明。NHK「みんなのうた」の曲で、シングルLittle ChanceのB面だったためわからなかった。作詞は売野雅勇、作曲は林哲司、編曲は新川博と、ビートルズの影響を受けた作家たち。特に林哲司は好きです。

西田ひかる Hikaru Nishida / 君のいる惑星(ほし)1988年
https://www.youtube.com/watch?v=wc2cwx8_Mw4
途中で転調したり難しい歌だが、頑張っているところが初々しい。





 スネアの音は伝説のドラマー青山純だろうか、山下達郎サウンドを軽くしたようでとても気持ちいい。ギターソロも名演。まさに「惑星」。隠れた名曲だと思います。「日本の編曲家」という本でJPOPが輝いていた時代のアレンジのことが詳しく解明されています。





P1110945.JPG
posted by カンカン at 10:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日本のポップスとロック Japanese music & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

再びダンスができる喜び James Brown OUT OF SIGHT

P1110146.JPG
Smashから出たOut of sightの再発盤LPとシングル盤


今日の1曲
 James Brown "Out of Sight" 1964年ライブ
 James Brown "Out of Sight" 1963年オリジナル


 痔の手術が成功しました。これで再びダンスができます。22年前の手術では3週間も入院しました。今回も不安でしたが、結索手術で1日で終わり、22年前に入院中に一緒に生活した「痔主会」の人たちのことなども思い出して久々に涙が出ました。
 再びダンスができるようになって感謝しています。

 1982年に初めて全くの自己流で踊って周りから騒がれました。自分が世界で一番速くステップを踏んでいると思っていました。2〜3か月で限界を感じ、2年以上ディスコに行かなくなりました。

James Brown "Out of Sight" on the TAMI Show
https://www.youtube.com/watch?v=zieXmNwHGYA
TAMIショーの高速ステップ ♩=150

 1985年にJames Brown のOut of SightをTAMI Showのビデオで初めて見る。
 1988年ごろTAMI ShowのJBのダンスの奥深さや様々なステップに気づき、コマ送りにして必死に真似。ステップやターンができると生きている充実感がありました。



 1996年に1回目の手術で痔が治った後、私はEXILEが練習していた場所の反対側でトレーニングをしていました。昨日、久々にその場所で、今回は初めて足のステップの表を作って練習しました。 

 おそらく10代なら10回で覚えるステップも、自分の年齢では100回練習しても、忘れたり、ミスします。それでも、少しでも前に進めると生きている充実感があるのです。これもJames Brownのビデオに出会ったおかげです。

 JBのOut of Sightは、世界初のFunk Musicと言われています。すべての楽器が打楽器の役割を果たし、微妙なリズムのずれによる空白が無限のグルーブ感を作ります。1963年のオリジナルシングルから1964年のTAMI Showの間でも進化をしています。

James Brown - Out of Sight 1963年
https://www.youtube.com/watch?v=3RC6rvwlDeU
こちらは、レコードのまだ遅いテンポのヴァージョン。♩=126



 


ダンスの神様&パパイヤ鈴木 
https://www.youtube.com/watch?v=sEOKPu0_BgA&t=280s
2003年当時、日本で一番上手いストリートダンサーによる素晴らしいダンス。





P1110155.JPG

2018年03月01日

3月の庭ふたたび Mina canta Lucio

P1100706.JPG.
今年は寒さのため遅れ咲きの梅


今日の1曲
  ルチオ・バティスティLucio Battisti
/ 3月の庭 I giardini di marzo 1972年
  ミーナ MINA / I giardini di marzo 1976年


 3月に入り、いよいよ暖かくなってきました。
 今日は5月上旬の陽気
 とはいえ、寒暖差が10度もあり油断できません。


P1100716.JPG


 1972年4月発売のシングルLucio Battisti / 3月の庭I giardini di marzoはイタリアで6週間1位。ジャケットの Lucio Battistiの目がベトナム戦争で先の見えない状況を語っています。彼は、つぶやくような内省的な歌い方をします。


Lucio Battisti - 3月の庭I giardini di marzo (1972)
https://www.youtube.com/watch?v=tID5AHSmto8


3月の庭 I giardini di marzo 歌詞
P1100711.JPG





1972年のイタリアLPチャートは音楽史上最も充実した期間の一つ
P1100717.JPG

 
 次はミーナがベトナム戦争が終わった1975年に発表したLucio Battisti の作品集Mina canta Lucioから 3月の庭 I giardini di marzo。ミーナの最初の個人アーティストのカバー集であり、最高傑作の一枚。ダイナミックなアレンジで堂々と歌います。


MINA / I giardini di marzo
https://www.youtube.com/watch?v=PZsAFjgbwSY






2018年02月25日

平昌オリンピック 〜 鉄道シリーズA 特急宗谷 VS 特急すずらん

P1100322.JPG


今日の1曲
 トワエモア 虹と雪のバラード
 特急宗谷 VS 特急すずらん


 平昌オリンピックも無事に終わりそうです。年をとると、選手がけがをしたり、若い選手が過大なプレッシャーを抱えている姿を見て心配の方が大きくなります。オリンピックに出る程の選手は、心配するほど精神的にも肉体的にもは弱くないと思うのですが。

 まずソチで本番で力を出せなかった(風向きのためだったと知りました)高梨沙羅選手が銅メダルを取ったのでほっとしました。羽生結弦選手が昨年の練習中の足を挫く転倒シーンはショックで、羽生選手のテレビはしばらく見れませんでした。

 オリンピック会場の練習での回復を見て驚き、金メダルは感動しました。2か月間スケートの練習ができなくても、他の練習をしていたということに感銘を受けました。自分も体調が悪くても前向きにストレッチや深呼吸をして頑張ろうという勇気をもらいました。

 今回の鉄道シリーズは、JRの特急同士の対決。
 同タイムで金メダルというところでしょうか。
 オリンピックでも、どちらも金メダルにしてあげたいという場面があります。

並走バトル  特急宗谷 VS 特急すずらん  ★最後の1分が感動的
https://www.youtube.com/watch?v=YvSuBYy3xB8
抜きつ抜かれつ、運転士さんたちの鉄道愛とショーマンシップが感じられる併走バトル


 今日の1曲は、1972年札幌オリンピックのテーマソング「虹と雪のバラード」です。
 トワエモワのボーカルや当時のストリングスのハーモニーの編曲は、改めてきくと素晴らしいと思います。


虹と雪のバラード トワエモア  NHKみんなのうた ヴァージョン
https://www.youtube.com/watch?v=aXYG4gZ-Au8
途中で音声が途切れるがノスタルジックなよい映像

虹と雪のバラード【トワ・エ・モワ】1971年 レコードのヴァージョン
https://www.youtube.com/watch?v=82f4G9hRgYM

98長野五輪スキージャンプ団体 感動の金メダル
https://www.youtube.com/watch?v=7rtuOyEypDo





posted by カンカン at 12:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日本のポップスとロック Japanese music & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

鉄道シリーズ@高速バトル James Brown vs 京急快特 vs 特急ビュー踊り子

P1090775.JPG


今日の1曲
 James Brown - There Was a Time(at Boston 1968)
 京浜急行快特(快速特急)
 JR特急スーパービュー踊り子


  先月、高速運転が評判の京浜急行の快特に初めて乗りました。ド迫力の激走で、途中で東海道線を怒涛の追い込みで抜き去りました。特に時速100キロから120キロへ運転手さんが加速するときの体感は強烈なダンスのアフタービートのようでした。


P1090782.JPG
幸運にも京急快特がJR2階建て東海道線を追い越す場面に遭遇


 京急快特に乗ってから、鉄道の映像にハマりました。
 そこで、今回は、James Brownのビートと京浜急行の快特、JR特急ビュー踊り子という “音楽vs鉄道” 異種格闘技のバトルを組んでみました。
 
 
@ まず、先手はJames Brown。
 有名な1968年アポロ劇場ライブよりThere Was A Time。
 2枚組LPの最大のハイライトで、最もビートが速いところ。
 ♩=114 の高速ビートです。左右のギターカッティングが鋭い。

James Brown - Let Yourself Go ~ There Was A Time (medley)
https://www.youtube.com/watch?v=2EmOUbRM13s
1:48からThere Was A Time  ♩=114  
 

では、JBと鉄道の異種格闘技を開始

A まず、京急快特 VS JR特急スーパービュー踊り子 バトル

京急線1500形快特 VS 特急スーパービュー踊り子251系
https://www.youtube.com/watch?v=7-gAJSekudw
京急快特のインパクトは、James Brownを上回りそうだ。。。





B 再び、James Brownの巻き返し
 1968年4月5日の「ボストンを救った夜」と呼ばれるライブ。
 前日4月4日のキング牧師暗殺でアメリカ中で暴動が起きた。ボストン市長とともにJames Brownのメッセージとライブをテレビ中継し、ボストンだけ暴動が起きなかった。
 異常事態の中でのThere Was a Timeは、ダブルドラムで ♩=134の超高速ビート。おそらくJBのすべての音源の中で最速。

James Brown - There Was a Time (at Boston 1968年4月5日)
https://www.youtube.com/watch?v=DqlIvjRzneg&t=530s
15:00からThere Was a Time  ♩=134 超高速ビート 人力で10分間!!


P1090770.JPG


C これに対して、京急快特がJBに切り札で再挑戦。
 遅延状態から回復するための高速運転。

京急の回復運転 快特(横浜→京急川崎)6分間
https://www.youtube.com/watch?v=c-HkjHDc-f8
ほとんど減速せず、時速120キロで走行。 2:10 一瞬で京浜東北線を抜く。


 人と電車ではちょっと無理な対決だったかもしれませんが、30年前にVHSビデオで初めてJames Brown の動く映像を見たときのような衝撃を鉄道から受けました。

 最後に、James Brown の最も画質の良い1968年3月のアポロ劇場のライブを。

James Brown Live at The Apollo 1968年3月
https://www.youtube.com/watch?v=rmewBzeWnOk
28:50から I got a feelingで高速ビートに


There Was a Time 超高速ビート収録。




2018年01月28日

追悼フランスギャル(2)ジャズる心・名曲集 RIP France Gall

P1090567.JPG





 昔、フランスギャルという名前だけで軽そうな先入観をもっていました。
 初めて「夢見るシャンソン人形」以外の曲を聴いたときは、その才能に驚きました。

 ロックンロールが出る前の1950年代はフランスの音楽が世界の最先端でしょう。反戦歌や社会的内容の歌は、ブレル、グレコなどが最初であり、ジャズを最初に認めたのもフランスで、マイルス・デイビス、モンクの名盤の10インチLPがフランスで制作されています。1963年にビートルズがフランスでコンサートをしたときも最初はシルヴィー・バルタンの前座扱いでした。

 フランスギャルは1963年に16才でデビューしましたが、父がジャズミュージシャンだったせいか、その音楽的センスには圧倒されます。舌足らずな(しかし音程は正確)歌とのギャップも際立っており、史上最強のアイドルと言えるのではないでしょうか。 

 フランスギャル追悼として、楽曲が美しい魅力的な歌で回想しました。


P1090566.JPG


今日の1曲
 〜  フランス・ギャルFrance Gall


France Gall –審判のテーマ J'entends cette Musique(1963)
https://www.youtube.com/watch?v=0cwsjWU2UKU
デビュー曲はいきなりアルビノーニのアダージョ。NiceやProgressive Rockを先取り。

France Gall - Pense à moi (1963)
https://www.youtube.com/watch?v=A3_yFhQM8kM&list=RDpDqkAkWLlbw&index=11
いよいよジャズ。かっこいい。1963年では世界最先端では。

FRANCE GALL JAZZ A GO GO (1964)
https://www.youtube.com/watch?v=nDMBnJN-tHA
https://www.youtube.com/watch?v=pDqkAkWLlbw
ジャズ・ア・ゴーゴー

France Gall - Christiansen (1964)
https://www.youtube.com/watch?v=H1eu9V6Q_RE
美しく転調、展開するポップス


France Gall - Sacré Charlemagne (1964)
https://www.youtube.com/watch?v=AH-a22xge-c
ディズニー風の楽しい歌。


P1090569.JPG


France Gall - Laisse tomber les filles (1964)
https://www.youtube.com/watch?v=FWRCJhsz5t4
https://www.youtube.com/watch?v=JVA670WKAQc&list=RDpDqkAkWLlbw&index=8
今度はロックンロール。分厚いビートに軽快な歌が乗る

France Gall - 1964 - Les rubans et la fleur
https://www.youtube.com/watch?v=Fcp7U3v9U-M
一転してフォーク、幻想的。

France Gall - 1964 - Ne dis pas aux copains
https://www.youtube.com/watch?v=I08TzNbBo6g
黒人ソウル、ドゥーワップ?グルーブ感溢れる





France Gall ジャズる心 Le coeur qui jazze - 1965 -
https://www.youtube.com/watch?v=9PuSULOqtFQ
スイングしまくるサウンドとフランスギャルのダンス。邦題が秀逸。解説にも「フランスギャルはジャズが好きです。積極的にジャズをレパートリーに入れました」とある。

France Gall - 1965 - N'écoute pas les idoles
https://www.youtube.com/watch?v=NyvbFSve_Fo
ビートルズのマネーのような勢いのあるビート

フランス・ギャルFrance Gall/涙のシャンソン日記 Attends ou Va T'En (1966年)
https://www.youtube.com/watch?v=qny_GYiFNeU
Serge Gainsbourgのマイナー調の佳曲。迫るものがある。

FRANCE GALL -Si l'on pouvait vraiment parler 1974
https://www.youtube.com/watch?v=j8Bg57qm8tM&index=21&list=RDpDqkAkWLlbw
1960年代から変貌。1970年代の叙情的な曲


来日時の写真
P1090565.JPG
posted by カンカン at 16:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | シャンソン〜70年代フレンチポップス French Pops | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

追悼フランスギャル(1) 日本語曲特集 RIP France Gall chante en japonais



P1090380.JPG
一昨日の雪の中のフランスギャル France Gall was very popular in Japan in the 1960s. France Gall sang in Japanese


今日の1曲
  France Gall Poupée de cire, poupée de son[Version Japonaise]
  France Gall Un Prince Charmant [Version Japonaise]


 1960年代に日本でもたいへんな人気のあったフレンチポップスのフランスギャルが亡くなりました。外国では一番好きな歌手の一人でした。
 今回は彼女の初々しいい日本語バージョン特集です。RIP

France Gall Poupée de cire, poupée de son[Version Japonaise]
https://www.youtube.com/watch?v=OyevT4j34A4
フランスギャル 夢見るシャンソン人形(日本語)

ゲンズブールに日本語の「夢見るシャンソン人形」を披露するフランス・ギャル
https://www.youtube.com/watch?v=j2GUQCQ_Fis
France Gall sang “Poupée de cire, poupée de son” [in Jappanese] to Serge Gainsbourg 

P1090389.JPG


France Gall Un Prince Charmant [Version Japonaise]
https://www.youtube.com/watch?v=oZh7A3F1Qf0
フランスギャル すてきな王子様(日本語)



すてきな王子様のグリーンラベルの見本盤(B面はスパイダース)France Gall Un Prince Charmant [Version Japonaise] Promo only single Green Label
P1090375.JPG




posted by カンカン at 00:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

LoopPool あっこゴリラ @ Earthgarden 代々木公園

P1090186.JPG
あっこゴリラ


今日の1曲
 LoopPool / 日常
 あっこゴリラ / Back to the jungle


 月曜日は記録的な大雪になりましたが、前日の日曜日は快晴でラッキー。
 代々木公園でEarthgardenというイベントのライブを見ました。

 最後だけ聴けた雲のすみかというユニットはアコギがリズミカルで、ちびっ子がステージの前で楽しそうに遊び回っていました。

 LoopPoolというバンドは、アコースティックな楽器を使って太いグルーブ感を出していました。青空の下で聴くととても爽やかでした。

 あッ子ゴリラは女性のラッパーで、明るく元気があってよかった。
 犬や猫なども一緒にイベントを楽しんでいました。


P1090194.JPG
雲のすみかとちびっ子


LOOP POOL 「日常」sofar sounds Tokyo
https://www.youtube.com/watch?v=4GnT6G94Fyg
Mike OldfieldとSoft Machineが合体してPopになったようなサウンド

LOOP POOL - April
https://www.youtube.com/watch?v=CV1IWMocn9g
ヒーリングミュージックの要素もある

LOOP POOL 渋谷ライブ
https://www.youtube.com/watch?v=Cl1-p1s0WbM
元はストリート系





P1090202.JPG


あっこゴリラ「Back to the Jungle」
https://www.youtube.com/watch?v=pJy-9cK1gnQ
明るいHiphop





ハチ公バスの3連を初めて発見
P1090179.JPG
posted by カンカン at 21:14| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日本のポップスとロック Japanese music & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

JAZZライブ & 邦楽研究所 @洗足学園

P1090127.JPG


今日の1曲
 Simon & Garfunkelサイモン&ガーファンクルBridge Over Troubled Water
 Maria Bethânia - Anos Dourados
 八橋検校 雲の上
 藤井凡大 絲竹交響


  洗足学園でJAZZと琴などの邦楽を聴きました。JAZZではゲストの客員教授エリック宮城さんがアメリカの日系2世とのことでした。私の祖母の一人はハワイ生まれの日系2世で琴の教師をしていました。邦楽の受付の人になにかのご縁ですねと言われました。


 JAZZコースは相変わらず演奏レベルが高く、よくJAZZのライブなどでもプロフィールに洗足学園出身の人を見かけます。一昨年音楽スクールでギターを習った先生も洗足学園の出身でした。

Simon & Garfunkelサイモン&ガーファンクルBridge Over Troubled Water
『明日に架ける橋』和訳
https://www.youtube.com/watch?v=e3ETK3fACrU
JAZZライブではトランペットで演奏。「ベトナム戦争というNegativeな状況から生まれた、自分が洪水の海に架かる橋になるという内容の歌」


P1090138.JPG


Maria Bethânia - Anos Dourados | Tom Jobim e Chico Buarque
https://www.youtube.com/watch?v=ozPSIJNfIaI
ジョビンの美しい曲。ブラジルクラスで演奏





P1090150.JPG


 琴などの邦楽は、日本の音楽でありながら検索しても数が少なく、あまり伝承されていないことを改めて感じた。八橋検校作曲の筝曲「組曲」は演奏前の解説の時に、「古来のもので高尚でわかりずらいところがある」とのことだったが、久しぶりに聞く邦楽は懐かしさと共に新しさを感じた。また、宮城道雄以後の西洋のクラシックを和楽に取り入れた昭和10年生まれの藤井凡大の作品は、楽器の音は和風だがコード進行が西洋音楽で聴きなれたものであるため馴染みやすかった。


八橋検校 雲の上
https://www.youtube.com/watch?v=ZLhS3wtQSv8


藤井凡大 絲竹交響 第二番 第1楽章 
https://www.youtube.com/watch?v=0cWxQ8OUtrA




2018年01月20日

元気が出るロックフュージョン! 高中正義+西川のりお・ひょうきんベストテンライブ



今日の1曲
 高中正義 SHAKE IT 
 高中正義+西川のりお SHAKE IT


 昔から大好きな曲があり、マイアミサウンドマシーンと思い込んでいたのが高中正義の曲だと初めて知って驚きました。さらに、高中正義はその後マイアミサウンドマシーンと仕事をしていた。夜のヒットスタジオでのその高中正義のShake itの映像は実に切れまくっていてカッコいい。

高中正義 SHAKE IT 夜のヒットスタジオ
https://www.youtube.com/watch?v=LLzk3jAznds
元気が出るロックフュージョン。高中正義が「十戒」を提供した中森明菜と初対面。中森明菜も喜んで聞いている。

 さらに衝撃だったのは、あの伝説のビートたけし+さんま+紳助のテレビ番組「おれたちひょうきん族」のコーナー「ひょうきんベストテン」で、高中正義が西川のりおと共演していた。本当のプロのエンターテインメントをここに見た。
 「ひょうきんベストテン」のような明るい弾けた番組が復活してほしいです。


高中正義+西川のりお SHAKE IT ひょうきんベストテン中継+「ひょうきん懺悔室」
https://www.youtube.com/watch?v=16qPDxX3PuM
紳助が司会。高中正義のライブ会場に「ひょうきんベストテン」の看板である「西川のりお&ダンサーズ」が乱入。「ひょうきん懺悔室」も懐かしい名場面だ。西川のりおは、お笑いタレントの中でも絶大な存在感があった





posted by カンカン at 22:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日本のポップスとロック Japanese music & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

正月 おばあちゃんのお墓参り

P1080582.JPG



今日の1曲
 バッハBach BWV645『目覚めよ、と呼ぶ声が聴こえ』
 うさぎとかめ
 天地真理 / ちいさな恋
 天地真理 バッハBach / インベンションInvention15


 正月に3年前に亡くなった祖母のお墓参りに一人で行ってきました。
 好天ですが風が強くて冷たい日でした。昔を思い出しながら30分以上祖母のそばにいました。祖母はクリスチャンで日曜日によく教会に行っていました。


バッハのオルガン曲『目覚めよ、と呼ぶ声が聴こえ』/高木リィラ
https://www.youtube.com/watch?v=e436phN-ONQ





P1090026.JPG
3年前に亡くなった祖母が応援してくれた平成16年と24年の年賀状


 もう一人の12年前に亡くなった祖母のお墓参りにも行きました。祖母は認知症になって私が介護したのですが、子供の頃のことはよく覚えていて、「もしもしかめよ」の歌は4番まで歌うことができました。

Japanese Children's Song - Usagi to Kame - うさぎとかめ
https://www.youtube.com/watch?v=ngBUzQxaOVU

 私の初めてのLPレコードは小学校の頃にその祖母に買ってもらった天地真理のLPでした。次がビートルズの「レット・イット・ビー」のLP。天地真理のLPは今も持っています
ちなみに最初に買ったシングル盤はたぶん沢田研二の「あなただけでいい」、洋楽シングルはビートルズの「レット・イット・ビー」で今も持っています。





P1090029.JPG
12年前に亡くなった祖母が買ってくれた天地真理のLPと付属シングル


 天地真理のLP「ちいさな恋 / ひとりじゃないの」は、「レット・イット・ビー」のようにほぼ全曲が良い曲で、当時の有名作詞家作曲家が総動員されていました。10週近くオリコンチャートで1位。天地真理は国立音大附属高校でピアノを専攻していたため、おまけとして天地真理が弾いたショパンとバッハのインベンションのシングルがついていました。今思うと、このLPから自分が受けた影響は非常に大きかったと思います。天地真理がクラシックやビートルズに導いてくれたんだなあと改めて気づきました。
 ありがとう、おばあちゃん。

P1080238.JPG


天地真理/ちいさな恋
https://www.youtube.com/watch?v=WanOwaTiKAU
フォークに近い1stシングル「水色の恋」(最高3位)と、完全に大衆化した3rdシングル「ひとりじゃないの」(数週間1位)をつなぐ2ndシングル(2週間1位)。





天地真理プレイズ・バッハ "インベンション15" ( Mari Amachi plays BACH invention15)
https://www.youtube.com/watch?v=C-1X4gm87fs

Glenn Gould / Invention 15 Bach
https://www.youtube.com/watch?v=hyTA4CT0-pA

あなたと私 天地真理♪ ショパン
https://www.youtube.com/watch?v=3RRg0MKRIaI





P1080557.JPG
posted by カンカン at 00:11| 神奈川 | Comment(0) | 日本のポップスとロック Japanese music & Pops  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

新春カラー映像 祝祭 1976年 レ・オルメ Le Orme

P1080508.JPG


今日の1曲
  Le Orme - Sera(日暮れ) 1975年
  Le Orme - Amico di Ieri(昨日の友) 1975年
  Le Orme -Canzone d'Amore (愛の歌)1976年





 本ブログのタイトルであるイタリアのバンド、レ・オルメの今までで一番古いカラー映像がみつかりました。曲は1976年の Amico di Ieri(昨日の友)です。レ・オルメの音楽は当時のベトナム戦争などの社会情勢を見事に反映していました。

 1973年のFelona e Soronaでは核戦争による世界の終末を、1974年のContrappuntiでは人類の尊さを歌い、ベトナム戦争が終結した1975年にはなんとロスアンゼルスに行って米ロック調のLP「Smogmagica」を録音しています。

 Amico di Ieriは「Smogmagica」からシングルカットされ、最高8位までヒットしました。ContrappuntiとSmogmagicaの間には、1975年にシングルでだけ発売されたSeraがあり、プログレッシブロックからポップスへのサウンドの転換点になっています。


P1080371.JPG
レ・オルメLe Ormeのイタリアシングルチャート。


 今年になって1976年2月のレ・オルメのカラーでは今までで一番古いビデオクリップAmico di Ieriを発見。Smogmagicaだけブルースを得意なギタリストTolo Martonが参加。次作からはもっと洗練された音を出すギタリストGermano Serafinが加入。

Le Orme - Amico di Ieri カラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=oicIyEyHgS0
特に大きなサビのメロディーもないのに引き付けられていく曲。





Le Orme - Sera
https://www.youtube.com/watch?v=MAsvAT15FuU

Le Orme - Sera - India
https://www.youtube.com/watch?v=Kf6Uy-n7DJ4
1975年5月5日 Modena Teatro Storchiでのライブ。


P1080378.JPG


 そしてついにLe Ormeは1976年のシングルCanzone d'Amore(愛の歌)で完全にポップ化し、チャートで1位に。
 音楽祭Festivalbarの映像ではバンドも観衆も喜びに満ち溢れています。

 レ・オルメはプログレッシブロック時代にLPで1位になり、ポップス期においてもシングルで1位になった世界でおそらく唯一のバンドです。
 Pink Floydはシングルが最高2位、YesはLPが1位にはなっていません。

Canzone d'Amore - Le Orme
https://www.youtube.com/watch?v=-pgOH7LP-rU
Festivalbar音楽祭。ベースが大観衆を煽り、キーボードもダンス。ベトナム戦争終結の祝祭。

Sta girando il sole intorno a noi
Senti il mondo che non grida più

It's turning the sun around us
Feel the world that no longer cries





2018年01月01日

A Happy New Year 2018 ! 元気の出るロック・82歳ベーシスト・スパイダース加藤さん

P1080266.JPG
Mitsuru Kato is the bassist of The Spiders, the first sharp rock band in Japan in the early 1960s. He is 83 years old now and is playing active.


今日の1曲
 82歳加藤充さん(ex. The Spiders) / Black is Black 
 スパイダース フリフリ





 明けましておめでとうございます。本年もつたないブログですが、お暇がありましたらお寄りください。今年の1発目は、「元気の出る」ロックシリーズとして82歳(今は83歳)のザ・スパイダースのベース加藤充さんの圧倒的なパフォーマンス。

スパイダースThe Spiders Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9

 往年のGS、ザ・ブルーインパルス、ザ・ガリバーズ、ザ・ラブの合体バンドであるザ・レジェンズ。70才のメンバーの中で、82歳の加藤充さんが圧倒的なパフォーマンス。昨年末GSフェスティバルで出演者たちも驚いた演奏をみつけました。

Black is Black 82歳加藤充さん(ex. The Spiders)の力強いベース演奏
https://www.youtube.com/watch?v=OATCg4Khqls
こんなに体全身を使ってグルーブを表現するベーシストは黒人でさえも見たことがない。

 スパイダースは、その後芸能界、音楽界で活躍する人たちを輩出した日本のロックの先駆者。1971年1月解散。加藤さんだけは生命保険の営業の世界に転身して成功されました。長いインターバルの後にこれほどの演奏をされるとは。自分も頑張らねば!

The Spiders - Album No.1 - FULL ALBUM
https://www.youtube.com/watch?v=0ppD9upOWbE&t=287s
1966年4月15日発売。日本で最初のロックバンドの1st LP。半世紀52年前!





P1080278.JPG
向ヶ丘遊園の大階段のリフトに乗るスパイダース


スパイダース フリフリ ライブ
https://www.youtube.com/watch?v=EU_oeCiSgfU
今の時代に必要なのはこのようなエネルギーだろう。キンクス、アニマルズなどの影響を受けた3拍子の日本の囃子のロック。1:35に想い出の向ヶ丘遊園。





P1080269.JPG